現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医師の過重労働、厚労相「好ましくない」
衆院には厚生労働委員会ってのがあって、そこでは高齢者の負担増や入院日数の短縮で医療給付費を抑制する医療制度改革関連法案の質疑なんかをしているんです。

そこで、民主党の山井和則氏が、小児救急医療に携わる医師が長時間の時間外労働など過酷な勤務を強いられていると追及したんっすよ。

そしたら、川崎二郎厚労相は「医師の長時間に及ぶ過重な労働は、医療の質を保つ観点から好ましくない」って言ったんです。

まあ、当たり前といえば当たり前なんですけどね。
医者労働基準法に違反する位働いている人は、ものすごくたくさんいますけど、それって違法ですからね。
当たり前ですね。

医療事故も増えるの、明らかだしね。



共産党の高橋千鶴子氏は「今回の改革は、高齢者、長期療養患者にとっては負担増で、医療提供体制にとっては診療報酬、ベッド数削減で深刻な不安をもたらす」などと、政府案を批判した。
社民党の阿部知子氏は、医療従事者の劣悪な労働環境に対する政府の対応を批判した。
野党側が「とんでもない話だ」と反発する場面もあった。

改革、改革っていうけど、改悪というかなんというか。
全部悪くなるとは言いませんけど、やっぱりお役所仕事というか。
現場をわかっていない人間が案をつくるから、こうなるんですね。

結局、いかに医療費を減らすかしか考えていないですからね。
しかも自分の懐は痛まないようにしてってね。

根本的解決になってないんですよ。
はっきりいって、旧厚生省がベッド数が足りないからって無駄にベッド数を増やしたんですね。
無計画に。
当時医師会とべったりだったんで、言われたんですかね。
知りませんけど。

そいで、法律でベッド当たり医者何人、看護師何人って決まってるんです。
だから人が足りなくなってるんですよ。

人口当たりの医者の数は先進国の中でも普通なのに、ベッド当たりの医者の数が足りないのはこういう理由なんですね。
今更ベッド減らすったって、病院にしてみりゃあ商売道具なんで、そう簡単に「はい」って言うわけもないし。

で、医者労働環境が悪くなっているんですね。

厚労相は自分で原因を作っておいて、好ましくないって言ってるんですね。

人の家に勝手に上がり込んで、いいだけ飲み食いして食い散らかして、この家は汚れていて好ましくないって言ってるようなもんですかね。

まいっちゃうねー。

まあ、彼は当時厚労相だったわけではないんですけどね。

一体どうなっちゃうんでしょうね。
日本の医療


Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと」
興味のある人はブログの左サイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
おかげさまで、ただ今健康部門第2位で、もうちょっとで1位です。
1位目指していますので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト
この記事へのコメント
日本はベッド数も病院数も多いんですよね。
それに加えて、患者個人の医療費の負担は比較的少ないけれど医療側に求める治療はほかの先進国から見てもハイレベルで、それにも関わらず何かあればすぐ訴訟ですよね。
医療費負担、て言いますが、今までが負担しなさすぎだったという見方もできますよ。

それともこの国では、患者様は神様なんでしょうか?
あ、治療費踏み倒す患者さんに関わることが過去にありましたのでちょっと毒を吐いてしまいました。
てんつゆ[URL] 2006/05/07(日) 17:35 [EDIT]
コメント&相互リンクありがとうございます^^

こちらもリンク集のほうに
リンク完了しました。

よろしくおねがいします。
笑顔整体の院長[URL] 2006/05/07(日) 18:51 [EDIT]
てんつゆさん
そうなんですよ。
医療費抑制って言ったって、GDPに占める医療費の割合は先進国の中でもトップクラスですし。
医療水準も高いですしね。

法律で医者はどんな患者も診ないといけないってなってますからねー。
Dr. I[URL] 2006/05/07(日) 19:51 [EDIT]
笑顔整体の院長さん
ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
Dr. I[URL] 2006/05/07(日) 19:52 [EDIT]
こんばんは。
ウチの病院のドクターは完全に働きすぎです。
だからといって、何ができるというわけではないのですが、
当直やって、そのままぶっ続けで働いていたくらいで、それもあって、救急は脱退しました。
もちろん今も、当直やってぶっ続けで働くっていうのには変わりありません。
私たちには何できるわけでもなく・・・。
ただただ見ているだけの状態です。
tamamariko[URL] 2006/05/07(日) 21:18 [EDIT]
tamamarikoさん
こんばんは。
大変ですよね。
まあ、そういう所も多いんですけどね。

あ、URLクリックしても、なぜか行けませんでしたよ。
Dr. I[URL] 2006/05/07(日) 21:25 [EDIT]
 騒がれている小児科や産婦人科に限らず、他の内科や外科、私たち整形外科も労働基準法違反ですよね。

 開業する立場から言うと、厚生労働省は信用できません。老人保健施設の設置も最初は国からの補助金を出してまでどんどん作っていっていました。療養型病床しかり。でも、医療費を削減するために、全く経営者無視して今回のこの改正。多額の投資をして、建物をいじった経営者たちは、まだその返済もすまないうちにこの方向転換です。たまったもんじゃありません。厚生労働省は自分達がうちだした方針に対して、ケツを拭くつもりはさらさらありません。そう感じます。厚生労働省の言うことを鵜呑みにして経営方針を投資を伴うことは特に、ギャンブル的要素をはらんでいます。

 療養型病床を追い出され、ホテルコストを徴収するために老人保健施設も経済的に恵まれていなければ入所をあきらめる方もいるでしょう。在宅では難しい方もいるでしょうし、ある程度の医療と多大な介護が必要な方の行き場がないですよね。

 米国のように、お金持ちだけが、サービスを受けられる時代になってきましたね。なんか複雑です。

 医療者をあおる報道もいいですが、医療を利用する国民のマナー教育的な報道をしてもらえないだろうかと思ってしまいます。

 勤務医においては、医療者の良心やモラルにあぐらをかくような医療制度はもう終わらせて欲しいです。

 学会や医学書とか、自腹切る部分も多いじゃないですか。患者さんの為でもありますが、自分の技術や知識の向上のために、ずっと自分のQOLは二の次の生活を強いられるじゃないですか。
 それなのに、時間外手当を出さないっていうのが頭きます(うちだけかな?)。科によっては、予定手術で、朝から予定組んでいても終わるのが夜中っていうのもあるのですが、病院によっては、それでも、時間外手当出さないところもありますし。私は整形でも手を専門にしようと修行を重ねてきましたが、時間外に手の挫滅が来ても、それに対して神経・血管吻合、植皮、骨接合などともてる知識と技術を払って治療に当たっても、時間外手当はなし ということがありました。切ないです。

 あ なんか つい 興奮して 要らんこといっぱい書いてしまいました。すみません。
りん[URL] 2006/05/08(月) 13:09 [EDIT]
りんさん
整形外科医も大変ですよね。
事故が起きるとまず呼ばれちゃいますからね。

救急外来で、よく見かけるのはどこの病院に行っても、循環器、小児科、整形外科ですからね。
産婦人科は多分お産とか、別の所でやっているんでしょうから救急外来では見かけませんが、きっと忙しいんだとは思いますけどね。

時間外に手の捻挫が来て時間外手当なしってのは、いくらなんでも問題あるんじゃないですか。
予定の手術が長引いたならともかく。
Dr. I[URL] 2006/05/08(月) 13:34 [EDIT]
いつも楽しく拝見させていただいておりますコロノ助です.

このたび,「バトン」なるものを勝手に先生に回してしまいました・・・

申し訳ありませんが,お時間ありましたらよろしくお願いします.
コロノ助[URL] 2006/05/08(月) 19:55 [EDIT]
コロノ助さん
こんばんは。
ちょっと今、医療関係の話をメインにブログを書こうと思っているところなので、一息ついたらバトンいただきますね。
どうせなら、医学に関係のあるバトンをいただいた方がおもしろいかなって思ったりして。

せっかくだから、相互リンクしませんか。

ブログタイトル:健康、病気なし、医者いらず
ブログURL:http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/

「やぶ医師のつぶやき」~健康、病気なし、医者いらずを目指して
URL:http://blog.m3.com/yabuishitubuyaki

よろしくお願いします。
Dr. I[URL] 2006/05/08(月) 20:25 [EDIT]
はじめまして。一介の看護師をしているものです。同じ医療者として、感じる部分は同じですね。特にDr.のほうが過酷なのでしょうか?私のほうも、Dr.のみならず、看護師も過酷な勤務を強いられています。毎日、サービス残業。公立系はだんだん肩身が狭くなってきてますね。方や、個人病院、特に精神科などではそのような過労を強いられている様子はあまり見かけられないと思います。この差をどうみますか?
もっさん[URL] 2006/05/08(月) 23:10 [EDIT]
もっさん様
訪問ありがとうございました。

私は精神科には詳しくないんですが、精神科は体は楽だけど自分の心がしんどいって言ってましたね、研修医君が。
看護師はちょっとよくわからないんで、すいません。

個人病院は逆に経営とか利益とかがからんでくるので、逆に結構大変なイメージがあるんですが。
ちょっとなんとも言えないような気がします。

あんまり詳しくなくってすいません。
Dr. I[URL] 2006/05/09(火) 01:04 [EDIT]
ランキング1位おめでとうございます。
クリックしたかいがありました。
モモちゃんタロちゃん[URL] 2006/05/09(火) 19:32 [EDIT]
モモちゃんタロちゃんさん
いつもありがとうございます。
1位になるのは始めてんたんで、結構嬉しいです。
これからもよろしくお願いしますね。
Dr. I[URL] 2006/05/10(水) 13:20 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず