現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドクターヘリは、経済的にお得?
ドクターヘリを飛ばした方が、
救急車よりも経済的に得だ。
入院日数も減る。
ってデーターが出たようですがね。

これ、「経済的に得」っていうのは、
ちょっと違うんじゃないかなーって思うんですよね。

からくり」があるようなんですが。
その事には、一切触れていないようなので。
そこら辺を具体的に検証していきましょうか。

コメント頂いて、検証方法自体が間違ってました(涙)。


ドクターヘリ救急車より合理的 入院日数短く治療費削減

ドクターヘリで交通事故の負傷者を病院に緊急搬送すると、
救急車を使った場合に比べて平均入院日数が短くなり、
治療費も低く抑えられることが、
日本医科大千葉北総病院(千葉県印旛村)の調査で分かった。
ヘリや救急車で実際に同病院に運ばれた患者を比べた。

同病院は「治療費の削減分は
ヘリの運航費用を上回っており、
ドクターヘリの導入は医療コスト的にも見合うものだ」
と話している。

ドクターヘリは、ヘリコプターに医師が同乗して
救急患者を搬送するシステム。
搬送中も医師が対応でき、搬送時間も短くなることから、
治療成績が向上するとされる。

調査は同病院の益子邦洋・
救命救急センター長らが実施した。

対象は、03年1月~06年3月の間に
同県四街道、富里、八街の各市から
同病院に搬送された重症の外傷患者70人
ドクターヘリ26人、救急車44人)。
いずれも同病院までの距離が15~20キロで、
ヘリと救急車が利用されている。
救急車はヘリ運航時間外の夜間、
早朝や悪天候時などに使われた。

年齢や重症度などを補正した結果、
ドクターヘリ搬送後の平均入院日数は21.8日、
入院中の治療費は平均約132万円で、
救急車の場合の入院日数38.5日、
治療費約245万円に比べ、
それぞれ16.7日、約113万円少なかった。
ヘリの搬送には1回50万円程度かかるとされる。

ドクターヘリについては01年、国が年間経費
(1機当たり約1億7000万円)の半額を補助し、
ヘリを導入した都道府県が残りを負担する制度が始まった。
国は5年間で30機の導入を見込んだが、
自治体の財政難などで現在、
10道県11機の配備にとどまっている。


「毎日新聞 2007年7月13日」



医療費入院日数について、ちょっと詳しく分析すると。

          平均入院日数      治療費
ドクターヘリ    21.8日        132万円
救急車       38.5日        245万円

1日当たりの治療費で比較すると
ドクターヘリ  132万÷21.8=6万円
救急車 
    245万円÷38.5日=6.3万円

うーん。
ほとんど同じですか。
単純に、1日当たりの医療費は同じくらいで
入院日数の違い、だけで説明ができますね、これ。

何故でしょうかねー。

> 年齢や重症度などを補正した結果

これが、ちょっと怪しいですかねー。


例えば。
ドクターヘリ 26人、救急車 44人
このうちの2人だけ、救急車で運ばれた人の中で、
なんらかの事情があって、入院が長引いたとします

2人だけが、一年間入院していたとします。
で、後の条件は全く同じだとすると
どっちの群も1日当たりの治療費は同じくらい、
約6万円
なので、これで計算してみると

救急車の群は、2人は治療が長引いて一年
その他の42人が、ドクターヘリと同じ様な
入院日数治療費として、
試しに計算してみましょうか。

入院が長引いた人の医療費
365日X6万円/日=2190万円
これが2人だから
2190X2=4380万円

その他の人達42人医療費
ドクターヘリ入院日数と同じ、約22日として
22x6万円/日=132万円
これが、42人いるので
132万円X42=5544万円

入院が長引いた2人と足すと、
救急車で運ばれた患者の医療費が出ますよね。

4380万円5544万円=9924万円

これを44人で割って、1人当たりの医療費を出すと

9924万円÷44人=225.5万円

あーら不思議。
この記事で書いてあった、救急車の群の治療費約245万円と、
ほとんど同じ数字が出ちゃいましたねー。

入院日数についても、計算してみましょうか。

2人が入院長引いて、365日
その他の42人ドクターヘリと同じ22日ですから。
44人平均入院日数

365X242X22)÷44=37.6日

あ、あれー。
また、記事に書いてあった、入院日数38.5日と、
ほとんど同じ数字になっちゃいましたねー。

あくまで、仮に、の計算なんですけどねー。
2人だけ、なんらかの事情で入院が長引いた患者が
救急車の群にいたら、他は全く一緒でも、
こんな数字になっちゃうんですよ。

人数が少ない場合によくある結果ですね、
こういうの、って。
平均」って数字のマジックに騙されちゃ駄目ですよ。


>年齢や重症度などを補正した結果
って言っていますけど。
入院が長引く要因っていうのは、「重症だ」、
って事もあるけど。
社会的な要因」っていうのも、大きいですからねー。

例えば、地元の名士の子供で、この病院に
長く置いてくれ、って頼まれた、とか。
医療ミスまではいかないけど。
ちょっと病院に負い目があって、他の病院に
転院させる事ができないような患者。
そういう患者が、「社会的要因」で、
入院が長引く事もありますからねー。

そういうのは、全く考慮されていないみたいだし。


本当にドクターヘリが有用か、って事を検証するなら。
救急車1時間かかった、この1人目の症例。
これがドクターヘリなら、30分で到着した。
この症例で、30分早く着いたら、どのくらい
入院日数が短縮できそうか。
全く変わらないのか。
とか、そういう事を、一つ一つの症例で
検討
しなきゃ駄目ですよ、絶対。

あくまで推測でしかないんですけどね、これって。
でも、1人か2人の特殊な要因で、
平均値が跳ね上がったとしても、
それを含めて、結論を出す。
ってのは、やはり良くないと思いますよ。

例に出したのは、あくまでも例えですから。
入院日数に関しては、ドクターヘリを使った方が、
短くなる可能性はありますけど。

全て合計してかかった費用が、ドクターヘリの方が
救急車よりも安い、って事には、
ちょっと疑問が残りますね。


ここからは、最初に私がエントリーした内容なのですが。
読者の方達の指摘で、間違いという事がわかりました(汗)

でも、自分の間違いを全部なかった事にする気はないので。
あくまでも、あー、こういう勘違いしていたんだなー、この人。
って事で、思って頂ければありがたいです。

格好悪いけど、一応削除しないで載せておきます。



そしてもう一つ、経済面のからくり。

>ヘリの搬送には1回50万円程度かかるとされる。

って記事には書いてありますけど。
ドクターヘリのコスト、って言うのはこれだけではありません。
これも記事に書いていますけど。

ドクターヘリ年間経費(1機当たり約1億7000万円)

(ちなみに、これ。
ヘリのパイロットの人件費は入ってますけど。
多分、医者はボランティア、って事だと思いますので。
本当は、もっとかかります。)

ですから。
そいで、最初に導入する時には病院に新たに、
ヘリポートを作らなきゃ駄目ですよね、当然。
ま、初期費用として2000万円としますか。

本当は、5億円かかるらしいっす。初期費用。

今回のデーターでは、4年間ですから。
ドクターヘリにかかった経費は

1億7000万円x42000万円7億円

ですよ。
26回ヘリコプターを飛ばしたから、
かかった経費は、26x50万円=1300万円
ではなくって。

初期費用年間の経費(+実際の運行費用)
が、本当のドクターヘリのコストなので

7億円+(26x50万円)=7億1300万円(7億円)
ですから。

仮に1人当たりで計算したいなら。

7億1300万円÷262742万円(2692万円)
ですよ、ドクターヘリの1人当たりの値段。

( )は実際の運行費用もランニングコストに
入っているとした場合の値段です。


外傷の患者で、ドクターヘリで運んだ患者が26人なので。
それ以外のヘリで運んだ人数も含めた人数で割らないと、
本当の1人当たりのコストは出ませんね。
すいません。

ものすごい勘違いをしていました。
初期費用が大きく違い、しかも割る人数も全然違うので。
これらの数字は、全く意味をなしませんね(涙)


1人当たりの入院費用に2700万円を足して、
それでも合計の費用が救急車医療費よりも下回れば、
それは経済的にもドクターヘリの方が得だ。
って言えますけど。
最もお金のかかる、ランニングコスト
一切無視して、その日に飛ばした時のお金だけ
をプラスする、って方法は。
問題あるんではないでしょうか。

全く何の意味もありませんから。
そんな数字に。

もし本当にかかったコストを計算するのであれば、

ドクターヘリの場合の費用
治療費132万円ドクターヘリ代2742万円(2692万円)
2874万円(2824万円)

救急車の場合の費用
治療費245万円

ってなりますから。
ドクターヘリの方が、救急車の場合より
10倍以上高い、って事になるんじゃないでしょうか。
それが、本当のコストです。



1人当たり2700万円かかっても良い。
って事なら、ドクターヘリ
導入しても良いんではないでしょうか。

この病院も毎日新聞も、都合の良いデーターだけを書く、
って事は止めた方が良いと思うのですが。


コメントでご指摘を頂き、記事の本文を訂正させて頂きました。



あの大好評だった無料レポートが再登場!!!
医者のホンネを知りたいって人は、これを読んでね!


→ 『医者のホンネが丸わかり!』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓




スポンサーサイト
この記事へのコメント
ドクターヘリの出動回数ですが、
>03年1月~06年3月の間に
>同県四街道、富里、八街の各市から
>同病院に搬送された重症の外傷患者
に限っているから70人なのではないでしょうか?
もっと出動しまくってますよ。
というか、ドクターヘリがそんな楽なはず無いです。

http://hokuso-h.nms.ac.jp/guide/helicopter.php
より
これまでの出動実績

平成13年 10月の導入以降、平成16年度からは千葉県のみならず茨城県と協定を結び同県の南部地域までを飛行範囲として、平成18年9月までの5年間の出動は2, 787件、診療人数は2,791名にのぼります。内訳は、現場からの直接搬送2,485例、転院搬送301例であり、傷病の概要は外傷1,358例、熱傷62例、急性薬物中毒79例、脳血管障害424 例、心大血管疾患331例、その他537例でした。現場からの医療開始と、高度救命医療機関への迅速な搬送により、救命ないしは予後の改善が達成されたと考えられました。また、外傷症例は全出動の48.7%を占め、今後、千葉県内における交通死亡者の減少に寄与する可能性が極めて大きいことが予想されます。
普段ROMな人[URL] 2007/07/14(土) 09:43 [EDIT]
.....私もまったくの門外漢ですが、ちょっとこのエントリの内容はいかがなものかと思いました。
ちょっと検索してみたのですが、1回50万というのはこのようなことではないかと思います。
---
http://tinyurl.com/yr86jt
 ドクターヘリの費用はどのくらいか。自力運航が多い防災・消防ヘリに比べ格段に安く、年間で1機2億円程度だ。年400回飛べば1回あたり50万円。I回8万~10万円といわれる救急車よりは高いが、重症者中心だけに救命効果は大きい。
---
年間総コスト、すなわちおそらくですが
・購入費用の償却費
・パイロット
・燃料代など
これを年2億円として、400回飛ぶとすると、1回あたり50万円、こういう計算なのではないかと。ヘリポートの費用はどうするかということはありますけど、少なくとも4年間だけで割るというのは変だと思います。
なお、
http://www.fdma.go.jp/html/seido/160805_kekka.html
>ヘリコプター救急体制構築による交通事故死者数削減効果に関する研究
>特定非営利活動法人救急ヘリ病院ネットワーク 益子 邦洋
http://www.fdma.go.jp/html/seido/doc/h16/h16_9.doc
>1.研究課題名:ヘリコプター救急体制の構築のもたらす社会的利益に関する定量的な研究
>2.研究代表者:益子 邦洋   
>(所属)日本医科大学教授・千葉北総病院救命救急センター
ここにあるとおり、消防庁公募研究の成果発表が元なのではないかと思いますので、数字が良いようにアピールする可能性は否定できないとは思いますが、少なくとも
「この病院の先生はこんな基本的な計算できないのか・マスコミも何も考えてないのか」
ということではないと思いました。
# コメントは消していただいても構いません。
nni[URL] 2007/07/14(土) 09:44 [EDIT]
>nniさん
なるほど。
たしかに、おっしゃる通りのところもありますね。
私も断定口調になっていたし。
ランニングコストの事も不明なので。
ちょっと本文の内容を訂正させて頂きました。

それと、コメントの内容自体は問題がないのですが。
引用URLが長いと、ブログが変形してしまうので。
申し訳ありませんけど、いったん削除して、URLのみ短縮して再度、私が投稿させていただきましたので。
ご了承下さい。
Dr. I[URL] 2007/07/14(土) 09:47 [EDIT]
>普段ROMな人さん
あ、そうかー。
同じ指摘をされてしまいましたか。
他にもドクターヘリで運ばれた患者もいるので。
その人数でも割らなきゃだめですね。
というか、そんなに出動したら、年間1億7000万円以上かかるでしょうしね。

もう、エントリー自体の意味が、半分なくなっちゃいましたね(汗)

m3の方は、今日は訂正できないので、思い切って削除してしまいました。
こっちの方は、前半の方は間違いですけど。
まあ、残しましょうか。
Dr. I[URL] 2007/07/14(土) 09:54 [EDIT]
誤解だと思います。
一応、私の知ってる範囲で。

 まず、ドクターヘリの初期導入コストは約5億です。これにはヘリや備品の購入代金、ヘリポートの設置、ヘリ格納庫の建設など、すべて含まれます。
 その上で、ヘリの年間ランニングコストが1億7千万で、これにはパイロットの人件費、整備費、燃料費、減価償却費などが含まれます。

 で、医師の人件費はご指摘の通り、含まれていませんが、ドクターヘリに乗る医師は別に年がら年中ヘリに乗ってる訳じゃなく、他の業務に携わっているわけでヘリ専従医師というのはいません。かつ、ドクターヘリは有視界飛行ですから、朝8時から夕17時までしか飛べません。従ってドクターヘリに乗るドクターは「通常勤務の中の業務の一環」として乗ることになります(危険手当は出るらしいです)。従って、ボランティアというのはちょっと当たらないと思います。(土日祝日の手当がきちんと出ないのは他の医師と同様・・・汗)

 長期運用すればするほど、初期コストは無視できる数字になりますので(減価償却費が運営費に含まれるから)、Dr.I先生の計算は間違いです。この計算は年間ランニングコストでするべきものなんです。

 ですから、患者一人当たり2700万という数字は明らかに過大です。問題は地域住民が初期導入コストを分担して払う気があるかにかかっています。例えば人口50万圏であれば、初期導入コストの一人当たりの分担金は1000円です。また、年間維持コストの一人当たりの分担金は400円弱です。

 数字のマジックのようですが、こういう計算の仕方も出来るんですよ。
僻地外科医[URL] 2007/07/14(土) 09:54 [EDIT]
統計のマジックは……
Dr,I様>

 今回の元記事、計算方法はさておき、少々「母数が少なすぎる」ような気がします。
 これだけのデータでは「ドクターヘリの経済性」はちょっとわらかない気がしてならないのですが……。
Lich[URL] 2007/07/14(土) 09:55 [EDIT]
>僻地外科医先生
ご指摘、ありがとうございました。

もう、全然駄目ですね、この記事(涙)。
自分へのいましめも含めて、本文の順番は変えて、記事自体は残す事にしました。

いろんな人に速攻で指摘される位、単純なミスをするようなので。
やっぱ、まだ熱があるのかなー。
まだ、測ってないけど、今日。

ま、熱のせいにする気はないですけどね。
Dr. I[URL] 2007/07/14(土) 10:09 [EDIT]
>Lichさん
ご指摘の通りです。
すいません。
本文の内容も、変更させて頂きました。

Dr. I[URL] 2007/07/14(土) 10:10 [EDIT]
>Dr,I様
Lichさんがおっしゃっているのは、毎日新聞の記事が
5年間で2800人の実績に対し26名のみの抽出では統計的に信頼性がないということでは。

Dr,I様が疑問を提示されている「平均」のトリックなどは非常に有意義と考えます。
今回に限らず標準偏差や信頼区間を使用しない統計記事に何の意味があるのか非常に疑問です。
サルガッソー[URL] 2007/07/14(土) 13:05 [EDIT]
俺も平均ですべての結論を出すのはどうかと思います、病気一つとっても同じ症例はないに等しいんだし断言を疑われるような発言?はどんなもんなんでしょう;;

ところで俺はヘリこそ国が無料にすべきものなのかなぁって思ってます。
救急車はもろもろの問題や財政難などで有料化が有効かと思ってます。
でもヘリは国がリーダーシップを発揮して運ぶことが必要不可欠じゃないかなって、組織が違うといろいろ面倒も起こるけどヘリが有効と思ってるならなおのこと重症・重体患者の搬送を金銭が理由で遅れさすんじゃなくて。。
どう思いますか?
小太郎[URL] 2007/07/14(土) 14:02 [EDIT]
ヘリコプター絶対反対では、ないけれども
一時期、大学病院に衛星放送アンテナの予算が軒並み付きましたよね。あれと、同じ部分があります。国産重工業者への奨励金みたいなものです
衛星放送アンテナは、一機数千万円もするのに、政府調達として予算が付きました。地方の大学病院は赤字で苦労しているのに、やすやすと導入させられました。今、本当に役立ってますか?こちとら教員は、アンテナ使った放送講座のシリーズなんか作らされて、本当に迷惑な代物だったです。予算数千万円のうち、95%はアンテナ代でしたよ。転用が効かないんです。衛星アンテナを作ってる会社なんて数社しかないんだから、どこが喜んでいたかよく解ります。

ヘリコプターだって、国産は三菱重工と富士重工と川崎重工しかありませんし、年間国内需要が700億円で、軍需以外のパイが少ないから、医療にかこつけて売りたいだけです。僕も、ヘリコプター医療を全て批判するつもりはありませんけど、明らかに、医療費と言う形で、ヘリコプター購入費の分が、どこかの本当の医療費から削られるんですわ。

一事が万事そうやって、上澄みを吸い取られるんですね。使いようによっては、便利かも知れませんが、僕には、見え透いた政策に見えます。たとえ一時的に援助金が出ても、ヘリコプターの維持費、人件費にしわ寄せがくるでしょうね。
座位[URL] 2007/07/14(土) 19:37 [EDIT]
>サルガッソーさん
あ、きちんと読めば、そうかもしれませんね。
たしかに、いくらなんでも少なすぎますよね、母集団が。

ドクターヘリはこんなに良いんだぞ、って結論ありきって感じですからねー、正直。
この記事は。
選挙前、ってのもあるんでしょうけど。
Dr. I[URL] 2007/07/15(日) 15:08 [EDIT]
>小太郎さん
平均だけで物を見るのは、非常に危険ですね、ホント。

ヘリって今は、お金かかるんでしょうかねー。
実は、よくしらないんですよ。
まあ、救急車と違って、安易に呼ぶ人は今の所少ないんでしょうけどね。
本当に重症の人ばっかりでしょうから、無料でも良いと思いますよ。
Dr. I[URL] 2007/07/15(日) 15:16 [EDIT]
>座位先生
本当に、一部の既得権益っていうか。
大企業と、それに天下る官僚と、政治献金を貰う政治家だけが儲かる政策っていうのは、止めて貰いたいですよねー。
ドクターヘリ自体は、私も絶対反対ってわけではないんですが。
いずれにせよ、ハード以上にソフトが大事だと思います。
Dr. I[URL] 2007/07/15(日) 15:18 [EDIT]
えーっと……^^;
Dr.I様>

 サルガッソー様がおっしゃるとおり私が批判してますのは「元の記事」のほうですので^^;
Lich[URL] 2007/07/15(日) 19:20 [EDIT]
>Lichさん
あ、すいません。
勘違いしていました(汗)
Dr. I[URL] 2007/07/15(日) 20:33 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

金魚 病気
愛犬を病気・肥満から守る健康ごはん商品価格:1,260円レビュー平均:4.73ドクターヘリは、経済的にお得?ドクターヘリを飛ばした方が、 救急車よりも経済的に得だ。 入院日数も減る。 ってデーターが出たようですがね。 これ、少なくとも、「経済的に得」 っていうのは、間  [つづきを読む]
アレルギー・アレルギー病気情報ブログ | 2007/07/17(火) 11:28
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず