現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分娩施設、実際は半分だけ
実は、一年以上前のデーターなのですけど。
分娩できる施設が、本当は厚生労働省の調査
と比べて、約半分しかなかった。
赤ちゃんを取り上げる医師は、約3/4しかいない、
って事が、日本産科婦人科学会の調べでわかりました。

情報源は、僻地の産科医先生のブログからです。
→ 『昨日と今日の医療ニュース..。*♡ 9月17日』
いつもお世話になっております。


分娩施設わずか3千カ所、
産科医は8千人に減 学会調査

日本全国で実際に出産できる病院・診療所は
3063カ所、赤ちゃんを取り上げる医師
7985人に急減している――。
6月14日、日本産科婦人科学会
(武谷雄二理事長、1万6000人)の調べで、
お産現場の危機的な実態が初めて明らかになった。

産科・産婦人科を掲げる施設・医師を調べる
従来の厚生労働省調査と比べ、
施設数で半分、医師数で4分の3にすぎない。

過酷な勤務や訴訟の増加などから、お産をやめて、
婦人科や不妊治療専門に衣替えする
施設・医師が増加しているためだ。
同省の産科医療対策に見直しを迫る内容となっている。

厚労省調査では、02年に産婦人科・産科を掲げていた
医療施設は計6398カ所、04年に主な診療科を
産婦人科・産科としていた医師は1万594人。
だが、この数字が現場の実感とかけ離れているとして、
同学会が昨年11月、実態調査を各都道府県の
地方部会長に呼びかけた。
 
新生児が受ける先天性代謝異常検査の
検体を提出している医療施設名などから、
同12月1日現在で分娩(ぶんべん)を扱っている
と判断できる施設を割り出した。

14日までに全都道府県のうち東京都内4区
(中央、文京、豊島、板橋)を除く
すべてから回答があった。
4区分は、日本産婦人科医会
会員登録などを手がかりに推定値を計上した。

それによると、分娩取り扱い施設数は
病院(20床以上)が1280カ所、
診療所(19床以下)が1783カ所。
02年の同省調査と比べると、病院が470カ所、
診療所が2865カ所少ない。

常勤医師数は1施設あたり、平均2.45人。
医局員数が多い大学病院(110カ所)を除くと
平均1.74人だった。

都道府県別で、医師数2人以下の病院
全病院に占める割合が最も高かったのは福島県の71%。
岩手、新潟、石川、福井、滋賀、山口も60%以上だった。
医師1人の割合が最も高いのは石川県の40%だった。

同省は昨年、医師不足に悩む産科医療の
安全性確保のために、人口30万~100万人の
産科医療圏の拠点病院に5人以上の産科医を置く
「集約化」案を打ち出している。
だが、「5人以上」を満たしている病院
334カ所と全体の26%。
学会が目指す「10人以上」を満たしているのは
全国98カ所しかない。
 
データをまとめた筑波大学の吉川裕之教授(産婦人科)は
「これまでは、日本の分娩が可能な施設と医師数は
約5000施設、1万1000人と推計されてきたが、
実働は予想外の少なさだった。
昨年12月以降に分娩を取りやめた病院も相次いでおり、
実数はさらに減るだろう。安全な産科医療を維持するには、
大変厳しい状況だ」とみる。

各都道府県は今年度末をめどに
独自の集約化計画の策定を迫られている。
同省母子保健課は「集約後の施設あたりの産科医数は、
地域の実情に合わせ、3人以上とするなど、
ハードルを下げざるを得ないだろう。
集約化だけでなく、待遇改善など、
産科医数増のための対策が必要だ」と話している。


参照:『朝日新聞、ちょっと気になる健康ニュース:
2006年6月14日』


参考:『日本産科婦人科学会ホームページ』


所詮、厚生労働省のデーターってのは、
いつも机上の空論というか。
大昔に、分娩を扱っている、って登録したデーターを、
分娩が中止になっても、そのまま使っているだけでしょうから。
実際のデーターと解離する事は、予想の範囲内なのですが。
ここまで実際の施設数と違うと、
他のデーターも全く信用できなくなっちゃいますよね。

日本産婦人科学会が行っている調査は、
今現在、分娩が行われているという、
生のデーター
を元に、集計したもの。

厚生労働省のデーターは、
主な診療科を産婦人科・産科としていた
医師、施設をカウントしただけ
ですから。
昔登録して、今は分娩を行っていない
って人、施設も含めて数えている、
っていう事ですよ、要は。
死んだ医者の数が入っているって事は、
さすがにないのかもしれませんけどね(笑)

でも、どう考えたって、日本産婦人科学会
データーの方が厚生労働省の調査よりも
信頼できますよね。

しかし、この差はすごいですねー。

>厚労省調査では、02年に産婦人科・産科を掲げていた
医療施設は計6398カ所、04年に主な診療科を
産婦人科・産科としていた医師は1万594人。

>日本全国で実際に出産できる病院・診療所は
3063カ所、赤ちゃんを取り上げる医師
7985人に急減している――。


施設数約半分産科医師4分の3だけですかー。

産科医不足って事は、やっと厚生労働省
言うようになってきたけど。
本当の数は、その半分くらいないんですけどねー。
まだ、認めてないんでしょうかね、厚労省


しかも、これ2005年12月のデーターですから。
その後、約1年で、どの位の施設が
分娩を中止したか、ってのは、これを見て下さい。

いつもお世話になっている、中間管理職先生の、
勤務医開業つれづれ日記」の記事
→ 『■【産科 休止一覧 5 】 日本全国 今後の崩壊予定』
を見ていただければわかると思いますけど。

■産婦人科 分娩休止一覧

北海道
 道立江差病院/北海道/H19.01月
 釧路労災病院/北海道/H19.03月
 江別市立病院/北海道/H19.03月
 足立病院/釧路 北海道/H19.03月
 カレス・アライアンス日鋼記念病院/北海道/
  H19年度中に縮小・休診 
 滝川市立病院/北海道/H19年度中に縮小・休診 
 留萌市立総合病院/北海道/H19年度中に縮小・休診 
 道立紋別病院/北海道/H19年度中に縮小・休診 
 北海道社会事業協会富良野病院/北海道/
  H19年度中に縮小・休診 
 岩見沢市立総合病院/北海道/H19年度中に縮小・休診 
 旭川赤十字病院/北海道/H19.05月
 天使病院/北海道/H19.10月  
 斗南病院/北海道/H18.04月  
 市立函館病院/北海道/H18.04月  
 市立小樽病院/北海道/H18.04月  
 市立根室病院/北海道/H18.09月 
 新日鉄室蘭病院/北海道/H19.06月  

~中略~

熊本県
 菊水町立病院/熊本/H19.04月 
 市立牛深市民病院/熊本/H19.03月  
 小国公立病院/熊本/H19.03月  
 八代総合病院/熊本/H18.04月  
 荒尾市民病院/熊本/H18.04月  
 天草中央病院/熊本/H18.04月  

大分県
 中津市民病院/大分/H19.04月  
 国東市民病院 産婦人科休止/大分/
  H18年までに縮小もしくは休診  

 健康保険南海病院/大分/H18.04月 
 公立おがた総合病院/大分/H18.06月  


沖縄県
 沖縄県立北部病院/沖縄/H19.03月 
 


これだけあって、ほんの一部です。
あまりに多いので、全部は紹介できないので、
北と南の、ほんの一部だけ引用しました。

中間管理職先生が把握しているだけで、
ここ一年分娩中止、もしくは分娩制限
行った病院が、約200もあるんですよ。

これ、「病院」だけですから。
診療所」を入れたら、おそらくその数倍
あるんじゃないですかね。
分娩を中止した、病院や診療所の数。

2005年12月で、分娩取り扱い施設数は
病院(20床以上)が1280カ所ですから。
2007年現在では、1100カ所位でしょうかね。


そして、マスコミが「たらい回し」とか、
間違った報道をし続ける限り、
このペースは増える事はあっても、
減る事はないと思います。


新しく自民党の総裁選に立候補する2人は、
一応、医師不足対策、っていうのも
政策には入っているようですけど。

公共事業とかは増やしても、
医療費を増やすとか医師の数を増やすとか。
根本的な解決策は、行ってくれなさそうですかねー。
今のところ。

福田氏は、高齢者の医療費自己負担増には
反対
の立場のようですけど。
逆に言うと、それ以外の医療費は抑制するぞ
って事ですので。
あんまり、期待できないような気もしますかねー。


医療や医療訴訟について知りたい人はこれを読んでね!
クリックすると、アマゾンに飛びます。

→ 医療の限界
小松 秀樹 (著)

定番もどうぞ!
→ 医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か
小松 秀樹 (著)


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
産科の次は・・・
 何でしょうかね?循環器も消化器も自分が研修を受けた県では不足しています。先日講演会に行きましたが、やばい・・・って感覚があんまり県の医師会にはないような感じだったのが気になりました。
skyteam[URL] 2007/09/18(火) 02:46 [EDIT]
統計資料が……
Dr.I様>

 やはりというべきか、厚生労働省のデータ、まるであてにならないようですね。当てにならないと「言われている」だけではなく、実態を把握したデータが出てきたのですから、言い訳はできないでしょうね。
 こうした「当てにならないデータ」をもとに「医師は足りている」と主張する厚生労働省の主張、全く「当てにならない」わけですが、さてはて、厚生労働省や引いてはその上部にある政府全体、どうこの先舵を取っていくのか、そう考えると頭が痛くなりますね(嘆息)。
Lich[URL] 2007/09/18(火) 02:57 [EDIT]
内診問題
M3でも再び話題に上っているようですが
やはり、看護師の内診禁止の通達が
このとんでもない時期に出たという「空気のよめなさ」が
非常に大きいのではないでしょうか。

結局はこれ、看護師の政治団体の強烈な圧力・政治力
で決定された事が判明しており、まったくひどい話だと思います。

だけど、その内幕は報道されない。
助産師賛美の報道ばかりです。

現場の看護師は、一部政治団体トップのこの行動に
異を唱えたい人も沢山おられるでしょうが。

本当にこんな馬鹿馬鹿しい事で看護師の内診が禁止さ
れ、お産を取り扱う診療所がどんどん閉鎖されている。
この事実をなぜマスコミは報道しないのでしょうか。
KOKO[URL] 2007/09/18(火) 04:28 [EDIT]
I'm afraid about what is going to happen.
おはようございま~ちゅ♪う?何?
…朝からびっくり(@_@。半分て。
おっかなくなってしまいまちた…クスン(/_・、)
エビ[URL] 2007/09/18(火) 06:27 [EDIT]
うええ
わが石川県が、一人産科が最も多い県だったのか・・・おいたわしや
koume[URL] 2007/09/18(火) 22:00 [EDIT]
>skyteam先生
まあ、地域差とかもあるんでしょうけどねー。
医師会も、あくまで人ごとなんでしょうかね。
Dr. I[URL] 2007/09/18(火) 22:32 [EDIT]
>Lichさん
予想通り、っていうか、ここまで来るとさすがに予想以上ですね。
それでも、まだ考え方を変えないんでしょうかねー。
Dr. I[URL] 2007/09/18(火) 22:33 [EDIT]
>KOKOさん
あー、ネットでは見たけど。
そういえば、マスコミでは報道していないんですね、それ。
やっぱり、力のある団体には、遠慮しているんでしょう。
Dr. I[URL] 2007/09/18(火) 22:34 [EDIT]
>koumeさん
産科の先生は、1人で頑張っていらっしゃるようですけど。
それって、何かあったら、一気にみんな撤退する、って事もあり得る事なので。
非常に恐ろしい事態だと思いますよ。
Dr. I[URL] 2007/09/18(火) 22:36 [EDIT]
学会を分割したらどうでしょう
久しぶりにコメントさせていただきます。
僻地の産科医様のページにもコメントしましたが、日本産科婦人科学会を産科と婦人科で独立した学会にしたほうが良いのではないでしょうか。その上で産科を標榜できるのは周産期医療を行っている施設のみと学会で定める。そうしないと厚労省はいつまでも数をごまかすと思います。

また、産科婦人科学会のガイドラインで1人で周産期医療を行わないように指導していたと思います。しかし、この記事を見ると産科医1人の施設はまだまだ多いみたいですね。

TBさせていただきました。
シロ[URL] 2007/09/19(水) 01:29 [EDIT]
>エビさん
ちょっと、びっくりする、数字ですよねー、これ。

Dr. I[URL] 2007/09/19(水) 20:59 [EDIT]
>シロさん
うーん。
元々そんなに大きい学会ってわけでもないのでしょうから。
学会を分割したら、余計力が小さくなってしまうような、気がしますね。

でも、産科を標榜できるのは周産期医療を行っている施設のみと学会で定める。
っていうのは、良いと思いますけどね。
Dr. I[URL] 2007/09/19(水) 21:01 [EDIT]
なるほど
周産期医療従事者の約8000人では発言力が小さいですか。
自分が所属している学会なんか約2400人ですから、十分大きいと思ってしまいました。
しかし、この状況では、人数が少ないこと(絶滅危惧種)であることが"力"になるのではないでしょうか。
そういえば、Yosyan様のところのコメントで、「学会が出した数字は周産期を行っている施設の所属者をカウントしたもので、本当の周産期医療従事者はもっと少ない」というものがありました。
いずれにしろ、実際を反映した数字を世間に世間に発信し続けるべきだと思います。
私も少しは医療崩壊が世間に認知されるようなブログでの発信を続けていきたいと思いますので、また宜しくお願いします。
シロ[URL] 2007/09/19(水) 23:42 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2007/09/21(金) 23:39 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

産科医の実数
Dr.I様のページ経由で知りました。僻地の産科医様のページ「産科医療のこれから」昨日と今日の医療ニュース..。*♡ 9月17日分娩施設わずか3千カ所、産科医は8千人に減 学会調査 朝日新聞 2006/06/14http://www.kenko-shiko.com/news/060614_2.html僻地の産科医...  [つづきを読む]
シロのほら穴 | 2007/09/19(水) 01:14
【 婦人科 】について最新のブログの口コミをまとめると
婦人科に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。  [つづきを読む]
プレサーチ | 2007/09/22(土) 12:38
【 産科 】について最新のブログの口コミをまとめると
産科に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。  [つづきを読む]
プレサーチ | 2007/09/24(月) 14:35
厚生労働省
【ゆうゆうLife】年金 年金問題広がる波紋(上)年金時効特例法の誤解産経新聞しかし、もらい忘れた年金がもらえる-と誤解し、厚生労働省や社会保険事務所に問い合わせた人も多かったようです。そもそも、年金にはなぜ、時  [つづきを読む]
野村不動産アーバンネット | 2007/09/26(水) 18:21
厚生労働省
厚労省補助金詐欺、起訴事実認めるTBS厚生労働省の補助金がだまし取られた事件の初公判で、詐欺などの罪に問われている厚労省のキャリア技官とNGOの事務局長は、共に起訴事実を認めました。 厚労省のキャリア技官で埼玉県の保健医療部長だった中村健二被告(49)と、北  [つづきを読む]
投資競馬 | 2007/09/26(水) 19:36
厚生労働省 介護保険
医師の暴言(ドクハラ)医師の暴言(ドクハラ)こういう場合どうしたらいいのでしょうか?今日、78歳の父が農協の病院に行って、医師からこんな事を言われたそうです。医師・・・年齢は?父・・78歳です(父は1年以上前からこの病院に  [つづきを読む]
THE☆芸能情報 | 2007/09/27(木) 05:15
厚生労働省 登録販売者
★楽天スーパーポイント10倍★【CQローション】■送料無料■2個で代引料も無料■奇跡の美容成分COQ10を厚生労働省最高認可率まで配合!いつまでも若々しくプリプリ元気肌!商品価格:3,129円レビュー平均:5.0☆医学部編入☆みなさんのご意見をお聞かせください。今救急救命  [つづきを読む]
教えて最新ニュース | 2007/09/27(木) 09:33
厚生労働省の今日のニュース!
一日のニュースまとめました!青森県がNo.1。在宅+地域密着型サービスの1人当たりの保険給付費厚生労働省は、「介護保険事業状況報告(暫定)<平成19年4月分>」を公表した。これによると、65歳以上の高齢者である第1号被保険者数  [つづきを読む]
一日のニュースまとめました! | 2007/09/27(木) 11:08
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず