現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8.20、福島のシンポジウム0
8/20福島大野病院事件の判決に合わせて。
夏休みを取ったんですよね、私。
そいで、福島まで行っていたんですよー。

裁判は、もちろん傍聴できなかったんですけど。
その後に福島で行われたシンポジウム
「福島大野事件が地域産科医療にもたらした影響を考える」
には行ったので。
その時の様子をおいおい書いていきますね!


8/20
福島の朝は、日差しも強く、湿度はさほどではないけど、
気温は30度近くあったと思います。

8:50までに裁判所に行って、
整理券をもらって、それから抽選。
という事だったので。
8:30頃、福島地裁に着きました。

裁判所の正面には、5台の中継車が止まっており、
マスコミ関係者と思われる人も、数十人はいましたね。
正面にいただけで。
裏の方で、傍聴したい人は並ぶんだけど。
その時点で、既に100人くらい来ていました。

そっちに並んでいた人とか、裏にいた人も入れたら、
マスコミ関係者は多分100人位いたんじゃないかなー。
それだけ、世間というかマスコミも注目していた
判決だ、って事ですね。

日差しも強く熱い中、北海道とか九州からも含め
知り合いの医者も10人位いました。
皆さん、私と同じように夏休みを取ってきてるのかな。

その中で1人、野村まみ先生福島で午後一時から行われる、
シンポジウムの団扇を、並んでいる皆さんに配っていました。
すごく暑かったので、みんな感謝していましたよ。

その団扇を見て、シンポジウムに参加してくれた
一般の人達もいるようでしたし。
大成功だったと思います。
ホントに、暑い中お疲れ様でした。

8:50に抽選券というか整理券が配られると
思っていたんですけど。
実際は、9:15で。
私がもらった番号は
111番
でした。

なんか、縁起良いなー。
ラッキー。

そいで、全員に配り終わって、
15分後くらいに、抽選発表。

110番

おしい。
一番違いではずれてしまいました。

で、どんどん番号が読み上げられていって。
最後の人は、750番位だったかな。
そいで、25人ですから。
倍率、約30倍って事になりますね。

後で知った事なんですけど。
傍聴しようと並んだ人は、788人
これ、福島地裁の過去20年間では最多だそうです。

知り合いの医者10人ちょっとは、全員はずれ。
まあ、どうせ私が当たっても、ロハスメの川口さんとか、
キャリアブレインの記者の方とか。
もっと私よりも聞いて貰いたい人にあげようと思っていたから。
キャリアブレインとロハスメディカルの川口さんは
当たって中で聞けた様なので。
そういう意味では、我々に当たるよりは良かったのかなー、
って思いましたわ。

後からブログ読んだら、川口さんも、本人ははずれたけど。
どっかから廻って来たんだね、傍聴席の券。
「福島県立大野病院事件 判決公判」


全国紙大手のA新聞は100人くらい、
動員したようっすけどね。
露骨に、地元の人と思われる人から、
抽選の券をもらっている関係者がいました。


そいで、加藤先生が裁判所に入るのを見守って。
時代の流れか、一部の人がワンセグで視聴。
ちなみに、私はそんなもん持ってなくて。
私の近くの医師軍団も、みんな持ってなくって。
全然知らない一般の人が見ているのを、
隣で見せて貰っていました(笑)

無罪の場合でも、
「無罪」
という垂れ幕、みたいなやつを裁判所の前で見せる、
って事は弁護側はやらない、という事は知っていたので。
マスコミが報道するのを待つしかないんですよねー。
裁判所の目の前でも。

結局、10時に開廷して、10分ちょっとで、
無罪判決
が出たのを確認して。
午後からシンポジウムが行われるホテルに、
医者数人で帰って、お茶してました。

その後、ホテルの部屋に戻ってテレビを見て。
号外が出た、って事だったので、
福島まで取りに行ったりして。
シンポジウムの手伝いなんかをしていたら、
予定通り午後一時になって、シンポジウムが始まりました。


福島シンポジウムの書記を頼まれていたんで。
それはブログに書きまーす。
って言っちゃったんだけど。
前振りだけで長くなっちゃったんで。

詳細は、次回以降に書きますか。


要旨は、「産科医療のこれから」の
「こんなにも多彩な人々が加藤克彦氏の無罪を信じていた
―判決直後にシンポジウム」

に、もう書かれているみたいなんで。
その時の雰囲気を知りたい人は、
とりあえずこっちを読んでね!


平日の昼なのに、150人くらい集まって。
しかも、半分くらいは一般の人で、
シンポジウムは大成功だったと思いますよ。

特に、最後に発起人の野村まみ先生が語った言葉は、
涙なしには聞けませんでした。


加藤先生が無罪になってとりあえずは良かったけど。
大事なのは、これからどうするか、って事なんですよね。

誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
初めてコメント書かせていただきます。
だいぶ前にドコからか忘れましたが、こちらのブログを拝見するようになってだいぶたちますが、今回の無罪判決でいろんな意味での安心感がありました。
私はふつーの会社員ですが、おば、祖父とも脳梗塞で倒れ、寝たきり生活を送っております。
いろんな病院に転院もありましたが、医者を悪いと思ったことがないのです。
私自身怪我で4ヶ月ほど入院したことがあり、医療現場でのお医者さん、看護士さんたちの大変さがよくわかります(たぶん。ま、ご迷惑いっぱいおかけしましたがw)
だからこそ、現場懸命に人人命を救おうとした方達に対して、さも知ってるふうに話すマスコミ、そして悪者にするように報道する姿勢に対して、怒りすら覚えました。
そして今回の無罪報道を聞いて、本当にほっとしました。
本当に。
よく患者のたらいまわしとか、医療ミスとかすぐに報道されますが、実際どうなのか?ただネタがほしくてそういう報道をしているだけなんじゃないかと、マスコミにはかなりの疑問を抱いています。
こちらのブログを読むたびに、医療にかかわる人たちの姿勢を感じ取れる気がします。
ながながとコメントしてしまいましたが、これからも応援しています。
将来、子供達が病気・怪我などしたときに安心してお願いできるお医者様がたくさん増えますよう祈りながら、応援しています!
そった[URL] 2008/08/22(金) 21:28 [EDIT]
おつかれさま
小生も外れでシンポ参加組でした(^^;)
医師以外の一般の人も多く参加しており、小生もにわか作りのシンポとしては注目度も高く成功だったと思いました。相変わらず新聞やテレビは「遺族カワイソウ」と言う報道だ多くて辟易ですがyahooのコメント欄
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000009-cbn-soci
などでは無罪支持の意見が多いと感じています。
元外科医[URL] 2008/08/22(金) 22:02 [EDIT]
>そったさん
実際に病院にかかっている患者さんとか、良く病院に来る家族とかは、医者や病院の事を悪く言う人は少ないんですよね、実際は。
だいたい、悪く行ってるのは遠い親戚とか、病院と直接関わりが少ない人とか、健康で病院にほとんどかからないマスコミ人とか。
そういう人が多いんですよ。

マスコミの姿勢もかわりつつあるんですが。
最初に、医師逮捕だ、けしからん。
って、大々的に報道しちゃったから、国民もまだそう思ってる人が多いのが残念です。
Dr.I[URL] 2008/08/23(土) 10:16 [EDIT]
>元外科医先生
全員はずれ組でしょw
当たった人、いたのかなー。

たしかに、ほとんど無罪支持ですね、これ。
やっぱり、マスコミはまだちょっとずれてるのかなー。
Dr.I[URL] 2008/08/23(土) 10:20 [EDIT]
暑い中御苦労様でした。
私は嬉しくってシャンペンを3本開け、20日の晩は酔いつぶれてしまいました。
酔いが醒めてから、これからの加藤先生の気持ちの張りが切れないかと心配になりましたが、研究員としてフォローするという福島医大佐藤章教授の言葉でホッとしました。
近森正昭[URL] 2008/08/23(土) 12:01 [EDIT]
>近森正昭先生
お疲れ様でした。
飲み過ぎっすよ、それw

加藤先生の今後もちょっと心配ですけど。
周りに良い人が揃っているようですから、なんとかなりそうですね。
Dr.I[URL] 2008/08/23(土) 13:30 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず