現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医者のモラルの問題!
いやー、ちょっとびっくりしてしまいましたわ。
医者のモラルの問題で、妊婦さんが亡くなった。
って、言っている人がいるんですよ。

医者モラルがあれば、分身の術が使えて、
医師不足が改善されるとか。
1日が48時間になる
とか思っているんでしょうかねー。

二階俊博氏は、8回も当選して国会議員になっていて。
現在、経済産業大臣っていう、すごーく偉い人だと思うんですけど。
今時、こういう事を言っていて良いんでしょうかねー。

大都会東京でさえ、妊婦さんが脳出血になれば
残念ながら亡くなられる事もある。
これは、非常に残念な事ですけど、事実なんですよ。
医療には限界があるし。
医者だって人間なんですから。
出来る事と出来ない事があるんです。

医者モラルとか、そういう問題ではないんですよ。
そもそも、日本で医療崩壊が起こったのは、
政府与党である自民党が、
医療費抑制政策医師数削減政策をとったからですよ。

その自民党の議員である人間が、
人の事を棚に上げて、何を言っているんでしょうか。



妊婦受け入れ拒否、夫が再発防止訴え

東京都内で相次いで明らかになった、妊婦の受け入れ拒否。
三鷹市の杏林病院から受け入れを拒否された妊婦の夫が
インタビューにこたえ、
「二度とこうしたことが起きてはならない」と訴えました。

先週金曜日。
東京の都立墨東病院には、意識不明となっている
妻を見舞う男性の姿がありました。

「心配ですし、会いたいので来てるんですけど。
『うん』とか言ってくれればうれしいが、(返事は)まだない・・・」
(搬送拒否された妊婦の夫)

出産を間近に控えた男性の妻(32)が、異変を訴えたのは
9月23日午前0時過ぎ。
突然、嘔吐や右半身が動かなくなるなどの症状が出たといいます。

「(妻の体の)右側が全部、動かないような感じになってきていた。
医師は)脳の障害の可能性があると言っていた」
(搬送拒否された妊婦の夫)

入院していた調布市の飯野病院の医師
脳出血の疑いがあると判断、午前3時ごろ、
三鷹市の杏林大学病院に救急搬送を要請しました。

しかし、杏林大学病院は産科医が手術中だったことなどを
理由に、受け入れを拒否。
女性はその後、都内の5つの病院からも
受け入れを断られ、4時間後、ようやくおよそ25キロも離れた
都立墨東病院に搬送されました。

「(救急車の中では)早く着いてくれ、早く着いてくれと。
体がなんとかもってくれと思っているだけでした。
とにかく長く感じました。(病院に)着くまでは」
(搬送拒否された妊婦の夫)

妻は病院で男の子を出産、その後、
脳の手術を受けましたが、現在も意識が戻っていません。

「(妻に)一番最初に(息子を)抱かせてやりたかった。
頑張った本人にはね」(搬送拒否された妊婦の夫)

今回のケースでは、最初に搬送を断った
杏林大学病院側が「切迫感が伝わってこなかった」
としているのに対し、飯野病院側は
「脳障害であることは伝えており、切迫感は伝わっていた」
と病院間での言い分が食い違っています。

また先月4日、墨東病院など都内の8つの病院に
搬送を断られた36歳の妊婦が死亡したケースでも、
病院の間で言い分が食い違っています。

病院同士の主張が食い違う今回の問題。
舛添大臣はコミュニケーションがうまくいかない現状を、
IT技術を駆使して解決できないかと、
二階経済産業大臣と急遽、会談しました。

「お医者さん同士のコミュニケーションがうまくいっていない。
IT技術を活用した形で、両省で協力しながら
国民のためになる仕事をしたい」
(舛添要一厚労相)


「政治の立場で申し上げるなら、
何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。
忙しいだの、人が足りないだのというのは言い訳にすぎない」
二階俊博経産相)


2人の大臣はIT技術者にアイデアを出してもらい、
大学病院で実験を行うことで一致しました。

「1日も早く(行政が)行動に移してほしい」
(搬送拒否された妊婦の夫)


「2008.1.11 yahooニュース(魚拓)」


二階俊博が、「医者のモラルの問題」発言をして、
1日も経たないうちに、Wikipediaではすでに、
この発言が追加されていますねー。
さすがです。

フリー百科事典、Wikipediaより
「フリー百科事典、Wikipedia: 二階俊博」

二階俊博(にかい としひろ、1939年2月17日 - )は、
日本の政治家。衆議院議員(8期)。
経済産業大臣。



医師のモラル低下説

2008年9月22日晩から23日明け方にかけて東京で急変した
妊婦の受け入れ先が見つからなかった事件に関連して、
「政治の立場で申し上げるなら、
何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。
忙しいだの、人が足りないだのというのは言い訳にすぎない」
という立場を表明した。
これに対し、全国平均月295時間の労働をしている
産科医やその窮状を知るものからは
強い反発の声が上がっている。



そりゃあ、強い反発の声が上がりますよ。
平均で、月300時間近くですからね。
若手なら、もっともっと働いていますよ。

一ヶ月のうちの半分位を病院で過ごす医師なんて。
若手の産科医なら、なんぼでもいますよ。

それだけ働いている医者に向かって、
忙しくても、人が足りなくても、
全てモラルの問題。


という事なんでしょうか。


Wikipediaに書いてある事が、
全て事実かどうか知りませんけど。
グリーンピア南紀とか、二階バイパスとか。
献金問題だとか。

こういう事をする人間には、モラルがあるんでしょうねー。
きっと。

2008.11.11のyahooニュースにも載ったのですが。
1日も経たないうちに、速効で削除されてしまいましたね。

本物がないので、Yosyan先生のとこから魚拓を借りてきました。
『2008-11-12 小さな怪現象』

この文章を分けてみると、

1.患者妊婦の夫
2.舛添厚生労働大臣
3.二階経済産業大臣


になりますけど。
この中で、1,2に関しては、
削除に値する事は何もないですから。

3の二階俊博経済産業大臣の発言がyahooに不適切だ。
と判断された
、という事なんですよねー。

現場で働く医師に対する侮辱そのものだと思うんですが、これ。
正式な釈明なり謝罪なり、そういうものはないようですね。
今のところ。


11/13、民主党の足立信也先生(消化器外科医)が
二階俊博大臣への質問をしてくださる

という情報が入りました。
この方は、20年外科医をやっておられた先生です。

足立信也氏のサイトによると、

”明日(11/13)参議院厚生労働委員会で、
「社会保障及び労働問題等に関する調査」
足立が質問に立ちます。
質疑予定時間11:45~12:30”


参照:『足立信也HP』

明日の足立議員の質問に期待しましょうか。


それにしても、
「民主が医師の労基法違反追求」
の記事で紹介したように、
山井議員とか、鈴木寛議員とか。
他にも、自民党なら、橋本岳議員とか。
共産党の小池議員とか。

医療に関しては、非常に理解のある議員もいるのですが。
同じ議員でも、ここまで違うものなんですねー。
正直、がっかりです。



医療や医療訴訟について知りたい人はこれを読んでね!
クリックすると、アマゾンに飛びます。

→ 医療の限界
小松 秀樹 (著)


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
抗議文が出たようです
ご存知と思いますが、福島県立医大の佐藤教授が、この発言に対して早速抗議されたようです。
ちょっと長いですけど、転載させていただきます。

(Medical Research Information Center (MRIC) メルマガより)
二階俊博経産相の『医者のモラルの問題』発言への抗議文
周産期医療の崩壊をくい止める会  代表 佐藤 章
 周産期医療におけるいたたまれない事態が今もなお続いている昨今の状況の改善には、周産期医療に携わる医療者一同努力を重ねておりますが、今もなお国民の皆様の期待と信頼に十分にお答えすることができない状況が継続しており、ご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。 しかしながら、現場の努力だけでは解決できない状況を二階利博経済産業大臣へもご理解頂きたく存じます。そして、二階大臣が舛添要一厚生労働大臣との会談において、「政治の立場で申し上げるなら、何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。忙しいだの、人が足りないだのというのは言い訳にすぎない」と発言されたことに対して、周産期医療の崩壊をくい止める会代表として、強く抗議いたします。
■周産期領域の医療水準と受け入れについて
<水準が満たされていない状況で患者を受け入れることは違法な行為>
1 医師に課せられた法律上の義務:新潟地裁長岡支部平成14年7月17日判決は、「品胎(いわゆる三つ児)の分娩において帝王切開を行う場合、帝王切開を施行する医師2名、麻酔専門医で輸血を行う医師1名、出生した児の蘇生・介護・検査を施行する医師3名、その助手的看護師3名(新生児1名毎に各1名の医師と看護師)、手術の器械出し、手術の外回りにそれぞれ看護師1名の人的準備と、輸血用の血液、輸液、酸素、新生児蘇生用の気管内挿管器具3組、保育器3台、インファントウォーマー3台、全身麻酔器、血中ガス濃度分析機、その他新生児の血液生化学検査一式が可能な検査設備という物的準備が必要である。」と判示し、上記設備を持たない施設において「分娩を行うこと自体を違法な行為」と判示し、約1億1千万円の損害賠償責任を認めている。すなわち、上記の水準程の設備が整っていない限り、患者を受け入れることは、それ自体が違法な行為であるとするのが司法の判断である。
2 墨東病院、杏林大学病院の事案も受け入れること自体が違法:墨東病院の事案では、当直医が1名しかいない状況で、脳出血の疑いのある妊婦を受け入れることは、それ自体が違法な行為であることは明らかであった。また、杏林大学病院の事案でも、産科医が手術中であったのであるから、実質的に産科医不在の状況であり、当然に妊婦を受け入れること自体が違法な行為であった。
3 二階大臣の言うモラルとは法に反すべしとの趣旨か:確かに、モラルとは内面的規範であり、外面的規範でかつ物理的強制を伴う法律とは異なる。しかるに、二階経産大臣は、行政府である一省の長として、内面的規範と外面的規範たる法が相反する場合には、積極的に法に反せよとの趣旨で上記発言をされたことになるが、それでよろしいのか。
4 月平均300時間の勤務、月平均当直日数4日は政治と行政府の責任:日本産婦人科医会の産婦人科勤務医・在院時間調査によると、産科医の月平均勤務時間は300時間を超え、月平均当直日数は4.2日であり、産科医の労働基準法違反の違法な勤務状況が常態化している。 舛添厚生労働大臣は、この現状を鑑み、医療行政及び労働行政を管轄する監督省の長として、この違法な状況を速やかに改善しようと努力されている。 しかるに、二階経産大臣は、行政府たる内閣の一員でありながら、この明白な違法状態を「モラルの問題」であり、「言い訳」であると判断しているとするならば、その規範意識の欠落は看過できないものであるし、なにより、法律による行政の原理に反する「モラル」を信条として持っているのであるならば、内閣の一員たる資質において大きな疑問を感じざるを得ない。
結語に代えて:私たち周産期に携わる者は、先の奥様を亡くされたご主人からのお言葉である「妻の死が浮き彫りにした問題を力をあわせて医師、病院、東京都、国で改善してほしい。妻の死を無駄にしてほしくないし息子のためにも息子にとって日本一の母親だったといえるような状態に改善してほしい。」を忘れることなく、事態解決に向けこれからも努力をして参ります。二階大臣におかれましても、政治の立場において、我が国の医療の状況を正しくご認識頂き、国民のために内閣の一員として、事態解決にむけご助力を頂きますようお願い申し上げます。以上の次第により、私は、周産期医療の崩壊をくい止める会の代表として、二階経産大臣の上記発言につき強く抗議し、発言の撤回を求めます。
小児科医@最果ての地[URL] 2008/11/12(水) 23:27 [EDIT]
これは多分……
Dr.I様>
 二階氏は、典型的な「根性主義者」ですね、曰く「気合があればなんとかなる」「この程度でへばるとは根性が足りん」とかの類の。こういう人が上にいるかぎり、第二次大戦で日本軍が敗北したように、日本の医療は壊滅されさられるのでしょうね……(嘆息)。
Lich[URL] 2008/11/13(木) 00:06 [EDIT]
選挙で報いるしかありません
自分は和歌山3区ではありませんが、同じ近畿ブロックなので少しは関係あると思っています。

この発言に憤りを感じる有権者は、絶対二階と自民党に投票しないこと。

これ以外ないと考えます。不適切な人物は、然るべき手段で排除しなければなりません。さもないと、その人物が撒き散らす害毒にさいなまれ続けることとなりますから。現地の医師会がどんな反応を示すかは、しっかり見ておく必要がありそうです。
鴛泊愁[URL] 2008/11/13(木) 08:36 [EDIT]
別の観点からも二階俊博は、けしからん手合いです。
osekkai[URL] 2008/11/13(木) 15:31 [EDIT]
>小児科医@最果ての地先生
全医連とか、医師会とか。
いろいろ、他にも出ているみたいですね。
こういう反応が早くなったのは、医師も少しはましになったって事なんでしょうか。
Dr.I[URL] 2008/11/13(木) 21:35 [EDIT]
>Lichさん
自分だけがそうなら良いんですけど。
そういう人に限って、自分は安全なとこにいて、人にそれを強要するだけなんですよね。
Dr.I[URL] 2008/11/13(木) 21:37 [EDIT]
>鴛泊愁さん
結局、国会議員を選ぶのは国民ですから。
国民が学習して、こういう人を選ばない、って事になるしかないんじゃないでしょうかね。
Dr.I[URL] 2008/11/13(木) 21:54 [EDIT]
>osekkaiさん
私は、あまり知らないのですけど。
だいたい、モラルが、って言ってる人が一番モラルがない、っていうパターンが多いでうよね。
Dr.I[URL] 2008/11/13(木) 21:55 [EDIT]
二階大臣だけでなく
舛添大臣も同罪ですよね、これ。
今日の足立議員からの失言に対する質問を受けた時、記憶にないという感じでしたから。
医師の数が足りないのが原因と思っていたのなら、その時の状況に違和感を覚え、説明できるはずです。
舛添大臣も口では医者が足りないのが原因と言っておきながら、実際は医療崩壊に対して適当なんだと思います。
ぶー[URL] 2008/11/13(木) 23:18 [EDIT]
>ぶーさん
桝添大臣がどう思ったのか。
実は、気づいていたけど、目上の人だったから言えなかった。
という事なのかもしれませんので、なんとも言えませんが。

記憶にない、って事はそうじゃないんでしょうかねー。
だったら、駄目ですね。
Dr.I[URL] 2008/11/13(木) 23:58 [EDIT]
前向きな議論を期待します
「医者のモラル」の問題の話が、なぜか二階堂氏への個人攻撃になってしまってるようにお見受けします。

でもまったく医療とは関係ない一個人としては、昔の先生ってもっと信頼関係を作ってくれた気がするな・・・最近の先生って、コンセンサスという言葉が独り歩きしてしまって、なんでもかんでも患者任せにしようとしている気がするな、というのが正直な感想です。「患者が主体」というのは立派な大義名分ですが、患者は素人。患者と二人三脚をしようという気概のあるお医者様を期待します。そこで、二人三脚をするには医者が忙しすぎるんだよ、という議論なら実があるように思いますが、個人攻撃では不毛なだけですよね。

全然別件でインターネット検索をしてたんですが、議論のポイントがなんだかあげあしとりのような記事が多い気がしてついついいまさらコメント書きたくなってしまいました。
いまさらですがコメント送ります[URL] 2009/02/05(木) 08:37 [EDIT]
>いまさらですがコメント送りますさん
二階発言に関しては、まだ良かったんですが。
その後に続いた麻生発言とかに関しては、行き過ぎかなとは思いますね、私も。

>なんでもかんでも患者任せにしようとしている気がするな、というのが正直な感想です

これは、マスコミなんかが患者の権利とかを、主張しすぎたから。
医者もやむを得ずやっている、っていうところも大きいですけどね。
実際は。

どっちかというと、このブログは個人攻撃ではなくて、建設的な意見をしている方だと思いますので。
できれば、他の記事も読んでいただければありがたいです。
Dr. I[URL] 2009/02/07(土) 00:46 [EDIT]
二階と同じような言葉を吐く人間が多すぎる
あまりに香ばしすぎて、ため息しか出ません…。

http://blogs.yahoo.co.jp/hidetogonmomo/22254355.html

こんな人間がいっぱいいるから医療が崩壊するんでしょうね…。
都筑てんが[URL] 2009/11/17(火) 14:13 [EDIT]
>都筑てんがさん
まあ、ある程度しょうがない面はあるとは思いますけど。
やっぱり残念ですね。
Dr. I[URL] 2009/11/17(火) 22:02 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

л
л | 2008/12/10(水) 22:11
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず