現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医師の半分以上が30時間以上連続勤務
日本の医療崩壊の原因として一番大きいのは、
医師不足医療費不足だと、個人的には思いますが。
それに加えて「医師過労」というのも、
非常に大きいと思います。
このブログでも「医師の過労」や「医師当直」、
医師の時間外労働」の問題には、
結構力を入れてきたつもりです。

今回、「医療制度研究会」がまとめた「医師の勤務状況調査
でわかった医師過労の状況が、
yahooのトップページに出てましたね。



医師4人に1人が36時間以上連続勤務
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080801-00000006-cbn-soci
 
地域の中核病院に勤務する医師の4人に1人が
36時間以上の連続勤務を行い、
今の仕事について半数近くが「忙し過ぎる」
と感じていることが、現役医師らでつくる
NPO法人(特定非営利活動法人)「医療制度研究会」
(理事長・中澤堅次済生会宇都宮病院院長)がまとめた
医師の勤務状況調査」で分かった。

 
調査には、関東、東北地方の救急指定、
研修指定などの17病院に勤務する489人の医師が協力した。

過去1週間で最も長かった連続勤務時間については、
「36時間以上」が25%、
「30時間以上36時間未満」が26%と、
過半数の医師が30時間以上の
連続勤務をこなしていた。
しかし、連続勤務の代休を
「取れる」はわずか4%にとどまった。

一週間の労働時間でも、「70時間以上」が26%、
「60時間以上70時間未満」が28%などと、
過半数の医師が長時間勤務を
していることが明らかになった。
週休については、「取れない」が29%に上った。

こうした勤務実態の中、仕事が「忙し過ぎる」が46%と
半数近くに達し、「限界に近い」も14%あった。

自由意見では、
▽「忙しい仕事の中で、手術件数は増やせ、
 医療事故は起こすなには無理がある」
▽「年々、仕事がきつくなっており、
 せめて当直明けはゆっくり休みたい。
 現在の当直は、夜間勤務に近い」
▽「仕事には誇りを持っているが、
 今の生活が続くと、自分の体が
 壊れてしまうのではないかと心配」
▽「心臓外科を2人でやっており、
 定例の手術に緊急手術が加わると、
 週の平均勤務時間が80時間を超えることもある。
 2人で行う仕事量としては限界」
-など、労働実態の改善を求める声が相次いだ。

国に対しては、「医療費抑制のみにとらわれず、
本当に必要な医療の需要と供給の均等化、
適切な人材、診療報酬の確保に努め、
そのために予算配分をしてほしい」
という要望が寄せられた。

同研究会では、「医療現場の過剰な忙しさは、
サービスの低下につながり、患者への
“危害”になる可能性があることを考えなければならない。
現場の考えが、なぜ政策に反映されないのか。
患者に対する医師の責任として真剣に考えよう」
と呼び掛けている。


参照:『2008年8月1日:医療介護CBニュース』


警察消防タクシーの運転手とかは当然。
コンビニのバイトでさえ、夜中に働いたら
必ず次の日には休みになるのに。
人間の命を扱う医師の場合は、当直で夜通し働いたとしても、
ほとんどの病院では、次の日が休みにならない。
というおかしな制度があって。
そのせいで、医師過労になっています。

どの程度の医師が、丸1日以上働いているのか、
っていう具体的なデーターは今まで少なかったのですけど。
医療制度研究会がまとめてくれましたね。

>過去1週間で最も長かった連続勤務時間については、
 「36時間以上」が25%、
 「30時間以上36時間未満」が26%と、
 過半数の医師が30時間以上の
 連続勤務をこなしていた。


半分以上の医師が、30時間以上の連続勤務ですよ。
これ、院長とか、60歳を過ぎたベテラン医師とか。
そういう医者も入れて、の話ですけど。
それでも、半分以上の医師が、30時間以上の
連続勤務
をしています。

でも、これ。
ホントは、もっと多いんですよ。

ちょっと調査の仕方が甘いというか。
どうせやるなら、もうちょっと工夫して
設問を作らないともったいなかったかな、
と個人的には思いました。

どこがか、っていうと。

>調査には、関東、東北地方の救急指定、
 研修指定などの17病院に勤務する489人の医師が協力した。
 (地域の中核病院に勤務する医師

 過去1週間で最も長かった連続勤務時間について


という事ですから。
地域の中核病院で救急指定、研修指定病院ですからね。
そういう病院であれば、医師5人とか10人
っていう事は、まずあり得なくって。
医師の数は、20人とか50人とか。
その位の人数になるんじゃないですかね。
この調査での具体的な病院医師はわかんないけど。

30時間とか、36時間連続勤務っていうのは。
丸1日(24時間)+6時間、または12時間
って事ですから。
30時間連続勤務っていうのは、
当直の次の日が休み、もしくは半日で終了。
という病院でなければ、全て当てはまります

36時間連続勤務も、当直の次の日、12時間。
朝9時から夜9時まで働く。
っていう、ちょっと忙しい位の病院であれば、
当てはまってしまいますから。

30時間以上連続勤務の医師が半分。
36時間以上連続勤務の医師が4人に1人。

っていうのは、むしろ少ないかな、と思います。

じゃあ、なんでこういう結果になったかっていうと。

>過去1週間で最も長かった連続勤務時間について

っていう設問の仕方をしているからですね。

当直をする医師っていうのは、病院によって違うけど。
院長とか60歳以上、50歳以上の医師を除いて全員
とか、そんな感じで、みんなで協力してやっています。
ある程度大きな病院であれば、外の病院から
当直の為の医師を雇っているとこもありますけどね。

中堅病院で、医師が20人の病院の場合。
2人が、年齢制限等で当直免除だとすると。
残りの18人の医師で、一ヶ月の当直
30日とか31日を回す事になります。

そうすると、一ヶ月に1人2回弱
若い医師月に2回の当直
ベテランの医師当直は月に1回
とか、そんな感じになると思います。

この調査では、
「過去1週間で最も長かった連続勤務時間」
ですから。

前に行った当直10日前とか、2週間前とか。
そういう人は、重症の患者さんがいて、
当直じゃないので病院に泊まった
っていう人以外は、当てはまらなくなっちゃうんですよ。

だから、過去一週間ではなくて、
「過去一ヶ月で最も長かった連続勤務時間」

というような質問の仕方をすれば、

>連続勤務の代休を「取れる」はわずか4%にとどまった。

って結果なわけですから。
当直の後は、完全な休みではないけど、半日で終了。
というような病院
それと、当直をしていない医師
これを除いて、
ほぼ全員が30時間以上連続勤務してますから

おそらく。

30時間以上連続勤務医師は5人に4人。
36時間以上連続勤務医師は半分。


くらいになるんじゃないかな、って思いますね。


それと、いわゆる中堅病院じゃなくて、
もっと医師が少ない病院
田舎の病院で、医師の数が5人しかない病院、とか。

医師の数が5人だと、5日に一回は当直ですから。
「過去一ヶ月ではなく、一週間で最も長かった連続勤務時間」
という質問でも、もっと多くの医師30時間とか、
36時間連続勤務をした、っていう回答になると思いますね。


アンケートする前に、私に一言相談してくれれば良かったのにー。
って、そんな訳ないか(笑)


あ、そうだ。
一応、話をわかりやすくするために、今回の記事では、
1つの病院に、1日に1人の医師当直する。
っていう事で、計算しましたけど。
実際には、規模の大きい病院とか、
当直がすごく忙しい病院の場合だと、1日に2人の医師当直
とか、土、日、祝日日直と当直(昼番と夜番)に分ける、とか。
そういう事をやっている病院も多いし。

産科の場合は、医師の数が100人いる病院でも、
産科医が3人しかいなければ、産科当直は3日に1度
っていう所も多いですからね。
実際は、今回の記事で書いた医師当直回数っていうのは、
最低の回数」って事ですからね。


医療の限界について知りたい人はこれを読んでね!
クリックすると、アマゾンに飛びます。

→ 医療の限界
小松 秀樹 (著)


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
なんとも……
Dr.I様>
 なんともひどい勤務実態ですね。
 Yahoo!のコメント欄には「高給で、かつ公共性が高いのだから、最初からわかってた忙しさにがたがた言うな!」的な趣旨のコメントが載ってましたが、無茶を言うものだと思います。どうして、医師=赤ひげ先生、的な発想が抜けないのか、不思議でなりません。
Lich[URL] 2008/08/02(土) 09:15 [EDIT]
アンケートの質問内容がおそまつですね。最近2週間以内という条件で調査をすれば9割以上の人が30時間以上の連続勤務をしていると思います。この結果をみると、勤務医の半分は30時間以上の連続勤務をしていないことになってしまいます。
そんなはずないでしょう
都内勤務医[URL] 2008/08/02(土) 11:30 [EDIT]
患者側のわたしから言わせてもらえば、
「これじゃ医療事故起きて当然だよ。」です。
それでマスコミが事故とか起きると「お医者さんが悪い」
ってのは、もーね、開いた口が塞がりません。

DH98[URL] 2008/08/02(土) 23:17 [EDIT]
医療のビジネスモデル
医療ビジネスのビジネスモデルを分析してみました。
http://blog.livedoor.jp/momochan1tarochan2/

そのなかで犠牲を強いられているのが勤務医の方たちということでしょうか。Dr.Iさんがすべきことはご自身のいる世界のしくみを変えていくことではないでしょうか。
モモちゃんタロちゃん[URL] 2008/08/03(日) 10:29 [EDIT]
>Lichさん
実際はもっと酷いですね、はっきり言って。
それなのに、まだ医者=金持ち、というイメージだけで物を話す人間が多いのは、やはりマスコミの影響かな、とは思います。
まあ、ちょっとずつ変わってきていますけどね。
Dr.I[URL] 2008/08/03(日) 18:14 [EDIT]
>都内勤務医先生
ちょっとおそまつですよね、これ。
そうせやるなら、もっと考えて欲しかった。

>連続勤務の代休を
「取れる」はわずか4%にとどまった。
これが、最も現状を表している言葉だと思います。
Dr.I[URL] 2008/08/03(日) 18:16 [EDIT]
>DH98さん
そうですね。
徹夜明けの思考常態は、酔っぱらい運転並、と言われていますから。
それを国もやらせているし、病院もやらせている、っていうのが根本的におかしいのですが。
そこについて、もっと取り上げてもらいたいものです。
Dr.I[URL] 2008/08/03(日) 18:17 [EDIT]
>モモちゃんタロちゃんさん
ありがとうございます。
メタボリックシンドロームっていう概念自体は良いのですけど。
このメタボ検診は、ちょっと酷すぎますね。
その話は、ブログではあまり書いてないかもしれませんが。
メルマガでは何回か書いている事です。

小さいながらも、今の仕組みを変えようと、ブログやメルマガを書いているつもりですよ、私は。
Dr.I[URL] 2008/08/03(日) 18:19 [EDIT]
こたえるのは・・
大学病院時代に勤務実態調査があったとき、その週の私の労働時間が合計125時間だったのを憶えています。
寝ずに働くのはもちろんきついですが、私にとって一番こたえるのは、当直あけに1日みっちり仕事して、くたくたになって夜中帰ってきて、やっと眠れたと思った頃に呼び出されることです。そしてまた徹夜して、翌日がまた当直なんてこともザラでした。
よく過労死しなかったな~
よく交通事故おこさなかったな~
と振り返って思いますが、実際はこんな生活していて死んだ医者はたくさんいますので、これからは医療界に根ざす「悪習」を断ち切るよう私も自分なりに訴えていきたいと思っています。
小児科医@最果ての地[URL] 2008/08/04(月) 13:09 [EDIT]
>小児科医@最果ての地先生
週125時間は、ちょっと酷すぎますね。
小児科の先生は、連続勤務よりも、細切れに夜中呼ばれたりするのが、他の科よりも多そうなので。
連続勤務だけでは、比較になりませんよね。

他がやってるから、お前もやれ、っていうのは、もう止めないと。
次が続かないので。
私も、声を上げていこうと思います。
Dr.I[URL] 2008/08/04(月) 20:20 [EDIT]
 ですが二十代後半くらいまでだったら、二日ぐらい寝ないで仕事するのも、人生おつなもんじゃないかと、思いますがね。
 いや、三十半ばくらいまででも、できるのじゃないかな。
 実際私は、やってましたよ。

 お医者は命を扱うから別ものだよと言われるかもしれませんが、(あえて言わせてもらえば)ルーチンの部分もいっぱいあるでしょう?

 そしてそういう、寝ないでガムシャラになる時期は、何かを目指そうとする、何かを会得しようとする、そういう人間の人生の中では、あるべきであって、大事なことだと思いますがね。

 ただ、四十も近くなると、そういう無理は体も頭もやりきれなくなりますがね。
 私は四十の半ばも過ぎていますが、丁度四十二のときに、俺の筋力も持久力も運動神経も記憶力も精神力も、ああ、落ちたなあ、と自覚したおぼえありますよ。

 だからそのくらいの年格好になったら、お医者さんも、ガムシャラな働き方は、変えるべきと、思いますがね。
 自分のためにも、ひとさまのためにもね。
ダガシ[URL] 2008/08/04(月) 20:58 [EDIT]
>ダガシさん
多くの医者は、若い頃はそうやっています。
それは、自分の意志でやるなら良いんですよ、まだ。

でも、半強制的にそれをやらされて、しかもそれは労働時間に含まれていない。
田舎の病院に行ったら、60歳過ぎてもそれをやらないと、地域医療が成り立たない、という状態。
やはり、それはおかしいんじゃないかな、と。
Dr.I[URL] 2008/08/04(月) 21:44 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず