現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈良のかわいそうなパンダ
昨年から、絶滅危惧種である、日本の産科医を。
動物園見せ物パンダに例えた物語が、
某サイトではやっているようですが。

奈良産科医になぞらえた、
最新版ができたようなので。
そこから、ちょっと拝借致しました。


かわいそうなパンダ奈良

とある国ではパンダは希少動物、
各地の動物園ではパンダの芸は大人気。
朝から晩までパンダショーは人だらけ。

定時のショーが終わっても、
今すぐにどうしてもショーを見たいという
お客さんの希望に応じるため、
休む暇も無くパンダショーを続けていました。

不思議なことに、その国では。
希少動物であるはずのパンダ
寝る時間も無い程働かされているのに、
餌は少ししか貰えないし、他の動物と同じ、
粗末な小屋に寝かされていまし た。

かつては、パンダが綱渡りから落ちたり、
お手玉を落としたりしても、
お客さんはパンダを責めることは無く、
拍手してくれていました。

時代は変わり、芸が決まっても拍手は無く、
失敗すると野次や怒声が飛ぶようになり、
とうとう、芸を失敗したパンダに罰が
加えられるようになりました。

疲れ果てたパンダは次々と病死し、
動物園から逃げ、パンダであることを隠すために
黒い毛を白く染めて白熊として生きるものが
続出しました。

そうしてパンダの居ない動物園が増え、
特に田舎の動物園では
パンダショーは見れなくなりました。
でも、不思議なことに、
パンダの虐待は日に日にひどくなるばかり。

総理大臣までもが、パンダを確保せよというばかりで、
虐待をしてはいけない、とは決して言いません。
挙句の果てには、白熊を上手に染めて
パンダにしてしまえと言い出す始末で、
どうにもなりません。

そんな美しくない国で起こった
可愛そうなパンダのお話です。


その日もパンダは定時のショーの終了後、
夜中に芸が見たいお客さんのために
2匹で動物園に残って必死で芸をしていました。
そこに動物園の受付のおじいさんがやってきて、
パンダに耳打ちします。

「実は今すぐに芸を見たいという電話が入ってますよ」
「どんなお客さんですか?どんな芸をみたいの?」
「それがね、良く分からないのですよ。
とにかく今すぐショーをしてくれないと
困るとおっしゃっているんだけど・・」
「申し訳ないけど、今芸の真っ最中なんだ。
見たら分かるでしょ。
最近、綱から落ちたら鞭が飛ぶから
僕たちも必死だよ。
寝不足でフラフラだけど、
最高の結果を求められているんだ。
僕たちも余裕がないんですよ。
後にしてもらえますか?」

可愛そうなパンダの現状を知る
おじいさんはこう返事します。
「今、芸の真っ最中です。
芸に時間がかかるかもしれません」

するとお客さんは
「それなら他の動物園に聞いてみます」
と電話を切りました。

その後も次々とお客さんがやってきて、
2匹のパンダは翌日まで芸を続け、
一睡もしないまま翌日の朝から
通常通りのショーを行いました。
難しい芸も無事決まり、パンダは疲労困憊ながら、
今日もお客さんに喜んでもらえたと満足していました。

ところが、数日後新聞を見てびっくり。
「最寄の動物園パンダショーを拒否」
「客席は空いていた、パンダに余力あり」
という大きな見出しが目に入ります。

どうやらお客さんは遠くの動物園まで行くことになり、
ショーの内容にも満足しなかったようです。
パンダにしてみれば、ほとんどの動物園で、
パンダは疲労困憊。
余裕のあるところなんてありません。
それは仕方ないことなのです。

「そ、そ、そりゃないよ。
徹夜でショーをしていたのに、
どうしてこんな風に言われなきゃいけないの?」

当事者のパンダは悲しくて悲しくて
おいおいと泣きました。

その動物園には抗議が殺到します。

「税金で餌を食っているパンダ
ショーを拒否するなどとんでもない」
「怠け者のパンダに鞭を打とう。
もっと鞭を打てば、ショーを断ることなどないはずだ」

見かねた園長さんが
「実はパンダはこんなに必死に芸をしていたのです。
もうパンダは数が減ってしまって、
これ以上の芸は無理です。
分かってやってください」
と記者会見を行いました。

それでも一般市民はパンダを責めるばかり。
パンダに生まれた以上、どんな芸も完璧に、
いつでも行う義務がある。
パンダとして出生した時の心を忘れたか」
と新聞の社説にも書かれる有様です。

そのショックで、一匹だけ産まれる予定だった
パンダの赤ちゃんも死んでしまいました。
悲しみに暮れるお母さんパンダ
「どうせこの国でパンダとして生まれたら
死ぬまでこき使われるわ。
赤ちゃんが亡くなってしまったのは残念だけど。
これも運命よね」
と納得するしかありません。

ショーを断ったとしてバッシングの嵐を受けた
パンダとその仲間はついに決心しました。
パンダでいることに誇りを持ち、
必要とされるやりがいだけで必死にやってきた。
でも もう限界だ。
みんなで逃げよう」

パンダたちはお世話になった
園長先生に手紙を書きました。

「えんちょうせんせい。
ぼくたちをかばおうとしてくれたことにかんしゃします。
でも、もうげんかいです。
こころがおれてしまいました。
これいじょうショーをつづけるきりょく
もたいりょくもありません。
にげるしかないのです。
ゆるしてください」

皆でおいおいと泣きながら手紙を書き上げ。
最後の力を振り絞って鎖をほどき、
動物園から脱出しました。

パンダの脱出は大きなニュースになりました。
でも、この美しくない国の人たちは
逃げたパンダを責めるばかり。
自分たちがいじめ抜いてパンダ
居なくなったことに気がつかないのか、
気がついているのに無視しているのか、
パンダをこれ以上いじめないようにしよう、
大事にして増えてくれるように努めようとは
決して思わないのでした。

m3.comの掲示板より



現在、奈良県の客(人口)は、143万人
パンダ産科医の数は72人ですが。

奈良からパンダが一匹もいなくなる日も、
そう遠くないのかもしれませんね。
パンダに鞭を打つばかりでは。

それでも、人のせいにするんでしょうね。
パンダを責める人達は。


パンダのホンネを聞きたい人は、これを読んでね!
→ 『医者のホンネが丸わかり!』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト
この記事へのコメント
これが寓話とも言い切れないのは……
Dr.I様>

 このお話、笑い話にならないところが悲しいですね。
 このままいくと「医師の人材輸入」でも行わざるを得なくなるのですが、法的に難しいでしょうし、真剣に医師不足を考えなくてはならないのですが、国は医療費削減の大合唱(嘆息)。
 「国民の安全の確保のためには金がかかるのだから、予算を増額させる」「安全を確保する財源が国にないならその旨きちんと国民に説明し、サービスレベルの低下が避けられないことを納得させる」、どちらかが必要なはずのですが、国民に対しては「安全・安心を確保する」といい顔をしておいて、医師には「金はないけど、医師の義務だから我慢して働け」とは……あまりにもひどい話です。
 一方で、「規制緩和」の名の下に参入自由化したタクシー・バス業界では、過当競争のため人件費の圧縮・待遇の悪化・安全面の劣化、と問題が山積みで、しかもそれを放置する……。
 我が国の「規制」とは一体何のためにあるのか、根本的に問い直す時期にきているのではないでしょうか。
Lich[URL] 2007/09/03(月) 21:25 [EDIT]
ちょっと悲しすぎて
言葉がありません・・・
rinzaru[URL] 2007/09/03(月) 21:25 [EDIT]
パンダを輸入しようにも、このような過酷な環境では
みんなすぐに逃げ出しますね・・・。

残念なのは「パンダなら同情してもらえる」のが
「産婦人科医は無理」と言う事です。

産科医<<<<<<<パンダという事ですね。
hot-coffee[URL] 2007/09/03(月) 21:50 [EDIT]
オマケ
パンダたちのお別れの手紙が園長室に届けられた時、園長先生は自分の辞表を書いているところでした。
道標主人[URL] 2007/09/03(月) 21:58 [EDIT]
They performed truly noble action!!!
パンダさんかわいそうでちゅグスッ(゚ーÅ)真に崇高な行いをしていただけなのに。

パンダの赤ちゃんのお話しもエビは昨夜親友と話してて2人でひどいねでも無理もないねって言ってまちた。せっかく産科を志願したのに。
親友も一般人ですが理解してこういう話題に敏感になってくれてまちゅ。

今日4時半に奈良県知事と厚労大臣が会談してまちたが厚労大臣の会談後のインタビュー見てたら「病院と救急の連携をきちんとして戴くようお願いをねっ」と言って、ごめんねお医者たん増やすために頑張るねっとは言ってくれませんでした。都道府県を越えた広域態勢強化を急ぐとか今後各都道府県知事と定期的にお話しするとは言ってましたけど☆
そのニュースは21時のNHKニュースで見たのですが、医師不足は結構大きな文字で字幕にも出たし何回か言ってくれました。

産科に限らずすべてのパンダさんがきちんとお休みを取れて元気に暮らせますように。
パンダさんへのありがとうの気持ちをいつも大切にしたいでchu!
エビ[URL] 2007/09/03(月) 22:22 [EDIT]
>Lichさん
多分、パンダが1人もいなくなって。
患者を診る人がいなくなって、自分達に実害が及んで初めてわかるんでしょうね。

でも、もうその時は手遅れなんですが。
Dr. I[URL] 2007/09/03(月) 22:34 [EDIT]
>rinzaru先生
悲しすぎますね。
実際にそうだっただけに。
Dr. I[URL] 2007/09/03(月) 22:36 [EDIT]
>hot-coffee先生
たしかに、そういう意味では。
産科医<<<<<<<パンダですね。
Dr. I[URL] 2007/09/03(月) 22:36 [EDIT]
>道標主人先生
園長が辞表を書くのも、時間の問題ですかね。
Dr. I[URL] 2007/09/03(月) 22:37 [EDIT]
>エビさん
桝添氏も、やっぱり予想通り、奈良とか救急の産科とか、個別の問題にしていましたね。
残念です。
Dr. I[URL] 2007/09/03(月) 22:38 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/09/04(火) 08:47 [EDIT]
こんばんは
当ブログにコメントを頂きまして、ありがとうございます。

パンダの生息数を調べて、もしかして産科医数よりも多かったら面白いなあと思っていたのですが、さすがにそんなことはなかったです(^^;
koume[URL] 2007/09/04(火) 23:11 [EDIT]
こんにちは。奈良県の産科医、72人ってのに驚きを隠せません。新聞を含めたマスコミってこれを公表してますか?日本にいないので分からないのですが・・・。現在の奈良県の妊婦と産科医(あえて婦人科は抜いてますが)の比率を是非マスコミで国民に知らせていただきたいものです。
[URL] 2007/09/04(火) 23:21 [EDIT]
はじめてブログを読みました。救命救急の看護師です。
とってもとっても気持ちが伝わりました。ほんとにパンダたちは過酷な労働をさせられてますよね。。。
去年、奈良の妊婦さんが亡くなったとき「病院は満床だったら断るのですか」と遺族が言っていましたが、もちろん、断ります。だって安全が守れないもん。そんなにベッドを空けたいなら急性医薬品中毒の患者の受け入れ先を作ってくれ、厚生省。
はるか[URL] 2007/09/04(火) 23:23 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/09/05(水) 00:59 [EDIT]
>名無しさん
一番の犠牲者は地元の人ですよね。
マスコミも、情けない。
Dr. I[URL] 2007/09/05(水) 20:43 [EDIT]
>koumeさん
こんばんは。
さ、さすがにそれはないかと(汗)

m3の掲示板では、医療関係者以外でも、こんなに医療の事もわかってくれている人もいるんだよ、って紹介されていたんですよ。
褒められていたので、心配しなくて良いですよ。
Dr. I[URL] 2007/09/05(水) 20:47 [EDIT]
>kさん
ちょっと、本当のソースは忘れてしましました。
すいません。
一応、どっかの新聞には書いてありましたよ。

よく新聞で紹介されるのは、2004年に94人、っていう数字なんですけど。
3年で22人も辞めたんですね、奈良の産科医。


Dr. I[URL] 2007/09/05(水) 20:56 [EDIT]
>はるかさん
はじめまして。
そりゃあ、満床なら、断りますよね。
今の世の中、無理して受け入れて救命できなかったら、病院や医師側の責任になりますから。
断ったら、他の病院で救命できる可能性があるのであれば、断るのは当然だと思います。

ベッド数が足りないのは、政府のベッド数削減政策のせいですからね。
Dr. I[URL] 2007/09/05(水) 20:58 [EDIT]
>名無しさん
パンダの数を増やす事ができるのは、政府だけなんですが。
全くそのつもりがないようですね。
口では、いろいろ対策、とか言っているようですがね。
Dr. I[URL] 2007/09/05(水) 20:59 [EDIT]
>kさん
あ、今見つけました。

http://tinyurl.com/yv45w5

奈良県 産科医72人減少やまず 
昨年75人、初めて実数把握
8月31日17時12分配信 産経新聞

奈良県橿原市の妊婦(38)の受け入れ病院探しが難航し、死産した問題で、同県内の産科医の実数は今年4月現在でわずか72人で、前年よりさらに3人減少していたことが31日、わかった。

外部委員から「数も把握していないというのはどうか」といった指摘も受けて、県は18年、初めて県内の医療機関に対し、アンケート形式で実数調査をした。

 その結果、18年4月現在の産科医数を75人と確認。県ではそれまで、厚生労働省が2年ごとに行う年次推移調査の都道府県別データを掌握していたが、同調査からは産科医と婦人科医の合計数しか分からないといい、直近の数値となる16年は計94人で、県独自の18年の実数調査とは約20人の開きがあった。
Dr. I[URL] 2007/09/05(水) 21:03 [EDIT]
了解しました!
m3のこと、教えていただきありがとうございます!

・・・昨日ちょっとパンダのことを調べていて、このままでは産科医がワシントン条約で保護される日も遠くないかも・・・とかアホな事を考えていました(笑)サイテス1類は学術目的以外での取引禁止ですから・・・ん?医学研鑽のためならいいのかな(笑
koume[URL] 2007/09/05(水) 23:50 [EDIT]
I先生、わざわざありがとうございました。早速読ませていただきました。
[URL] 2007/09/06(木) 15:49 [EDIT]
もうすぐか
72人でしたか。
冗談ではなく、たらい返しの日は近いですね。
雪の夜道[URL] 2007/09/08(土) 12:43 [EDIT]
被害妄想
うちに「訴訟リスクがあるから医者のなり手がいなくなるなんてありえない、それはおまえらの世間知らずと被害妄想のせいだ」なんてコメントつけてくださってる方がいらっしゃるんですけどね、こういう人にどうやって説明したらいいもんだか・・・どうも訴訟リスクを負ってもなおうまみのある仕事だと頑なに信じていらっしゃるようで。
えぼり[URL] 2007/09/09(日) 00:34 [EDIT]
>koumeさん
いえいえ。
Dr. I[URL] 2007/09/09(日) 14:20 [EDIT]
>kさん
いえいえ。
たいしたこと、ないっすよ。
Dr. I[URL] 2007/09/09(日) 14:21 [EDIT]
>雪の夜道さん
ほんと、すぐそこかもしれませんね。
Dr. I[URL] 2007/09/09(日) 14:22 [EDIT]
>えぼりさん
少なくとも、優秀な人間が医者になる。
って人は、いなくなるでしょうね。
すると、医者全体のレベルは下がるんですが。
人数は同じだったら、まあ良いか、って言う人もいるんでしょうね。
政府とかには。
一般人にも多いのかな。
Dr. I[URL] 2007/09/09(日) 14:23 [EDIT]
戦争中、餌を与えられずに死んだ象の話を思い出しました。何の反省もないまま、歴史は繰り返しますか。
でも、これからはパンダだけではなく、ライオンもクマも犬も死ぬまで芸をさせられるに違いありません。
いいえ、パンダがいないのであれば、何処かの国のように白い犬(産科医以外の医師)をマジックで黒塗りしてパンダにするよう、お国が言い出すかもしれません。「何の出し物も無いよりはましだろう」って・・
いずれにせよ悲劇はより悲劇へ・・
通りがかり医師[URL] 2007/09/12(水) 06:11 [EDIT]
>通りがかり医師さん
きっと、歴史は繰り返すんでしょうねー。
もう、駄目かも。
Dr. I[URL] 2007/09/12(水) 21:12 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/09/18(火) 03:17 [EDIT]
なんか、リアルすぎて切なくなりました。

技術が必要な職って確かに一般の事務よりはお給料もいいかもしれませんが、それ以上に過労一直線ですよね。

アルバイト先のエンジニアの人も仮眠もなく翌日の仕事に入っていましたし、お医者さんはその上、起訴されたり、新聞とかでいろいろ言われたり。。。

でも、私としては新聞とかのマスコミよりそういう需要を作っている一般の人たちに腹が立ったりです(;_;)
yukila[URL] 2007/09/23(日) 22:29 [EDIT]
>yukilaさん
残念ですけど、それが現実なんですよね。
正直、医者はそんなにお金はいらないから、時間をくれ。
って言っている人の方が、圧倒的に多いんですよ。

平均賃金から言ったら、大手マスコミの給料は、勤務医より上です、ちなみに。
Dr. I[URL] 2007/09/24(月) 18:47 [EDIT]
I先生、こんばんは。
この記事を読んで、切なくなってしまいました。
どうしてこうなってしまったのでしょうか?

使命感を持って取り組む先生方にも
限界があります。
そして、先生方だって、人間なんですから・・・。
限界を超えてもやれやれという世相は、どうしたら
変わっていくのでしょうか・・・・・・。



ピンキーママ[URL] 2007/12/23(日) 23:35 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

東急バス 路線図
奈良のかわいそうなパンダ昨年から、絶滅危惧種である、日本の産科医を。 動物園の見  [つづきを読む]
お役立ち情報館 cocolog-106 | 2007/09/04(火) 00:00
女性のからだ その44-産婦人科哀歌~かわいそうなパンダ、奈良版
医療系ブログのチェックをしていたら、あの「パンダと白熊」の続編とも呼べる、「奈良のかわいそうなパンダ」が紹介されていたので、ここでも取り上げさせて頂くことにした。「健康、病気なし、医者いらず」の管理人さん勝手にすみません。 次いでに、今まで紹介し....  [つづきを読む]
趣味の生活 | 2007/09/04(火) 11:11
可愛そうなパンダ(産婦人科医)の物語・・・
{{{:とある国ではパンダは希少動物、各地の動物園ではパンダの芸は大人気。朝から晩までパンダショーは人だらけ。 定時のショーが終わっても、今すぐにどうしてもショーを見たいというお客さんの希望に応じるため、休む暇も無くパンダはショーを続けていました。 不思議なこ  [つづきを読む]
うろうろドクター | 2007/09/05(水) 06:49
出産難民は、未受診妊婦から
(関連目次)→ 奈良の死産 目次                          [つづきを読む]
産科医療のこれから | 2007/09/07(金) 19:10
お医者さんが可哀想です
お医者さん(病院)に対する マスコミのバッシングはひどすぎます。不眠不休で 働かされて、100%完璧に仕事をこなしても そんなの      ア・タ・リ・マ・エちょっとミスると     ヒ・ト・ゴ・ロ・シ扱いですか。。。マスコミのみなさんあなたたちに この仕事  [つづきを読む]
最初はZoo | 2007/09/08(土) 17:30
産科医問題
昨年から、絶滅危惧種である、日本の産科医を。動物園の見せ物パンダに例えた物語が、某サイトではやっているようです。奈良の産科医になぞらえた、最新版ができたようなので。そこから、ちょっと拝借致しました。{{{かわいそうなパンダ、奈良版}}}とある国ではパンダは希少  [つづきを読む]
こんふぃちゅーる | 2007/09/15(土) 16:09
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず