現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政府が公式に医師不足を認めた!
このブログを含め、ずーっと前から医師ブログでは
言っている事なんですけど。
日本では「医師偏在」ではなくて「医師不足」だ、
っていう事を、やっと政府が公式に認めましたよ。

閣議決定」だそうですから、相当の重みです。



医師「総数として不足」政府認める

医療現場からの度重なる指摘にもかかわらず、
これまで「医師は不足ではなく偏在
との見解を示してきた政府が、
ようやく医師不足を認めた。

2月12日に「医師は総数としても充足している状況にない」
と閣議決定したのだ。
あきらめずに現場から声を発し続けてきた医師
「まずは率直にうれしい。
実際に施策に反映されていくことに期待したい」
と話している。


医師不足問題をめぐっては、
「このままでは医師が過剰になる」として、政府が1982年、
医学部の定員削減により医師数を抑制するよう
閣議決定したことが始まりとされる。
その後も、93年、97年と、政府は段階的に
医学部定員の削減を進めてきた。

しかし近年、これに伴う弊害が各地で表面化。
必要な医療が受けたいときに受けられなくなる
「医療崩壊」が全国的に加速している。

過酷な勤務を強いられる医療現場からは、
早期の政策の見直しを求める声が続出していた。

これに対して、政府はこれまで
「地域や診療科ごとの偏在であり、
医師の総数は増え続けている」と、
医師不足を認めない見解を貫いてきた。

このような状況の中、民主党の山井和則衆議院議員が
政府に質問主意書を提出。
分娩施設の減少や救急搬送の問題な
ど実例を挙げながら、
「現在も『医師は数的には基本的に足りている』という認識か」
などと、政府の医師不足に関する見解を改めてただした。

この質問を受けた政府は2月12日、閣議決定した後、
医師数は総数としても充足している状況には
ないものと認識している」との答弁書を提示。
答弁書には、05年7月の
医師の需給に関する検討会報告書」の内容や、
現状に対する有識者などからの意見を踏まえた上での
修正であることが示されている。

現役外科医として診療に携わりながら、
長年医師の増員を訴え続けてきた
埼玉県済生会栗橋病院の副院長・本田宏氏は、
今回の閣議決定について
「政府はこれまで現場の指摘にかたくなに耳を貸さなかったが、
ようやく私たちの声が届いた。
これで現場にも夢がわいてくる。
まずは率直に嬉しい」と評価。
その上で、「実際にどのような施策に反映されるかが大事。
これからの動きに期待していきたい」と話している。


「2008/02/13;キャリアブレイン」


民主党の山井和則衆議院議員。
グッドジョブです。


今まで政府は
医師不足ではなく偏在だ。
って言い続けてきたのに。
やっと、方向を変えてくれましたね。

しかも閣議決定ですから。
やっと、一歩前進した、って感じでしょうか。

ただ問題なのは、本田先生も言っているけど、

>実際にどのような施策に反映されるかが大事。
 これからの動きに期待していきたい


これから、何をやるか、って事ですね。

医師偏在だ。
地方では、ちょっとは医師は不足してるのかなー。

っていう事で、今年から各都道府県に5人ずつ
医学部の定員が増えました
けど。
これだけでは、最大で250人ですからね。

1982年に医学部の定員削減により医師を抑制する
前からみたら、医学部の定員は約1000人減ってますから
それでけでは、以前に戻る、ってレベルまでもいってません。

何度も出てくるOECD平均まで医師数を増やすとしたら、
あと12万人~14万人必要ですからね。
そこまで医師の数を増やす必要はないのかもしれませんけど。

ただ、医師の数は不足してる。
でも、医師の数は増やしませんよ。

って言うのであれば、意味がありませんから。

具体的に医師がどのくらい不足しているのか。
何年で何人の医者を増やしたいのか。
とか、きちんとした目標を出して、計画を立てる。
そして、何十年前の閣議決定を、ずるずる引きずる事なく、
それでも医師の数が足りないのであれば、もっと増やす。
とか、臨機応変に対応して欲しいですね。


それと、医師不足とセットで考えなければならないのは、
医療費不足です。
財源の事もあるので、こっちの方がもっと難しい問題
かもしれませんけどね。

ついこの間、
「医療現場の危機打開と再建をめざす国会議員連盟」
ってのができて。
もう100人以上になっているみたいだし。
ちょうど良い機会なので、医療費不足についても、
これを機に、きちんと議論して欲しいところですね。


本田宏先生の本が読みたい人は、ここからね!
→ 誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
ようやく……
Dr.I様>

 ようやく、政府が「医師不足」を認めましたね。まずは貴重な第一歩ですね。
 ただ、これが即「医療の再生」に繋がるのか、というと、問題は山積みなわけで、これから先、どのように政策が変わっていくのか、見守りたいと思います。
Lich[URL] 2008/02/13(水) 23:42 [EDIT]
医師が増えれば人件費もあがるので、その分の医療費増をしてくれなきゃ、やりたくてもやれない絵に描いた餅になっちゃいますね。。医療費ねえ、あげてくれるのかなあ。。。こっちのほうが難しそう。
りん[URL] 2008/02/14(木) 11:08 [EDIT]
まあ、増えても眼科・皮膚科・精神科が増えるだけだと思いますが。。。。そこのところはどうでしょうね。

あと、病院をつぶす&アクセス制限&混合診療導入、は医者を増やすより早くて簡単で、既定路線と思うのですが、その環境で医者が大量に増えた場合、仕事にあぶれる可能性はないんですかね?現在の歯科のようにはなりたくないものです。
北国QOML研修医[URL] 2008/02/14(木) 12:05 [EDIT]
I'll keep my fingers crossed!
お熱とケホケホでおサボりしてごめんたい(v_v)皆さんも気をつけらりょらりょ。

ずーっと医師偏在とごまかして、偏在してる医師を確保(捕獲?)して僻地に行かすとかばっか言ってたのに総数として不足と閣議で決めたのはスッゴ~~イと思いまchu!
民主の山井さんありがと。医療費もよろちこ。
本田先生が「ようやく私たちの声が届いた。これで現場にも夢がわいてくる。まずは率直に嬉しい」と喜ばれてるから何となく大丈夫な気がしちゃう◎夢がわいてくるってワクワクして良い言葉…((o(^-^)o))
絶対このblogでしつっこーく騒いだからでございまchu。すごいすごーい♪
エビ[URL] 2008/02/14(木) 17:08 [EDIT]
>Lichさん
まあ、とりあえずは、一歩前進って事だとは思いますが。
本当に問題になるのは、これからですね。
Dr. I[URL] 2008/02/14(木) 20:38 [EDIT]
>りん先生
そうなんですよねー。
結局、医者の給料が減るだけだったら、余計モチベーションが下がるだけだから。
医療費の増額とセットですね。
そっちの方が難しいでしょうね。
Dr. I[URL] 2008/02/14(木) 20:40 [EDIT]
>北国QOML研修医先生
最近の若い先生はQOLを重視する人も多いですけど。
やりがいを求めて、医者になっている人も多いと思いますよ。
傾向として、そういう科に入る医者が多いのは認めますけど。
今後、医者が増える、やりがいもあって、給料も割と良い、って事になれば、それなりに入るとは思いますよ。
メジャー系の科にも。

医療費を上げないで、医師の数だけ増やしたら、あぶれる医者が出る可能性もあると思いますよ。
Dr. I[URL] 2008/02/14(木) 20:43 [EDIT]
>エビさん
やっと認めてくれましたよ、ホント。

でも、これからの方が、もっと大事だと思います。
Dr. I[URL] 2008/02/14(木) 20:44 [EDIT]
年収300万円
後期研修医の年収が300万円程度がメジャーになってるようです。
今後は、医師の年収は看護師以下になっていくでしょう。
そんな安い給料でも、就職する医師がいるから、なんですよね。
家賃も補助が出ても1万円以下とか。
学会参加費もでないとか、待遇よいとは言えない。
それでも都会の病院で研修したいんですよね。
後期研修で安い給料で働くくせがついてしまうのは、問題だと思う。
病院側は、医師は沢山、かつ安く雇いたいと願っている。
そういう方向に進んでいってますね、順調に。
混合診療医[URL] 2008/02/14(木) 22:39 [EDIT]
>混合診療医先生
人気のある病院は、やっぱりそんなもんなんですかねー。
あんまり、詳しくないんですが。
狭い世界だから、談合みたいのがあるのかもしれませんね。
好ましくないですね。
Dr. I[URL] 2008/02/15(金) 19:04 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

1日33種類摂れる「和漢植物菜園」
「以前と違って・・・」などの悩みが多い女性におすすめするのが、「和漢植物菜園」。美容と健康とダイエットにもうれしい新製品です。カラダ環境とカラダのリズムを整えます。毎日の生活の中で、自然の恵みの和漢植物や果物野菜をバランスよく摂りながら適度な運動をする...  [つづきを読む]
健康がいちばん | 2008/02/13(水) 23:00
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず