現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後期高齢者医療制度見直しか?
うば捨て山」制度とも言われている、
後期高齢者医療制度」。

私のブログも含め、医師ブログでは昨年から、
こんな制度はけしからん。
って、さんざんブログでは書いてきましたけど。

4月になって、後期高齢者医療制度が施行されて、
やっとマスコミ政治家も動き出してきましたね。

与党ですら、あまりの評判の悪さに、
これはまずい、って思ったのか。
小手先の見直し案が提案されているようですね。



低所得者の申請あれば減免 
後期高齢者医療制度見直し案

75歳以上が対象の後期高齢者医療制度で、
低所得者層の保険料を減額・免除する
厚生労働省の負担軽減案が
明らかになった。

新制度に移行後、相当数の低所得者が
負担増になったと批判されているが、
法改正など制度の抜本的見直しはせず、
新制度にある仕組みを活用する。
減免を受けるには
高齢者本人が申請する。

新制度を運用する各都道府県の
広域連合は、保険料徴収の方法などを
条例で定めている。

加入者が災害に遭ったり、
病気になったりして収入が激減するなど
特別の事情がある場合は、
本人からの申請を受けて
保険料を減免する規定がある。

この規定を拡大解釈し、低所得者も
「特別の事情」に該当すると見なす。

どのような人が対象となるか、
国が大枠の基準を示す。

対象者は、近く調べる各市区町村ごとの
保険料負担の変化をもとに決めるが、
基礎年金(年額79万円)以下の収入で、
生活保護とほぼ同じかそれに満たない
所得水準の人たちが含まれる可能性がある。

軽減に伴って保険料収入が減り、
広域連合の財政難につながることから、
国が交付金を支給することなども検討する。

収入が基礎年金以下の低所得者
二百数十万人の保険料(月額平均千円)を
全額免除すれば、300億円程度の
財源が必要となる見通し。

本人の申請を待たずに、広域連合が
職権で減免する方法もあるが、
法改正が必要で、保険料徴収の
システム改修に時間がかかる。

広域連合の条例の規定を用いれば、
現場の運用で対応が可能だ。

厚労省は「条例減免によらざるを
得ないのではないか」としている。

ただし、高齢者本人の申請が必要なため、
対象者への周知が不可欠。

病気などで申請が困難な人も多いとみられ、
運用上の課題もある。

政府は制度の廃止や抜本見直しは
否定する一方で、「必要があれば運用を改善する」
としており、厚労省案が見直し案の
たたき台となる見通し。

ただ、6月中に見直し案をまとめる
与党内では年金天引きの見直しや、
保険料ゼロだったサラリーマンの
被扶養者らの負担軽減拡大など、
厚労省案より踏み込んだ対応を求める
声が強く、調整が難航する可能性がある。


『2008年05月15日:朝日新聞』



野党は当然の事ながら、ここぞとばかりに、
反対」の大合唱ですね。



野党4党、新医療制度廃止へ調整に着手

民主、共産、社民、国民新の野党4党は
5月13日、後期高齢者医療制度
廃止法案を参院に提出する協議を始めた。

年金からの保険料天引きや制度設計の
問題点を浮き彫りにする一方、
同制度に代わる対案づくりを
模索する動きも出ている。

この日の協議では、民主党が
廃止法案骨子案を示し、3党に意見を求めた。

年金天引きや被扶養者の新規保険料負担などを
順次廃止して来年3月末に
制度を全廃する内容で、施行は来年4月1日。

各党からは廃止までの経過措置として
低所得者の保険料免除を盛り込む意見が出た。

4党が力を入れるのは、制度の矛盾点の洗い出しだ。
7年後に保険料が平均で約4割増える
といった試算をもとに「自ら首がしまるようにして
医療費を抑制する制度」と批判。

終末期医療医療機関が患者や
家族の意向を文書などに残せば、
医療機関に診療報酬が支払われる
新たな仕組みも問題視していく方針だ。

民主党が代替案を示さないため、
与党は「無責任だ」と批判している。

民主党内では、地域単位の健康保険に
一元化して全年齢で支え合う対案も
検討されているが、野党共闘を優先して
今月末にも廃止法案を提出する方針だ。


『2008年05月13日:朝日新聞』


以前から書いている通り、
私は「後期高齢者医療制度」には大反対です。

理由としては、大きく2つ。

1)、年齢によって、人の命を差別する制度だから。

もう1つの理由は、

2)、リスクの高い人達ばかりを集めているので、
  制度そのものがもたないと思うから。


この2つですわ。

それぞれについて解説すると。

1)、年齢によって、人の命を差別する制度だから。

これに関しては、以前から言っている事ですけど。

75歳っていっても、いろいろいるんですよ。
75歳でも、ばりばり現役で働いていて。
病気らしい病気もなくって、
あと20年位は生きられそうな人もいますし。

75歳寝たきりで、病気もたくさんあって。
何回も肺炎とか心不全になって、
入退院を繰り返しているって人もいます。

でも、この制度では、同じ75歳以上だから、
っていって、医療費に制限をかける制度なんですよ。
後期高齢者医療制度」っていう制度は。

今のところ、基本的には「診療所の外来患者」と、
長期入院の患者にしか関係ない制度なんだけど。
こんなの時間の問題で、枠が広がっていって、
結局は、高齢者医療に制限をかけるんですから。

だって、「後期高齢者医療制度」の目的って、
高齢者医療費を削減する」事ですからね。

社会的入院」が医療費増大の原因だ。
って言っている人もいますけど。
今の「後期高齢者医療制度」だと、
社会的入院は関係ないから。

とりあえず、「後期高齢者医療制度」を導入して。
75歳以上の高齢者に関しては、「診療所での外来通院」
から包括医療を導入して。
そいで、病院、入院にまで全部広げて、
包括医療にしてしまう。
っていう魂胆ですよ、政府は。

包括医療そのものには、良い面と悪い面があるんですけど。
75歳以上だったら、一ヶ月にいくらまでしか、
医療はかけられません。
って事になったら、1人当たりの医療費の上限が決まるから。
政府としては、国が出す医療費が制限されるんですわ。

今、大学病院とか、大きな急性期病院で行っている
DPC(包括医療制度)、っていうのは。
病気の内容によって、医療費を決める
ってやり方ですから。

重い病気の人には高額の医療が払われる、
っていう仕組みなので。
これ、そのものが全部悪い、とは言いません。

ただ、「後期高齢者医療制度」で包括医療を導入すると、
病気が重かろうがなんだろうが、
医療は一ヶ月にいくらまで。
っていう、制限をつける事になるでしょう。
そうじゃないと、費削減にならないからね。

それって、要は「命を金で買う」というか、
金で制限する、っていう制度なので。
私は反対です。


2)、リスクの高い人達ばかりを集めているので、
  制度そのものがもたないと思うから。


後期高齢者医療制度」っていうのは、
75歳以上の全ての高齢者を対象に
創設される新たな保険制度
です。
今のところ、全国で1300万人が対象です。


そもそも、「医療保険」の意義っていうのは。
健康な人でも、一度病気になっちゃったら、
医療としてたくさんのお金が必要になるかもしれない。

そうなったら、たくさん貯金のある人は良いけど、
そうでない人は困っちゃいます。

だから、健康なうちに、
たくさん稼いでいる人はたくさん。
そうでない人も、それなりにお金をみんなで貯めて。
病気になった人に分けてあげる、っていう制度
です。

自分が病気になったときは、自分も含めて
みんなで積み立てたお金を使わせて貰うから。
そのかわり、別な人が病気になったら、
自分が積み立てたお金を使って貰う。

そういう制度なんですよ。

病気になりやすい人ばっかりだったら、
使うお金がたくさんになりすぎて、
制度が成り立たないんですよ。

健康な人も病気がちな人も、
全部合わせて制度を作るから、
リスクが分散されるわけですよ。


75歳以上っていうのは、高齢者ですから。
体も弱って、病気にもなりやすいし。
一回病気になったら、治りにくいんです。


これに関しては、
『主治医が見つかる診療所3』
の記事で、共産党の小池議員も言っていましたね。


>75歳以上は病気になりやすいし、治りにくい。
しかも、年金収入しかないのだから、
破綻するのは目に見えている。



後期高齢者医療制度」の一番大きな問題点は、
この2点だと思いますよ、私は。


でも、政治家っていうのは、選挙の事しか考えてないのか。
制度の事を知らないだけなのか。
なんか、ちょっと論点がずれているような気がします。
マスコミの報道の仕方もですけどね。

今、テレビとかでよくやっているのは、
年金から保険料天引き」の問題ですよね。

社会保険庁は、年金もうやむやにして、
ちゃんと正しく払えないのに。
天引きするなんて、何事だ。

みたいな論調もありますけど。

でも、「天引き」ってそんなに悪い事ですか?

年金の支払いがややこしくなった一番の原因は、
紙からオンライン化する時に、いい加減なやり方をして。
それをわかっていたのに、今まで何十年も放置していた。
っていう事だとは思いますが。

それ以外にも、年金を払って貰うって言って、
職員が年金を貰ったはずなんだけど。
そのままちょろまかした、とか。
そういう事もありますよね。

でも、これって「年金天引き」だったら、
起きていない事もあるんですよ。

銀行で給料から「天引き」されていたら、
仮に社会保険庁の方のシステムがおかしかったとしても、
銀行の通帳とか、銀行には証拠が残りますから。
場合によっては、助かっていたかもしれませんし。

職員がちょろまかした、って事はおこりませんからね。

それに、職員がわざわざお金を貰いに行く。
っていう事は、その為だけに、無駄な職員
雇わなければいけないんですよ。
きっと、この職員は厚労省の天下り先かなんかでしょうね。

そんな無駄な人件費をかけて、天下り先の職員とか雇って、
国民の金をちょろまかされるリスクを負うくらいなら、
確実に「天引き」にすれば良いんじゃないですか。

正直、なんでこんなに騒ぐのかわかりません。


ただ、「保険料を滞納すると保険証が取り上げられる」
という事には問題があると思います。

これも、金で命の差別をする、って事ですから。
これには反対ですけどね、私。

でも、これは直接「天引き」とは関係ありませんから。

私は「後期高齢者医療制度」そのものには大反対ですが、
天引き」だけに関しては、別に反対はしません。


それと、高齢者の負担が増える、って事に関してですけど。
個人的には、高齢者でもお金をたくさん貰ってている人からは、
もっとたくさん払って貰っても良いと思っています。

例えば、高級官僚になった後に、
天下り先を何カ所も渡り歩いて。
退職金を何千万円ももらっていて。
しかも、75歳以上になっても、ろくに仕事しないのに、
年収1000万円以上の人、とか。

そういう人は、75歳以上でも、経済的には豊かですからね。
高齢者から、たくさん金取るのはけしからん。」
っていう論調はちょっと違うかな、って思います。


それと、日本では1973年老人医療費が無料になって。
その後から、老人は病院にかかりすぎなんですよ。
その習慣が今でも続いているから。
日本では、外来受診回数が、他の国の数倍も多いです。

さすがに、それじゃあ国がやってられなくなって、
ちょっとずつ老人の医療が増えてきていますけど。

元々が「無料」で、その後もかなり安かったから。
高齢者医療が上がっているからって、けしからん。
とは言えないと思いますよ。

少しずつ上がってはいるけど、まだ安いかもしれないんだから。

公共事業費だって、無駄な道路とかダムとか、
まだいっぱい造っていますけど。
一応、公共事業費は、年々削減されているんですよ。

でも、まだ多いと思いませんか?
年々減っているんだから、これ以上減らしたらけしからん。
って思いますか?
そう言っているのは、利権がからんでる人だけでしょ。

だから、高齢者が払う医療費(保険料)は年々上がっている、
とはいえ、それが高すぎるって事とは、また別の問題です。


高齢者が直接お金を出さなかったとしても、
高齢者病気になって、病院にかかれば、
当然の事ながら医療はかかります。

高齢はあんまりお金を払わないで、その分は国が払え。
って言っても良いですけど。
国の金」、って言い方を変えれば、
我々の税金」ですからね。

税金を払っているのは、若くて働いている人ですから。
高齢者医療費を、若者が出す、って事です。

福田首相が、この間の補選で、
高齢者がもっとお金を出しても良いでしょ」
って言って、大ひんしゅくを買って、
結局自民党は負けましたけど。

それはけしからん、っていう事であれば、
高齢者医療費は、若い人が負担する
って事で良いんですね。

全部を高齢者が負担するって事は不可能だし。
昔のように無料にする、って訳にもいかないでしょうから。

高齢者医療費を誰がどの位負担するのか
っていう国民的な議論が必要だと思います。


ただ感情的に、「天引きはけしからん」とか、
今よりも高齢者の負担が増えるのはけしからん
とか言っているだけでは駄目だと思いますよ。


個人的には、「後期高齢者医療制度」は、
見直しではなく、廃止すべきだと思います。
代替案っていうか、
別の制度は必要ないと思いますけどねー。

ただ、今のままでは、国保が持たないので。
後期高齢者医療制度」のような、
高齢者だけを集めた制度を作るんではなくって。
今の制度で、もう少し高齢者
特に、たくさん稼いでいる高齢者からはたくさん取る
という制度にすれば、十分なんじゃないかなー。
って思っています。

それと、これも何回も言っていますけど、
アクセスを制限するなら、
年齢ではなくって、軽症患者を制限する

っていう方向に行くべきだと思っています。

参照:後期高齢者医療制度、保険料を最大9割軽減…与党方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080516-00000007-yom-pol
『2008年05月16日:読売新聞』


医者のホンネが知りたい人は、こちらから!
→ 『医者のホンネが丸わかり!(改)』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓





スポンサーサイト
この記事へのコメント
いつものことですが……
Dr.I様>
 いつものことですが、政治家の議論、斜め四十五度にずれてますね^^;。
 きちんとした制度を整備して欲しいのですが、まともな議論がまとまらない現状には、呆れるしかありません。なんとかならないものでしょうか(嘆息)。
Lich[URL] 2008/05/16(金) 10:41 [EDIT]
>Lichさん
相変わらず、ずれてるっていうか。
小手先の選挙の事しか考えてないっていうか。
呆れるしかないっすわ。

Dr.I[URL] 2008/05/18(日) 19:12 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

???ξ?θ
?Ĵ??????ξ?ξ???Τ100????Τ75???????±????±??λ??Τ?25??Τ褦?????ξ??????Τ??Τ?塢η???????Ū??????ä??ξ??ο?2015??265????¬????ξ???180?ã????ä????ξ?θβ??γΩ??????????ξ?4?Σ??ξ??ĥ???ξ??Ĥ?????????Τ??ξ?Τ???ŪŤ????Τ????ĥ???ξ...  [つづきを読む]
Ťκ? | 2008/05/16(金) 03:50
?ε?? | å??
?μ?å??Τ?顢??и??????礦???????????????Ĺ?Τ??????å???餻???ε?Ĥ??????礦???ä?????礦????????Τ????餤???礦?????????ä??Ĥ??????????Ĥ?????????????Τ????礦?å?Ū???ä??ε????Τ?Ф???Ĥ???????????ä?Х?μ??Τ?褦??????顢???äνŤ??????...  [つづきを読む]
å?κ? | 2008/05/17(土) 09:16
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず