現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勤務医疲弊、患者にも原因あり
yahooのトップページに、「勤務医の疲弊、患者にも原因
って記事が載っていましたよー!

最近、くだらない医師叩きの話ばっかじゃなく、
医師の過労とか、患者側にも原因がある
って話も、良く出るようになっていませんかねー。



勤務医の疲弊、患者にも原因
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000001-cbn-soci

「雨が降ったからという理由で救急車を呼ばないでほしい」
患者の暴言で仕事への誇りがズタズタにされる」——。

厚生労働省の審議会で、産科・小児科・救急の医師
共通して挙げたのは勤務医の疲弊で、
その原因の1つに「クレーマー患者」や
「暴力患者」などの存在を挙げた。

西川京子厚生労働副大臣は
医療の分野では国民の意識が育っていない。
すべて受け入れる側が悪いというのではなく、
一緒に医療を構築するという方向性を持たないと
不毛の議論になっていく」と感想を述べた。(新井裕充)

厚労省は2月25日、「安心と希望の医療確保ビジョン」
会議を開き、産科・小児科・救急の現場で
先進的な取り組みをしている医師から意見を聴いた。

この会議は、長期的な視点に立って日本の医療
問題点を考えようと、舛添要一厚生労働大臣が
中心となって1月7日に設置された。

4回目を迎えたこの日のテーマは、
医師不足が深刻な産科・
小児科・救急医療などの現状把握。
各分野の医師が現在の問題点や
今後の課題などについて意見を述べた。

東京都立府中病院・産婦人科部長の
桑江千鶴子氏(東京医科歯科大産婦人科臨床教授)は
「産婦人科臨床現場の3つの問題」として、
 (1)劣悪な労働環境と待遇、
 (2)医療事故と訴訟への恐怖、
 (3)医療者への暴言・暴力
  (モンスターペイシャント)の存在
——を挙げた。

桑江氏は「大野病院事件で産婦人科の医師
逮捕されて以来、ビクビクする状況で
萎縮医療になっている」と述べ、
過酷な労働環境に追い討ちをかける訴訟リスクや
患者の暴力などが医師のモチベーションを
下げていると指摘した。

「優しい気持ちでなんとかしてあげたい
と思っても仕事に対する誇りをズタズタにされ、
若い医師は疲弊している」

桑江氏はこのように述べ、早急に解決することが
難しい大きな問題であるとした。

続いて、愛知県岡崎市の花田こどもクリニック院長の
花田直樹氏は「現在の小児医療の問題点」として、
 (1)不当な報酬の低さとフリーアクセスによる患者数の多さ、
 (2)小児科勤務医の減少、
 (3)乳幼児医療無料化に伴う救急外来のコンビニ化、
 (4)訴訟リスクとクレーマーの存在——を挙げた。

花田氏は「コンビニ感覚で救急車が利用されるが、
コンビニ診療さえ難しい状況だ。
しかし、司法判断は救急外来にも
最高級の医療レベルを要求している。

無理して対応しても刑事事件の対象に
なり得ることを医師は学習している」と述べ、
産婦人科の医師が逮捕された
福島県立大野病院事件の影響で入局する医師が減少し、
現場では「無理に救急を受け入れない」
という萎縮医療が生じているとした。

花田氏はまた、医師らに言いがかりを付ける
「クレーマー患者」の存在が
萎縮医療に拍車を掛けているとした。

「過熱する医療事故の報道で、
不信に満ちた攻撃的な言動が目立ち、
現場のやる気をさらに萎えさせている。
今までは医師の使命感でカバーしてきたが、
現状では医療安全上も自分の健康上も無理がある」


■ 救急患者の増加と国民の意識

疲弊した勤務医をさらに追い詰める
「クレーマー患者」と訴訟リスク。
その背景には救急患者の増加がある。

日本医科大学付属病院・高度救命救急センター部長の
山本保博氏は、救急患者が増えている一方で
救急医療機関が減少していることを指摘。

「救急医療の現状、課題」として、
 (1)救急医療施設の負担の増大(救急患者の増加など)、
 (2)資源の圧倒的な不足(救急医不足など)、
 (3)救急医の士気の低下
——を挙げた。

山本氏は救急車の出動件数(2005年)のうち
搬送されていない約9%について、
「救急車が到着しても現場に患者がいない」と指摘。

その主な理由として、
 ▽119番した後の辞退、
 ▽いたずら、
 ▽酔っぱらい
——を挙げた。

その上で、119番通報した患者
重症度や緊急度などによって分類する
「トリアージ」の必要性に触れた。

「アンダートリアージ(過小評価)をどう考えるか
という問題がある。
『ちょっと胸がつかえる感じがする』という
患者のうち1万人に1人ぐらいは
心筋梗塞の場合がある。

このような患者を自宅に戻して
しまった場合の問題がある。
しかし、これからはトリアージをしていかなければ、
“たらい回し”はどんどん増える」

この日、舛添厚労相が欠席したため、
西川京子副大臣が次のように感想を述べた。

「安全で安心な食物にコストがかかる
という意識は国民の間に育ってきたが、
医療の分野では国民の意識が育っていない。

今日はマスコミの方もいるようだが、
すべて受け入れる側が悪いという
指摘の仕方ではなく、一緒に医療を構築する
という方向性を持たないと不毛の議論になっていく。

今、これを厚生労働省が
一番先にやっていかなければならない」


『2008.2.27:yahooニュース』



ここ数ヶ月くらいで、マスコミの論調は
変わってきていると思いますよ。

今回の記事でもそうですけど。
医療崩壊の原因は、患者の側にもある
って話は、医師ブログでは以前から
言われていた事なんですけどね。

このブログでも、
『モンスターペイシェント』
『モンスターペイシェント2』
『モンスターペイシェント3』
の記事をはじめ、何回も書いていますけど。

大手新聞で、患者にも問題がある。
っていう事を取り上げることは、
昨年の秋くらいまでは
ほとんど考えられなかったと思います。

いつ以降、っていう事をはっきりとは
言えないのですけどね。

テレビなんかでもモンスターペイシャント
っていう言葉を取り上げるようになったし。

奈良の妊婦「たらい回し」って事で、
一時たくさんの報道があったけど。
その後から、妊婦検診を受けない妊婦も悪い。
そういう妊婦は、リスクが非常に高い。
っていう話がでてきたりとか。

マスコミの側も、
少しは変わってきていると思いますよ。
正直。


一年前までは、病院や医師が悪い、って話ばっかで。

患者=弱者、被害者

っていうステレオタイプな見方で書いた
記事しか載っていなかったけど。

今回だけでなく、患者の側にも問題がある、
っていう記事なんかも、結構出てきていますからね。


たしかに、今だに問題のある記事もありますよ。
でも、大手新聞では「たらい回し」って言葉は、
数ヶ月くらい前から、ほとんど使われなくなったし。
テレビでは、司会者やコメンテーターは、
まだ使っている人もいますけど。
VTRなんかでは、「たらい回し
という言葉は少なくなったと思います。

単に医療ミスとかの話だけでなく、
医師不足や、医療崩壊などの話も増えていますからね。


「コンビニ医療に関しては、昨年末に、
朝日新聞でも書かれていましたしね。
参照:『コンビニ医療』


患者も、「県立柏原病院の小児科を守る会」とか、
千葉県立東金病院:「地域医療を守れ」とか。

患者は、都合の良い時に、コンビニ医療で、
いつでもどこでも医者を使い捨てにして良い
って事ではなく、貴重な資源、人材を
大切に使いましょう。

って思う人達も、徐々にですけど、出てきていますからね。


正直言うと、1年前までは、
医療崩壊は既定路線で、それを覆すのは無理かな。
って思いながら、それでもなんとかならないか、
って事でブログを書いてきたのですけど。

ここ数ヶ月で、ほんのわずかだけですけど、
希望が見えてきた様な気がします。


2008年が、医療再生元年となるように。
マスコミも医師患者も行政も、力を合わせる時が
来ていると思うのは、私だけでしょうか。


yahooニュースには載ったのですが、
大手新聞はどこにもこの記事を載せなかったのは、
ちょっと残念ですけどねー。


医者のホンネが知りたい人は、こちらから!
→ 『医者のホンネが丸わかり!(改)』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト
この記事へのコメント
Hope!
エヘー、さっきこのニュース見てまちたん。
ヘーッと思って注目してまちた◎
救急車で駆け付けて、誰もいないって結構あると地元救命士さんも言ってたぞープンスカ(-3-)

いつも思うけど、マスゴミと言わず、マスコミとも共存していこうという優しいスタンスはとてもいいと思いまちゅ。
2008年が、医療再生元年となる…そう信じてまchu♪
このblogが一助を担うというより、常にリードしてきたんだから…♪♪
エビ[URL] 2008/02/29(金) 00:42 [EDIT]
少しはまともな記事が……
Dr.I様>

 マスコミの論調も、少しずつよくなっている…・・・と良いのですが。マスコミと敵対するのではなく、協力して、「医療崩壊」を食い止めることができると良いのですが。
Lich[URL] 2008/02/29(金) 01:39 [EDIT]
>エビさん
患者の側にも、結構問題あるんですよね、実際。
そういう事に関して、マスコミが取り上げるようになっただけでも、進歩だと思います。
Dr.I[URL] 2008/03/02(日) 22:02 [EDIT]
>Lichさん
単なる主観だけではなく、実際に変わってきていると思いますよ。
実際、医療崩壊特集みたいの多いし、最近。
マスコミの力は大きいですから。
協力した方が、お互いにとって得だと、私は思います。
Dr.I[URL] 2008/03/02(日) 22:05 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

44 医療再生を願うネット市民の会
お越し頂き、ありがとうございます。 アメブロには「ペタ」という足跡を残す機能があって、ブログを訪問したことを知らせることができます。色んなブログにペタを残すと、色んなブログの管理人様に来て頂けるので、とても便利です。 もうひとつ便利なのが「医療...  [つづきを読む]
コンビニ受診で50通り | 2008/03/31(月) 00:34
45 医療再生を願うネット市民の会
もしかすると、「コンビニ受診」という言葉を使わない方が良いかも知れない…。 「コンビニ受診」という言葉を使うなら、「控えよう」でも「知ろう」でも、過剰な抑制を防げない気がします。 「守る会」は、子どもを持つお母さんが、同じ立場の、同じ地元のお母さん...  [つづきを読む]
コンビニ受診で50通り | 2008/03/31(月) 22:31
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず