現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7割がモンスター患者の被害
モンスター患者モンスターペイシェント
に関しての調査結果が出ましたね。
愛知県医師が行ったやつですわ。

モンスターペイシェント」、「モンスター患者っていうのは。
病院などで不当なクレームや要求をしたり、
暴力をふるったりする人達(患者)の事
を言います。
直訳すると、Monster patient(怪物患者
って事になりますかね。


前に私が「モンスターペイシェント」の記事を書いたのが、
2007/08/19なんですよ。
参照: 『モンスターペイシェント』

その時には、ネット上には「モンスターペイシェント
っていう言葉はあったけど。
新聞などの公のメディアでは、まだ出ていませんでした。

そのちょっと後に、新聞yahooニュースとかで、
モンスターペイシェント」、「モンスター患者
っていう言葉が出てきたようなので。
これらの言葉が広まったのは、ここ一年以内
って事ですよね。

モンスターペアレント」って言葉はそれ以前、
多分それもここ1,2年くらいだとは思いますけど。
その後ですよね。
モンスターペイシェント」、「モンスター患者
って言葉が出来たのは。


医療や病院に出てくる問題っていうのは、
教育や学校の問題と似ている。
というか、その後に続いているようですよねー。

学校崩壊 → 医療崩壊
モンスターペアレント → モンスターペイシェント
教師のうつ病等の問題 → 医師のうつ病等の問題

うーん、そっくり。

日本の教育費にかけるお金が、GDP比では、
他の先進国と比べて安いっていうのも、
医療費が安い、っていうのと共通するものがありますよね。

だったら、教育とか学校で以前にでてきて、
その解決策とかがある問題なら、真似すれば良いのに。
とか、個人的には思うんですけどねー。

きっと、学校や教育でも、解決策はないのでしょうねー。
どっちも、「社会」の問題ですからね、基本的には。


モンスターペイシェント」、「モンスター患者
の話は、最近マスコミでも良くでてきますけど。
実際に都道府県単位できちんとした調査を行った。
っていうのは珍しいみたいですから。

ここでも紹介しますね。



7割が「モンスター患者」被害 
愛知県内の病院調査

愛知県内の7割の病院が、この2年間で
患者側から暴言・暴力を受けたことが
医師会の調べで分かった。

教育現場で無理難題を持ち出す
「モンスターペアレント」と同じように、
医療現場で暴言・暴力を振るう患者
モンスター患者」とも呼ばれる。
医師会単位のこうした調査は全国的に珍しいという。

県内全340病院(20床以上)を対象に2月から調査。
4月23日までに147病院(43%)から
回答を得て、31日に中間結果を公表した。

「過去2年間で患者側から暴言・暴力を受けた」
のは106病院(72%)。
そのうち暴言の被害の頻度は
「1カ月に1、2回」が医師で10%、
看護師で31%あった。
暴力は「1カ月に1、2回」「半年に1、2回」
「1年に1、2回」を合わせ、
医師31%、看護師60%。

被害に遭った病院の6割が
「過去3年間で暴言・暴力が増加した」と感じている。

暴言・暴力を患者から受けた場所は、
受付窓口が最も多く、
救急・時間外窓口、一般外来が続く。
病院外という回答も1割弱あった。

対策として65病院
「弁護士に相談する体制を取っている」と回答。
10病院が「警察OBを雇用」している。


◆暴言・暴力・無理な要求

愛知県医師会の今回の調べで、
モンスター患者」が身近に存在することが、
あらためて浮き彫りになった。

具体例として挙げられたのは、
入院患者が点滴などの器具を指して
「こんなものは意味ないから外せ」
看護師らを呼びつけて怒鳴り飛ばしたり、
外来で診療の順番待ちを我慢できず、
「受付をしたのになぜ診療しない」
と怒りだして詰め寄ったりしたケース。

救急車で搬送された患者が、
軽度で入院の必要はないとの診断を受けると、
病院の公用車で自宅まで送れ」
と無理な要求をすることもあったという。

全国的にも「態度が気に入らない」という理由で
医師を殴ったりけったりする暴力は後を絶たない。
調査を担当した同医師会勤務医部会顧問の
宮治真(みやじまこと)さんは
「医療側が反省すべき点もあるが、
度を越す暴言・暴力が見られるのも確かで、
病院医療崩壊の一因」と話す。


参照: 『2008.6.1:中日新聞)』


暴言っていうのは、どういう発言の事を言うのか。
っていう定義があいまいですから。
なんとも言えない部分がありますけどね。

はっきり言って、単なるわがままを言った。
ってだけの事も含まれているかもしれないし。
明らかな、誹謗中傷のたぐいもあるでしょうからね。

でも、「暴力」に関しては、
問題ないでしょうからね。
それに関しては、非常に信頼性が高いと思いますが。

暴力を受けた事がある人も、
結構いるんですねー。

>暴力は「1カ月に1、2回」「半年に1、2回」
 「1年に1、2回」を合わせ、医師31%、看護師60%。


実は、私もあります(涙)


以前(2007年8月)に読売新聞が行った調査でも、
だいたい同じ様な結果でしたね。


参照: 『モンスターペイシェント』

全国の大学病院で、昨年1年間に医師看護師
患者や家族から暴力を受けたケースは、
少なくとも約430件

調査は、先月から今月にかけ、47都道府県にある
79の大学病院を対象に行い、
59病院から回答があった。
このうち、何らかの暴力あるいは暴言があった
と回答した病院は54にのぼる。

暴力430件、暴言990件



この時は、79病院中59病院だったから。
75%って事ですか。

愛知県では72%ですから。
だいたい、同じ様なもんですかね。

過去1年ってのと、過去2年との違いとか。
件数とかの違いはあるんでしょうけどね。

調査の仕方の問題とかもあるんでしょうけど。
だいたい、70%位の病院が、
モンスターペイシェント」、「モンスター患者
の被害にあった事がある。

っていう事は言えそうですね。


モンスターペイシェント」、「モンスター患者
っていう言葉が出来たのは最近ですけど。
個人的には、あんまり好きな言葉ではありません。

でも、いろんなマスコミとかでも出てきて、
この言葉でだいたい意味が通じて。
それ以上にわかりやすい言葉もないようなので。
この言葉を使っていきますけど。

モンスターペイシェント」、「モンスター患者
のような患者は、昔からいるんですよ。
残念ながら。

ただ、社会の問題って言うかなんというか。
自己主張をする人、わがままを言う人が増えてきたかな、
っていうのは、なんとなく思いますね。

自己主張」と「わがまま」とは、
全然違うものなんですけどね。

でも、きちんとした教育を受けていないのか、
甘やかされて育ったのか。
なんだか知りませんけどね。

権利ばっかり主張して、義務を果たしていない。
っていう人が増えたように思いますね。


まあ、こういうのは、病院に限らないのでしょうけど。

なにか問題があったら、
それは全部医者のせいだ、病院のせいだ。

っていう考え方は、間違っていると思いますよ。

だって、病院に来るっていう事は、
なにか病気とかがあって来るんだから。
予期しない出来事とか、
死につながる事もあるかもしれないし。

病気の人が病院に来た瞬間に、
不死身になる訳がないんですから。



もっと病院について知りたい人は、こちらからね!
→ 「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓





スポンサーサイト
この記事へのコメント
結局は……
Dr.I様>
 結局、患者の側も「費用対効果を無視した」要求を「当たり前だ」と勘違いして要求する人が多いということですね。
 医療に限らず・教育その他もそういう「費用対効果というものを理解しない」ひとばかり増えては、にっちもさっちもいかないのですが……そこのあたり、きちんと考える時期に来ているのですが、政府の側からしてご同様なのですから、国民にそれを要求してもね(嘆息)
Lich[URL] 2008/06/03(火) 23:13 [EDIT]
うーん…
暴力や暴言は、勿論いけませんね。
ただ、突然の不幸に見舞われた場合、取り乱すことはありそうです。
もう何が起こったか、どうしていいか分からない。
事実を認識するのに、思考が追い付かない。
現実が認めることが出来ない。
どうしてこうなったのか。何がいけなかったのか。
理由が欲しい。何かのせいにしてしまいたい。
そんな時、一番近い医療者の方々に行ってしまうのかもしれませんね…。
医療訴訟も、全てではないですがそういった感情をぶつける場にもなっているように思えます(素人考えですが)。
ただ問題は、公正に正しく判断されるかどうかですが…。
話がズレてしまいました。
モラルの低下はここ数年のようで、実は世代を追うごとに下がっていますね。
少しずつ狂ってしまって、どうしようもなくなって、規制が出来て…。
結局困るのは自分達だと言う事に気づかない内はダメですね。
ごく一部の人達だとは思いますが、こういう世の中で子育てするのは不安になってしまいますね。
殴られる前に、逃げて下さいねー。
やっこ[URL] 2008/06/04(水) 13:23 [EDIT]
>Lichさん
なんか、権利だけ主張して、義務は果たさない人が多くんっちゃいましたねー。
残念ですけど。
ホント、医療に限らないのですけどね。
Dr.I[URL] 2008/06/04(水) 21:29 [EDIT]
>やっこさん
ちょっと動揺して、とか、そういうレベルじゃない人達もいるんですよねー。
人のせいにしたくなる気持ちもわかるけど。
時間が経っても、ずっとそれを続けていても、誰も幸福にならないのですけど。
そういうの、わからないんでしょうねー。
Dr.I[URL] 2008/06/04(水) 21:30 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず