現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
診療報酬、また引き下げか?(追記あり)
医療費削減医師数削減政策のおかげで、
日本の医療は崩壊へ進んでいるのですが。
更に加速しそうですね。

他のブロガーの方達も皆さん書いていますけど。
診療報酬が更に削減されそうです。


診療報酬引き下げへ=来年度予算で財務省方針

財務省は10月30日、2008年度の予算編成で、
医師の給与などとして医療機関に支払う
診療報酬を削減する方針を固めた。

医療機関側は厳しい現場の実態を挙げて
増額を求めているが、同省は「医師の給与は依然高く、
業務の合理化余地はある」と判断した。
薬価部分を含め3.16%となった前回並みの
削減幅を念 頭に、厚生労働省や与党と調整に入る。

財務省によると、06年度の医療費は33兆円。
このうち国・地方の公費負担は11.2兆円と、
3分の1を占める。

制度改正を行わなければ、高齢化に伴い
医療費は毎年3~4%増え続け、
25年度には56兆円に膨らむ見込みだ。


『2007年10月31日:時事通信』


そもそも、国の借金が多いのは、
年間40兆円公共事業費とか。
年間40兆円公務員とか特殊法人関係の人件費とか。
そのせいなんですけど。

なんで、いっつも医療費削減の話ばっか
出るんでしょうかねー。


今の日本の医療費は、確かに33兆円ですけど。
そのうち、国の負担10兆円くらいです。

日本の場合。
公共事業費 40兆円医療費 33兆円

人口が日本の2.5倍で、面積は25倍のアメリカの場合。
公共事業費15兆円で、医療費150兆円です。

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、
イタリア、カナダ
6カ国全部
公共事業費を足しても約30兆円ですけど。

公共事業費に関しては、弱者救済だから、
むしろもっと上げろ、
選挙対策のために言っておいて。

医療費診療報酬は、更に削減ですか。


>制度改正を行わなければ、高齢化に伴い
医療費は毎年3~4%増え続け、
25年度には56兆円に膨らむ見込みだ。


そもそも、この医療費の見込みって、
いつの見込みの事でしょうかね。

厚労省医療費の見込みって言うのは、
時代によって全然違います。


厚労省 2025年の医療費予測

1995年     144兆円
1997年     104兆円
2000年      81兆円
2005年      65兆円


参照:『2006年3月28日(火)「しんぶん赤旗」』

1995年には、厚労省の見込みでは、
2025年には、医療費144兆円になる、
って言っていたんですよ。

この記事では、56兆円ですか。
また下がりましたね。
というか、つい最近見た別の記事では、
もっとずっと少なかった記憶がありますけど。

そもそも、厚労省医療費の見込みって、
これを見ればわかるけど。
絶対に当たらない数字なんですけどねー。

その数字を出す事に、何か意味あるんでしょうか。


そして、この記事に書いてある
医者の給料についてなんですけど。

医者の給料って、本当に高いんでしょうかね。

ちょっと、「投資同盟」のとうしか先生のブログ
なんかを見てみましょうか。


左から、職種(会社名)・平均年齢・平均年収

医師   41.2歳 1101万円

朝日新聞 41.7歳 1335万円
日経新聞 40.8歳 1308万円
朝日放送 40.3歳 1605万円
フジテレビ 39.7歳 1572万円
TBS    49.1歳 1570万円

ダヴィンチアドバイザーズ 34歳 1793万円
パシフィックマネジメント 33.9歳 1456万円
三井物産  41.4歳 1435万円
三菱商事  42.8歳 1423万円
住友商事  41.8歳 1402万円
キーエンス 31.9歳 1386万円
電通    39.1歳 1334万円

第一三共  43.4歳 1159万円
エーザイ  41.9万 1099万円
武田製薬  40.9歳 1009万円

(他、日系企業47企業が平均年収1000万以上)


参照:『医師の給料はもはや並』


ちなみに、いわゆる高級官僚の給料は、

年間給与(うち年間賞与)
地方機関課長   50歳   724.1万円(191.8万円)
本府省課長補佐  35歳   723.8万円(201.3万円)
本府省課長    45歳   1,168.4万円(340.1万円)
本府省局長          1,746.3万円(496.0万円)
事務次官           2,293.6万円(651.5万円)


参照:『国家公務員給与の概要』

職業別だと、

弁護士   40.5歳    2097万円
パイロット 39.0歳    1382万円
大学教授  56.4歳    1167万円
医師    39.9歳    1047万円


参照: 誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実
に書いてあった、2006年10月7日号、「週間東洋経済」から


これらは、あくまで「年収」です。

医者の場合、何年か毎に職場を変わる事が多いので。
退職金っていうのは、非常に少ないです。
ほとんど貰えない場合も多いです。

で、最近証人喚問された、某事務次官とかは、
退職金8000万円でしたっけ。

元社会保険庁長官とかは、天下りを繰り返して、
2億円くらい貰ってましたっけかねー。

だから、「年収」ではなくて、
生涯獲得賃金」で見る必要があるんですけどね。
本当は。

生涯獲得賃金」ではなく、「年収」で見ても、
医者の給料は、一流会社には及ばないです。


それでも、たしかに医者の給料は、平均で
年収1050万円~1100万円ですから。
他の職業に比べたら高いですよ。

でも、専門的な知識と技術を持つ職業で。
人の命を預かっていて。
かつ、24時間365日、いつでも呼び出されて
更に訴訟のリスクを常に抱えている職業で。

ここにある、企業の人達よりも、
給料が安いんですよ、医者って。

これって、固定給じゃなくて、
夜中や明け方に呼び出されてもらえる、
雀の涙ほどの時間外手当とか。
朝までずーっと働いた時の当直代とか、
全部含めた金額ですよ。

当然、待機している時間の分は、
含まれていません。

それで、年収1100万円です。
それでも、医者の給料は高いでしょうか?


そもそも、医者の給料診療報酬は関係ないし。

合理化するなら、先に公務員とか、
公共事業費削減とかするのが筋だと思うんですが。

追記)
この件に関しては、他の医師ブロガーの方達も書いてますので。
もしよろしかったら、こちらも読んで見て下さい。


『医師の労働基準法遵守のキャンペーン
by 全国医師連盟 設立準備委員会 』


「どこまでもやる気だな。それなら…」

『■医師給与引下げキタ━━━(゚∀゚)━━━!!! 
「診療報酬引き下げへ=来年度予算で財務省方針」 』


直接関係ありませんが、医師の労働基準法についてです。
『★研修医のためのやさしい労働基準法★
(江原執筆)(HTML)』


『日本の医療崩壊へ・・・財務省:診療報酬引き下げへ 』

『診療報酬引き下げへ=来年度予算で財務省方針 』

『国が医師の善意を裏切るのならば、我々は闘う。 』

『詭弁 』

『財務省官僚と政治家 』

『許されない診療報酬の引き下げ
==医療崩壊を防ぐためにも抜本的な値上げが必要です
==日医は、5.7%の引き上げを要求==』


『診療報酬引き下げへ=来年度予算で財務省方針…、
医療破壊の最大の戦犯はこいつらだ! 』


『日本医師会に告ぐ』

『お先棒』

『自民党は診療報酬を引き下げる』

『あたりまえですが、診療報酬=医師の給与 
ではありません。 』


『国に抗うのは無駄か』

『合理化の前に合法化を』

『[開業医の待遇]イギリスは日本の年収2倍! 』

『医師の給与と労働問題 』

『医療費削減の提案』

『あわてる役人・ざまあかんかん』


更に詳しく知りたい人は、これを読んでね!
→ 誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
変ですよね……
Dr.I様>

 どうも、財務省は「減らすところが変」ですね。
 公共投資が先進5カ国の合計より多いのに、医療費はダントツで小さい……。経済優先で「公共事業頼り」の企業を量産してきたツケを医療の側にまわすというのは、どう考えても可笑しいですね。
 「医者は高給取り」って発想に凝り固まって、医療費削減のみを追及するのは、いい加減やめて欲しいものですね。
Lich[URL] 2007/11/03(土) 09:54 [EDIT]
>Lichさん
消費税を上げる時も、公共事業とかはそのままで、社会保障が増えるから、上げなきゃいけないって。
そればっかりなんですよね。

医者が高給取りっていうのなら、自分たちの給料の事も言わなければいけないはずなんですがね。
自分達に都合の悪い事実は隠す、ってのはいつものパターンですね。
Dr. I[URL] 2007/11/03(土) 14:59 [EDIT]
>Dr.I様

コメントはしないかも…
なんて書きましたが、また書き込ませていただきますw

医療従事者でも公務員でもない私から見ると
『医者の給料が高いとは思わない』
『公務員の給料は高すぎる』
と思います。

まず、人命を預かるという責任の重さ。患者やその家族へ医療行為以外でも細やかなケアを要求され、自身の健康が害されるような勤務実態。ミスをすればすぐに裁判に持ち込まれる(本来ミスはあってほしくないですが、今は医者が万全の状態で臨めるような体制ではないです)

一方公務員は、仕事をしてもしなくても給料が出る。横領などの刑事事件に該当するようなものを除き、裁判に持ち込まれることはない。外部に被害を出しても、謝罪して内部で始末書を書いておしまいです。

いい加減過ちに気づいて、無駄なものに公費をつぎ込むのは止めて、必要なところに公費投入して欲しいです。

民意が生かされないならば選挙はなんのためにあるんでしょうね。
華鈴[URL] 2007/11/03(土) 15:56 [EDIT]
 公立病院の勤務医の給料は決して高くないと思います。お金だけを考えるとテレビ局や銀行マン、商社マンのほうがずいぶんサラリーはいいと思います。ゴールドマン・サックスなどの投資銀行は平均ボーナス7000万とも言われています。

 好きでなったのかもしれませんが、責任や仕事量に見合った報酬にするべきだと思います。ただ、一部の病院で診療報酬の水増し請求などがあるため、病院がお金儲けに走っていているように思えるのも事実です。

木下東大医学博士誕生!
ノーベル賞に近い医師
http://drsaki.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_0c24.html

saki[URL] 2007/11/03(土) 16:38 [EDIT]
はじめまして。
I先生、こちらでははじめまして。
m3ブログのほうでは、度々コメントをさせていただいておりましたが、fc2ブログのほうは今回がはじめてです。

別の場所でも書きましたが、減給されてやる気の出るサラリーマンは居ないでしょう。医師だって同じです。

医師不足・医療崩壊に拍車をかけて、国は、国民は、一体どうなってしまうのでしょうか。
国民のことを全く考えていないとしか思えないです。

近いうちに、関連記事を、わたしの拙ブログではありますが、書く予定でいます。
azuki[URL] 2007/11/03(土) 21:41 [EDIT]
厚生労働省っていうか国なんて、ご都合主義ですから。同じ土俵で話ができない人タチに何を言っても平行線なんだろうなと なんか サジ投げてます。何をもって医師の給与は高いと結論付けたのか、根拠を教えていただきたいものですね。
りん[URL] 2007/11/03(土) 23:20 [EDIT]
>華鈴さん
公務員の中にもちゃんと働いている人達もいるのでしょうけど。
我々が見る限りは、多くの人達が、分相応以上の給料を貰っているように思えます。
福利厚生などでも、優遇されていますし、クビの心配もないですからね。
Dr. I[URL] 2007/11/04(日) 13:57 [EDIT]
>sakiさん
どこの世界でも、ずるい人達はいますからね。
その例だけをあげて、一般化されると厳しいですね。

正直、お金を儲けるなら、他の職業についた方が良いと思います。
コムスンでもそうなんですけど。
違法な事をするのは、当然悪いんですけど。
そうしなければ黒字にならない、っていう報酬体系にも問題があると思います。
Dr. I[URL] 2007/11/04(日) 14:00 [EDIT]
>azukiさん
こちらでは、はじめまして。
医者の給料が直接減るわけではないと思いますけど。
もし、公立病院なんかで、医師の給料が減る、って事になったら、益々逃散が進むのは、間違いないですね。

正直、モチベーション下がりまくりです。
Dr. I[URL] 2007/11/04(日) 14:01 [EDIT]
>りん先生
なんか、まともに相手するのばかばかしくなってきますよね、こういうの見ると。
少なくとも、根拠は出して欲しいです。
官僚の給料と比較して。
Dr. I[URL] 2007/11/04(日) 14:02 [EDIT]
Please notice it
退職金がほとんどないと知れば、高い高い言う人たちも黙り込むと思いまちゅ…(O_O)
どうして医療ばかりが締め付けられるのかな…。法人税とかは増えないのにね。
エビ[URL] 2007/11/04(日) 23:05 [EDIT]
>エビさん
でも、まあ。
どうせ、給料は高いんだろ。
とか言われるんでしょうけど。

政治家にお金を出してるのは企業なので。
基本的には、政治家は企業の見方ですから。
法人税を上げる政策っていうのは、あまり行いたがりません。
Dr. I[URL] 2007/11/05(月) 00:13 [EDIT]
初めまして。
初めまして。
ただレポ(http://www.tada-repo.jp)でランキング1位になってることから、このサイトにたどり着きました。

僕も、医療関連の仕事を行っているので実感しているのですが、頑張っているお医者さんは、もっと給料が高くてもよいと思います。

今後、医者になりたいと思う人が減ってくることも怖いですし・・・。責任の重さから考えて、もっと高給でもよいと思います。
みくす[URL] 2007/11/05(月) 11:00 [EDIT]
燃え尽きかけ整形外科医
某国立大学の大学院生をしている卒後10年目弱のペーペー医師です.
I先生、ここにコメントすべきことではないかもしれませんが、どうかお許しください.

現在、当大学病院で大学院生がこき使われております.当病院は日本で2番目か3番目くらいの結構都会にあるのですが、臨床研修医制度の悪影響はこんなところにも押し寄せ、研修医が足りないため、卒後8~10年目の医師が月給10万円程度で研修医として働かされております.

こんなことが許されていいのでしょうか?
K[URL] 2007/11/06(火) 17:06 [EDIT]
逆でしょ~
政府も何考えてるんでしょうね
医師自体が少ないのに給料を減らせるわけないでしょう。
まず医師を増やすことですよね。

中国なんて医師余りで
医師の給与が低すぎて大変なのに・・・
中国の医師を日本に派遣すれば?

中国の医師はとっても優秀ですよ
やな社長[URL] 2007/11/06(火) 17:59 [EDIT]
>みくすさん
無料レポートも読んで頂き、ありがとうございます。

今は、ネットなんかで、情報収集ができますからね。
はっきり言って、ハイリスクローリターンですから。
さらに、収入を少なくする、こき使うって事であれば、優秀な人材は入らなくなるでしょうね。
おそらく。
Dr. I[URL] 2007/11/06(火) 20:30 [EDIT]
>K先生
私もちょっと前、大学にいましたけど。
月給12,3万円でした。
そこから、更に下がったという話も聞いたので。
おそらく、それに近い金額でしょうね。
研修医より、はるかに安いです。

やっぱ、制度を変えなきゃ駄目でしょうね。
Dr. I[URL] 2007/11/06(火) 20:33 [EDIT]
>やな社長さん
医師の給料減らしたら、止める人が増えるのは、間違いないですからね。
病院を潰すってのが、政府の狙いみたいだから、それでも良いのかもしれませんけどね。
国民の事なんか、考えてない人達なので。
Dr. I[URL] 2007/11/06(火) 20:34 [EDIT]
40歳の医師が年収1100万円ですか・・・
民間病院ではありえない給与額ですね。
うちの病院では30歳医師の年収で、すでに超えています。

公立病院の医師の給与は確かに安いですが、それでも毎年赤字を垂れ流しています。
抜本的な制度改革を起こさないと、医師の医局引き上げ・病棟閉鎖、その先として民間委託や最悪廃止も既に実際起こっている話ですし。
どうなってしまうんでしょうか。
のりくろ。[URL] 2007/11/09(金) 09:35 [EDIT]
>のりくろ。さん
まあ、田舎に行けばもっと貰えるところもありますけどね。
年齢関係なく、それこそ20代でも。

いっつも、医師等の給与って出るんですよね。
厚労省の発表だと。
多分のりくろさんの所の病院でも、医師の給与って、医療費の10%位だと思いますけど。
厚労省のデーターだと、医師も看護師も職員なども全部含めるから50%になるんですよね。

公立病院は、医師以外の問題の方が大きいですから。
なんとかしないと、ホントに医者が来なくなりますよ。
Dr. I[URL] 2007/11/10(土) 18:23 [EDIT]
今までは大学から関連病院へ医師を派遣してもらえたので、病院の経営者が勤務医の給料を安く抑えることができたのだと思います。これからは勤務医の確保のために病院の経営者も医師の給料を上げざるを得ないでしょう。しかし、診療報酬が下がるなかで給料を上げるためにはどうすればいいのでしょうか。過剰検査?自由診療?
マスコミは病院を一般の会社とよく比較しますが、病院が売上を第一に考えるようになると何が起きるのか分かっているのでしょうか。
Diet Master[URL] 2007/11/27(火) 18:13 [EDIT]
>Diet Masterさん
それはありますね。
給料上げたり、待遇を良くしないと、今の時代医者もこなくなりましたから。
多分、多くの病院が潰れるでしょうね。
病院の世界も、弱肉強食の世界になって。
金にならない患者は追い出される、とかいうことが現実になるかもしれませんね。
Dr. I[URL] 2007/11/27(火) 23:03 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

日本の皆保険制度は絶体絶命です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071102-00000044-mai-soci{{{:<診療報酬改定>病院勤務医の負担軽減策を提示 厚労省11月2日11時42分配信 毎日新聞 厚生労働省は2日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関、中医協)で、08年度診療報酬改定で実施する病院勤  [つづきを読む]
うろうろドクター | 2007/11/04(日) 12:31
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず