現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの福島県大野病院事件
このブログでも、何回か取り上げている
福島大野病院事件なんですが。

被害者は、刑事事件で逮捕されたK医師だけではなかったんですね。
今まで、マスコミでは取り上げられなかった、
もう一つの話がわかりました。

もちろん、こんな話は新聞とかテレビでは報道されないので。
ネタ元は、Doctor Takechan先生のブログ
「元気に明るく生きて行ける社会のために、医者のホンネを綴りたい」
「福島県大野病院事件のウラで」から。

いつもお世話になっております。


――――引用、ここから。

さて、東京で、とある講習会に出ていた私、
たまたま昼食のとき隣に来られた先生から声をかけられた。

「先生はどこから来られたんですか?」

「あ?、ボクは京都からですが...先生は?」

「僕は福島からです。」

「はぁ..福島ですか...。 
福島っていうと、僕はブログとかやってるんで..
どうしても大野病院を思い浮かべますね。」


「ああ、大野病院ですか...、わりと近いンでねえ。
よく知ってますよ。」


「え?、そうですか。それにしてもひどい話ですねえ。
K先生、かわいそうですよね?」


「いやー、マスコミひどかったね。むちゃくちゃなバッシングでした。
K先生のお父さんも大変なメに遭ったんですよ。」


「え?、お父さんも?...その話は知らなかったな...」

「とにかく、マスコミがお父さんのところに大挙して押し掛けて...。
お父さん、ずっと地元で開業してられて...
きっと4、5年後にはK先生が後を継ぐんだと思ってたんでが....。
息子さんは殺人犯扱いで、
お父さんの医院に大勢マスコミがやってきて叩きまくって...。
それでお父さん、本当にいたたまれなくなって、
医院を閉じてしまったんです.....。」


「ええっ!、そうだったんですか!」

「ホント、お父さんも可哀想でしたよ。とにかくマスコミがひどい!」
・・・・・・・・・



その先生も、それ以上話すのは辛い感じだったんで、
それ以上は聞かなかったンですが.....
改めて、医療事故に対するマスコミの報道姿勢の
醜さを再認識した瞬間でした。

でも、たかがマスゴミのために、なぜ、長年地元に貢献していた医者
医院を閉じなきゃなんないのか....
ま、いつもの調子で押し掛けて、あることないこと質問しまくて...
お父さんも、とても仕事を続けられるような精神状態でなくなって、
とりあえず、閉じるしかなかった...
まあ、そんなところではないでしょうか?

いつも、マスゴミは、ろくに取材もしないうちに、
犯人を決めつけて、正義の味方を気取るんです。
そのために、善良な医者がどれだけ傷つけられたことか...
ペンの暴力のすさまじさを感じます。

そして、マスコミの無神経さに、改めて怒りを覚えたのでした。

K先生、彼は無罪です。 
私の予言は当たるんです!。

――――引用、ここまで。


マスコミによる被害者が、ここにもいましたか。
でも、当事者であるマスコミが、その事を報道するわけもなく。
K医師だけでなく、彼の父親まで。
そして医院が閉鎖したら、結局損するのは
最終的には患者なんですよね。

こういうのって、マスコミに損害賠償とか
請求できないんでしょうかねー。


医療や医療訴訟について知りたい人はこれを読んでね!
クリックすると、アマゾンに飛びます。

→ 医療の限界
小松 秀樹 (著)


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
Is your pen mightier than the sword?
夫の労災認定されたエビ友もマスコミに追われまくるので居場所はエビにしか知らせてません。
出来上がりは好意的な記事であっても、何度も取材を受けることや申し込まれることは生活に差し障ります。フラッシュバックを引き起こす場合も。
普通にしてたって親孝行はなかなか出来ないのに、親御さんに心労をかけてしまったとK先生はお辛いと思います。
K先生はNot guiltyです。ましてやお父様は、被害者。なぜ無実の一市民が社会的制裁を被るの?
ペンが剣より人を傷つける、そんなペンばかりではないと信じたいです。
マスコミの方々、K先生のお父様の名誉を返して差し上げて下さい。優しく人を護るペンを奮って下さい。
エビ[URL] 2007/07/08(日) 23:05 [EDIT]
マスコミは……
Dr.I様>

 マスコミは、結局「反撃できない相手」にしか非難をしないのですよね。
 現代社会で最も恐ろしい武器である「情報」を扱い、その情報を現代では「無料化」の方向にあるニュースとして「有料で」提供する以上、「情報の扱い」「情報の真実性」「取材対象への敬意」等、欠くべからざる条件があるにもかかわらず、それらを全て欠いている現在のメディアは、もはや「マスゴミ」の名にしか値しないのでしょうか(嘆息)。
Lich[URL] 2007/07/09(月) 13:04 [EDIT]
ひどい!!!!!
あまりにも悔しく情けないことです。マスコミの、報道の自由という言葉に守られた、理性を失った暴力にただただ怒りを覚えるだけです。日本の正義って何なのでしょうか?
saki[URL] 2007/07/09(月) 13:14 [EDIT]
方法は1つだけです
品性が卑しいメディアを徹底的にボイコットし、餓死に追い込むほかありません。最近ネット及びその住人を叩きまくっていますが、理由はその影響力が怖いからです。いつ今の地位を追われるか、ひたすら怯えていることの、ひとつの証に見えます。せっかくですから、その恐怖を現実にしてあげるのがいいでしょう。まずは大淀であのような行いに及んだ毎日から・・・徹底的にボイコットを呼びかけるのが、ネットユーザーからの、最大の復讐です。
鴛泊愁[URL] 2007/07/09(月) 18:32 [EDIT]
>エビさん
お友達も大変ですねー。
マスコミには居場所、伝えない方が良いですね、絶対。

>ペンが剣より人を傷つける
本当に、残念ですね。
Dr. I[URL] 2007/07/09(月) 22:00 [EDIT]
>Lichさん
マスコミと一般人じゃ、力が違いすぎますからねー。
彼らは、報道の自由を盾にやり放題って感じに見えますね。
残念ながら。
Dr. I[URL] 2007/07/09(月) 22:01 [EDIT]
本業を忘れてない?
ホント、マスゴミですね。
マスコミって人を陥れることが仕事でしたっけ?
真実を伝える仕事じゃなかったのかなあ
やな社長[URL] 2007/07/09(月) 22:02 [EDIT]
>sakiさん
ホント、暴力というか弱い者いじめというか。
でも、自分たちがやってる事が正義だと思ってるんですよね、彼ら。
余計たちが悪いです。
Dr. I[URL] 2007/07/09(月) 22:08 [EDIT]
>鴛泊愁さん
そうですね。
とりあえず、不買運動でもしてみましょうか。
Dr. I[URL] 2007/07/09(月) 22:16 [EDIT]
>やな社長さん
私も、マスコミの仕事って真実を伝える事だと思っていたのですが。
所詮は、視聴率や読者数が増えて、企業から金もらってなんぼの、利益優先企業の一つ、って事なんでしょうねー。
Dr. I[URL] 2007/07/09(月) 22:18 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

刑事被告人として裁判の席に立つということ。
 刑事被告人として裁判の席に立つと言うことは、こういうことなのですよな。司法関係者は「判決が確定するまでは犯罪者ではない」などというけれども。 自分が田舎に残した両親が、自分のためにこのような目に遭う可能性なんて考えたくもない。  誰が犯罪者として一族郎  [つづきを読む]
ふか&もけ | 2007/07/08(日) 23:26
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず