現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出産後に脳内出血死、和解成立
奈良の大淀病院で、妊婦脳出血脳内出血
亡くなった話は、このブログでも何回も書いたので。
ご存じの方も多いと思いますが。

福島県では、出産後に患者が脳出血で死亡した、
という事件があったようです。

まずは、この方のご冥福をお祈り致します。

で、この件に関しては、和解が成立したようですね。

ネタ元は、ssd先生のブログからです。
→ 『またもや悲劇が』
いつもお世話になっております。

でも、これって、どうなんでしょうか。


損賠訴訟:出産後脳内出血死 
病院側責任認め、遺族と和解成立 /福島

出産後脳内出血を起こして死亡した
いわき市の女性(当時29歳)の遺族が、大原綜合病院
(福島市大町、有我由紀夫院長)を相手取り、
6800万円の損害賠償を求めた訴訟があり、
福島地裁(森高重久裁判長)で和解が
成立していたことが10日までに分かった。
病院側は血圧管理について一定の責任を認め、
解決金4062万円を支払う。

訴状によると、女性は04年7月13日に長男を出産後
血圧の高い状態が続いていたが、
病院血圧を下げる治療を継続しなかった。

また、意識レベルが低下しているのに
磁気共鳴画像化装置(MRI)による検査をしなかったため、
より設備の整っている別の病院への搬送が遅れ、
女性は脳内出血で同年9月に死亡した。

病院は「病院にも一定の責任があると認め、
和解に応じた」と説明した。
女性の夫は「責任を認めてくれたことは大きい。
同じような被害を出さないよう適切な処置をしてほしい」
と話した。【今井美津子】


『毎日新聞 : 2007年10月11日』


このブログだけでなく、他の医師ブログでも、
以前から何回も言っていることで。
既存のマスコミでも、やっと言うようになってきましたけど。

お産にはリスクがつきものです。
日本の新生児死亡率は、世界一低くて、
妊婦死亡率に関しても、日本はかなり優秀ですけど。
それでも、一定の割合で、お産で亡くなる方はいます

どんなに医学が進歩しても、
それは絶対にゼロにはなりません。


具体的に、どの位の妊婦が出産で亡くなっているか、
って事を調べようと思ったら。
僻地の産科医先生のブログに書いてありました。
→ 『「良い産院の1Oカ条」と妊婦健診』

この記事の、表2,3に書いてあります。
ちょっと見にくいので、抜粋します。

>厚生省長屋班で1991~1992年にかけて行った
 妊産婦死亡の主要死因と,
 主要死因別救命可能率を表2に示す.

 不適切麻酔(4/4),重症悪阻(3/3),
 MOF(多臓器不全)(3/4)などは,
 適切に治療が行われていれば救命は可能であった
 と判定された。
 出血性ショック(46/74=62.2%)や
 妊娠中毒症(10/17=58.8%)は症例数が多く,
 かつ適切な治療によって救命可能な例が
 半数以上であると判定された.

 一方,内科合併症妊娠(主に心疾患)(1/19=5.3%),
 羊水塞栓・肺塞栓症,(1/24=4.2%),
 頭蓋内出血(1/27=3.4%)などは,
 救命が困難であったと判定された.



表2から、脳出血(脳内出血)の部分だけを抜き出すと

>頭蓋内出血 症例数    27
          救命可能数  1
          救命可能率  3.4%


厚生労働省が示したデーターで、
1991~1992年の一年間で、妊婦出産後
27人の患者が脳出血脳内出血で亡くなった。
そして、救命可能だった人は1人しかいないって事ですよ。
確率からいったら、3.4%しかいないんですよ。


その事を頭に入れて、もう一回この記事を見てみましょう。
あくまで、断片的な情報しかないんですけどね。


>女性は04年7月13日に長男を出産後、
 血圧の高い状態が続いていたが、
 同病院は血圧を下げる治療を継続しなかった。



血圧を下げる治療を継続しなかった。
って書いてあるんだから、
一時的には血圧を下げる治療を行った
って事でしょう。

血圧」、っていうのは、基本的には、
一時的に多少高くても、あまり問題にはなりません

私の無料レポート
日本一わかりやすい!「高血圧」
にも書いてある事なんですけどね。

普通の人でも、全力疾走したら、
一時的には血圧200位になりますから。
それだけでは、あまり問題にならないんですよ。

血圧が、高い状態がずっと続いていると
動脈硬化が進んで、脳卒中心筋梗塞になりやすい。
心臓や腎臓に負担がかかって、心不全、腎不全
なってしまう事もある。
だから、食事、運動療法をしたり、薬物療法を行って、
血圧を下げた方が良い、って事です。


一時的血圧が高かったから、
一時的血圧を下げる治療をした。
ということは、どうやら言えそうですけどね。

どのくらいの血圧が、どのくらいの期間続いていて、
どんな治療を行ったのか。
そういった事はわかりません。

その後、どの程度の血圧が続いていたか、
って事もわからないんですけどね。

基本的には、若い人は脳卒中の確率も低いですし、
動脈硬化っていうのは、何年も何十年もかかって
進む事ですから。
急いで血圧を下げる必要があったのかどうか、
って事はわからないと思います。

血圧が高かったのに、治療をしなかった、けしからん。
って記事のようにも思えるのですけど。

血圧はただ下げればよいわけじゃない」、
って事は、テレビ番組なんかでも、
たくさんやっていますよね。

どの程度の血圧がどのくらい続いたのか。
そこがわからないと、なんとも言えないのですけど。
あくまで、一般論として、
血圧が一時的にちょっと高いだけでは、
すぐに治療の対象とはなりません。


まして、薬物療法の対象とはなりません。



>意識レベルが低下しているのに
磁気共鳴画像化装置(MRI)による検査をしなかったため、
より設備の整っている別の病院への搬送が遅れ、
女性は脳内出血で同年9月に死亡した。


MRIがこの病院にあったのかどうか知りませんけど。
意識レベルが低下しているのであれば、
やっぱり頭のCT位は撮った方が良いと思います。
これに関しては、過失はあるかもしれません

MRIっていうのは、入っていない病院も多いし。
撮るのにも、時間がかかりますからね。
CTであれば、たいていの病院にありますし。
時間もMRIに比べたら、短いです。

脳梗塞は、直後だったら頭部CTではわからないんですけど、
脳出血ならわかりますからね、たいてい。
まずは、頭部CTは撮るべきだったと思います。


しかし、問題はこの次です。

>設備の整っている別の病院への搬送が遅れ、
女性は脳内出血で同年9月に死亡した。


まあ、確かに高次機能病院に搬送するのは
遅れたようですけど。

元々、妊婦出産後脳出血患者の場合。
救命率は、約3.4%なんですから。

おそらく、早く搬送できたとしても、
97%位の確率で亡くなったと思われます。


搬送が遅れたから死亡したのではなく、
脳出血脳内出血)だから、死亡した。


って事が事実です。

どうも、この書き方だと、搬送が遅れたから
助けられる命も助からなかったんだ、けしからん。
という書き方に思えるのですが。
それは、必ずしも正しくないと思います。



どの程度の血圧が、どの位続いたのか。
それが、治療が必要な程高かったのか、
って事は不明ですけど。
頭のCT(普通はMRIではなくて、CTです)を撮るのが
遅れた、って事で一定の責任はあるかもしれません。

でも、97%は助からない、妊婦出産後脳出血で、
和解金を払う
ってのは、どうなんでしょうかねー。

判例が出ていない和解とはいえ。
結果が悪かったら、ほとんど病院の責任。
っていうのは、問題があるんじゃないですかねー。


こういう訴訟が続くようなら、
MRIを緊急で撮れない病院では、お産を行わない。
って事になって、ますます分娩が出来る施設が
減る事になるかもしれませんね。



脳出血脳内出血)になりたくない人は、
これを読んで、高血圧を予防してね!

→ 日本一わかりやすい!「高血圧」


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓




スポンサーサイト
この記事へのコメント
これ以後が心配です
Dr.I様>

 長期化することによる「訴訟リスク」を考えれば妥当な判断かもしれませんが、今回の和解で、ますます「身内が死んだらとりあえず訴えておけば和解金が手に入る」とかいう「モラルハザード」が起きないか心配です。
 今回の原告も、「責任を認めてくれてうれしい」ということですが、本当に「真実を明らかにしたかった」のならば、今回「本当に責任があったかどうかあきらかにできなかった」のですから、それを残念に思うべきではないかと思います。
Lich[URL] 2007/10/12(金) 08:08 [EDIT]
cerebral hemorrhage
お産の脳出血はいきむせいで起こるの?
エビは血圧低いから大丈夫なのかな…怖いでちゅ…。

産科に限らず、医師は不足、訴訟は増加で本当に大変だと思います。
お医者たんが増えて心や体の負担が減りますように。
分娩出来る病院もこれ以上減りませんように(ノ_・。)
エビ[URL] 2007/10/12(金) 17:48 [EDIT]
>Lichさん
私も、それが一番問題になると思いますね。
避けられない死がある、って事をもっとわかって欲しいのですがねー。

Dr. I[URL] 2007/10/14(日) 20:05 [EDIT]
>エビさん
血圧が高くなれば、可能性はたかくなりますけど。
それだけではないですからねー。
それを過失って言われると、厳しいです。
確率から言うと、何万分の一くらいですから。
Dr. I[URL] 2007/10/14(日) 20:55 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

フィットネスクラブ in 福島県: 郡山健康倶楽部ヨガ道場
福島のフィットネスクラブ口コミ情報!健康ダイエット運動にお役立ち。これであなたもメタボ解消!  [つづきを読む]
生活習慣改善でリバウンドのない健康ダイエット運動法【77裏技】 | 2007/10/12(金) 12:13
千葉駅から徒歩1分
クイックフィットネスです~ブルブルマシーンとゲルマでダイエット  [つづきを読む]
千葉駅徒歩1分! ブルーミング | 2007/10/12(金) 15:28
原発性肺高血圧症と続発性肺高血圧症
肺高血圧症という病気が最近よく耳にします。普通の高血圧と違って肺の中の動脈の血圧が高くなる状態です。その中でも原因がはっきりしない肺高血圧症を、原発性肺高血圧症と呼ばれるようです。一昔前は呼吸不全を起こすので治療より移植しかないと言われていました。原発性  [つづきを読む]
高血圧の食事・症状・治療ブログ | 2007/10/29(月) 11:11
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず