現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良、大淀病院の産科医を支援します。
はじめに、お亡くなられた方、そしてご遺族の皆様方に
深甚なる哀悼の意を捧げます。

このブログで、何回も取り上げてきた、
奈良、大淀病院で不幸にも
妊婦が脳出血で亡くなられた事件。
本日6.25に1回目の裁判が行われましたね。


妊婦死亡裁判 病院争う姿勢

去年、大淀町の町立病院妊婦が出産中に
意識不明となって死亡したのは医師の診断ミスが
原因だと夫らが訴えている裁判で、
病院側は、「出産中に大量の脳内出血を起こし、
どのような処置をしても助けられなかった」
と全面的に争う姿勢を示しました。

この問題は、去年8月、大淀町の町立大淀病院で、
Tさん(当時32)が出産中に脳内出血で
意識不明となり、ほかの19の病院に受け入れを断られて
大阪の病院まで運ばれた末、8日後に死亡したものです。

原告で夫の晋輔さんら2人は、
「脳内出血を疑わせる兆候があったのに、
産婦人科の主治医が放置したため容態が悪化し、
死亡につながった」として、病院を運営する町と
主治医に損害賠償を求めています。

25日は大阪地方裁判所で1回目の裁判が行われ、
被告の町と医師側は、
医師は放置していないし、妊婦が大量の脳内出血を
起こしていたことを考えるとどのような処置をしても
命を救うことはできなかった」と反論し、
全面的に争う姿勢を示しました。

この問題が明らかになった後、
大淀病院はことし3月一杯で産科を休診しましたが、
これについて被告側の弁護士は、
「今回の件でバッシングを受けた結果だ。
原告らの誤った主張は医療界をあげて断固正していく」
と批判しました。
これに対し、原告の晋輔さんは裁判の後、
病院には産科を続けて欲しかったが、
事故の検証もせずに廃止を決めてしまった。
逃げたとしか思えない」と話していました。


「NHKオンライン(奈良)、2007.6.25」


このブログを以前から読まれている方達は、
もうご存じの方も多いと思いますが。

おおざっぱにまとめると。

奈良、大淀病院妊婦の意識が低下して。
子癇が疑われて、子癇の治療がされた。
その後、呼吸とかも悪くなって、
この病院では対応できない。
って事になって、奈良や大阪の病院に
電話をかけまくったけど。
夜中で重症の患者だったので、対応できる
病院がなかなか見つからず。
結局19の病院に当たって、やっとの事で
受け入れてくれる病院が見つかった。
でも、重症の脳出血だったために、
妊婦は助からなかった、って事件です。

遺族がマスコミにカルテ(看護記録)
コピーを流したので。
それがたまたまネット上で出回って。
いろんな医者が議論しているので。
それらを読めば、詳細はわかると思います。

詳細を忘れてしまった方は、
大淀病院について書かれた、
下の記事なんかもご参照下さい。

「奈良の産科医、詳細1」
「奈良の産科医 詳細2」

結局、亡くなったのは脳出血なんですが。
遺族は、もっと早く頭のCTを撮れば助かったはずだ。
って主張しているのですが。
私を含め、専門家達の間では、最初に意識が低下
した段階では脳出血ではない
だろうから。
その時点で頭のCTを撮っても、何もない。
それに、脳出血も重症だから、
もし少しくらい搬送が早くても助からなかっただろう。

という意見が、圧倒的多数です。

参照:「大淀病院、専門家(神経内科医)の意見」

これらの記事を読めば、主治医は放置もしていない、
という事がわかります。

遺族の主張では、「真実が知りたい。」
という事らしいですが。
この件では、幸か不幸か、ネット上で
カルテ(看護記録)のコピーが出回って。
専門家である医者が、それらの内容を検討して、
「医学的には、ほぼ真実がはっきりしているんですよ。」

この産科医の先生が行った処置、治療も。
医学的には問題ないだろう。
そういう意見が、専門家の中では圧倒的多数です。
刑事事件も検討したようですが。
多くの専門家に意見を求めて、
それは「医学的には正しい」、と判断して。
検察も、刑事事件での起訴は見送りました。

それなのに、この産科医個人も含め、
民事で提訴する。
という事です。


若い妊婦が亡くなったのですから。
「何でだー。」
って思う気持ち。
「残念だ、悲しい。」
という気持ちは、当然あるでしょう。

でも、だからといって、それを罪もない
主治医に責任転換するというのは、
ちょっと違うと思います。

結果的に、奈良、大淀病院産科医の先生。
奈良の南部でお産ができる病院は、
大淀病院一件で、産科医も1人しかいないのですが。
この先生が、マスコミに悪者扱いされたせいで。
奈良南部でお産ができる唯一の病院が、
無くなったのは事実です。

こういう悲劇を繰り返さない為に。
っていうのであれば、産科医個人を叩くことは、
全く意味がありません。
というより、完全に有害です。
マスコミによる医師叩き、産科医叩きが進めば、
お産をする医師病院は減りますから。
何の解決にもならないのですよ。

マスコミに関しては、m3医者のブログで、
カルテ(看護記録)を基に、詳細に検討された
事実には敢えて触れないで。

遺族に対する中傷だ、守秘義務違反だ。
とか言って、「言論統制」もしていますしね。

周産期センター」を作るって言って、
箱物」だけ作っても、
中で働く産科医がいなければ、
何の解決にもなりませんよ。


私たちは大淀病院の元産科医の先生を支援します。

この件に関しては、いろんな方達が書いておられます。
「産科医療のこれから」にまとまっていますので、
興味のある方は行って読んで見て下さいね!
「脳神経外科疾患合併妊娠の予後 本日、奈良大淀事件の裁判です。」

奈良、大淀病院に関連する他の記事は、こちらです。

「奈良の産婦人科医」
「奈良の産婦人科医2」
「奈良の産科医、詳細1」
「奈良の産科医 詳細2」
「奈良の産科医 私見」
「大淀病院、分娩中止。マスコミを訴えろ!」
「奈良、大淀病院でお産中止2」
「医師の秘密漏示」
「大淀病院事件、ネットで詳細に2」
「大淀病院、専門家(神経内科医)の意見」


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
I'm home.
私も大淀病院産科医師を支持します。
妊婦さんのご冥福と、関わるすべての方々に安らぎの日が一日も早く訪れますことを切にお祈り致しております。
エビ[URL] 2007/06/25(月) 22:56 [EDIT]
私も大淀病院産科医師を支持します。
流石先生、過去の記事が充実していますね。
LMnetのサーバーの調子が悪いみたいで、
アクセスできません。どうなってるの~?
脳外科見習い[URL] 2007/06/25(月) 23:13 [EDIT]
(元)と付けなければならない寂しさ
私も大淀病院の(元)産科医師を支持します。こういった運動が少しでも被告とされてしまった医師への心の支えとなりますように。
お弟子[URL] 2007/06/25(月) 23:24 [EDIT]
元産婦人科部長の無責を信じます
私も協力します。
http://guideboard.blog.com/1877291/
道標主人[URL] 2007/06/25(月) 23:54 [EDIT]
自分も応援しています
文章も書きました。この事件は社会全体で原因を問い、答えを示していくべきものです。特定個人を標的にしてどうにかなるものではありません。それが理解できる人がどれだけいるかにより、将来は決まると思われます。
鴛泊愁[URL] 2007/06/26(火) 00:28 [EDIT]
結局は……
Dr.I様>

 私も産科医の方や大淀病院を応援します。
 そもそも「出産中に脳内出血が発生した」ということは医師の責任なのでしょうか?産科医が「神」であるならばともかく、できることには限界がある以上、「あらゆる悲劇から妊婦を守る」ことなどできようはずもありません。
 「妻」を「母」を失った原告の気持ちはよくわかりますが、それを理非を問わずに医療の側に押し付けるのは間違いです。そうした「リスクを医師のみに押し付ける」ことを、司法がきちんと「間違いだ」と示して欲しいものです。
Lich[URL] 2007/06/26(火) 05:53 [EDIT]
町側の姿勢に賛同
大淀町のきっぱりとした態度には安心しました。
また今回の不当なバッシングで県南部の産科医療が機能不全に陥ったことを弁護側が主張しているのには、うれしくなります。

遺族はやり場のない悲しみをいろいろな訴えで表現しているようですが、裁判では「頭部CTを早く撮っていたら助かったはず」に落ち着いているようですね。
循環器病センターの医師が「あまりに時間がたちすぎた」と家族に言ったと原告側が申告しています。
本当にそんな発言があったのなら、是非ともその医師を証人申請して、頭部CTを早く撮っていたら救命できた可能性が高いのか、法定で証言して欲しいものです。
rinzaru[URL] 2007/06/26(火) 08:48 [EDIT]
私も大淀病院産科医師を応援します。この裁判でもし不当にも有罪なんてことになったら、言い過ぎかもしれませんが、緊急時に起こりうるすべての疾患に適切に100%対処し、しかも助からないものも結果的に助けなければ訴訟で有罪ということになります。このような間違った医療概念をまたマスコミは喜んで飛びつき、国民は鵜呑みするなんてことにならないように、司法も正当な立場で慎重に判断してほしいものです。
通りすがり2[URL] 2007/06/26(火) 12:05 [EDIT]
 患者の立場から見ても、この裁判は問題アリと思います。メディアの目論む患者と医師の対立構造を煽るボーリャクを連帯して打ち破りましょう。マトモな患者だって大勢いますよ。最凶も全面的に大淀病院産科医師を支持します。
 この記事は経過がたいへん分かりやすいので、うちのブログでも紹介させて頂きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
最凶[URL] 2007/06/26(火) 13:43 [EDIT]
久々にコメント致します
奈良県警がカルテ等の資料を基に専門家約20人に意見を求め「脳内出血と子癇発作は、意識喪失やけいれんなどの症状が似ているため識別が困難」との意見が大半を占めたために刑事事件としての立件を見送ったこの事件。
「お金の問題じゃない、真実を知りたい」
と約8800万円の賠償金を求める民事訴訟。(金額は原告記者会見ではなぜか伏せられていた)

真実は既に十分明らかになっているにもかかわらず、納得がいかない遺族を煽って一獲千金を狙う原告弁護団という構図を邪推したくなります。(ネット医師によるカルテ情報漏洩疑惑も、それ以前にマスコミ各社によってカルテ情報が公開されていた事が明るみに出ると、いつの間にか立ち消えており、民事訴訟に先立った心証操作を狙っていたのでしょうか?)

自分は脳外科を専門にしていますが、
「大淀病院、専門家(神経内科医)の意見」
と同意見です。

以前子癇発作を見慣れた産婦人科医から脳血管障害の可能性についてコンサルトを受けた事があります。産婦人科医3人・脳外科医2人がかりで頭部CT・MRIの検査を行ったわけですが、痙攣と鎮静、呼吸管理、血圧管理、まさに戦場でした。(人員の充実した施設でなければ、間違えなく母体・胎児に多大な危険にさらす検査です)

もし「CTを撮っていれば...」という訴えが認められる事があるのならば、法律で「子癇発作時には全例で頭部CTを撮影する事、ただしCT撮影に伴う母体・胎児への悪影響については医師を免責する」と定めて頂こう。
医療という不確実な世界では、一分一秒を争う現場でリスクの有無ではなくリスクの大小で判断しなければならない。
医療という不確実な現場を絶対的な法で裁こうというのであれば、絶対的に正しい医療というものを法で定めて頂こう。医師はより良い医療を日々悩む事もなく、その法律だけを勉強して、定められた医療のみを行う。

私が患者であれば、そんな医療を受けたいとは思わない。医師が最善と判断してくれた治療をリスクは承知の上で受けたい。
疾患こそがリスクであり、医療はそのリスクを低減はできても、ゼロにはできない。
疾患に対して、患者も医師も共に戦う同士であるはずなのに、患者と医師がいがみ合う世界になっては悲しいではありませんか..

I先生も各所から目をつけられている立場上、書きづらい事が多々あるかと思いますが、決して逃げないその姿勢には感服致します。
少々熱くなってしまいました。表現が不適切な部分等あれば削除して下さい。
k104[URL] 2007/06/26(火) 13:58 [EDIT]
トラックバック有難うございました。
先生を中心としたブログ上の動きによって、
この大淀病院の(元)産科医師が、刑事訴追を免れたことを無にしないためにも、
私も微力ながら、情報を発信していきます。
これからも宜しくお願いします。
うろうろドクター[URL] 2007/06/26(火) 14:13 [EDIT]
皆様に同意
一産科医です。都会とはいえ一人医長で同じ立場。明日我が身に同じ事が起きても不思議ではありません。その時この先生ほどのことができるか?できそうにもない自分を考えると、大淀病院でなぜ訴訟が起きなければならないのか、疑問に思います。
山口(産婦人科)[URL] 2007/06/26(火) 14:21 [EDIT]
連帯の輪
大野病院の件でも大淀病院の件でも、確実に医師バッシングに対抗する連帯の輪ができつつありますね。今回も今まで知らなかった医師のブログをたくさん発見しました。
bamboo[URL] 2007/06/26(火) 18:55 [EDIT]
>エビさん
>関わるすべての方々に安らぎの日が一日
早く来て欲しいですね、そんな日が。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 20:52 [EDIT]
>脳外科見習い先生
力入れては書いていましたけど。
こんなにあったんですね。
書いてみて初めて気づきました。
Lmネットは、今日の朝からつながるようですね。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 20:53 [EDIT]
>お弟子先生
元ってつけなきゃいけないのは、寂しいですよね。
敢えて、最後に入れたのですが。
この先生には、マスコミの中傷に負けないで、頑張って貰いたいです。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 20:54 [EDIT]
>道標主人先生
協力、ありがとうございます。
私も信じています。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 20:55 [EDIT]
>鴛泊愁さん
個人を責めるのだけはやめて欲しいですよね。
マスコミも。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 20:56 [EDIT]
>Lichさん
これを医師個人の責任って言われたら、もう医者は治療できないですよ、実際。
司法の良識を信じたいです。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 20:57 [EDIT]
>rinzaruさん
産科医の先生もですけど、大淀町も応援したいですよね。
マスコミのバッシングのせいで、お産が中止に追い込まれたのは事実なんだから。
そこは、きちんと言って良いと思います。

国循の医者も、どういう感じで言ったのか。
ニュアンスとかもあるでしょうし。
遺族が勝手に解釈しているだけって事もあるでしょうから。
そこらへんも、法廷できちんと証言してもらいたいですね。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 21:00 [EDIT]
>通りすがり2さん
おそらくそんな事はないと、司法を信じたい気持ちですね。
もし有罪になっちゃったら、お産だけじゃなくて、救急医療から撤退する病院が更に増えるでしょうね。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 21:01 [EDIT]
>最凶さん
特に、詳細がわかってからは、患者の側から見ても医者は悪くないって思っている人の方が多いような気がしますね。
マスコミはどう思っているか知りませんけど。
紹介は、もちろん構いませんよ。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 21:02 [EDIT]
>k104先生
やはり、脳外科医の先生から見てもそうでしたか。
医療行為を行うにしても、行わないにしても、リスクが伴うって事は理解して頂きたいですよね。
一般の人達やマスコミにも。

あ、8800万円を求めていたのですか。
お金を求めているわけじゃない、って言っていたからもっと少ない額を期待していたのですが。
やっぱり、違ったんですね。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 21:05 [EDIT]
>うろうろドクター先生
このブログがどの程度の影響力があったのかはわかりませんけど。
この元産科医の先生は、ずっと応援していきたいです。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 21:06 [EDIT]
>山口(産婦人科)先生
産婦人科医の先生から見ても、適切ですよね。
この元産科医の先生の処置。
本当に、医者にとってみたら、こういう事がいつ起きてもおかしくない時代になっちゃいましたね。

Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 21:08 [EDIT]
>bamboo先生
そうですね。
一つ一つは小さなブログでも、集まれば大きな力になりますからね。
これをもっと広げて、もっと一般の人達にも知って貰いたいですね。
本当の医療現場の事を。
Dr. I[URL] 2007/06/26(火) 21:09 [EDIT]
お邪魔します。私は女子大生サトミンです。ネットサーフしてたらたどり着きました☆とっても勉強になるブログだったので、またお邪魔させて頂きますね!私はブログ始めたばかりなので、よかったら遊びに来てくだい☆世代問わず大歓迎です★
http://ameblo.jp/jyouhoukigyoujyosidaisei
オタク女子大生サトミン[URL] 2007/06/28(木) 04:20 [EDIT]
>オタク女子大生サトミンさん
はじめまして。
ブログ見ましたよ。
こちらこそ、よろしくお願いします。
Dr. I[URL] 2007/06/28(木) 20:55 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/11/04(日) 12:09 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/11/04(日) 12:14 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

日本の周産期医療のために
はじめに、お亡くなられた方、そしてご遺族の皆様方に深甚なる哀悼の意を捧げます。  [つづきを読む]
五里夢中於札幌菊水  | 2007/06/25(月) 22:54
大淀病院産科医師を支援します
以前のエントリでも触れたように、奈良・大淀病院での妊婦死亡事例において、遺族の方が産婦人科医と病院を相手取って損害賠償請求の民事訴訟を起こされました。本日は、その初公判の日です。 まずはこの問題を語るにあたり、亡くなられた方、そして遺族の方々に哀悼の意を  [つづきを読む]
やってます | 2007/06/26(火) 00:48
駿河健康ランド
健康美容情報 6月(vol.4) ~今月の美容素材/コンドロイチン~6月25日 ...今月の健康素材「グルコサミン」といっしょに摂ると、動きを支えてくれる素材として注目されているのがコンドロイチンです。 コンドロイチンは動物の組織に分布するムコ多糖類で美容にもよいネバネバ  [つづきを読む]
健康法 | 2007/06/26(火) 05:11
産科医療を守ろう!
はじめに、お亡くなられた方、そしてご遺族の皆様方に深甚なる哀悼の意を捧げます。本日は、奈良大淀病院、妊婦死亡事例の民事訴訟の初日です。http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/11962525.html私達は、医師として、この国の産科医療を憂う一国民として、大淀病院の産科  [つづきを読む]
うろうろドクター | 2007/06/26(火) 14:15
大淀病院に対する民事訴訟の弁論始まる
昨日25日、奈良県大淀町立大淀病院で出産時に意識不明となり、19の病院に転院を断  [つづきを読む]
ある経営コンサルタント | 2007/06/26(火) 15:42
「我々は大淀病院産科医師を支持します」 
「我々は大淀病院産科医師を支持します」  マスコミの無責任な報道による、周産期医療のこれ以上の崩壊回避を祈りつつ...  [つづきを読む]
趣味の生活 | 2007/06/27(水) 08:34
医療報道はお涙ちょーだい路線へ?
 せっかくマターリと緩和の話題でいこうかと思っていたら、あちこちの医療ブログでは大淀病院事件の民事訴訟の初公判がえらい話題になっているじゃーあーりませんか。この事件は、崩壊しつつある日本の産科つーか医療の現状だけじゃなくて、医療についてのメディアのあり方  [つづきを読む]
出もの腫れもの処嫌わず | 2007/06/27(水) 16:01
二度とダイエットを必要としない体作り・・・
★あなたは食べないダイエットで太り続けたいですか??それとも・・・ 食べてやせる体を手に入れたいですか? 私は嘘のない食べるダイエットを あなたに...  [つづきを読む]
南優子 「二度とダイエットを必要としない体」とは・・・ トップ | 2007/08/31(金) 18:18
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず