現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェネリック医薬品
最近テレビや新聞なんかでジェネリック医薬品って
言葉が出てきてますよね。
この言葉自体は前からある言葉なんですけど、最近よく聞きますね。
コマーシャルでもやってるし。

ジェネリック医薬品ってなんか、強そー。

いや、でもそんなに強くないっていうか、

強いとか、弱いとかは関係ないっすから。
ですから。

最近よく聞く言葉なんですけど、新しくできた言葉じゃなくって、
前からある言葉なんですよ。
医療関係者はみんな知ってますね。
昔は「ぞろ」って言っていたんですが。
なんか、弱そー。



新薬を開発するのって、ものすごいお金と
十何年って年月がかかるんです。
一つ良いを作ろうと思ったら、100位失敗しますからね。
何十億円とか下手したら百億円とかいきますから。

で、そんだけお金と時間をかけてを開発したのに、
すぐに偽物というか同じが出たら製薬会社が困りますよね。

そいで、特許の関係だかで20年位は保護されるんですよ。

んで、一定期間が過ぎると、真似して良いっていうか、
同じ成分で同じ効能、効果を持つを発売出来るようになるんです。

ジェネリック医薬品っていうのは、後から販売された同じ成分で同じ効能、効果を持つの事を言います。
値段は、研究開発費がかからないため価格が3-7割安いです。

同じ成分で、安かったら普通は安い方を選びますよね。
どんな商品でも。

でも、今までは「医者が処方するもので、
患者は黙って医者が出すを飲んでろ」みたいな雰囲気があったので、
やむを得ず高いを飲んでいたんですよね、一般の人は。

押し売りの人に、家まで売りに来られて断れなかった
気の小さい人みたいもんすかね。

今までは、まあしょうがねえかっていうか、こういうがあるという事を医療界が隠していたっていうか、
あんまり公にしていなかったんです。

自分たちが儲からなくなるからですね。

でも、最近厚生労働省が医療費抑制のために安い薬を使えって事で、さんざん宣伝して、やっと知っている人も多少出てきたって所ですね。

ジェネリック医薬品お願いカード」ってのも作られて、これを見せれば医者に直接言わなくても、安いに換えて貰えるようになったんですよ、今年の4月からは。

押し売りに売りに来られたら断れないような気の小さい人は、このカード持っていた方が良いんじゃないですかね。

別に高いを飲んだからって、医者に歩合制で給料が入るわけではないので、そんなこと気にする必要ないっすよ。

結構大きいですよ、代って。
毎日飲んでる人は特に。

くれぐれも、自己判断でお願いしますね。

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
興味のある人はブログの左サイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
おーい、健康部門第3位のままだよー。
一位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
はじめまして
レオさんのブログよりとんできました。
私も20代でガンと付き合っています。
毎月ゾラデックスを打って、ノルバデックスと
漢方を飲んでいます。
薬代が結構かかって辛いです。
これらのジェネリック医薬品はないのでしょうか。
もきゅ[URL] 2006/04/23(日) 18:20 [EDIT]
もきゅさん
はじめまして。
20代でガンと付き合っているんですか。
大変ですね。

抗ガン剤のジェネリック医薬品がどのくらいあるのかは、私はちょっとわからないんですが。
薬代大変ですよね。
基本的には同じ成分なので、個人的にはジェネリック医薬品でも良いのでは、と思うんですが。
副作用の問題とかもからんでくるので、こっちにしなさいっては言えないんですよ。

よろしければ、また来て下さいね。
Dr. I[URL] 2006/04/23(日) 18:44 [EDIT]
先日はブログへのコメントありがとうございました。
ゾロ薬ですか。
あのCM見てると、模倣している製薬会社がなんとな~く「真似だけど安いからいいでしょ?」って正当化(?)しているような気がしてしかたないんですよね。

厚生労働省が宣伝を働きかけてるとは知らなかったので、CMに対するイメージが変わってきそうです。
またきますね(^^)
ナースマン[URL] 2006/04/24(月) 00:54 [EDIT]
( ̄-  ̄ ) ンー
こんばんわ(^▽^)/

ジェネリック…
先月までうちの病院にいた『N先生』は、
全てが全く同じ成分ではなくて、
中には怪しいものもあるとかって言ってましたよ…
それ聞いて、安けりゃ良いってものでもないのかなぁ…って
ちょっと思ったりしました。

確かに患者さんにとっては薬代って結構な負担に
なりますよね…。
そんなσ(・・*)アタシも毎月投薬受けていますが…w
ぴぃ[URL] 2006/04/24(月) 02:19 [EDIT]
ナースマンさん
はじめまして。
訪問ありがとうございます。

厚生省、というか族議員というかは、昔は製薬会社の味方だったんですけど、さすがに医療費かかりすぎてどうにもならなくなってきましたからね。

医師会にはまだ遠慮があるみたいで、病院の医療費は削減してますけど、開業医にはまだまだですからね。
ま、時間の問題だとは思いますが。
Dr. I[URL] 2006/04/24(月) 20:55 [EDIT]
ぴいさん
こちらでは、はじめまして。
ぴいさん、お薬飲んでるんですか。

まあ、一応7割だか8割以上同じ成分なら良いとか、結構いい加減というか、微妙なんですが。
効果があって安ければ良いんじゃないですかね。

ところで、相互リンクしませんか。
Dr. I[URL] 2006/04/24(月) 21:03 [EDIT]
遊びに来ました
 私のプログにコメントしていただいて、ありがとうございます。早速のぞきにまいりました。
 あまり記憶が定かじゃないけれど、開発した製薬会社の独占権て5年くらいでしたっけ?莫大な開発費用がかかっているに5年でペイできるんかな。
 昔、オーベンに「なんでゾロって言うんですか?」と質問したら、「あとからゾロゾロでてくるからだよお」と明快な回答が得られました。笑
 私は整形外科が専門なので、あまり微妙な投薬て多くは無いけど、前勤めてた貧乏な病院では総合病院なのにやたらゾロが多くて、ラシックスがラドンナだったり。ドイツワインかと思いました。循環器は色々と薬も扱う種類も多いと思いますが、当時の病院の循環器の先生は、やっぱ同じ利尿剤だけど、微妙にキレが違うとおっしゃってました。私にはよく分かりませんが、、、。
 安くなるのはいいんですが、薬価だけが安くなるのに、処方料だとかもろもろのトータルが3割になると思って、インネンつけられたらどうしようかと ちょっと怖いです。笑
りん[URL] 2006/04/27(木) 01:32 [EDIT]
りんさん
こんにちは、はじめまして。
訪問ありがとうございます。

ぞろって名前の起源は、私もそう記憶しています。
5年って事はさすがにないと思いますよ。
20年とか30年が普通だと思います。

まあ、私も確かな記憶ではないですけど。
利尿薬の微妙なきれは、ちょっとわかりませんね。
プラセボ効果というか、ぞろだから新薬に比べて悪いだろうって偏見のような気もしますし。

また遊びに来て下さいね。
Dr. I[URL] 2006/04/27(木) 20:03 [EDIT]
初めまして。
私は愛する旦那をC型肝炎⇒肝癌と言うポピュラーな状態で(と言うのもおかしいですが)ちょうど4年前に亡くし、
私自身は、と言うと二人の子供を持ち
旦那の死がきっかけで(根本的原因は他にあると思いますが。)「情緒不安定性障害」を患い、その他に「突発性難聴」「PMS」などで掛け持ちで病院に通っているシングルマザーです。

旦那が生前の時に少しでもC型肝炎の事を調べようと思ってとても有名なサイトさん(今年の3月末で閉鎖されましたが)にて「ゾロ」に関しては随分前から知っておりました。

「強ミノ」を旦那は打っていたので
その事でそこのHPの掲示板ではかなり話題に上がっていました。
患者さんの情報ではやはり「ゾロ」では倦怠感が取れないとか
そんな話題が飛び交っておりましたね。

なので、個人的には「ジェネリック」に対しては
あまり良いイメージがないのが本音です。

私の場合は東京都在住の為
一人親医療費助成制度のお陰で
医療費が掛からないから、余計にそう思うのかもしれませんが。

ただ、私としては子供たちの事を考えれば
ジェネリックだろうと何だろうと
早く自分の病気を治して
安定した生活が出来るようになりたいと願うばかりなんですけどね。

初めてで長々と失礼いたしました。
夏海[URL] 2006/05/23(火) 23:32 [EDIT]
>夏海さん
はじめまして。
確かに包装の部分とか、全く同じ訳ではないですし、安全性に関しては、それをきっちりと証明した薬よりは劣る事は事実だと思います。

難しい問題だとは思うんですが。

効いた、効いてないっていうのは、気分というか気持ちの問題という部分も大きいんですよね、実は。
そういうのプラセボ効果というんです。

病気、良くなると良いですね。
Dr. I[URL] 2006/05/24(水) 02:34 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず