現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大野病院、加藤医師無罪に!
本日、8/20
やっと、福島大野病院事件の判決が出ましたね。

無罪」でしたー。

いやー、ホント良かった、良かった。
私は、何も協力できなかったんですが、
なんか、ほっとしましたねー。



加藤医師「きちんと判断、ほっとした」
=現場復帰に意欲も-帝王切開死、無罪判決
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000128-jij-soci

福島県立大野病院(同県大熊町)の帝王切開死事故で、
福島地裁の無罪判決を受けた加藤克彦医師(40)は
20日午後、福島市内で記者会見し、
「ほっとした。裁判所は真剣に審議し、
きちんとした判断をしてもらった」
と述べた。

今後は産婦人科の現場に復帰する意思を明らかにした。
加藤医師は会見冒頭、手術で死亡した女性について、
「信頼して受診してもらったのに、
家族にもつらい思いをさせてしまい申し訳ない」と謝罪。
励ましの手紙や電報、支援者に対する
感謝の言葉を読み上げ、深く頭を下げた。 


『2008年8月20日:時事通信』


その後に、福島でシンポジウムがあったのですが。
みんな言っていた事は「ほっとした」って事ですね。

皆さん、大野病院事件が有罪になったら、
ホントに日本の医療が崩壊する
って事で、危機意識をもっていた方達ばっかだったので。
その言葉は、本当でしょうね。

その中でも言われていた事なのですが。
福島大野病院事件が起こったきっかけは、
医療事故でもミスがないと、保険会社はお金を出さない。
って事で、福島県の調査委員会が、医療ミスがないのに
医療ミスがあった、って事にしたから
なんですね。

それが、どこでどう間違ったか、賠償金が出るって話でなく、
警察がかぎつけて、逮捕されてしまった、という。

医療ミスがなくても、人間の死亡率は100%なんですから。
死ぬ事はあるんですよ、当たり前ですけど。
そうなった時に、医療ミスの有無にかかわらず、
遺族に国が保証する、無過失保証制度
を作るとか。
素人の警察、検察じゃなくて、きちんとした
専門家が判断する組織を作るとか。
そういうシステムを作るって事が大事だと思いますね。

今回の判決は、検察側鑑定医
分娩が専門ではなくて、婦人科腫瘍が専門の
某教授の意見は、自分では見たことないのに、
文献に書いてある話だけで、机上の空論に近い。

それに対して、弁護側の鑑定医、複数は
本当の分娩の専門家で、症例も豊富で。
その人達の言っている事の方が
説得力もあるし、信用ができるようだ

っていう事と。

実際の医療現場で、しょっちゅう行われている医療行為は、
それを持って、罰を与える事はできない。
っていう、ホントに全うな判決だったと思いますよ。


遺族の方は、「これで医療不信が深まった。」
という様な事をおっしゃっていたらしいですけど。
そもそも、裁判やって得する人なんか、誰もいないんですよ。
加藤先生は、裁判には勝ったけど。
それに費やした2年半という時間と、
その時にかかった膨大なストレスもありますから。
それが、勝訴したからって、元に戻る訳ではないんです。

遺族の方達も、負けたら当然納得がいかないんでしょうけど。
そもそも、遺族側が完全に納得がいくっていうのは、
患者さんが生き返る以外はない
でしょ。

だから、それ自体はしょうがないことだと思いますよ。
そういう意味では、遺族の方もかわいそうだと思います。
最初から、刑事事件にする気なんかなかったんだから。


それにしても、加藤先生。
本当に、お疲れ様でしたー。

福島のシンポジウムに関しては、
ノート10枚分くらい筆記したので。
おいおいアップしていきますね!


この記事に、遺族の方達を中傷する意図はありません。


医者のホンネが知りたい人は、こちらから!
→ 『医者のホンネが丸わかり!(改)』

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
この記事へのコメント
なにはともあれ……
Dr,I様>
 何はともあれ、加藤先生に無罪判決が出てよかったですね。
 検察側が控訴するかどうかはわかりませんが、速やかに裁判が終わることを願います。シンポジウムのレポートも期待してます^^

P.S.私のブログでも取り上げてみましたので、トラックバックさせていただきます。
Lich[URL] 2008/08/21(木) 00:17 [EDIT]
ブログやめたら?迷惑なんだよね、同じ医師として
おそらく先生に悪意はないのでしょうが、かなり問題のある生地で誤解を受け、場合によっては利用される可能性のある記事なので早く削除したほうがいいと思います。
具体的に指摘しておくと
>>そもそも、裁判やって得する人なんか、誰もいないんですよ。
とありますが、遺族は裁判をすることによって裁判前にはわからなかった当日のことがいくつかわかってよかったと言っています
>>納得がいくっていうのは、患者さんが生き返る以外はないでしょ。
という一文は患者の気持ちがわかってない中傷だ!と言おうと思えば言えます。
後、先生は全く気付いていないようですけど、貴方のブログの過去の記事がすでに患者を中傷したとされています。例えば

http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/blog-entry-1296.html
の、ある医師のブログでは、前述の略式命令について「9000円ですか。『刑事事件』って言うと、なんかすごい事のような気がしますが。しょせん『スピード違反』の『青キップ』というか、『赤キップ』なんかと同じようなもんですよ。」
というところはあなたのブログでしょうが!


あのね、[URL] 2008/08/21(木) 01:29 [EDIT]
訂正です
生地→記事
あのね、[URL] 2008/08/21(木) 01:32 [EDIT]
スルー検定
>I先生

福島まで行かれたんですね、お疲れ様でした。
加藤先生の無罪は喜ぶべきことではありますが、これで完全に加藤先生の名誉や立場が回復されたわけではなく、これからがまた大変なんだろうと思うと気の毒だという気持ちに今も変わりありません。
日本でも一日も早く他の先進国と同様に医療行為に対する刑事免責や、無過失保障制度の確立がなされることを願ってやみません。
ニーレ[URL] 2008/08/21(木) 02:39 [EDIT]
>Lichさん
無罪で良かったですよー。
シンポジウムの話は、かなり長くなりそうなんですけど。
まあ、ぼちぼち書いていきますわ。

Dr.I[URL] 2008/08/21(木) 08:48 [EDIT]
お疲れ様でした
I先生お疲れ様でした。

皆さんの願いが叶い本当に良かったですね。

そして何よりも、加藤先生の職場復帰を心からお祈り申し上げます。

現在の日本の産科の状況は本当に危機的状況にありますよね。

恐らく福島県においてもお一人お一人の先生達の負担は本当に大きいものであると考えます。

一日も早く職場に戻られて、また分娩と言う崇高な仕事に全力で向き合えるように慣れることを心からお祈り申し上げます。

医師の皆様が安心して医療の仕事が出来、地域住民の安心と安全を守っていただける環境が確立される地域に戻る事が出来るように、多くの皆様が理解と協力できる社会が一日も早く来るように私も頑張ります。

あわせまして、亡くなられた患者様と御遺族のも衷心より哀悼の意を捧げまして、この裁判が有意義であった事に感謝の念を申し上げます。
青年部長[URL] 2008/08/21(木) 08:52 [EDIT]
>あのね先生
医療裁判で遺族も医者も、得するものが少ない。
という事は、小松秀樹先生の「医療崩壊」等の本でも書いてある、あくまで一般論です。
遺族側のアンケート調査等でわかっている、「事実」です。

患者が生き返る以外に、納得する事はない、という事もその手の本には良く書いてある事で。
私も同じ様には思いますが、私だけの意見ではありません。
中傷とは、一切関係ありません。

最初から本文に、
>遺族の方もかわいそうだと思います。
という事も書いているのですが。
せっかくご指摘いただいたので、
>この記事に、遺族の方達を中傷する意図はありません。
という一文を付け加えました。
Dr.I[URL] 2008/08/21(木) 08:52 [EDIT]
>ニーレさん
これに合わせて、夏休みを取ったんですよー。
加藤先生、本当に大変だったと思います。
Dr.I[URL] 2008/08/21(木) 08:54 [EDIT]
>青年部長さん
加藤先生、無罪で良かった。
これから職場復帰して頑張ってくれると良いです、ホントに。
無罪でも、産科医療は崩壊から救われる、っていう事はないんですよねー、残念ながら。
Dr.I[URL] 2008/08/21(木) 08:56 [EDIT]
教えて!
まずは無罪判決に関してはホッとしましたが、冷静になって考えるとはたして我々(自分たちを広く一般市民と考えた場合)がこの裁判で得たものはなんだったのだろうかと考えてしまいます。地方に限らず都市部においても出産施設の減少に拍車をかけてしまったことは紛れもない事実ですし、無罪判決が出たからと言っても、今後、産科に限らずほかの医療に関しても委縮化が広まってしまうことを危惧します。

今度の裁判は果たして何だったのか、
結局のところ何も得る物は無かったのではないのかと。
何をもって真実っていうんだろうと????
saki[URL] 2008/08/21(木) 09:33 [EDIT]
ご遺族も、「娘返せ!」だけじゃないと思います。
娘の死を、納得したいのだと。
これは、おっしゃるように難しい作業でしょう。

今、何がなされるべきかと言えば。
事故後の対応のあり方の問題を徹底して解明することでしょう。

事故当日から、病院、管理者(県ですね)が、どう動いてきたのか。
ご遺族への対応、そして加藤医師への対応として相応しいものだったのか。
欠陥は無かったのか。
事故報告書はどのように作られ、その作成過程での問題点は何だったのか。
正すべき点は無いのか。
医療者が積極的に、その作業をするべきだと思います。

ご遺族と加藤先生を苦しめた「この事件」を、繰り返さないために。
ママサン[URL] 2008/08/21(木) 11:27 [EDIT]
今回の裁判は一般の国民にも大打撃になりかねなかっただけに本当に良かった
私がどちらかというと医療に近い側にいるからそう感じるってことはないでしょうね

これでこういう裁判がなくなるわけじゃないんでしょうけどね;;
小太郎[URL] 2008/08/21(木) 12:06 [EDIT]
ダガシですが、I さん、あのねという人のコメントにもいちいち返事するとは、あんたは律儀だな。男だなあ!

 さて、気が早いこと言うけど、この大野病院のことは、控訴されてもいいのじゃないかと、ダガシは思うのです。

 最高裁まで行って、(知識ないから当てずっぽうで言いますが、三審まで終わるのがあと一年くらいで済むのなら)完全にシロクロつけた方が、世間に、道理ってやつを、良く分からせること出来るのじゃないかと思うから。一年など、すぐです。

 だけど最高裁で結果が出るまで、これからまた二年以上かかるのならば、まあ、これでオヒラキにするのも、いいのかな、とは思いますがね。

 控訴されて受けてたつというのは、加藤医師には、その時間、申し訳ないと思うけど、テレビで観たあの顔つきは、格闘技やってて、かつ礼儀正しさ持ってて、怒りっぽい目つきだけど笑うと愛嬌があって、そしてとうぜん我慢強さも持ってる男だと思うから(ダガシの希望的主観です)。
 そういう男なら、三、四年くらい現場を離れてても、すぐ手元は戻りますよ。
ダガシ[URL] 2008/08/21(木) 19:58 [EDIT]
大野事件で変わったこと
実は、万が一有罪が出たら書こうかなと考えていたことがあるのですが(笑
部外者が言うのもなんですが、日本近代医療史というものがあるとして、大野事件以前・以後という区分は確実にあると思います。
これ以上医療体制を放っておくと、危ないぞ!とは最近に限らず以前から言われていた(マスコミが取り上げなかっただけだ)、とはよく言われていますが、間違っていたら申し訳ありませんが、大野以前は医師会などが代表して声明を出していたのであって、医師個人が声を上げるような活動はそれほど無かったのではないかと思います。
もちろん、ネットなどの個人で情報発信が出来るメディアが無かったという理由もあります。
しかし、では仮に大野事件がなかったとして、では加古川事件や大淀事件を契機にしてこれほどの動きがあっただろうかと想像すると、どうかなあと思います。
最近、(ようやくですが)非医療者でも医療問題を考える人が増えてきましたが(端っこに私も加えさせていただきますが)、そういう人たちは大野以後になって出てきたのだろうと考えます。
日本医療のPONRと言われる事件が過ぎてから問題が検討され始める、と言うのは皮肉すぎるかも知れませんが。
あえて探すなら、大野事件の意義はこのくらいはあるかなあと思うのですが、どうでしょうか。
koume[URL] 2008/08/21(木) 21:04 [EDIT]
無罪おめでとうございます。
これが有罪だったら医師を辞めるという声がインターネット上でもちらほら聞こえていたので少し安心しました。

ただご遺族や一部の人が納得されていないようですね。
なるべく多くの方に納得してもらえる様に、現役専門医を含めた第三者委員会が出来ることを願います。

# 現役の先生方は忙しいので参加できる方は少ないかもしれませんが。
# 事情によって現場を離れた医療関係者の方々が復帰しやすい環境が早く出来る事も願ってます。
[URL] 2008/08/21(木) 21:24 [EDIT]
>sakiさん
直接的に得た物がある人は、誰もいないでしょうね。
本文にも書いてあるとおり、裁判をやっても誰も得しないですから。

ただ、大野病院事件をきっかけに、産科医療の大変さとかが、全国に知れ渡ったし。
医師ブログも、その後たくさんできて、ここ半年くらいのマスコミ報道が変わったきっかけにもなっていましたから。
そういう意味では、意味があったかな、とは思いますね。
Dr.I[URL] 2008/08/21(木) 21:58 [EDIT]
>ママサンさん
全くおっしゃる通りですね。
今日、東金病院に行って、いろいろ話した中でも出てきた事なんですけど。
何故、こういう事が起こったのか。
病院の患者側への対応はどうだったのか。
事故調査委員の問題点とか、いろいろあるとは思うので。

無罪になって良かった、って事だけではなくって、今後こういう事を起こさない為に、反省すべき点は反省していく。
っていう姿勢が一番大事だと思います。
Dr.I[URL] 2008/08/21(木) 22:01 [EDIT]
>小太郎さん
たしかに、有罪になれば、日本の医療崩壊は加速的に進んだと思うので。
良かったですわ。
まあ、これからも似たような裁判は起こるとは思いますが。
そういう事をなくすために、どうしたらよいのか、っていう事をみんなで考える時が来てるんじゃないかなー、って思います。
Dr.I[URL] 2008/08/21(木) 22:03 [EDIT]
>ダガシさん
なるほど。
そういう考え方もあるんですね。
でも、控訴されると有罪にひっくりかえる、って事もあるんで。
やっぱり、なんとなく嫌ですねー。
Dr.I[URL] 2008/08/21(木) 22:05 [EDIT]
>koumeさん
大野病院事件は、確実に日本の医療の分岐点になっていますよね。
やはり、最終的に無罪になったとはいえ、通常の医療を行って刑事事件で逮捕される、っていう事は衝撃的でしたからね。
医療関係者としては。
Dr.I[URL] 2008/08/21(木) 22:09 [EDIT]
>mさん
正直言って、ここまでこじれてしまったら、何をやっても納得する、っていう事は難しいかな、とは思いますが。
その前の段階で、ADRとかで、納得する場を作ってあげる、っていう事が必要なんじゃないかなー、って思います。
Dr.I[URL] 2008/08/21(木) 22:11 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

当然の判決
 2月以上放置していましたが、今日は医療関係で。  福島県大熊町の県立大野病院で平成16年、帝王切開手術を受けた女性=当時(29)=が死亡した事件で、業務上過失致死と医師法(異状死の届け出義務)違反の罪に問われた産婦人科医、加藤克彦被告(40)の判決公...  [つづきを読む]
Lichの塔 | 2008/08/21(木) 00:19
大野病院事件 判決
大野病院事件、被告医師に無罪判決               キャリアブレインニュースより ? ついに判決がでました 無罪判決 公判の流れからしても、きわめて正当な判決だと思います ? しかし、今日の今日まで本当に無罪がでるのか? 医師は極めて正....  [つづきを読む]
ナースマンの病棟日誌 | 2008/08/21(木) 10:37
■”皆様にお願い” 福島大野事件 「控訴取りやめ要望署名募集」 周産期医療の崩壊をくい止める会
小児科医師の裁判の際に ”お手紙作戦”を 行いましたが、同様の行動を 多くの方に希望され、どうしようか迷っておりました。 ただ...  [つづきを読む]
勤務医 開業つれづれ日記・2 | 2008/08/21(木) 10:44
加藤先生は無罪
福島地裁に来ています。 判決は無罪でした。 傍聴はできませんでしたが・・・ これで産科医療が良くなる訳ではないですが、 とりあえず良かったです。 判決文が出ましたら、詳細に検討しましょう。 検察は控訴するのでしょうか? 帝王切開死亡事故 大野...  [つづきを読む]
うろうろドクター | 2008/08/21(木) 18:29
判決無罪。
 大野事件ですが、一審福島地裁では無罪判決となったようです。  上手くいかなかったこと。目論見が外れたこと。期待通りにならなかったこと。  そんなことはつきものです。  全力で誰かの命のために努力して、それでも上手くいかなかったこと。  それが罪で...  [つづきを読む]
ふか&もけ | 2008/08/23(土) 04:33
医者=犯罪者予備軍
■「医療の限界」による落命が「殺人」と呼ばれるのなら 情けない理由 - 日々の出来事から - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/miyuna928/42759520.html 産婦人科が少なくなっています。これは福島県立大野病院で2004年、帝王切開中の妊婦が失血死し、そ...  [つづきを読む]
ぷにっと囲碁!なブログ | 2008/09/17(水) 00:30
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず