現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
点滴作り置きの問題、2
『点滴作り置きの問題、1』
の記事の続きです。

マスコミの報道では、「点滴作り置き」が、
諸悪の根元で、こいつが問題なんだー。
という書き方をしていましたが。
実際にどこが、どう悪いんだ。
っていう事は、具体的には説明していなかったので。

点滴作り置き」の前に、
不潔な状態で点滴を作ると、
たくさんの細菌が入ってしまう。
そして、常温で丸一日も放っておくと、
細菌がものすごい勢いで増殖してしまう。

という話でした。

ただ、清潔な状態で点滴を作って、
数時間とか、冷蔵庫で保存すれば、
さほど細菌の数は増えない、
っていう事もあるんでしたね。


それじゃあ今回は、「何故点滴作り置き
するような状況になったのか。
っていう、もっと根本的な原因について、
書いていきましょうか。

既存のマスコミでは、一切触れていないし。
何故か、医師ブログでも
書いていないようなんですよねー。
残念ながら。
なんでなんでしょうか。


まずは谷本整形が、「儲け主義だ」とかって、
マスコミやネットでも言われているようですが。
本当にそうなのか、具体的に検証していきましょうか。

これやると、日本中の開業している整形外科医、
ほとんど全員を敵にまわす様な気もしますけど(汗)。
まあ、元になっているのは、一般の人でも
手に入れる事ができる本を見て書いていますから。
大丈夫かな。


そいじゃあ、問題になった点滴の内容に関しての検証。

>患者が共通して受けた治療は
 「生理食塩水」100ミリリットルに
 鎮痛薬「ノイロトロピン」3ミリリットルと
 ビタミン剤「メチコバール」1ミリリットルを
 混合した薬剤の点滴とみられる。


参照:『2008年6月11日:毎日新聞』


という事ですから。
それぞれについて、書いていきましょうか。

生理食塩水

生理食塩水」というのは、
単なる「塩水(しおみず)」なんですが。
体液と浸透圧がほぼ同じ食塩水のことを
生理食塩水」って言います。

日本薬局方・処方せん医薬品では
塩化ナトリウムを0.9%含有する食塩水
生理食塩液」と定義しています。

出典:『ウィキペディア(Wikipedia):生理食塩水』

主に、「注射の薬を溶かす」為に使いますね。
生理食塩水、っていうのは。


値段は、「今日の治療薬2008」には、
書いていなかったのですが。
私が働いている病院の会計で調べたところ、
生理食塩水 100mlで、97円でした。


ノイロトロピン

ノイロトロピン」は、鎮痛薬の一種です。
一番良く使われている鎮痛薬っていうのは、
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
って言われている薬なんですよ。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、
非常に良く効く鎮痛薬なんですけどね。
腎臓とか胃に悪いんで。
腎臓の機能が悪い人とかには使いにくいし。
胃潰瘍とかがある人にも使いにくいんですよ。

そういう人の為に、NSAIDsの替わりに
ノイロトロピンを使う。
っていう処方自体は、悪くないのかもしれません。

まあ、私は点滴も飲み薬も、
一回も使った事がありませんがね。


ノイロトロピンの適応

(内服、飲み薬)
腰痛症、頸肩腕症候群、変形性関節症、
肩関節周囲炎、帯状疱疹後神経痛

(注射)
1,腰痛症、頸肩腕症候群、症候性神経痛、
 皮膚疾患に伴う掻痒、アレルギー性鼻炎
2,スモン後遺症状の冷感、痛み、知覚異常


単なる整形外科の診療所で、
 2,スモン後遺症
っていうのは、まずいないと思うので。
普通は、腰痛とか膝、肩が痛い
っていう患者さん
に使うんでしょう。

薬の値段をそれで計算すると

飲み薬の場合

錠剤の値段は、1錠 37.4円
1日4錠飲む薬なので。
1日当たり 149.6円になります。

点滴の場合は、一回 3ml  185円です。


メチコバール

メチコバールっていうのは、ビタミンB12です。
要は、ビタミン剤っていう事っすわ。

適応は
(内服、飲み薬)
末梢性神経障害

(注射)
末梢性神経障害、 
ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血


という事ですから。
整形外科で、
ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血
っていうのを診る事は、基本的にはないでしょうから。

末梢性神経障害として使っているんでしょう。
簡単に言うと、「しびれの薬」です。

私は循環器内科医なので、糖尿病性神経症
手足がしびれる、っていう人が結構いるんですよ。
その時に、このメチコバールを処方します。
まあ、飲み薬だけですけどね。

効かない人は、全然効かないんですけど。
何人かに1人は、すごく効いて、
全然しびれがなくなった。
っていう人もいますので。
使い方によっては、悪くない薬だと思います。


飲み薬の場合は、
一錠 (500ug)  23.8円
一日3錠飲む薬なので、1日では71.4円です。

注射の場合は、
1ml(500mg)で131円です。

参照:「今日の治療薬2008」


生理食塩水100mlっていうのは、
薬を溶かすためだけのものです。
単純にコップ半分くらいの塩水だから。
これは、なくても良いものです。

ノイロトロピンメチコバールっていうのは、
点滴飲み薬も両方ある薬です。

どちらの薬も、点滴でやっても、
飲み薬を処方しても良い薬なんだけど。
点滴飲み薬の処方。
どっちでやったら、どのくらい診療所に
売り上げが入るのか、っていうのを
計算してみましょうか。

参照:「診療点数早見表、2008年4月版」
   「今日の治療薬2008」


開業医だから、2週間に一回通院するとして。
便宜上、他の薬も飲んでいないし、
注射もしていないとして。

2週間分の医療費。

○内服(飲み薬)の場合。

再診料 710円
院外処方箋料 680円
外来加算 520円
薬代 (149.6+71.4)x14=3096.8円


合計
4486.8円


薬代というのは、診療所に入るのではなく、
薬局に入るお金だから。
実際に診療所に入る売り上げは、

710+680+520=1910円
になります。


点滴の場合

2週間に一回診察をして、その後、平日は毎日、
点滴だけ受けに来たとすると。
2週間では、10日診療所に来る事になりますね。

再診料 
710x10=7100円

外来加算、
これは2週間に一回、診察をした時だけだから
 520円

注射の手技料
500ml以下の時は、一回につき470円だから
 470x10=4700円

薬代
(185+71.4+97)x10=3534円

合計
7100+520+4700+3534=15854円


これは、全部診療所の売り上げになりますね。

平日は毎日診療所に来て、点滴をしてもらったとすると。
同じ薬でも、点滴をした時と、飲み薬を処方した時の、
診療所に入る報酬の差は、

15854-1910=13944円
になりますね、2週間で。

毎日じゃなくて、週3回点滴をしたとすると。

再診料 710x6=4260円

外来加算 520円

注射の手技料
470x6=2820円

合計 7600円


飲み薬の時との差は、
7600-1910=4780円

になります。


点滴を作ったり、点滴のルートを取るのにも、
手間がかかりますから。
当然、ある程度の値段は必要だと思いますし。
点滴するのに、470円っていうのは、
他の先進国と比べると、格安です


『日米医療報酬比較』
を見ると。

この記事には点滴の手技料
っていうのはないんだけど。

アメリカの場合、
抗生物質筋肉注射は、5500円(薬剤費込み)
血液採取と準備費は、3000円

ですからね。
点滴の手技料っていうのも、数千円でしょう。

私は日本の点滴の手技料に関しては、
文句を言うつもりは全くないです。


一番の問題は、
これが、全員に必要な点滴なのか。
って事ですよ。

同じ薬が内服薬にあるんだから。
それを2週間分処方すれば、
2週間に一回診療所に来るだけで。
毎日点滴をする必要はないんですよ。

それに、平日は毎日。
って事は、土日はやってないんですよ、
痛み止めの点滴
土日は痛くなっても良いんですか

ずーっと痛くて、痛み止めが必要、っていう事なら。
毎日飲める痛み止めの飲み薬を使う方が、
医学的にも有用
です。

毎日じゃなくて、週3回、点滴をしに来る。
っていう人なら、値段はおよそ半額で、
2週間で7600円になるかもしれませんが。
痛いのは、毎日じゃないんですかね。

それだったら、痛み止めを痛いときに飲む
頓服」っていう処方で出せば、
薬剤費はもっともっと安くすみますけどねー。


私は、点滴をする事自体が悪い、とか。
この薬を使うのが悪い、っていうつもりはありません。

ノイロトロピンというのは、特殊な痛み止めですけど。
毎日、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を飲んでいて、
それでも、今日は痛みが酷いから
痛み止めの点滴をしてくれ。
っていう患者がいたら。
その日だけは、痛み止めの点滴をしてあげる。
っていう事なら、問題はないと思いますよ。

ただ、「痛み」だけなら「しびれの薬」、
メチコバールはいりませんけどね。


ちょっと痴呆が進んでいる患者さんがいて。
飲み薬の管理は自分では出来ない。
そういう人がいて、家族やヘルパーさんが、
診療所に連れてきた時に、痛みやしびれが酷い。
っていう症状がある時だけ、点滴をしてあげる。

そういう使い方であれば、全く問題ないと思いますよ。

ただ、本当に全員、点滴が必要なんでしょうかね

毎日、100人ですよ。
点滴をする患者の数が。

300人の患者が診療所に来ている、
っていうのもすごいですけど。
この点滴する人の数は、ちょっと尋常じゃないですよ。

具体的に、どんな患者さんがいて、
どの人は必要で、どの人は必要ない。
っていう判断は、この情報からだけではできませんけどね。

でも、「患者の診察もせずに、全く同じ内容の点滴
を、毎日毎日行う。
っていうのは、異常だと思いますよ。

痛みがどうしても酷い人は、「痛み止めの薬」だけ
飲み薬が効かなくて、しびれが酷い人は、
しびれの薬」だけ。
しびれも痛みも両方あって、腎臓も胃も悪い。
っていう人は、「痛み止めとしびれの薬」。
とか。

普通は、患者さんをきちんと診察して、
それに対応して、点滴の処方を出して。
その後に、看護師が点滴を作ってから、
患者さんに点滴をしますから。

前の日とか2日前に、処方される前から、
点滴作り置きする、っていう事はありえないんですよ


だから、やっぱりこの谷本整形のやり方は、
問題があると思いますね、私は。

谷本整形が儲け主義かどうかは、
この数字を見て、皆さんが判断すれば良い事なので。
私は、何も言いません。


ただ、これは谷本整形という診療所や医師、看護師
だけの問題ではない、っていう点もあるんですよ。

これに関しては、診療報酬の問題、厚労省
患者の側にも問題があります。

以前から書いているように、
日本の診療報酬は格安です。
アメリカの値段と比較したこの記事、
『日米医療報酬比較』
を読めば、よりわかると思いますけどね。

ただでさえ安いのに、医療費抑制政策のおかげで、
そこから更に診療報酬が削減されています


それでも、開業医というのは、利益を出さなければ、
自分達が食べていけないですからね。
薄利多売」、で稼ぐしかないんですよ。

患者を集め、対症療法をおこなう
診療スタイルが利益を生む
現在の診療報酬が引き起こした事件。


という言い方もできるでしょう。


それと、厚労省の問題ですね。

医療費抑制政策がとられている、
という事は、厚労省だけの問題ではないんですが。

安全には、お金がかかる」んですよ。

JRでの列車の事故でも。
渋谷のガス爆発の事故でも。
新宿や「すすきの」での、火事でも。
谷本整形の事件でも。


安全に、もっとお金をかけていれば、
こういった事故、事件は
起こらなかった可能性が高いです。

ただ、今のシステムでは、安全にお金をかけても、
目に見えるメリットがない
んですよ。

今回の谷本整形の場合。

>医療機関では手洗い後は紙タオルや
 使い捨ての滅菌布を使うのが普通だが、

>看護師がタオルを使い回しするなど、
 ずさんな衛生管理が明らかになった。


こういう事ですから。
簡単に言うと、使い捨ての紙タオルとか、
使い捨ての滅菌布なんかを買うと、金がかかるから
それをけちって、汚いタオルを使い回していた
って事ですわ。

今のシステムでは、安全に金をかけても、
それが目に見える利益になるわけではないんです


例えば、使い捨ての紙タオルや滅菌布を使ったら、
診療報酬が加算されるとか。
具体的に目に見えるメリットがないんですよ。

だから、手っ取り早く利益を得ようとして、
安全にお金をかけない人間が出てくるんですよ。

そんな事は最低限の事だから。
っていうなら、それをやっていないのであれば、
診療所の営業許可を出してはいけませんよ

一度許可してしまったら、未来永劫、
何の監査もなくて、ずーっと続く。
っていうシステムにも問題があります。

安全、衛生に関わる、人の命に関わる事なんだから。
こういう事は、厚労省が規制するとか、
管理する責任
があると思いますよ。

医療費全体」を削減しようとすると、
こういう目先の利益に関係ない、
「安全」とか、そういうのが真っ先に削減されるんですよ

どこの世界でも。

耐震偽装とか、そういうのでもそうでしょ。

そうなるのは、わかっているんだから。
きちんと、安全を管理するシステムを作らなかった。
というのは、厚労省の問題
だと思います。


看護師にも問題があります。

看護師が8人で、点滴の患者100人。
しかも、全体では患者の数は300人もいますから。
はっきり言って、事前に点滴作り置き
しなければ間に合わなかった

という事は言えるかもしれませんけどね。

でも、そんな事、やっちゃ駄目に決まっているんですよ。
医療従事者なら、そんな事は当たり前です。

「どうせ、あの先生。
診察もしないで、いつもの点滴なんだから。
その場で作ったら間に合わないんだから、
前の日から準備して、作っちゃえ。」


とか、思っていたんでしょうけどね。
看護師の数が足りないなら、看護師を増やす様に言う。
もしくは、点滴の患者の数が多すぎるのであれば、
点滴の患者の数を少なくして貰う。
とか。

もしくは、どんなに患者が待ったとしても、
その場で点滴を作る。

そして、今時、汚いタオルを使い回して。
それを実際に使っているのは、看護師なんだから。
やっぱり、使い捨てのタオルか滅菌布にしてもらう。
っていう事を言わないと駄目だと思いますよ。

まあ、診察もしないで、いつもの点滴を処方する。
って医者も、もちろん悪いんですけどね。


そして、患者側の問題
当然、既存のマスコミは、これに関しては
一切触れていないのですけど。

「あの先生は、点滴してくれって言ったら、
なんでも点滴してくれる、良い先生だ。」

みたいな感じで、患者さんの評判は
良かったのかもしれませんが。

はっきり言って、医学的には間違っているのに、
患者の希望をなんでも聞いてくれる

っていうのは、良い医者とは言えませんよ。

患者さんがなんと言おうと、「駄目なものは駄目。」
意味のない治療はしない。」
って言ってくれる先生が、良い先生だと思いますよ。

まあ、患者さんは医学に関しては素人だから。
なかなか難しいかもしれませんが。

今回、点滴をしている患者のうちの何割かは、
「患者の方から点滴を希望した。」
って事だと思いますよ。

風邪でもなんでも。
飲み薬よりも、点滴の方が効く
って思っている患者さんって、結構多いですけど。

はっきり言って、それは間違いですから。

場合によっては、点滴の方が良い時もあるから。
全部が全部、点滴が悪い。
っていうつもりはないのですけどね。

患者の方から、点滴を希望する。
とか。
あの病院は点滴してくれる、良い診療所だ。
っていう口コミで、いっぱい患者がきて。
それで点滴をする人が増えて。
あまりにも数が増えすぎて、その場で点滴
作っていたら間に合わなくなって。
やむを得ず、点滴作り置きをした

っていう側面もあるでしょうからね。

点滴好きな患者側の問題。
っていうのも、あるんですよ、この事件には。

これが、自由診療で、全額自己負担。
っていう事であれば、問題はないのかもしれませんけどね。

ほとんどは、高齢者で、多分自己負担は1割ですから。
ただでさえ、格安の日本の診療報酬の、
更に1割しか自己負担がないわけですから。

格安の値段で、満足を得て帰る
こういうのを、「無駄な医療費
って言うんですよ。

内服でも可能なのに、高い点滴を毎日やって。
でも、それで保険が切られる事もない。

これは、やっぱりおかしいですよ。


「無駄な医療費がまだあるから、
医療費はもっと削減できる。」

って言っている、経済界の偉い人もいますけど。

彼らは、何が無駄な医療費かわかっていないんですよ。
まあ、素人だから当たり前なんですけどね。

具体的にはわからないから、医療費の「総額」を減らす。
っていうのが、今の日本の方針です。

その結果、「安全」とか、目に見えない、
直接的な利益に関わらない所のお金が減らされて、
今回の谷本整形の様な事件が起こった


そういう事だと思いますよ。
今回の谷本整形事件の本質は。

単に「点滴作り置きが悪い
っていう事だけ、ヒステリックに報道して。
厚労省も、アリバイ作りの為だけに、
点滴作り置きはいけませんよ
っていう通達を出すだけ。

それだけで、その根本にある原因について
何も探ることをしない
のであれば。
間違いなく、第二、第三の谷本整形事件は起こる
と、私は思います。


おそらく、厚労省から行政処分が降りて、
谷本整形廃院になると思います。

日本医師会も、こういう医者は除名する。
って言えば、私の評価も変わるんですけどねー。
まあ、無理かな。


ただ、いくらシステムに問題があるとはいえ、
不必要な点滴を繰り返し、
安全に必要なお金をかけないで、
結果的に死人まで出している。
しかも、以前に同様の事があったにもかかわらず、
反省もせずに繰り返したんですから。

この谷本整形には問題があったんだと思います。

私は医師ですけど。
医者だから、っていうだけで、擁護する気はありません。
医師にも自浄作用は必要ですから。
営利主義に走って、必要な事にお金をかけない
儲け主義の人は、医師の内部で退場してもらう
とか、そういう制度も必要ではないかな、
って思います。

まあ、でもこれを、刑事罰にするか、
っていう事は、また別の問題になりますけどねー。


医療安全だけじゃなく、予防できる病気。
糖尿病、高血圧に関しては、これを読んで予防してね!


→ 「日本一わかりやすい!「糖尿病」
→ 日本一わかりやすい!「高血圧」

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
なるほど……
Dr.I様>
 いつもながらわかりやすい解説、ありがとうございます。
 結局、「中身はどうでも良いから医療費の総枠を減らせ」という財界とそれに迎合する厚生労働省、「見えないところは手を抜いてもいいや」という医療関係者、「見えないところは評価しない」患者、三者ともに問題がありますね。その辺「自分の責任はきちんとはたす」「他人に責任を押し付けない」ことと「相互にきちんと敢為する」ということを、地道に続けていくしかない……わけですが、最近は、財界・官界、医療関係者、患者とも「自分のリスク・コストは0に、利益は全て自分に」という「コストパフォーマンス無視」の姿勢が目立っていますから、悲しいですね(嘆息)。
Lich[URL] 2008/06/16(月) 00:28 [EDIT]
谷本整形の周辺は、医療機関が少なく、院長がTVで言っていたように野戦病院のようだったんだろうと思います。擁護する気はありませんが、1日300人の患者のうち、半数150人がリハ、さらに半数の75人が点滴・注射、残りが再診と考えると、一人医師ではかなり大変な状況だっただろうと推測できます。
患者の急変は、医師が対応したのだろうと思いますが、複数人の熱発等の点滴後の容態変化に気付いていただろうに、その時点でおかしいと思わなかったんだろうかと思いました。院長の指示か、現場Nsの独断か分からないけれども。
また、点滴とかの処置ではNsがほとんど行い、Drがあまり関わらないだろうと思うと、おそらく殺人的に忙しい業務の中、Nsがしてはいけない行為を行っていたことを管理者として気付けたか と 思うと、自分も身の引き締まる思いです。
りん[URL] 2008/06/16(月) 08:20 [EDIT]
>Lichさん
もっと根本に、いろんな問題があるんですよね、本当は。
その事には目をつぶって、「点滴の作り置き」が悪いんだ。
って、ただ言っていても、視聴率は取れるかもしれませんが、何の解決にもならないんですわ。
Dr.I[URL] 2008/06/16(月) 19:39 [EDIT]
>りん先生
たしかに、同情すべき点はあると思いますよ、私も。
だから、個別にこの医者が悪いっていうだけの記事にはしたくないのですが。
いろいろ他にも問題はあるとはいえ、やっぱり悪い所もある。
っていう事は、しっ言わないとな、って思ったもので。
開業医の先生はきっと言えないでしょうから、勤務医の私が言ってみたんですよ。

患者当たりの看護師や医師の数が少ないなら、患者の数を減らすか、医者や看護師の数を増やさなければいけないので。
それをやらなかった、っていうのは、やっぱり経営者の責任だと思います。
Dr.I[URL] 2008/06/16(月) 19:42 [EDIT]
私もこの谷本整形はちょっと・・・と思います。
ひとりで1日300人も診れるはずがないですから、下手をすれば半数は無診察治療をしていたんではないでしょうか。
医師は診察をせずに、投薬や治療をしてはいけないし、患者はそれを要求してはいけない。これがばれると保険医を停止されるほどの問題なんですよね。

たぶんこの点からも問題になるかと思います。
Seisan[URL] 2008/06/17(火) 01:09 [EDIT]
>Seisan先生
やはり、ちょっとおかしいですよね。
300人、全員診察したら、1人一分か2分ですからね。
患者が出入りする時間を抜いたら、1分もかからない計算になっちゃいますから。
無診察治療をしていたのは、ほぼ確実だとは思いますよ。

その点でも、おそらく問題になるでしょうね。
Dr.I[URL] 2008/06/18(水) 21:31 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

点滴作り置き
点滴作り置き事件について医師ブログとして言及しなければいけないと思う。最初にこのニュースを聞いたときは、いったい何があったのか?と思ったのだが、だんだん真相が見えてきた。点滴を作り置きして、余った点...  [つづきを読む]
天国へのビザ | 2008/06/16(月) 12:41
???
¿ν????????????????????Ĥ??Ĵ?????¿Υå?Τ??个?????ä??????????Ф褦??????ΰ?????ŤΤ?Ĥ??а????Τ?ô?Τ???Τ???δĤ????????????夬???Τ??ä??????¿????¿ν???Τ??Ĥ????????Τ??礦???ä??衣?????ä??ä????ä?Ĺ???礦褦?????ä?????  [つづきを読む]
?? | 2008/06/20(金) 13:53
¬ι??Ŭ?
¬?μ¬??Τ?????????????¤?ä??ο?С?????и???????????????δ???ä?¬???ä??????ä?12??餺????????????¤??å???¤ο????Ĵ??ä???¬??¬????ä?Τ??¬??¬?Τ??????ä???Τ1?15???????å????Τ?Τ???ä???Ф???¬??Ŭ?礬????????λ?θ??1¬????????  [つづきを読む]
?κ? | 2008/06/20(金) 15:22
?θ?ä??ä
?θ?ä??ä | 2008/07/21(月) 00:26
ä???
??ä???????ä??Τ褦??????ä???ä¿???????????  [つづきを読む]
??? | 2008/07/27(日) 14:28
?ΥΡ?
?ΥΡ?褹?????ξ????Τä??????¿???????????ä??????????????λ??μ??????Ф???????????????Τ????Ф?????Ĥ?????????...  [つづきを読む]
?ΥΡΰ?η? | 2009/08/10(月) 21:12
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず