現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/8、全国医師連盟設立集会
全国医師連盟」の設立集会が、
6/8に東京で行われますよ!

全国医師連盟」っていうのは、このブログでも
何回か取り上げていますけど。
開業医中心の「日本医師会」とは別の、
患者の為の」、勤務医中心の団体です。

For the Patient
でしょうかね、かっこつけた言い方をすると。

もちろん、勤務医じゃなきゃ入れない、
っていう事はなくって。
日本の医師免許を持つ人で、
日本の医療を良くしたい。
っていう志のある人であれば、
勤務医でも開業医でも、入会資格はありますよ。
海外に住んでいるメンバーもいますよ、実際。

ちなみに、全国医師連盟のホームページはこれっすね。
→ 「全国医師連盟」

格好良いフラッシュも出来たようなので、
ここに貼っておきますね!
→ 「全国医師連盟の成り立ち」



全国医師連盟設立集会を
6/8(日)1300時~ 東京FMホールにて開催します。
参加の事前登録を開始しました。
 
〒102-0080 東京都千代田区麹町1丁目7番
FMセンター
 
参加費2000円

定員300名

参加資格は医師新組織の結成に賛同される方。
事前登録が必要です(先着順)。

医療関係者以外に一般の方、メディアにも公開します。

■主催者からの挨拶
■来賓挨拶、および挨拶紹介
■役員紹介
■設立集会プレゼンテーション

○佐藤一樹先生 
 【被告人の立場からみた
  東京女子医大心臓手術事件の経緯】

○川嵜真先生 
 【被告人支援者医師の立場からみた
  杏林大学割り箸事件の経緯】

○中原のり子様 
 【医師の過労と医療の改善~あなたの子どものいのち、
  疲れ切った小児科医にまかせますか?~】

○江原朗先生  
 【医師の長時間勤務で医療安全は低下】

○澤田石順先生 
 【患者および医師医療権を確立するための試み
  -行政訴訟という手段-】

○木田博隆先生 
 【いまこそ医師の自律性が求められている
  ―実践的倫理事始め―】

事前登録はこちらからお願いします。
http://www.doctor2007.com/recommend4.html




今回講演を行ってくれる人、6人。
冷静に考えたら、全員会った事あるわ(笑)

佐藤一樹先生は、本名言われても
ピンと来ない人が多いかもしれないけど。

東京女子医大の心臓手術事件」で、
トカゲのしっぽ切りにあって、
罪を被せられて訴えられた先生ですわ。

「紫色の顔の友達を助けたい」
ってブログを書いている人、
って言った方がわかりやすいかな。
→ 「紫色の顔の友達を助けたい」


留置所に入れられていたから。
ブログには、「獄中記」とかも書いてあるし。
マスコミに、どんなに酷い書かれ方をしたか、
って事も非常に詳しく書いてありますよ。

一部のマスコミに対しては、名誉毀損で勝訴しています。
これに関しては、以前にこのブログでも書いているので、
興味あったら読んでみて下さいね!
→ 「名誉毀損で医師が勝訴!」

講演を聞く前に、詳細な資料をブログで公開していますから。
もし良かったら、こちらを読んでから聞いて下さいね!
→ 「紫色の顔の友達を助けたい」


川嵜真先生は、ネット医師の中では有名人ですね。
いのげ」っていうHNっす。
杏林大学割り箸事件被告人支援の会」の会長で、
医療訴訟に関しても非常に詳しい方です。

割り箸事件」は、この間、民事でも刑事でも、
勝訴していますよね。


中原のり子さんは、過労死した小児科
中原利郎先生の奥さん
です。
医師の過労死をなくすために。
医療現場の過酷な状況を改善しようと、
精力的に頑張っている方です。

中原利郎先生の話は、私のブログでも何回か取り上げたけど。
まだ読んでないって人は、是非これだけでも読んでね!
「小児科医の遺言状」

小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会
のHPはこちらでーす!
→ 「小児科医師中原利郎先生の過労死認定を支援する会」


江原朗先生は、小児科の先生です。
労働基準法の話とかは、超詳しいっすわ。

日本小児科学会のブレインとして活躍しておられて。
日本小児科学会が「労働時間は週58時間以内が基準
っていう声明を出したんですけど。
この原案は、彼が考えたものですね。

医師が過労になると、効率が落ちるし、
医療ミスも増えるとか。
そういう論文を詳細なデーターを基に、
たくさん書いておられます。

詳しくは、江原朗先生のHPを見てね!
→ 「小児科医と労働基準」


そいで、澤田石順先生は、私のブログでも紹介した、
「リハビリ切り捨て、行政訴訟」
で、国を相手取って行政訴訟を起した先生です。

ちなみに、澤田石先生のHPは、こちら!
→ 『厚労省が推進する棄民政策』


最後に、木田博隆先生は、
福島県立大野病院産科医逮捕で、
かなり早い時期から疑問の声を上げた
グループのメンバーです。

医療管理学というアカデミックな立場から
医師の自律と実践的倫理」について
お話しをされるようですね。


3時間で、6人。
その前にも、たくさんあるでしょうから。
時間が全然足りないんじゃないかな?

まあ、そこら辺はうまくやってくれるんでしょうけど。
楽しみなメンバーが揃っていますから。
興味のある人は、是非行ってみてね!


事前登録はこちらからお願いしまーす。
→ 『全国医師連盟 設立集会』



医者のホンネが知りたい人は、こちらから!
→ 『医者のホンネが丸わかり!(改)』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
いよいよ……
Dr.I様>
 いよいよ、全国医師連盟設立ですね。
 この連盟が、日本の(ひいては世界の)医療がよりよいものになるきっかけになってくれるとうれいしいのですが……
Lich[URL] 2008/06/06(金) 11:50 [EDIT]
>Lichさん
なかなか良かったとは思いますよ。
予想通り、講演する人の人数が多すぎて、消化不良になってしまったようですが。
今後どうなるか、ちょっとだけ期待しています。
Dr.I[URL] 2008/06/08(日) 22:05 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず