現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健診医がガン発見できず賠償命令
京都府中市の市民医療センター(現保健センター)で健康診断を受けた女性(54)が「エックス線写真でがんの陰影を見落とされ、治療が遅れた」と府中市に約2600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は4月26日、市に450万円の支払いを命じた。

って判決が出ました。

藤山雅行(ふじやま・まさゆき)裁判長は手術が約1年遅れ
、女性の術後5年の生存率が30%低下したと認定。「見落と
しで、がんによる死の不安、恐怖が高まった」として、慰謝料
と弁護士費用相当分の支払い義務を認めた。

いやー、この裁判官すごいねー。
きっと医者なんでしょうね。
5年生存率が30%低下って判断出来るくらいだからね。

 判決によると、女性は2002年に健康診断を受け、エックス線写真では肺に影が写っていたが、医師は「異常なし」と説明。翌年、別の病院で肺がんと診断され、手術を受けた。

まあ、有罪になるくらいだから、この医者は一年前のレントゲン写真で誰がどう見てもガンがあったのに見落としているんでしょうけど、怖いですねー。
一年前はなんともなくってその後ガンになった人だって、腐るほどいるんですけどねー。
恐ろしい時代になりました。
人ごとではありません。

大きな病院とか、健診センターで、胸部レントゲン写真なら呼吸器内科医が診る。
心電図なら循環器内科医が診るって所以外は、いつ訴訟になるか怖くて健診もできませんね。
ホント、普通の病院訴訟が怖いから健診はしないって事になったらどうするんでしょうか。
まじで、可能性はあり得ます。

こういう判例が一回でも出てしまうと、今後これをふまえて判決が出ることになるんですよね、日本の裁判って。

おー、こわっ。
正直言って健診とかしたくないねー。

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと」
興味のある人はブログの左サイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
おかげさまで、ただ今健康部門第2位で、もうちょっとで1位です。
1位目指していますので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト
この記事へのコメント
そうなんですか・・・。
ほんと、怖いですねー。
私も最近、人間ドッグのバイトしてたことありました(産婦人科医のくせに)今はもう辞めました。
でも、その時の収穫は男の人を診察したことです。
どきどきしました。
今まで患者さんすべて女性だったので。当たり前ですが。
kurukuruX[URL] 2006/05/05(金) 21:55 [EDIT]
怖いですね
怖いですねー。僕ら放射線科医も検診に大きく関わっているので人ごとではありません。今後どのような医者人生を歩んでいくのか真剣に考える過渡期に来ているような気がします。
Dr_mameta[URL] 2006/05/05(金) 22:31 [EDIT]
kurukuruXさん
いやー、こわいですねー。
自分でレントゲン読む健診は嫌ですね、この記事見てからは。
正直言って。

でも、男の人見てどきどきするってのも、すごいですね。
Dr. I[URL] 2006/05/05(金) 22:35 [EDIT]
Dr_mametaさん
怖いです。
放射線科の先生は、まだ専門家だから見落とす可能性は低いとは思いますけどね。
でも、たくさん見ていると、確率も高くなっちゃうんですかね。
Dr. I[URL] 2006/05/05(金) 22:37 [EDIT]
 このニュースそういえば新聞で見たような・・
しっかり読んでないので詳しいことはわかりませんが、集団健診ですよね。集団健診の費用ってお値打ち価格になってますね。だからってわけでもないですが、こういうの日常茶飯だと思ってました。判定する人だって大量にあればどうしても流れ作業的になり、ときには見落としやその逆のケースもありますよね。実際、厚労省も各種ガン検診の有効性について見解を出していますよね。胸部X線検査がどうだったか忘れましたが・・・
モモちゃんタロちゃん[URL] 2006/05/05(金) 22:57 [EDIT]
モモちゃんタロちゃんさん
正直言ってたくさんあると思いますよ。
それでも健診を受けていない人より、受けている人の方が一応早く見つけられる可能性はあると思ってはいるんですけどね。

何が有効だったかは忘れちゃいましたね。
便潜血は有効だってのは覚えているんですけど、レントゲンはどうだったかなー。
Dr. I[URL] 2006/05/05(金) 23:05 [EDIT]
うちの検診のX-P写真は、現像されるのが通常の4分の1ぐらいのサイズになってましたよ。
このあいだ知りました。

ってことは見落とす率も高いってことでしょうねぇ…
いろんな意味で怖っ!!
ナースマン[URL] 2006/05/05(金) 23:46 [EDIT]
コメントありがとうございました。
ハルと言います。よろしくお願いします。
先日、会社の健診に行ったのですが、「えっ!」って驚く対応があったり。
(会社員って肩書きだったので、こちらが臨床検査技師だって分からなかったと思います。)
健診って必要なものであるけれど、一歩間違ったら怖いものになってしまうのかも。
本当に考えさせられるニュースでした。
ハル[URL] 2006/05/06(土) 00:13 [EDIT]
 こういう判決を見ると、そういう仕事はしないようにするか、この検診の件でなくとも、医療者側にこういう検査やら投薬やらしなかったからと敗訴になったりすると、そういう症例が来たときには医療費の無駄づかいだよなと思いながらも保身のためにやるか って感じになっていってしまいますよね。。。
 産婦人科医のつぶやき というプログで拝見したんですが、裁判てこんなもんなんだと思いました。
りん[URL] 2006/05/06(土) 00:33 [EDIT]
私は裁判大国アメリカで働こうとしているから、なおさら怖いです。すっごく小さなことでも訴えられそう・・・・
GiGi[URL] 2006/05/06(土) 01:02 [EDIT]
ナースマンさん
えっ、そりゃあまずいんじゃないですかね。
大丈夫ですかね。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 01:28 [EDIT]
ハルさん
はじめまして。
そうなんですよね。
絶対に必要な物なんですけどねー。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 01:31 [EDIT]
集団検診の胸部X線
本来の目的は肺結核の検出です。ガンはそうとう進行しないとわからないわけで、おそらく、発見が早かったところで、進行ガンでるのが普通で、予後に変化はないでしょう。それが一般的な常識です。今後は、集団検診の胸部X線をとるときは、肺結核の検出が目的であって、肺がんの早期発見はできない、 と注釈つけて承諾書とらないといけませんな。

なお、ご存じないですか? この裁判長は、医療問題で患者よりの判決を連発することで知られた方です。結論はじめにありきで、そのあと、理論を作られているようにも見受けられます。
ろん[URL] 2006/05/06(土) 01:33 [EDIT]
りんさん
そうですねー。
正直言って、訴えられたら困るから一応、意味無いけどこんな検査やろうとかってなったら、余計医療費もかかるし無駄なんですけどねー。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 01:39 [EDIT]
GiGiさん
アメリカはなんかすごそうですね。
保険とか、ちゃんと入っていた方が良いんじゃないですかね。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 01:40 [EDIT]
ろんさん
はじめまして。
そうですよね。
確か胸部レントゲンは、肺ガンのスクリーニングには役に立っていなかったんですもんね。

その裁判長はやっぱり、そんなんだったんですか。
医者じゃないんだから、5年生存率がとか、知ったかぶって言ってもねー。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 01:43 [EDIT]
コメントありがとうございました。遊びに来て見ましたが、恐い内容の記事ですね。これから検診の時もセカンドオピニオン外来へ行くよう薦めた方がイイのかもしれませんねDrは。
「たぶん大丈夫だと思うけど、他の病院でも聞いてみて。」ってな感じで、訴訟リスクの分散が必要かも・・・。
ゆずパパ[URL] 2006/05/06(土) 02:04 [EDIT]
コメントありがとうございます。
最近ブログを始めました。
たいへん興味があり、楽しみに、読ませていただいております。


toto tomtom[URL] 2006/05/06(土) 07:30 [EDIT]
脳心血糖の一文字・・・のタキと申します。私のブログにコメントを頂きありがとうございます。素人ですが、よろしくお願いします。こちらは専門性が高く興味深く読ませていただきます。
タキ[URL] 2006/05/06(土) 09:20 [EDIT]
ゆずパパさん
はじめまして。
いやー、それじゃああんまり意味なくなっちゃいますけどねー。
まあ、一応現時点では明らかな異常はないと思うとか,ちょっとお茶を濁すような言い方をした方が良いとは思いますね。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 09:35 [EDIT]
toto tomtomさん
はじめまして。
私も去年の末から始めたばかりなので、まだ初心者ですよ。
今後ともよろしくお願い致します。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 09:38 [EDIT]
タキさん
はじめまして。
素人といっても、あれだけ知っていればたいしたものですよ。

あんまり宣伝するつもりはないのですけど、生活習慣病とかに興味があるのでしたら、もしよかったら私のメルマガも読んで頂けると良いかもしれませんよ。
バックナンバーは今のところ全て公開中です。

メルマガタイトル:やぶ医師のひとりごと
まぐまぐマガジンID:0000180417
http://www.mag2.com/m/0000180417.html

右上のバックナンバーというところから、全て見られます。

Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 09:44 [EDIT]
恐いですね。
一般の人に、感度、特異度なんて話をしても無駄なんでしょうが、検診は100%ではないってことをなんとかして認識してもらいたいものです。

以前の産婦人科の事件のときも思いましたが、こういう判決がでると、最終的には患者側が損を被ると思うのです。。。
ss[URL] 2006/05/06(土) 10:11 [EDIT]
ssさん
本当にそうですねー。
極端な話、訴えられる可能性があるから、やらないってみんな医者や病院がそういう風に言ったら、損するのは患者さんなんですけどねー。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 13:47 [EDIT]
はじめて知りました
怖いですね~
健診したくなくなります。
ときどきそういう仕事しますんで、ひとごとではありません。
人間のやることは100%ではありませんから見落とす可能性はゼロになることはないと思います。
それに、医者もわざと見落とすなんてありえないわけで、そう考えると、当然ですが医師の判断っていうのは一つ一つ責任をともなった重いものだって事を考えさせられますね。
とてもためになる記事でした。
また遊びに来ますね~
deppy[URL] 2006/05/06(土) 14:00 [EDIT]
deppyさん
若い医者は健診よくやりますからねー。
見落としとかミスがゼロになるって事は、人間がやっている限りあり得ないんですよね。
難しい問題ですけど、医者としては上でも書きましたけど、一応現時点では明らかな異常はないと思うとか、ちょっとお茶を濁すような言い方をした方が良いのかもしれませんね。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 14:52 [EDIT]
大変ですね
お医者様の情報としてすごくためになります。
これからもいろいろ教えて下さい。
マリーシルク[URL] 2006/05/06(土) 15:45 [EDIT]
こんにちは!
ランキングから遊びに来ました。
そうですね、それが日本の裁判の欠点でもあるのですね。
応援ポチッとして帰ります。
stayup[URL] 2006/05/06(土) 17:58 [EDIT]
マリーシルクさん
はじめまして。
おー、そうですか。
為になったとか言われると嬉しいです。
ありがとうございます。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 18:08 [EDIT]
stayupさん
はじめまして。
日本の裁判官は専門的知識はないですね、正直言って。
他の国はどうやっているんだかわからないんですけどね。
応援ありがとうございます。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 18:15 [EDIT]
訪問コメントありがとうございます。
応援ポチッと返しに来ました。
また遊びに来ます。
更新楽しみにしています。
stayup[URL] 2006/05/06(土) 18:17 [EDIT]
stayupさん
応援ありがとうございます。
私もまた遊びに行きますね。
Dr. I[URL] 2006/05/06(土) 19:05 [EDIT]
すげー
コメントに先生たちがいっぱいいるー。

多分この先はアメリカみたいにスペシャリスト化していって、専門以外は一切診ないってなるんじゃないですかね。各科に医者を用意しなくちゃいけなくなるから、人件費が上がり、そして診察料が高くなる。保険料も高くなる。

あーやだやだ、貧乏人は病気も出来ない(涙)。
omoteura[URL] 2006/05/06(土) 19:54 [EDIT]
こんにちわ。
コメントありがとうございます。現在「どくとる順庵」というサイトを立ち上げ中です。是非ご協力、ご指導お願い申し上げます。相互リンクお願い出来れば幸いです。宜しくお願い致します。
どくとる順庵[URL] 2006/05/07(日) 07:45 [EDIT]
さっそく、メルマガに登録させていただきました。
タキ[URL] 2006/05/07(日) 10:10 [EDIT]
omoteuraさん
間違って管理者だけに表示を許可するにしてしまいました(汗)。
自分のコメントなのに。
即削除しました、すんません。

こっちでは久しぶりっす。
確かに医者率高いっすね。

ホントその可能性はありますね。
アメリカでは訴えられるのが怖いから、画像は全部放射線かの医師に見てもらっているみたいです、たしか。
で、人件費の問題とかで、その画像の多くがオーストラリアに送られてるとか。

日本でもありえますね。
Dr. I[URL] 2006/05/07(日) 12:24 [EDIT]
どくとる順庵さん
なんかすごそうなサイトですね。
リンクしときましたよ。
今後ともよろしくお願いします。
Dr. I[URL] 2006/05/07(日) 12:30 [EDIT]
タキさん
ありがとうございます。
あんまり宣伝するつもりはなかったんですが。
どちらも、よろしくお願いします。
Dr. I[URL] 2006/05/07(日) 12:31 [EDIT]
今日、何回もお邪魔しました。勝手ですがリンクさせていただきましたので、お願いします。
タキ[URL] 2006/05/07(日) 16:10 [EDIT]
タキさん
ありがとうございます。
こちらもリンクしましたよ。
左の下の方にありますので、ご確認下さい。
Dr. I[URL] 2006/05/07(日) 16:56 [EDIT]
リンクしていただきありがとうございます。
タキ[URL] 2006/05/09(火) 18:57 [EDIT]
なんか偉いコメント増えてきてますね~(^-^)
Dr.Iさん頑張れ~
ノリクロ[URL] 2006/05/11(木) 10:45 [EDIT]
ノリクロさん
いやー、ホント。
ありがたい事です。
皆さんに感謝、感謝です。
Dr. I[URL] 2006/05/11(木) 23:50 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず