現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
救急システムの問題点
政府は相変わらず、医師不足ではなく医師偏在だ。
って言い続けていますけど。
奈良だけでなく、日本全国で救急医療
大変な事になっていますよね。

新聞やテレビでも、たくさん報道されています。

その中で、救急医療システムの問題。
っていうのが、よく出ていますけど。
やっぱり、小手先っていうか。
本質に踏み込んでいないんですよね。
既存のマスコミは。

そこら辺は、やっぱり医師ブログとかの方が、
一枚も二枚も上手というか。
きちんとした説明がされているようで。

いつもお世話になっている、
「勤務医開業つれづれ日記」中間管理職先生
『■産科の電話代行業 でも責任は? 
「神奈川県が妊婦搬送先探し代行、
産科医の負担軽減へ 」』

や、
「新小児科医のつぶや」Yosyan先生
『焦点がずれているような』
の記事で取り上げていますので。
私も、救急医療システムについて、
書いていく事にしますかね。

元記事は、読売新聞に書いてあった、
神奈川県救急医療システムについて、です。


神奈川県が妊婦搬送先探し代行、
産科医の負担軽減へ


神奈川県は、救急搬送が必要な妊婦の
受け入れ先を医師に代わって、
産科の研修を受けた県救急医療中央情報センター
職員が探すシステムを11月から
本格的にスタートさせる。

4月から試験的に実施したところ、
診察と並行して受け入れ先探しを
しなければならなかった産科医から、
「負担が軽減され、助かった」
との声が上がったことなどから、
体制を組んで取り組むことにした。

同県では、出血するなど緊急に治療が
必要な妊婦は、県内の八つの基幹病院
が対応することになっているが、
自分の病院に収容できない場合、
産科医が、ほかの病院に電話するなどして
受け入れ先を探している。

同センターでは、職員11人が3人ずつ
交代で、24時間態勢でこの作業を代行。
破水や合併症の有無など、
妊婦の症状が書かれた調査票を
基幹病院からファクスで受け取り、
県内の受け入れ可能な病院を探す。

同県などは、産科医不足対策として、
救急車への搬送先案内などを行っている
同センターで、搬送先探しを試行。
これまでに、基幹病院から依頼のあった
152件のうち、88件で受け入れ先を確保した。


『2007年9月12日 読売新聞』


私は、このシステムに関しては、賛成です。

医師が医療に専念できるシステムを作るべき
って言う事は、前から主張している通りです。

医師以外ができる仕事は、事務員とかにさせて、
医師は、医療に専念できるようにすれば、
効率が良くなるのは事実ですから。

神奈川県でも、現場の医師は当然
>「負担が軽減され、助かった」
と言っていますしね。


>同センターでは、職員11人が3人ずつ交代で、
 24時間態勢でこの作業を代行。


24時間体制を作るには、
これが正しい労働基準ですよ。

でも、産科医1人しかいないのに、
24時間体制で救急患者を受け入れろ。
って言っている人達、いませんか?

それって、明らかにおかしいですよね。

電話やFAX等の対応は11人で、3交代
命に直接関わる、医療という仕事は、
1人とか3人とかで、24時間365日

やっぱ、ここをなんとかしなきゃならない、
って思いますけどねー。


そいで、ここからが本題ですが。
医師以外の人間が、ベッドの空いている
受け入れ能力がある病院を探す。
ってシステム自体は良い
とは思いますけどね。

Yosyan先生のブログによると。
神奈川県の場合。
八つ基幹病院と、中核病院、協力病院
合わせて計32ヶ所があるそうです。

で、問題点は、新聞記事にも書いてありますけど。

>152件のうち、88件で受け入れ先を確保した。

って事は、42%受け入れ先が見つからなかった
って事ですよ。
「患者の受け入れが難渋した。」
って事ですが、マスコミは好んで
「たらい回し」って言葉を使いますけどね。

いかにも、病院医者救急医療システムが悪い、
って事のように、新聞なんかでは
書かれる事も多いようですけど。

神奈川県ではこういう救急医療システムを作っても、
42%は、患者を受け入れられなかった。
って事が事実です。

そしたら、システムの問題だけじゃないでしょ
だから、こういうシステムを作っても、
根本的な解決策にはならないのですよ。

「奈良の妊婦、受け入れ難渋」
の時でもそうでしたけど。
なんか、「救急医療システムの問題」
にする論調もありましたよね。
桝添厚生労働大臣も、そんな口調でしたけど。

奈良県は、ベッドが空いている病院を調べる、
ネットワーク」は作ったけど。
医師が朝「満床」って打ち込んで、
その後更新しなかった。
だから、「たらい回し」が起きたんだ。
その医者は、けしからん。
みたいな論調とかもあったけど。

朝から満床で、夜も満床だったら、
リアルタイムで更新するシステムを
導入したとしても、
どっちにしろ、患者(妊婦)の受け入れは
不可能
だったんですよ。

だから、そういうネットワークとか、
救急医療システムだけの問題ではないんですよ。

今回の神奈川県救急医療システムでも、
奈良で機能していなかったネットワーク
でもそうなんですけど。

基本的には、
ベッドが空いている病院探す
患者を受け入れられる能力のある病院探す
為のシステムなんですよ。

神奈川県の場合は、それを医者の替わりに
事務員がやる、って事で。
医師の負担を軽減する、という意味では
評価しますけどね。

根本的な原因の解決にはなっていません。

なぜなら、全部満床だったら、
そういう救急医療システムがあって、
きちんと機能していたとしても、
患者を受け入れる事は不可能だからです。

根本的な原因は、
ベッドが空いていない=人手不足ですよ。

医療従事者の数が足りないから
患者を受け入れる能力がない病院が多い。
だから、いろんな病院に電話をしたりして、
連絡を取るけど、どこも受け入れる事ができない。
マスコミが言う「たらい回し
って事が起こるんですよ。

前からこのブログでも書いている通り、
医師不足が原因ですよ。
医者だけでなく、看護師などの
医療従事者も雇わなきゃいけないし、
維持費も当然かかりますから。

医療費もかけなきゃならないんですよ。
でも、今の自民党は医療費削減政策
を続けていて、撤回する気配はない。

だから、原因が除去されないので
いくら小手先の対策を練ったとしても、
これらの問題が解決する事はありません。

「患者を受け入れられる能力を持った
病院の数を多くする。」

医師の数や医療費を増やす。」
という事をやらないで、
患者を受け入れられる能力のある病院探す
という「救急医療システム」だけを作っても、
根本的な問題の解決にはなりません。


既存のマスコミにも、もっとそういう
根本的な原因や解決策の事を
書いて貰いたいものですね。


大学病院の事を知りたい人は、これ読んでね!
→ 『「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、
大学病院の秘密』


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
TBありがとうございます
神奈川のシステムは2日続けて考えて、非常に価値が高いシステムだと考えています。なにより一番評価しているのは、このシステムで「県内に受け入れ病院が無い」とされれば、医師もそれを信用できるからです。システムがそこまでの信用性があるのは評価しても良いと思います。

結論が出るまでどれほどの時間が必要かわかりませんが、システムを出来るだけ改善してこれの短時間化に努めるべきだと考えています。またこのシステムは神奈川だけではなく、首都圏、全国に早急に広げるべきだと思います。

それが出来れば、どれだけ医療施設が空いていないかが瞬時に判明します。今のように「どこかにあるんじゃないか」の妙な疑惑が一掃されます。無いものは無いと目に見えて情報提供できるのです。

そういう情報提供が客観的に提供できれば「どこかに早く搬送していれば」みたいな論評は駆逐できます。「どこか」なんて近場に無く、「ここ」しかないんだと目に見えて分かってもらえるんじゃないんでしょうか。
Yosyan[URL] 2007/09/15(土) 16:14 [EDIT]
医療費を増額するということは、
I先生、こんんちは。

救急の受け入れ状況改善のため、一般の方にご理解いただきたいことが、もうひとつあります。I先生も、医療費の増額が必要であることを書かれていますが、(救急)医療を充実するため医療費を増額するということは、国民の負担が増えるということです。

余裕を持って、救急患者を受け入れるためには、常に空床が必要です。これは、角度を変えれば、いざというときのために、普段は無駄なベッド、(と無駄な人員)を確保するということです。今の医療制度では、病床稼働率を極限まで、100%に近づけないと、病院が赤字になるように、保険点数を設定されています。(但し産科は自由診療なので少し異なると思いますが)
つまり、受け入れる能力に余裕があればあるほど、病院としては、赤字になるようになっています。救急や産科の医療センターは、公的病院が殆どですから、救急医療を充実しようとするとその分の赤字を税金や、保険料で国民が負担する必要があります。

例えば、1980年から日本の、乳児死亡率は、世界最低レベルです(現在死亡率は1000人あたり3.0人)。世界一の成績をさらに、向上させるためには、国民は膨大なコスト負担が必要であることを理解する必要があります。

どのくらいの安心を得るために、どのくらいのコストを負担するつもりがあるのか、医師を含めた国民全体が、考える問題です。
田舎の消化器外科医[URL] 2007/09/15(土) 17:32 [EDIT]
本質的に……
Dr.I様>

 システムを作ること自体に意味は十分ありますが、それで根本的に問題が解決されそうにはありませんね。
 究極的には「人が足りない」のが原因なのですから、解決策は、「人を増やす」しかないのを、小手先でごまかす道具にされることがないよう願いたいですね。

田舎の消化器外科医様>

 これは重要な論点ですね。
 物事にはすべてコストパフォーマンスというものがあるわけで、「どの程度の医療をどの程度で提供するか」ということを、きちんと国民全体で議論する必要がありますね。
 ただ、現在の「コンビに弁当の値段で一流レストランの料理を出せ」といわんがごとき論調は問題外ですが。

 

Lich[URL] 2007/09/15(土) 17:58 [EDIT]
 こういった対立事項を併記して国民に判断させることを、何故か嫌うんですよね。彼ら。どうしてだろう。国民に、下手に医療問題について考える機会を与えると、他のことにも気づいてしまうんじゃないかと、恐れているようにもみえます。
ぺがさす[URL] 2007/09/15(土) 21:16 [EDIT]
 本当は国民の多くがいろいろ考えて、大多数が納得のいく「おとしどころ」を探っていかなくてはいけないのにね・・・誰かさんが用意した「おとしどころ”もどき”」を選ぶよう、無理やり仕向けられているってことでしょうか。マスコミ何にだって、そのことに気づく人はいるんでしょうに、どうして何も言わないのか。もしくは迂遠な表現でお茶濁しをするのか。医者や医療機関を批判するときには、あれだけ誤解を恐れずに(?w)わかりやすい言葉を選んで、大胆にデフォルメして報道するのに、不思議です。
ぺがさす[URL] 2007/09/15(土) 21:20 [EDIT]
Now let's do something new!Why now!
体が寒くて鼻が出るエビでちゅプルプル。

讀賣サイトで読んでて、産科の先生も喜んでるし良いなー♪と呑気に思っちゃってた浅はかなエビでちたごめんなたい…(/_・、)
目先のことしか見えてませんでちた…。
でも、病院探しをしなくて良くなるのはそういう事が難航した際に訴訟などで責めをお医者さん個人にかけられるという事がなくなるのに繋がるのかなと思いまちた。

あと「たらい回し」を「難渋」という表現にしたのはI先生なの?うまく表現したものでちゅな…と思いまちた。
マスコミさんもここらで目先を変えてみませんか?今すぐにだよ!

すごーく寒気がしてきたのでベッドでお仕事の続きしまぁちゅ。
エビ[URL] 2007/09/15(土) 23:00 [EDIT]
いい取り組みだな、と思います。神奈川出身の自分としては嬉しい限り。でも同時に、11人が3人で交代ってことは、単純に考えると3日4日に1度は夜勤が回ってくるってことですよね。それはそれで大変か、と。詳細が分からないのでなんともいえませんが、家庭持ちは大変でしょうね。
[URL] 2007/09/16(日) 00:31 [EDIT]
addition
鼻止まりまちた。まだちゃむいでちゅけど☆
今日の道新朝刊一面に”旭医大地域枠50人に拡大 道内での研修勤務卒業生の半数に”という見出しで記事が載ってまちた。
08年度入試から創設する勤務地限定の地域枠推薦入試=定員10人について09年度からは50人へ大幅拡大するそうでちゅ。
ちょっとはいいでちゅか?
エビ[URL] 2007/09/16(日) 10:22 [EDIT]
>Yosyan先生
こういうシステムがあれば、現場の医師の負担も減りますし。
患者の側も納得がいく形になるかな、とは思いますね。

まあ、根本的な問題の解決策にはなっていませんけど。
今あるものを、最大限に利用するって意味では良いシステムなので。
単なる天下り先とかにならないで、きちんと機能すれば良いシステムだと思います。
Dr. I[URL] 2007/09/16(日) 15:35 [EDIT]
>田舎の消化器外科医先生
おっしゃる通りですね。
日本の医療費は、今世界最低レベルで、最高の水準を保っていますけど。
これを維持するためには、もっとお金がかかる。
金をかけなくないのであれば、質が下がるかアクセスが悪くなるのはしょうがない。
ってことを、国民が自覚せねばなりませんね。
Dr. I[URL] 2007/09/16(日) 15:37 [EDIT]
>Lichさん
今ある資源を最大限に利用する、って意味では、良いシステムではありますけど。
それと平行して、根本的な解決策も作らないといけない、って事を肝に銘じてほしいですね。
政府には。

Dr. I[URL] 2007/09/16(日) 15:39 [EDIT]
>ぺがさすさん
国民も消費税増税っていった瞬間に、嫌な顔するし。
それがわかっているから、政府も結局強くは言えなくて。
なんだかんだいって、結局先延ばしになって、弱者がずっと損をする。
って構図が、続いていますよね。

きちんと議論すべき時に来ていると思います。
Dr. I[URL] 2007/09/16(日) 15:41 [EDIT]
>エビさん
受け入れが難渋っていうのは、自分で考えた言葉ですけど。
他の方が言っているかどうかは、私は知りません。
でも、まあ、使っている人もいるでしょう、きっと。

現場の負担が少しでも減るのであれば、それはそれで良い事だとは思いますが。
それに加えて、根本的な解決策も考えなきゃ、意味があまりないと思います。
Dr. I[URL] 2007/09/16(日) 15:43 [EDIT]
>kさん
たしかに、11人でも十分とは言えないとは思いますけどね。
でも、医者に比べたら、まだましかな、と。

Dr. I[URL] 2007/09/16(日) 15:45 [EDIT]
根本的な解決策ではないですが救急車に乗る隊員に産科の資格があるものが乗ってもありじゃないですかねぇ?
やっと隊員のできる医療の範囲が増えたってとこですけど。
公務員である隊員に資格を取らせるんじゃなくて資格のあるものを公務員として採用する・・なんて仕組みが可能になったら公務員に人気があるご時世では産科の資格をとって公務員になろうとするものも・・
救急は忙しいですけど医者より楽かと思うし・・できることも忙しいときに病院行く前のサポートできる範囲なら・・
医師不足解消案ではないですが急激に医師を増やせないならありかと思うんですが。
小太郎[URL] 2007/09/16(日) 23:38 [EDIT]
増税には絶対反対
みなさん、どうも医療をよくするには消費税をあげるなど、増税もやむなしって感じですが本当にそうでしょうか?

日本政府の支出で無駄なものはまだまだあると思います。
例えば、特別会計の廃止、天下りの完全禁止、政党交付金の廃止、道路公団は民営化をやめ、完全廃止、国会議員の削減、ODAの大幅な削減、特殊法人の完全廃止などなど......

挙げればきりがありません。上記の政策をただちに実行すれば2200億円なんてすぐに捻出できますし、増税の必要はないのではないでしょうか?

このような政策を実行せずに安易な増税をすることには絶対反対です。
ダブルムーン[URL] 2007/09/17(月) 08:21 [EDIT]
>小太郎さん
救急隊の隊員も、そんなに数は多くないですけどねー。
まあ、医者を増やすよりは、手間かからないですけど。
もっと増やして、そういう使い方をする、ってのもありかもしれませんね。
Dr. I[URL] 2007/09/17(月) 21:05 [EDIT]
>ダブルムーンさん
まずは、情報を公開してですね。
どのくらい、無駄な金があるか、実は誰もきちんと把握していないんですよ。
官僚が、既得権益を離したくないために、あえて公開してないんですが。
それらを、全て公開して。
それで、どの位無駄な金があるか、って事をきちんと把握して。
それでも足りないのであれば、増税もやむを得ないかと思いますので。
ますは、それが先決ですよ、もちろん。

それと、2200億円っていうのは、今を基準にして、削減する費用なので。
医療費は、世界的にみたら、もっと使うべき支出なので。
それ以上のお金が、今の医療の質を保つためには、必要だと思います。

Dr. I[URL] 2007/09/17(月) 21:08 [EDIT]
>小太郎さん

 日本の医師免許は診療科毎に分かれてはいませんし、助産師になるにはまず看護師にならなくてはいけません。「産科の資格」とはいかなるものを想定されていますか?
 今は産婦人科とか小児科が目立ってます。でも本当は内科も外科も、その他いろんな科の人手が足りないんですね。なので、産科だけどうにかしても、実は大勢に影響なし、となってしまうおそれが高いのです。マスコミが目先のことばかり拡大強調して流すので、世の中の多くの人がそういう風に考えてしまう気持ちもわかりますが。
 医者を大量に養成してドクターカーを増やしたり、救命救急士を大量養成して、行える医療処置の幅を広げるという発想はありえるでしょう。しかし、救急現場や車内で出来ることはかなり限定されてしまうんじゃないかな?と思います。
 やはり正攻法で、医者の総数を増やして、中でも今敬遠されがちな診療科を優遇するような政策的配慮が必要だと思います。
ぺがさす[URL] 2007/09/17(月) 21:35 [EDIT]
>ダブルムーンさん
 Dr.I先生に同意です。本来大幅に増やす必要のある(これから増やさざるを得なくなる見込みの高い)医療費を、増やすどころか減らそうとしているわけです。ちゃんとした医療体制を維持しようと思えば、ちょっと工夫した位で捻出できる額には絶対おさまりません。おさめられるということは、何かを大胆に犠牲にするということです。
ぺがさす[URL] 2007/09/17(月) 21:38 [EDIT]
>Dr.Iさま、ぺがさすさま
>Dr.Iさま、ぺがさすさま
どうも誤解を与えてしまったようですみません。
私は日本の医療を再生するために2200億円あれば足りるとはいっておりません。無駄な予算を削れば医療費を削減することは必要でなくなるといっただけです。もちろん、現在の医療費がGDP比で先進国で最低であることも知っておりますし、せめてOECD加盟国平均ぐらいまで国が拠出すべきであると考えております。日本の医療費がGDP比で6%OECDの平均が9%であることを考えますと、最低でも現在の1.5倍は必要でしょう。

日本政府の無駄使いですが、たとえば特別会計は不採算の保養施設「グリーンピア」の建設に使われ、特殊法人や関係団体に天下った厚生労働省OBの高額の報酬に使われておりますが、2005年で207兆円も予算がくまれています。既得権益の温床である特別会計の予算規模が一般会計の5倍ですよ!明らかに極めて異常です。

せめて一般会計よりも特別会計の予算規模が小さくなるような政策をとるのが国の責任でしょう。このままでは日本は医療も含めてボロボロにされますよ。

ですので特別会計や無駄な政党交付金などに手をつけずに安易な増税をするのは愚の骨頂だと考えるのです。

もちろん、こころない患者が増え、訴訟が激増している現状で激務の医師などの医療者が国民はもっと負担すべきだ!というのは仕方のないことかもしれません。しかしながらそれと増税を安易に容認することは違うと思います。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special//naruhodo151.htm
ダブルムーン[URL] 2007/09/18(火) 02:37 [EDIT]
>ぺがさすさん
やはり、小手先の政策ではなく、根本的な原因を解決する必要があると思いますね、私も。
Dr. I[URL] 2007/09/18(火) 22:29 [EDIT]
>ダブルムーンさん
おっしゃっる通りです。
私が全てを公開して、っていうのは特別会計も全部公開しろ、って意味もあります。
私は特別会計なんていうものは、全てなくして、全部一般会計にすべきだと思いますよ。
予算規模を小さくする、なんて半端な事ではなくて。

それで、無駄な経費を全部削減しても、足りないという事であれば、増税するか、国民と相談してどっちかを選んで貰う、っていう事が必要だと思います。
Dr. I[URL] 2007/09/18(火) 22:31 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

小児救急医療
小児救急は少子化が進む中、小さい子供を持つ家庭を守るためには、常時体制を整えておく必要があります。  [つづきを読む]
小児救急 | 2007/09/17(月) 09:56
【 救急 】について最新のブログの口コミをまとめると
救急に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。  [つづきを読む]
プレサーチ | 2007/09/27(木) 07:38
??Τ??
?ζ???????Τ?ä????Τ???????ã????  [つづきを読む]
?BACK | 2008/03/01(土) 14:51
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず