現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
墨東病院以下?
東京都で妊婦さんが8つの病院に行って
受け入れ不可能で、結果的に脳出血で死亡した件の後。
墨東病院というのは、まるで「駄目病院の見本
のように、マスコミでは酷評されているようですが。

そんな事ないと思うんですけどねー、私は。
医師の人手が足りないから、土日は緊急の
重症患者を断る、っていう「病院の決まり
があったんですから。

当直をしていた研修医は、その決まり事を、
ただ守っただけなのに、
まるで「悪者」のように扱われるのは、
はっきり言ってかわいそうですよ。

私は研修医として最も必要な能力は、
自分が出来る事、出来ない事を自覚する。
という能力だと思っています。

まあ、研修医だけでなくても、
特に自分の専門以外の科の事に関しては、
全ての医師に言える事でもあるんですけどね。

現時点では、この妊婦さんを受け入れる事は出来ない、
っていう判断をして。
それは、間違いではなかったんですからね。
「決まり事」もそうだし。
病院としての能力を考えても、正しかった。

それなのに、批判されるのは、やはりおかしいですよ。

全国的に医師不足なのを放置したのは国の責任
医療にお金をかけないで、産科医が足りないのに、
安月給しか出さないで、産科医を連れて来なかった
東京都の責任とか。

そういうのは、もちろんあるとは思いますけど。
この研修医には、責任はないと思います。

墨東病院自体も、東京都立の病院ですからね。
病院の判断で、良い待遇で産科医を連れてくる、
っていう事は実際問題は不可能に近いですから。

まるで「駄目病院の見本」のように、
叩かれる事はないと思うのですが。

その墨東病院関係の話が、毎日新聞に出ていましたね。



墨東病院より少ない施設6割 周産期センター

脳出血を起こした東京都内の妊婦が
病院に受け入れを断られて死亡した問題で、
厚生労働省は産科救急の中核を担う
全国74カ所の総合周産期母子医療センターの
医師数を再調査し、28日の自民党の会合で報告した。

常勤の産科医研修医含む)が受け入れを拒否した
都立墨東病院(常勤6人、非常勤9人)より
少ないのは3施設だったが、非常勤を加えた場合は
6割以上の46施設が墨東病院を下回っていた。

厚労省は4月現在の医師数を把握していたが、
非常勤の数え方などが不統一だったため、
10月現在の最新値を聞き取り調査した。

それによると、産科の常勤医は882人、
常勤医は148人で、常勤の最多は昭和大病院
(東京都品川区)と九州大病院(福岡市)の30人、
最少は群馬県立小児医療センター(同県渋川市)の3人。

東京女子医大八千代医療センター(千葉県八千代市)と
国立病院機構香川小児病院(香川県善通寺市)も、
墨東病院より少ない5人だった。

常勤と非常勤を合わせた産科医数では、
東京都の市部で唯一指定されている
三鷹市の杏林大病院(11人)、
京都府内で1カ所だけの京都第一赤十字病院(9人)、
広島市民病院(12人)など46施設が、
墨東病院の15人より少ない。

また、母体・胎児集中治療室(MFICU)の
1病床当たりの常勤医数は0.5~5人と、
施設間で最大10倍の開きがあり、
対応の手厚さに差がみられた。

今回の調査では非常勤の
勤務実態や当直態勢は分からず、
厚労省は来月4日までに詳細な
運用状況についての文書報告を求めている。


『毎日新聞 :2008年10月28日』


前に書いた記事で、
『医師(勤務医)の仕事』
ってのを書いたのですけど。

これに書いた通り、医師(勤務医、常勤医の仕事っていうのは、

●勤務医(常勤医)の仕事

外来
入院患者の回診
検査
手術
当直
当番
書類書き
後輩医師の指導
医学の勉強
地域の学校への検診
往診
くだらない会議
看護学校、看護師等への教育


こんな感じっす。

これ全部やるのが、勤務医の中でも「常勤医
って言われている医師ですね。

他の職業だと、フルタイムの労働者って事です。
逆に「常勤医」っていうのが、パートタイム
って事っすわ。

んで、常勤医
って言っても、いろいろいるんですよ。

例えば、一週間に一回、外来だけをやる医師とか。
2ヶ月に一回、外来をやるだけの医師とか。

逆に、常勤医とほとんど同じ仕事をしているけど。
扱いは非常勤の医師だから、給料は半分位、とか。

そういう事もあるんですよ。

パートタイムとか、派遣社員の身分で働いているOLだけど、
実際にやってる事は、正職員と変わらない。
でも、給料は半分くらい。
っていうの、他の職業でもあるでしょ。

小泉首相になってから、「格差」が広がって。
格差社会って事で、有名になった事ですよね。

だから、実働の時間を考慮しないで、常勤医が何人
っていう数え方をしても、全く意味がないんですよ。

だって、2ヶ月に一回しか外来はやらない。
っていう常勤医8人揃ったって、
それで週一回しか外来をやらない医師と同じ。
って事にしかならないでしょ。
戦力から言ったら。

逆に、身分は常勤医なんだけど。
入院も外来も当直も当番もぜーんぶやって。
給料だけ安い、っていう常勤医なら、
戦力的には、常勤医と同じですよ。

そういう、「実際に働いている時間」を、
全く考慮せずに人数だけを比較しても、
全く意味がありません。

墨東病院を、まるで「駄目病院の見本」のように扱って、
それよりも悪い病院も、たくさんある
って事を毎日新聞は言いたいのかもしれませんが。

はっきり言って、全く意味のない記事ですわ、これ。
もうちょっと、勉強してもらいたいですね。

厚生労働省にも、実働勤務時間
何時間の医師が何人いるのか。
っていう事を、しっかり把握してもらいたいです。


医療や医療訴訟について知りたい人はこれを読んでね!
クリックすると、アマゾンに飛びます。

→ 医療の限界
小松 秀樹 (著)


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
「駄目新聞の見本」
調査したのが厚労省、記事にしたのが毎日新聞ってことですから。意味のあるものを求める方が無理かな?と。。
saki[URL] 2008/10/30(木) 08:29 [EDIT]
東京都の対応は
今回の事件では、患者を送った側の産婦人科医と四六時中患者を受け入れることになっている側の墨東病院関係者とがマスメディアに取り上げられ、言わば晒者のようになっていましたが、墨東病院では、医師不足になった時点で東京都の担当部署に報告していたようです。
東京都知事がこの事実を知っていた可能性は限りなく低いと思いますが、少なくとも担当部長くらいまでは知っていたはずなので、マスメディアも本件を問題視する意思を持っているなら、この部署に取材に行くべきではと思います。
chengguang[URL] 2008/10/30(木) 10:47 [EDIT]
困ったものですね……
Dr.I様>
 統計数字自体が意味のない数字(実態を全く反映していない)のですから、それを元に記事を書けば、意味のない記事になりますよね。厚生労働省もマスコミも、いいかげん「きちんとした数字に基づいた議論・記事」にしてもらいものですが……
Lich[URL] 2008/10/30(木) 11:06 [EDIT]
毎日の医療記事は、自分より知能があるものを殺せ、というポルポトと同じ精神構造ですからね。

同業者として、嘆かわしいのは、このような「名ばかり高度医療」は、財務省の医療費緊縮政策と、自治体の無策が原因であるのに、すべて医師がスケープゴートにされる点です。

都庁の担当者も、今の方は現場の話がわかる、まともな方だそうです。何しろ、トップがアホなのですから、板ばさみ状態にある現場担当者を叩くのは、医師叩きと同じ構図になってしまうのではないでしょうか。
くろーばー[URL] 2008/10/30(木) 19:47 [EDIT]
>sakiさん
やっぱ、新聞が悪いっすかねー。
Dr.I[URL] 2008/11/01(土) 15:53 [EDIT]
>chengguangさん
担当の部署は、当然知っていますよね。
定員を大幅に下回っているんですから。
そこらへんも、当然取材して貰いたいですね。
Dr.I[URL] 2008/11/01(土) 15:54 [EDIT]
>Lichさん
まあ、元の統計を発表した人も悪いですよね。
たいてい、新聞なんてそれを鵜呑みにして記事を書くだけですから。
Dr.I[URL] 2008/11/01(土) 15:56 [EDIT]
>くろーばーさん
担当の方は、やっぱりわかってますか。
でも、上が動かないと何もできないですもんね。
現場を叩く気は、私にはありませんよ。
Dr.I[URL] 2008/11/01(土) 15:57 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず