現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産科医当直、5日に1回超
ご存じの通り、日本では医療崩壊が加速度的に
進んでおりますけど。
その最先端は、産科、小児科、そして救急医療です。

現場の我々は、その事を実感しているのですけど。
きちんとしたデーターが少ないので、
はっきり言うと、医療関係者と一般の人達や
マスコミとの温度差が大きい
のですよね。

で、今回は、産科医当直の実態
日本産婦人科学会の調査で明らかになったので、
ちょっと読んでみましょうか。


産科勤務医 当直、5日に1回超 
医会全国調査 過酷な待遇浮き彫り

産婦人科勤務医の当直回数は、平成18年度は
月平均6・3回で、6年前に比べ約30%も増えたことが、
日本産婦人科医会(会長・寺尾俊彦浜松医大学長)
の全国調査で分かった。

単純計算で5日に1回以上の頻度。
当直明けでも普段と同じ勤務をこなさなければ
ならない施設が9割以上を占め、
当直手当が増額された例もごく一部にとどまった。

産科医の勤務の過酷さと待遇の不十分さが
あらためて数字で裏付けられた形で、
同医会は今後、改善に向けた
具体的提言をまとめるとしている。

調査はお産を取り扱う全国約1300施設が対象で、
約800施設(62%)の有効回答を分析した。

当直回数は、12年度に行われた調査では
月平均4・7回で、1・6回増加した。
同医会は「この数字は小児科や救急と比べても
多いのではないか」としている。

当直明けの勤務緩和措置については
「なし」が全体の92・5%。
国立系の施設(大学病院を除く)では100%、
大学病院は97・4%が勤務緩和をしていなかった。

過去1年以内に当直手当を増額した施設は9・4%。
妊婦が糖尿病や妊娠高血圧症候群であるなど、
リスクが高いお産を扱った施設に加算される
「ハイリスク分娩(ぶんべん)管理料」を、
一部でも医師に還元した施設は1%にも満たなかった。

調査をまとめた同医会常務理事の
中井章人日本医大教授(周産期医学)は
「過重労働や労働に見合わない対価などが、
産科医やお産施設の不足に拍車をかけている。
妊婦の救急搬送に支障が出る一因も
ここにあるのではないか」としている。


『2007年10月6日:産経新聞』

『医者の当直2』の記事でも書いた事なんですけどね。
労働基準法では、医者当直って、

>宿日直の回数は、原則として、日直については月1回、
 宿直については週1回を限度とすること


って決まっているんですよ。
産科医当直回数は、月平均6・3回ですから、
思いっきり、労働基準法違反ですね。

あくまで、平均値ですよ、これ。

例えば、日本一有名な産科医ブロガー
Bermuda先生(30代男性)の場合。
この記事を読めばわかりますけど、
→ 『頭の弱い子』
「おー、今月の当直は、20回ない。
16回だ、ラッキー。」

位の勢いですからね、ばみゅ先生

まあ結局、月17回に増えちゃったみたいですけど。
若手っていうか、中堅産科医だったら、
当直回数がこの位の先生も多いみたいですよ。

平均6.3回ですからね。
お産を扱っている産科医の先生の平均年齢って、
だいたい50歳くらいですから。
結構、大きな病院とかだと、50歳以上の医者は、
当直免除
って所も多いですし。

昔は50歳以上だったけど、今は55歳に上がったとか。
免除だけど、好意でやってくれる医者も多いけど。
そういう人達も平均して、当直が月6.3回ですから。

若手産科医であれば、10回とか、
下手したらBermuda先生みたいに、月20回当直
って人もいるに決まってますよね。


しかも、本当は労働基準法上では、
医者当直の業務って、

>夜間に従事する業務は、一般の宿直業務以外には、
 病室の定時巡回、異常患者の医師への報告、
 あるいは少数の要注意患者の定時検脈、
 検温等特殊の措置を必要としない軽度の、
 又は短時問の業務に限ること


なんですけど。
当然、産科医だけではないんですけど、
医者当直がそんなに簡単なはずもないんですよ。


>6年前に比べ約30%も増えた

って事で、日本の産科医療が加速度的に
崩壊している
、って事もわかりますよね。


当直明けの勤務緩和措置については
 「なし」が全体の92・5%。
 国立系の施設(大学病院を除く)では100%、
 大学病院は97・4%が勤務緩和をしていなかった。


これに関しては、以前に書いた記事
『96%の医師は当直明けも勤務』
でも、96%ですから。
だいたい、そんなものなのでしょうね、日本全国。

まあ、
>勤務緩和をしていなかった。

って、政府が医師数削減政策を行っているから、
替わりの医者がいないから、
していなかった」ではなく、「できなかった
なんですけどねー、本当は。


ちなみに、若手産科医で、月10~20回当直
って書きましたけど。

ネット上にはなかったけど、別の新聞記事には
こういう事も書いてありました。

>埼玉医大の難波聡助教は、勤務先で月6-7回、
 更に別の病院で月に4-5回の当直をこなす。
 当直や明けの当日も日中は通常勤務がある。


助教(昔の助手)で、
月10回以上当直ですか。
大学院生とか、研究生でなく、
正規のスタッフで。

産科医、恐るべし。


でも、もしかして。
この調査、って病院毎だから。
他の病院の当直の回数はカウントしてない、
って事だったりして。

そしたら、月10回平均くらいかもしれませんねー。
実際の産科医当直回数は。


医者のホンネが知りたい人は、こちらから!
→ 『医者のホンネが丸わかり!(改)』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
調査した条件
はじめまして。一般人です。
一つ前の「がんの5年生存率」の記事もそうですが、どういう条件で集計したのかがないと、どうも信用できないです。
ガンにも1期~4期とかランクがあるだろうし、
当直回数も、常勤医の方の人数にもよるだろうし。

例えば、常勤医3人なら、
単純に1人10回当直では?と思うんです。
(間違ってたらごめんなさい)

平均して平らにしちゃったら、本当の数字が出ないような。
どちらかと言えば、月3回が何%とかの方が、実態に近いような気がします。

今夜も当直されている医師の方々、本当にお疲れ様です。
さまようSE[URL] 2007/10/08(月) 20:11 [EDIT]
むむむ・・・
産科医って本当に大変なんですね。
そんなに一生懸命やってくれるのに
何かあったら医者のせいですもんね~

分娩は病気じゃないし、なるべく自然がいいと思うんですよね。
自然は何が起こるかわからないし、
それを全て医者のせいにするっていう世の中・・・
というか日本国民の意識が間違ってるよな~
やな社長[URL] 2007/10/08(月) 22:25 [EDIT]
on duty
労基署の許可基準は、要するに当直は夜勤じゃないから、あんまりハッスルして大活躍しちゃダメってことでちゅよね?
でも悪い患者さんがいたり救急で来たりすれば、お医者たんはだいたい大活躍しちゃうでちょアプー。
実際は月に10回…3日に1度は病院でねんね?ねんね出来れば良い方?ちびし過ぎまちゅ(ToT)

北海道では保健福祉部が、「総合周産期母子医療センター」認定病院など24病院に新人産科医らを優先的に配置する計画の素案を道議会保健福祉委員会に報告したり産科医の勤務改善に手を打ち始めたみたいでちゅけど。
産科だけでなく全体の医師数を増やすことが根本的な問題を解決する道でございまchu。
医者の不養生イヤーン。
エビ[URL] 2007/10/08(月) 22:29 [EDIT]
なんともすさまじい……
Dr.I様>

 以前から指摘されていたことですが、産科医の皆さんの勤務条件、想像以上に過酷ですね。
 ここまで「法令違反を犯さなければ体制を維持できない」状態に対して、医師が「不足ではなく偏在」と強弁する厚生労働省……。さらに言えば、医師には「人数制限」という「医療費削減政策」を「国民の安心・安全」を錦の御旗に「医療の質を確保する」というお題目の下に強行する一方で、タクシー業界・バス業界での「過当競争による過酷な労働実態」を招いている国土交通省の「規制緩和」政策には注文を一切つけずに、痛ましいバス事故や過労死をもたらしても平気な顔をしている、その厚顔さにはあきれてものが言えません。
 我が国日本には「まともな医療政策・労働政策」を求めることもできないのでしょうか……(嘆息)。
Lich[URL] 2007/10/09(火) 06:49 [EDIT]
産婦人科以外にも当直はありますけど、大きな違いは、何名の医師で当直をまわさなければいけないかだと思います。赴任する病院の規模によっては当直回数が多いところもあると思いますが、産婦人科の先生たちはどの病院に行っても産科をやってれば、そこの常勤医師人数で1か月の当直を組まなければならないですよね。単純に内科系当直・外科系当直1名体制だったとしても、30名医師がいて外科・内科比率が5割だったら、15名で1ヶ月まわせばいいのに、産婦人科だけは3名とか5名とかでまわさないといけないのは大きな差ですよね。
 本当におつかれ様です。
りん[URL] 2007/10/09(火) 09:38 [EDIT]
まず
産科医3人の場合、当直が月に10回として、残りのうち10日は時間外オン・コール、つまり何かあったら呼び出される日、呼ばれないのは10日くらいの計算ですが・・・実際は緊急帝王切開になれば医者は皆出てきますし、麻酔科医が常駐していない病院では産科医が自分で麻酔かけますから、結局、時間外に緊急手術があれば医者にとってはオン・コールも休みも関係なくなります。医者とて人間ですから、こんな生活が何年も続くと誰だって体がおかしくなります。根本的には医者を増やすしかないのですが、私としてはまず、
①当直したら、次の日休めるようにする
②当直回数は法律の決める範囲内にする
の2点を日本中の病院が遵守できるようにするために必要な数の医者を計算して、とくに足りないところには優先的に補充する、というのはどうかと思うのです。オン・コールの扱いはちょっと難しくなりますが、ひとまず置いといて。
要するに、「法律違反せずに働く」。ただこれだけのことなんですがね。
小児科医@最果ての地[URL] 2007/10/09(火) 13:21 [EDIT]
>さまようSEさん
当直に関しては、常勤3人だけで回す、って事は普通ないんですよね、実は。
だいたい大学とかから、若い医者がアルバイトで来るので。

こういうのは、平均値じゃなくて、最頻値とか、そういう値の方が実態を把握する場合が多いですね。
60歳、70歳で、ほとんど当直やっていない人を入れて平均したら、少なくなるに決まってるんですから。
Dr. I[URL] 2007/10/11(木) 19:21 [EDIT]
>やな社長さん
リスクの少ない分娩なら、自然でも良いと思いますよ。
でも、ほとんどの人は、病院でのお産を選択して。
その結果、病院や産科医に負担がかかってる、ってのが現状です。

もちろん、分娩にはリスクあるんですけどね。
Dr. I[URL] 2007/10/11(木) 19:23 [EDIT]
>エビさん
実際に患者が来たら、診ないわけにはいきませんからねー。
法律を変えるべきでしょうね。
産科医の当直は、あまり寝れない事が多いと思います。
Dr. I[URL] 2007/10/11(木) 19:25 [EDIT]
>Lichさん
あくまで、平均ですからね、この数字。
例えば、30代の男性産科医なら、平均このくらい。
って数字を出してくれたら、相当インパクトあると思いますよ。

労働も管理するのが、厚生労働省のはずなんですけどねー。
Dr. I[URL] 2007/10/11(木) 19:26 [EDIT]
>りん先生
産科医は、替わりがいないですからねー。
外科とか内科だと、なんとかなっても。
そういう意味では、相当大変だと思いますね。
Dr. I[URL] 2007/10/11(木) 19:27 [EDIT]
>小児科医@最果ての地先生
>①当直したら、次の日休めるようにする
②当直回数は法律の決める範囲内にする

これ、どっちも当たり前の事なんですけど。
結局、医者の数がいないと駄目なんですよね。
まあ、集約化って手もありますけど。

いずれにせよ、人間らしい生活をする、って最低限の事だけでも、守ってもらいたい者ですね。
Dr. I[URL] 2007/10/11(木) 19:29 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

子供 病気
「免疫を高める」と病気は必ず治る商品価格:819円レビュー平均:4.67産科医当直、5日に1回超ご存じの通り、日本では医療崩壊が加速度的に進んでおりますけど。 その最先端は、産科、小児科、そして救急医療です。 現場の我々は、その事を実感しているのですけど。 きちん  [つづきを読む]
アレルギー・アレルギー病気情報ブログ | 2007/10/09(火) 21:43
糖尿病と子供
大人の病気と言われている糖尿病。子供にも発症すると、子供にも増えてきていると耳にしたことはないでしょうか?実は1990年代ころまでは、子供の糖尿病といえば1型糖尿病が大半だったようです。しかし現代では2型糖尿病が急速に増えているといいますよ。子供にも2型糖尿  [つづきを読む]
糖尿病予防と付き合い方 | 2007/10/23(火) 23:56
糖尿病とインシュリン治療
あまり糖尿病に詳しくないので、糖尿病になった最後の方法がインシュリンの投与なんて気がします。しかしそれは間違った知識のようなのです。インシュリンを打つようになったら、糖尿病の治療も深刻化しているように思いますよね。このインシュリンについてですが、糖尿病に  [つづきを読む]
糖尿病 合併症を避ける | 2007/10/24(水) 15:29
糖尿病と子供
大人の病気と言われている糖尿病。子供にも発症すると、子供にも増えてきていると耳にしたことはないでしょうか?実は1990年代ころまでは、子供の糖尿病といえば1型糖尿病が大半だったようです。しかし現代では2型糖尿病が急速に増えているといいますよ。子供にも2型糖尿  [つづきを読む]
糖尿病予防と付き合い方 | 2007/10/24(水) 15:48
糖尿病の遺伝・症状の特徴について
現代病とも言われる糖尿病。身内での発生が多いように思いますが、遺伝は関係するのでしょうか?大きく分けて糖尿病と言うと「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に別れます。1型糖尿病はインシュリンを作り出す力がないため、インシュリン治療を必要とします。2型糖尿病はイン  [つづきを読む]
糖尿病 合併症を避ける | 2007/10/24(水) 23:21
糖尿病とインシュリン
糖尿病は高血圧・高血糖などを思い浮かべますよね。ところが、この高血圧・高血糖を治療していくにあたって、逆の低血糖になる場合があります。その症状として、53mg/dl 自律神経症状(低血糖に対する警告ですね)発汗、手足ふらつき、、からだがいつもより熱い感じが  [つづきを読む]
糖尿病を本気で治す | 2007/10/25(木) 15:26
妊娠時期の糖尿病
妊娠している最中に糖尿病?と思われるかもしれません。しかし、それほど驚く話しでもなく、妊娠糖尿病とは、健康体の妊婦が妊娠時にかかると言われる、軽い糖代謝の異常の糖尿病です。もちろん妊娠時期の糖尿病ですので、出産が終われば症状は消えていきます。しかし、糖尿  [つづきを読む]
糖尿病予防と付き合い方 | 2007/10/27(土) 10:32
糖尿病:合併症と妊婦さんの懸念
もともと糖尿病自体がさまざまな合併症を併発します。通常の体でもいろいろな問題が起きますが、これが妊婦さんとなると、母親の体になんらかの異変が生じることになります。気のせいなんてほって置くのは大問題です。糖尿病性網膜症が進行して視力に異常をもたらし、糖尿病  [つづきを読む]
糖尿病を本気で治す | 2007/10/27(土) 10:59
妊娠時期の糖尿病
妊娠している最中に糖尿病?と思われるかもしれません。しかし、それほど驚く話しでもなく、妊娠糖尿病とは、健康体の妊婦が妊娠時にかかると言われる、軽い糖代謝の異常の糖尿病です。もちろん妊娠時期の糖尿病ですので、出産が終われば症状は消えていきます。しかし、糖尿  [つづきを読む]
糖尿病予防と付き合い方 | 2007/10/27(土) 11:30
糖尿病:合併症と妊婦さんの懸念
もともと糖尿病自体がさまざまな合併症を併発します。通常の体でもいろいろな問題が起きますが、これが妊婦さんとなると、母親の体になんらかの異変が生じることになります。気のせいなんてほって置くのは大問題です。糖尿病性網膜症が進行して視力に異常をもたらし、糖尿病  [つづきを読む]
糖尿病を本気で治す | 2007/10/27(土) 13:09
糖尿病:合併症と妊婦さんの懸念
もともと糖尿病自体がさまざまな合併症を併発します。通常の体でもいろいろな問題が起きますが、これが妊婦さんとなると、母親の体になんらかの異変が生じることになります。気のせいなんてほって置くのは大問題です。糖尿病性網膜症が進行して視力に異常をもたらし、糖尿病  [つづきを読む]
糖尿病を本気で治す | 2007/10/27(土) 15:33
糖尿病:合併症と妊婦さんの懸念
もともと糖尿病自体がさまざまな合併症を併発します。通常の体でもいろいろな問題が起きますが、これが妊婦さんとなると、母親の体になんらかの異変が生じることになります。気のせいなんてほって置くのは大問題です。糖尿病性網膜症が進行して視力に異常をもたらし、糖尿病  [つづきを読む]
糖尿病を本気で治す | 2007/10/27(土) 18:37
?¤?????
?¤??1300???????????????¤к????  [つづきを読む]
?¤????? | 2007/12/13(木) 20:44
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず