現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪南市立病院で医師退職、簡単な経過
大阪の阪南市立病院で、新市長が突然、
「一方的に医師の給料を大幅に減らす。」
って言ったもんだから。

当然の事ながら、大勢の医師が退職する、
と言っています。

いろんな医師ブログで話題になっていますねー。

医者は金だけでは動かないんだけど。
わからないんだろーなー。
阪南市の市長とか、総理大臣には。

最近、ブログ更新の頻度が落ちて。
大臣等の暴言が続いていたから、
このブログでも取り上げ損ねていました。

前から書こうとは思っていたんだけど。
まずは、どういう問題なのか。
簡単にまとめますね。



2007年6月

 大阪府阪南市阪南市立病院で、
 9人いた内科医が一斉退職。
 阪南市立病院内科閉鎖。



2008年4月

 他の科の患者も激減。
 阪南市立病院の入院受け入れを全面休止。



2008年5月

 医師の給料に歩合制を導入して、年収は
 約1200万円から約2000万円に大幅アップ。



2008年9月

 内科の常勤医2人、非常勤医1人が新たに就任。
 内科の外来と入院が再開。



2008年10月26日

 阪南市の市長選で、福山敏博氏が当選。

 新市長が
 「(歩合給制度は)公立病院になじまない」
 と発言。



2008年10月31日

 内科医ら医師8人が辞意を表明。


2008年11月13日

 大阪府阪南市の新市長が方針転換。
 「今すぐ引き下げるとは言っていない」と釈明。



2008年11月22日

 辞意表明の8人のうち、常勤を含む6人の医師
 話し合いがまだ行われていない




これが、今日11/22までの経過ですね。
もうちょっと詳しく説明していきましょうか。


>2007年6月

 大阪府阪南市阪南市立病院で、
 9人いた内科医が一斉退職。
 阪南市立病院内科閉鎖。



内科が全員いなくなって、
替わりの医師が来ないんだから。
当然、内科は閉鎖になります。

病院の売り上げが20億円のうちの、7億円以上。
1/3以上内科で稼いでいたので。
内科が全員いなくなっちゃうと、
病院そのものの死活問題になります。

病院会計とリンクする、阪南市自体も、夕張市のように
財政再建団体に転落する恐れが出てきました。


>2008年4月

他の科の患者も激減。
阪南市立病院の入院受け入れを全面休止。


9人いた内科医が一斉退職し、内科診療を全面休止。
その後も他の科の診療は続けてきたんだけど。
入院患者数が前年の約3割にまで激減しました。

病院の柱とも言える「内科」がなくなったら。
他の科は今まで通り続ける、って言っても。
言ってみれば、患者が来る「入り口」が
なくなるようなもんですからね。

患者の数が激減するのは当たり前です。
当然の事ながら、阪南市立病院でも、
他の科の患者も減って、病院存続の危機がおとずれます。

更に追い打ちをかけて、
11人いる常勤医師のうち
7人が3月末で退職する見通しになりました。


そこで、

>2008年5月

医師を呼び込むために、医師の給与に歩合制を導入。
医師の年収は、現状で約1200万円から、
2000万円くらいまで、大幅アップを打ち出しました。



もっと具体的に言うと。
現状の年900万~1300万円程度の基本給とは別に、
患者数に応じた能率給を導入
入院1人につき1800円程度、
外来1人で470円程度をそれぞれ支給。

1日平均で入院7人、外来20人を診ると、
歩合給が年800万円強になる計算ですから。

医師の年収は、2000万円位になります。



んで。

>2008年9月

内科の常勤医2人、非常勤医1人が新たに就任。
内科の外来と入院が再開。



普通だったら、めでたし、めでたし
で終わる話なんですが。


>2008年10月26日

阪南市の市長選挙があって。
元副市長の、福山敏博氏が当選したんですよ。


この方、選挙の公約
阪南市立病院の建て直し」と言って、

阪南市立病院を立て直さなければ、毎日赤字が増えていく。
招へいした医師が辞めてしまえばまた同じことの繰り返しだ。」


と言っていた方なんですけどね。


この新市長が、突然。
「(歩合給制度は)公立病院になじまない」
という事を言いました。

簡単に言うと、医師と行った「年収約2000万円
という契約を一方的に破棄して。
年収1200万円に減らす」って事ですわ。


年収2000万円の契約を、勝手に破ったのは
新市長なんですから。
契約を破られた方が辞めても、
おかしくはないですよね。

どう考えても、悪いのは一方的に
勝手に契約を破棄した新市長
なんですから。

医者の場合は、医師免許があって。
それなりに腕があるのであれば、
他の病院に行っても、それなりの給料は貰えますし。
別の地域に行っても、診療をして
患者を助ける事はできますから。

そんな事を一方的に言うような病院にいる必要は
全くありませんからね。

当然、「辞める」という医者がでてきます。


>2008年10月31日

 内科医ら医師8人が辞意を表明。



最初は5人、って報道されていたんですが。
すぐに8人に増えたようですね。


一般的な社会常識で考えれば、
年収2000万円で雇われた社員が、
何も悪いことをしたわけではないのに
一方的に年収1200万円にされる。


と言われたら、辞める人間がでる。
っていう事に気が付きそうなもんなんですが。

全くそんな事は思っていなかったのでしょうか。
あわてて、

>2008年11月13日

 大阪府阪南市の新市長が方針転換。
「今すぐ引き下げるとは言っていない」と釈明。



じゃあ、給料が同じなら辞めなくても良いか。

って、万事解決すると思いますか?


今まで、年収1200万円だった病院で、
医師の給料が、急に2000万円に上がった。
という事は、それだけ本気で医師を集めたいんだ
その地域の病院がなくなって、住民が困ったら大変だ。
って思ったから、この病院に応募してきた医師もいるんでしょ。

実際そうなんだと思いますよ。
でも、新市長が勝手に
医者なんかに高い給料払う必要なんてない。」
って言い出す。

んで、医師が大量に辞める、と知ると
「一時的に給料は戻してやるから、
帰ってくるんだろ、お前ら。」


っていう話をするような人の下で、
医者が働くと思いますか?


「どうせお前ら、給料減ったから辞める。
って言っているんだろうから。
給料は一時的に減らさないでやるから、
今まで通り働け。」


そう言ってるんですよね、この福山市長。

でも、医者金の為だけに働いている訳ではないから。

「もう戻りませんよ」
って言っている医師も多い。
という話ですわ。



辞意の医師半分以上と面会できず 
大阪・阪南市立病院

医師8人が辞表を提出し、再び危機的な
状況に陥っている阪南市立病院問題で、
市議会の病院関連特別委員会が11月21日開かれた。

市側が辞表を提出している医師の大半と
まだ話し合いができていないことが判明。
また一部の医師にも歩み寄りの姿勢がないこともわかり、
双方の対応に批判が集まりそうだ。

委員会では、現在の医師の慰留を最優先すべき
との意見が相次ぎ、「慰留を第一」とする方向で意見が一致した。
しかし、福山敏博市長と病院側の説明では、
辞意表明の8人のうち、常勤を含む6人の医師
話し合いがまだ行われていないことが報告され、
市側の対応の遅さが判明した。

また医師一人については
「会うのは市長の公式の場の発言を見極めてから」
としているといい、一部の医師側にも
歩み寄りの姿勢がみられないという。
このため、早急な話し合いが難しいとしている。


「2008.11.22:産経ニュース」


>一部の医師にも歩み寄りの姿勢がないこともわかり、
 双方の対応に批判が集まりそうだ。


それを、こういう報道するのもどうなんでしょうかね。

明らかに、一方的に新市長が悪いんだけど。

医者は金の為だけに働いているんだから。
給料は戻してやったんだから、戻らないのは医師が悪い。

って思っているのでしょうねー。


本当に書きたかった事は他にあるんですが。
ちょっと長くなったので、この記事はこれで終わりますか。

阪南市立病院の件に関しては、「ぐり研ブログ
が非常に詳しく書いていますので。
もっと詳しく知りたい人は、これも読んでね!

参照:『ぐり研ブログ 2008/11/4』


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
金だけではない
市長の医師への考え方がわかったから例え以前の金額がもらえるとしてももはやそんなところでは働けない、といったところでしょうか。

そこのところは麻生首相の言う常識があてはまらない医者なんでしょうね。
お金だけでは動かないところは一部の人たちには理解できないところでもあります。
RDM[URL] 2008/11/22(土) 23:33 [EDIT]
これは……
Dr.I様>
 これは、私のブログでも取り上げましたが、あまりに医師の方々を馬鹿にした話ですよね。話し合いもなしに一方的に契約を条件の変更を公表しておいて、相手が「それならば」と雇用契約を破棄したら「歩み寄りが足りない」とは、寝言も大概にしてほしいですよね。こういう市長こそ、「社会常識と言うものがない」というのではないでしょうか。
Lich[URL] 2008/11/22(土) 23:40 [EDIT]
ダガシですが、Iさんに言うのじゃないですが、「歩合給制度は公立病院になじまない」という根拠は何だ? と聞きたいです。

 私は世の中の職のほとんどすべてを歩合給にすべきだと思っています。
 基本は、「働かない者は食うべからず」です。
 事情があって働けないというのは別問題ですから、別問題として手助けすればいいのです。

 給料の中で基本給などというものの割合が大きいから、のほほんと結果を出そうとしない人間がのさばっているのです。特に公務員は歩合給にすべきです(本当は公務員など、自衛隊と警察と消防士に限定すべきと思っています)。

 働いて出す「結果」という事で断っておくべきことは、「働く」ということは、依頼者を幸せにするか満足させるという事ですから、作業をいくらやっても、ヘトヘトになっても、それは自己満足であって、その人が得る報酬の高い低いには関係ない、ということです。

 世のお医者さんたちは、「依頼者である目の前の患者さんにつくせばいいいや」という人が多いと思います。それは思考停止していると思います。
 医療、という作業ばかりに目が行ってると思います。
 それでいいやと満足しているだけなのならば、もう何も言うことはないのですがね。

 依頼者というのは、目の前の患者ではありませんよ。
 公的保険の医療費には保険料と税金が入っています。
 目の前の患者だけが、その人自身にかかる医療費を支払っているわけではないんですから。
 だから医療における「依頼者」というのは、単に目の前の患者だけじゃありません。世の中の全部が、依頼者です(…医者も患者も、そんな当たり前のことを想像できない人間に反吐が出そうだぜですよ)。

 自分の得る益や報酬が、知らない人が出しているお金によってまかなわれている、という想像をしてほしいぜです。

 医療費を全部自費から出すならいいだろう? と言ったとしても、医療機関の設備や、お医者さんが医者になるためのコストや、他にもいろいろが、目に見えないオオヤケのお金や目に見えない何かもろもろから成り立っているという想像をしろよ! と言いたいです。

 医療需要を縮小するのが、最優先です。
 このエントリーの趣旨に直接関係ない事を書きました。「公立病院は歩合給になじまない」という文句にカチンを来たので、すみません。
[URL] 2008/11/23(日) 07:25 [EDIT]
歩合給
医療は診療科によって、点数がかなり違います。眼科などは高く小児科などは低い。ですから完全歩合給にすると逆の不公平が置きます。小児科医は24時間働いてもこれしか貰えないとなればみんな辞めますよね。

あらかじめ診療科毎に、年間の診療報酬の何パーセントを年俸にするという契約であれば公立であろうと何だろうと、それはそれで合理的な給与の決定法だと考えます。まあ大病院の院長など、全般的管理者の給与の位置づけは難しくなりますが。ああ、会社の役員報酬のように年間利益の半分とかにすれば、、、で、赤字ならゼロでw
元外科医[URL] 2008/11/23(日) 15:58 [EDIT]
>RDM先生
そうなんですよねー。
その話を次に書こうかな、と。
Dr.I[URL] 2008/11/24(月) 19:17 [EDIT]
>Lichさん
そうなんですよね。
どう考えても、悪いのは市長だと思いますよね、これは。
明らかに、社会常識がないですね。
Dr.I[URL] 2008/11/24(月) 19:18 [EDIT]
>さん
ダガシさん。
公立だろうが民間だろうが、医師の仕事は変わりませんから。
それなのに、ほとんどの病院で、医師の給料というのは、年功序列なんですよ。
だから、働く医師も働かない医師も、給料が同じ、というか。
逆に働かない医師の方が、時給とか内容に比べたら高い。
という事になるのは、おかしいと思うので。
公立でも、歩合制に関しては、私は賛成ですよ。

2年半前に、私のブログが朝日新聞に載った時も、その話でしたからね。
Dr.I[URL] 2008/11/24(月) 19:21 [EDIT]
>元外科医先生
収益に応じた歩合制だと、小児科医には不利ですから。
ちょっとかわいそうかな、とは思いますけど。
単純に任ずだけでいったら、むしろ小児科医は有利かもしれませんよ。

どういうやり方にするか。
っていう方法論に関しては、いろいろ問題があるとは思いますけど。
働いている医師も、働いていない医師も同じ給料。
というのよりは、ある程度働いた医師には給料を増やす、という仕組みは必要だと思います。

さすがに、完全歩合制はどうかな、とは思いますけど。
阪南市立病院のように、基本給+歩合制、という事なら問題ないと思います。
Dr.I[URL] 2008/11/24(月) 19:23 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

いきなり減らせば……
 本日は、医療問題で。  医師の大量退職から経営難に陥った大阪府阪南市立病院で、新たに確保した医師が新市長の病院経営見直しなどに反発し辞意を伝えている問題で、医師8人が12日、辞表を提出したそうです(元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-0...  [つづきを読む]
Lichの塔 | 2008/11/23(日) 00:01
ΣУ????å?Ÿ
?礦??±???δ?ο????å??Τä????ΣΣУ?????å?????????μ?Ÿ???????????  [つづきを読む]
?繥 | 2008/11/23(日) 03:40
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず