現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産科医の過酷な勤務実態
日本の医療崩壊の最先端は、産科、小児科、救急だ。
という話はこのブログでも何回かしていますが。

ついに、産科医の勤務実態
yahooのトップページに載りましたねー。



産科医の「過酷な勤務実態」が明らかに
―月295時間在院
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000005-cbn-soci


産婦人科勤務医・在院時間調査」
 
産科医が病院にいる時間(在院時間)は月平均295時間で、
緊急時の電話対応のための待ち時間(オンコール時間)は
同144時間であることが、日本産科婦人科学会
(吉村泰典理事長)の調べで明らかになった。

同会では、「病院産婦人科医の在院時間
非常に長いことが示され、いわゆる『過酷な勤務』の
実態の一端が数値として示された」として、
産科医の労働環境の改善を訴えている。


日本産科婦人科学会は9月29日、
産婦人科勤務医・在院時間調査」の
第1回中間集計結果を発表した。

調査は、同会の「卒後研修指導施設」となっている
750病院などを対象に7月から8月にかけて実施。
一般病院に勤務する産科の常勤医163人のデータを
年齢、性別などに分類した上で、「在院時間
オンコール時間」「当直回数」などを分析した。

それによると、産科医の平均年齢は42.1歳で、女
性が占める割合は26%。一か月平均の在院時間
は295時間で、オンコール時間は144時間だった。

年齢別に見ると、在院時間が最も長いのは
30歳未満(328時間)で、次いで40-44歳(308時間)、
45-49歳(291時間)。
オンコール時間は、50-54歳(195時間)、
30-34歳(155時間)、45-49歳(148時間)などの順だった。

在院時間」には、休憩時間、宿直時間、
時間外の診療時間などがすべて含まれ、
このうち時間外の診療時間は月平均117時間で、
当直回数は同4.1回。
当直回数は、あらかじめ定められた日に
当直した場合のみをカウントし、重症患者の対応などのために
臨時で泊まり込んだ場合は含んでいない。

同会によると、産科医の数が少ない病院で当直体制を取ると、
医師一人当たりの当直回数が多くなり、在院時間が長くなる。
また、オンコール体制の場合、帰宅後も
いつでも呼び出しに対応しなければならないため、
「その間は精神的緊張が持続する」としており、
「二十四時間体制」とも言える産科医
過酷な勤務実態があらためて浮き彫りになった。

今回の集計では、オンコール時間が
月500時間以上の医師が4人、
200時間以上の医師が22人いたという。

今回の集計結果について同会では、
「病院産婦人科医在院時間が非常に長いことが示され、
いわゆる『過酷な勤務』の実態の一端が
数値として示されたと思う。

また、その在院時間の長さは、医師の年齢によって
差が少ないことが分かった。
20歳代から40歳代後半まで、月間在院時間には
有意の差が認められなかった」としている。

その上で、「今後、さらにデータを集積するとともに、
勤務実態の施設間差を解析し、産婦人科勤務医の
勤務条件改善のための基礎的な検討を行っていく予定」
としている。


『2008年9月30日: 医療介護CBニュース』



産科医が病院にいる時間(在院時間)と。
緊急時の電話対応のための待ち時間(オンコール時間)。
合わせると、平均で

295時間+144時間=439時間ですか
1ヶ月で。

1ヶ月を30日とすると。
一日平均では、14.6時間ですね。
土日も合わせて。

待機の時間(オンコール)を除いて、
実際に病院で働いている時間でも月295時間。

労働基準法では、
週8時間x5日=40時間
という労働時間が基準で。

1ヶ月で時間外勤務の時間が80時間以上で3ヶ月
1ヶ月でも100時間以上だと、
いわゆる「過労死の基準」ですね。

>時間外の診療時間は月平均117時間

平均で、過労死の診断基準超えていますね、完全に。
しかも、厳しい方の基準、一ヶ月だけでも「過労死
と認定される、月100時間の方。

産科医をやっている限り、この労働時間は
基本的には続いていくわけですから。
1ヶ月、3ヶ月といわず、何年でも

もう、完全に過労死一直線でしょうかね。
しかも、これには、いつ呼ばれるかどうかわかんない、
オンコール(待機時間)は全く含まれない時間です。

平均が月に117時間の時間外勤務。
土日を含めても、オンコール(待機)の時間は
一日に14.6時間。


これが、産科医の過酷な勤務実態です。


45-49歳っていったら。
普通の会社だったら、完管理職とか。
現場にはあまりタッチしない立場なんでしょうけど。

>45-49歳でも、一ヶ月の在院時間は291時間。

これが、産科医の勤務実態です。


医療医療訴訟について知りたい人はこれを読んでね!
クリックすると、アマゾンに飛びます。

→ 医療の限界
小松 秀樹 (著)

ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓




スポンサーサイト
この記事へのコメント
ひどいものですね……
Dr.I様>
 私のブログでも記事にしましたが、産科医の勤務状況、ひどいものですね。これで訴えられた挙句に犯罪者呼ばわりでは、医師の皆さんが撤退して当然ですね。「せめて人間らしく」生活できる環境にならないと、ですが、今の厚生労働省の方針では、無理でしょうね……(嘆息)。
Lich[URL] 2008/10/01(水) 01:26 [EDIT]
>Lichさん
とくに産科医はひどいですね。
しかも、訴訟のリスクも非常に高いし。
正直、今の厚労省には期待できませんわ。
Dr. I[URL] 2008/10/01(水) 19:09 [EDIT]
出来る範囲で仕事するべし
マンパワーがどうであろうと、ニーズに合わせて働いてきたことが問題だったのでしょうね。
非常時ならともかく、日常の診療は出来る範囲に収めるべきです。
それで立ちゆかないとしたら、行政が対応すべきことと割り切る時期と思います。
bamboo[URL] 2008/10/03(金) 15:51 [EDIT]
>bamboo先生
そうですね。
医師がいないのは、そういう政策をとってきた国のせいですから。
医師が不足してできないことがあるのは、医師個人の責任ではないですから。
だったら、制限してできる範囲の事を無理せずやる、って事しかないと思います。
Dr. I[URL] 2008/10/04(土) 08:10 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

産科医の「過酷な勤務実態」をこのまま放置すれば、お産難民は現実になります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000005-cbn-soci {{{: 産科医の「過酷な勤務実態」が明らかに―月295時間在院 9月30日13時41分配信 医療介護CBニュース  産科医が病院にいる時間(在院時間)は月平均295時間で、 緊急時の電話対応のための待ち  [つづきを読む]
うろうろドクター | 2008/09/30(火) 23:56
この状態では……
 本日は、医療関係で。  産科医が病院にいる時間(在院時間)は月平均295時間で、緊急時の電話対応のための待ち時間(オンコール時間)は同144時間であることが、日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)の調べで明らかになったそうです(元記事:http://headlines.yahoo.co.jp...  [つづきを読む]
Lichの塔 | 2008/10/01(水) 01:28
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず