現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医師の応召義務ネットで議論
医師応召義務について。
現場の事を何もわからずに発言をした
どこかの偉い先生
(一応医師免許は持ってるみたい)。
ネットで随分、叩かれていたんですが。
なんと、yahooのトップページにも
載っちゃいましたね。


医師応召義務を果たしていない」、
ネットで物議


医師応召義務を果たしていない」
医師は被害者意識を捨てよ」―。

昨年12月、NPO法人
(特定非営利活動法人)
「日本医療政策機構」
のホームページに掲載された
信友浩一氏(九大教授)の
緊急提言がインターネット上の掲示板や
医師ブログなどで物議を醸している。

信友氏の「医師は、
医療業していながら、
応召義務を果たしていない。
これが医療のもっとも本質的な問題だ」
との主張に対し、ネットの掲示板には、
医療政策を提言する立場の人間が
精神論を語ることに絶望する」
などの書き込みが殺到している。
(新井裕充)



2004年に設立された
「日本医療政策機構」の代表理事は、
政策研究大学院大教授で
内閣特別顧問を務める黒川清氏。
副代表理事は近藤正晃ジェームス氏
(東大先端科学技術
研究センター特任准教授)で、
両者は厚生労働省の
会議に参加するなど、
国とのかかわりが深い。
 
同機構の設立趣旨は、
「諸外国において質の高い
医療政策を生み出している
医療シンクタンクの理念を
日本にも導入」すること。

ホームページを通じて医療に関する
情報を発信しており、昨年10月から
緊急提言」の掲載を開始した。


連載8回目を迎えた今回の提言は、
医師は被害者意識を捨てよ」
というタイトルのインタビュー記事。

発言者の信友氏は
大学院医学研究院で
医療システム学分野」の
教授を務めている。

 「医療政策課題にまつわる
5つのキーワード」
て信友氏は

医師応召義務を果たしていない

 ▽「いまあるもの」で何とか
  するのが医療
 ▽医師は被害者意識を捨てよ
 ▽数値と事実で議論を
 ▽医師も弁護士型の
  専門家集団にすべき
 ▽「医療理念法」(の制定)を
―の5つを挙げている。

このうち、
医師
応召義務を果たしていない」
の中で信友氏は、
次のように述べている。


医療問題にまつわる
ひとつ目のキーワードは、
医師応召義務

医師は、医療業務を独占している。
独占しているのだから、
必ず義務も出てくる。
それが、応召義務

たとえば電力会社は、
すべての国民に電力を
供給しなければならない。

その代わりに、地域の電力供給を
独占できる権限が付与されている。
つまり権利と義務を、
同時に持っているのだ。
へき地だから電気を供給しない、
儲からないから送らない
というとはできないのである。

医師は、医療業務を独占していながら、
応召義務を果たしていない。
これが医療のもっとも本質的な問題だ。

東京や奈良のたらい回し事件もそう。
自分の施設が満床だったら
断るということが、
習慣化されてしまっているから起きる。

『施設完結型医療』を
前提にしているなら、
応召義務も果たして
もらわなければ理にかなわない」


その上で、「『いまあるもの』で
何とかするのが医療だ。
医師が不足していようが多かろうが、
今いる人員でどうにかする。
それが医療の大原則である」と主張。

「満床だから」との理由で
受け入れを断ることに対しては、
「なぜ、許されるのか。
そんな習慣をつけたのは誰か。
医師たる者が、業務を独占しながら、
応召義務を果たさない。
いつ、医師の神経は
麻痺したのだろうか」
と苦言を呈している。

「少なくても、私たちの世代、
団塊の世代までは、
そんなことはなかったと記憶している」
とした上で、
「たぶん我々の
10歳年下からの世代から、
そういう習慣ができ上がっていった。
そんな気がしている」
と述べている。


この発言に対して、ネット上の掲示板や
ブログなどで、
医師と思われる人が激しく反論。
「なぜ医療が崩壊したのかが
全く分かっていない。
日本医療政策機構も、
こんな提言を採用したら
機構の信用が失墜する」

医療政策を提言する立場の人間が
精神論を語ることに絶望する」
などの書き込みが殺到している。

ネット上の掲示板などでは、
年末から年始にかけ、医師と思われる
書き込みや、患者サイドからの
書き込みで議論が白熱した。



■「ネットで暴走する医師たち」が拍車?

加熱する医療側と患者側との議論に
拍車をかけているのは、
今回の緊急提言だけではない。

昨年12月に出版された
「ネットで暴走する医師たち」
(鳥集徹著、WAVE出版)では、
医療事故が法廷で争われた
奈良県立大淀病院事件、
杏林大学割り箸事件、
福島県立大野病院事件などについて、
医師と思われる人が
ネット上の掲示板などで遺族らを
「誹謗中傷している」と
激しく批判している。

さらに同書では、
「ネット公論の危険性」を指摘し、
医師らが匿名で
書き込むことを非難している。

 
書籍のオンライン
通販サイト「Amazon」では、
同書に対するコメントが
1月16日現在で209件寄せられており、
その多くが同書に
批判的な内容になっている。
最も高い評価を受けているコメントは、
次の通り。


「筆者はわざわざ本を出版して、
ネットを見ていない人たちにまで
悪評を広めてしまうのだろう。
医師側と患者側の争いを
煽っているようにしか思えない。

それに、これらのことを
批判するのであれば、
マスコミ・患者側の医療者側に対する
誹謗中傷、さらには
多少飛躍かもしれないが、
医師たちの不満の原因である
医療現場の疲弊・医師の過労死、
大学病院の薄給などについても、
同列に述べていくべきではないのか。

このような記述では一部の医師たちも
反発するだけではないのか」


同書の「あとがき」によると、
中央社会保険医療協議会で
委員を務めている勝村久司氏
(連合「患者本位の医療を確立する
連絡会」委員)が、著者に
「誹謗中傷の本書かへん?」
と電話で依頼したという。

勝村氏は、陣痛促進剤の事故で
長女を亡くした京都府の高校教師で、
患者や遺族の立場から
幅広く活動している。

公的な立場にあるだけに、
「遺族への誹謗中傷」に対して
反論するよりもむしろ、
医師患者との信頼関係を
回復する方向に
目を向けることはできないものか。


「2009年1月16日:yahooニュース、CBニュース」



ちなみに、この記事で
物議をかもした
って言われているのは、
これっすね。

「 【緊急提言】第8回「医師は被害者意識を捨てよ」 -
日本医療政策機構(2008年12月18日)」



国や厚生労働省と関わりが深い。
っていう事は、日本の
医療制度を作る側の人
っていう事ですよね。

一応、医師免許は
持っているようですけど。
全く現場の事は、
わかっておられないようですね。

そういう、
現場の事を知らない人間が、
医療政策を作るから、
日本の医療は崩壊した。

っていう現実があるのですが。
悲しいことです。

>「医師は被害者意識を捨てよ」。

とか言っていないで。
加害者意識」持って欲しいですね。
この方には。


>たとえば電力会社は、
すべての国民に電力を
供給しなければならない。

その代わりに、地域の電力供給を
独占できる権限が付与されている。
つまり権利と義務を、
同時に持っているのだ。
へき地だから電気を供給しない、
儲からないから送らない
というとはできないのである。



どうやら、電力についても
勘違いされているようです。

電力会社は 電気代を
自分たちで決める事ができます。
まあ、国に認可してもらうんですけどね。
でも、基本的には
電気代は電力会社が決めます。

でも、医療費っていうのは、
国が決めるから。
病院が勝手に決める事は、
できないんですよ。


それに、
電気代払わない人に、
電気を止める
事もできるでしょ。

でも、医療費払わないからって、
患者を診ない
っていう訳にはいかないんですよ

それが、「医師応召義務
ってもんです。


更に、電力供給を独占しているのは
電力会社であって、
電力会社の社員ではないですから。

電力会社医師個人を比べても、
意味ないでしょ。


医師は、
 医療業務を独占していながら、
 応召義務を果たしていない。
 これが医療
 もっとも本質的な問題だ。


医師応召義務の事を
理解していないで、
そういう事を言うのが問題なんですよ。
そういう人が、
医療政策を作る立場にいて、
精神論で物を言う。
そういうのも問題なんですよ。


一番の問題は、
医師の数が少なくて、
患者の数が多すぎて。
それで、患者を受け入れる事が
出来ない場合がある。

っていう事ですよ。
それが「本質的な問題」。

いわゆる「医師不足」。

医師応召義務を果たしていますが、
残念ながら、神様ではないし。
分身の術も使えないですから。

人間ですから、限界もあるんです。
だから、「受け入れ不能」、
「手一杯で対処できない」

という事もあるんです。

臨床現場を知っている人間であれば、
医師免許がなくても
わかる事なのですが。

>『施設完結型医療』を
 前提にしているなら、


これ、何十年も前なら
出来るのかもしれませんが。

これだけ医療が専門化しちゃうと、
そもそも無理
なんですよ。

今の医療の事を知らないから。
前提が違って話しているから、
こういう訳のわかんない話が
出てくるんですよ。


>「少なくても、私たちの世代、
団塊の世代までは、
そんなことはなかったと記憶している」
とした上で、
「たぶん我々の
10歳年下からの世代から、
そういう習慣ができ上がっていった。
そんな気がしている」



きっと、何十年も前の話なんでしょうね。
その頃の医療っていうのは。

私が専門の心筋梗塞を例えに出すと。

心筋梗塞の患者が来ました。
はい、安静にしていて下さい。
入院は2、3ヶ月です。

という治療ですね。
その頃の治療だと、
10人に3人くらいは亡くなります


今の医療っていうのは。

心筋梗塞の患者が来たー。
夜中だろうが、徹夜明けだろうが、
循環器内科医、集合ー。

緊急の心臓カテーテル検査をやって。
そいで、緊急の血管内手術ですね。
心臓カテーテル治療っていうやつです。

そいで、その後にいろんな薬を出して。
心臓のエコーとか、いろんな検査して。
心臓リハビリテーションも
どんどん進めて。
2,3週間で退院です。
軽症なら、もっと早いです。

そういう患者さんが、どんどん来ます。

重症だったらICUっていう
集中治療室とかに入って。
人工呼吸器をつけたり、心臓の動きを
補助する機械なんかつけたり。
いっぱい点滴もして。

何十年前だったら、亡くなっているような
重症の患者さんも
助けられるようになって。


10人のうち、1人かそのくらいですね。
亡くなる患者さんは。

それで、いろんな検査もするから、
それに対する説明もたくさんあるし。
書類もたくさんある。

入院患者の在院日数が短くなったから。
その分、何倍もの患者の数を診ている


はっきり言って、何十年前とは、
医療の質も全然違うし。
患者の数も違います。


私の頃はそうではなかった、
っておっしゃられていますけど。

そもそも、仕事の量が
全然違うんだから。
比較になりませんよ。

その時に、数倍の仕事量があったら、
本当に全部こなせたんですかね。



手一杯のところで受け入れたら
助からない患者
がいる。
手が空いている病院なら
助かるかもしれない、
という患者
がいる。

そういう患者がいたら、
より助かる可能性が高い、
手の空いている病院に行って貰う

というのが、医学的にも正しいです。

医師であれば、
わかる事だと思いますが。

自分が手一杯でも、隣の病院なら、
手が空いているかもしれない。
それなら、隣の病院に行ってもらおう。

というのが、いわゆる「たらい回し
という事ですよ。

単に医師免許を
持っているだけの人
には、
どうやらわからない事のようですけど。

じゃあ、何故医師
手一杯になったのか。
病院が満床になったのか

というと、
今までの医療政策の間違いとか。
患者の数が増えたとか。

むしろ、そういう問題の方が大きくて。

それが「本質的な問題」ですよ。



>同機構の設立趣旨は、
 「諸外国において質の高い
 医療政策を生み出している
 医療シンクタンクの
 理念を日本にも導入」
 すること。

>数値と事実で議論を


という事のようですから。
諸外国で、「医師応召義務
がある国
を教えてもらいたいですね。

諸外国と比べて、
日本の医師数はどうなのか。
1人の医師が診る
患者の数はどうなのか。
医師の勤務時間はどうなのか。


そういう事を、きちんと数値を出して
論じてもらいたいものですね。

単なる「精神論」ではなくて。



医療医師には限界があるんですよ!
クリックすると、アマゾンに飛びます。

→ 医療の限界
小松 秀樹 (著)


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
初めまして。
こちらは、ttp://hpij.exblog.jp/10052772/ で読みました。
ですから随分前に医療の案件が少ないうちの事務所でも話題になりました。

どうやらご本人は「数値と事実」で議論したいそうですから、取り敢えず私は次の数値を示して欲しいです。
1.「他人を信じなさい」と主張するからには、それができていないという現状分析があってのこと。ではそのお医者さんの数は?
2.「被害者意識」を持ってるというお医者さんの数。

私の知るお医者さんにはいないので是非数値で知りたいです。なんだか「お医者さん」=「悪」の公式がご本人にはあるような・・・

あと、素人発想で恐縮ですが、
「そもそも医療は、今あるものでどうにかするものだ。」ということなら、例えば交通事故で重体の人を取り敢えず近くの町のお医者さんのところに救急搬送してそこであるもので処置しろということなのでしょうか?

追加。
同じ事務所の者の感想です。
当該記事を書いたご本人は途中で私たち弁護士とお医者さん云々と主張しているのですが、お医者さんの「応召義務」と私たちのそれは違うのに(注:ご存知かもしれませんが私たち弁護士は案件、相手を選べますので)、一緒に書かれてもなあ・・・と。

折角のI先生のエントリ、字が重なって少々読み辛いのが残念です。

初めましてなのに失礼いたしました。無礼があれば削除してください。
より[URL] 2009/01/16(金) 22:36 [EDIT]
そういうこと?
私は非医療者ですが、これはあまりにもひどい。
吐き気がしました。

九大の医学部に関わる人たちは
この人が教授で恥ずかしいと思わないのでしょうか。
このような発言をなぜ許しているのでしょう。
九州大学の付属の病院と
九州大学出身のお医者さんの勤める病院では
廊下で重症の患者さんがごろごろ寝かされているってことですか?
私は九州大出身のお医者さんを非難しているわけではありません。素人の素朴な疑問です。
でもI先生が私のコメントが失礼にあたるとお考えの際はどうぞ削除してください。
かな[URL] 2009/01/17(土) 00:03 [EDIT]
久しぶりにコメントさせて頂きます。

「ネットで暴走する医師たち」の黒幕は勝村氏でしたか。
お医者さんと患者を対立させたいようですね。
困ったもんだ。まったく。

akagama先生のとこにも書いたのですが、
信友さんはご自分が構築されシステムで働いてみるべきですね。最前線の一兵卒として。
DH98[URL] 2009/01/17(土) 10:52 [EDIT]
あきれはてた……
Dr.I様>
 いやはや、あきれ果てた人が日本の決めているんですね。
 医療に限らず、日本の指導者は「必要性はどうあれ、とにかく今あるもので何とかしろ」っていう「精神論」で物事を解決できると思い込むことが多いですが、それが戦前の旧日本軍のインパール作戦の悲劇や、近くでは有能な部下が抜けた穴を埋めるために必死に働いた挙句、持病を悪化させて死亡した中間管理職に対して「本人の自己管理がなってなかった」ということで労災認定を拒否した(裁判で否定されましたが)りといった悲劇を生み出しているわけですが、全くわかってないようですね(嘆息)。
Lich[URL] 2009/01/17(土) 11:50 [EDIT]
この件
色々なところで取り上げられてますね。
医師求人[URL] 2009/01/17(土) 13:04 [EDIT]
どちらかというとお笑い種
そもそも自分は医学部を卒業しているくせに、応召義務どころか医者でさえないのに・・。どう言い訳するつもりなんでしょう。

代わりに研究をしているとでも言うのでしょうが、この提言を読む限り、研究の成果らしきものは何も見えてきません。精神論の研究なら医学部を出なくてもできます。

医学部を出て、医者にならず、医学的な研究成果もない。この提言はそういう人にこそ読んでもらいたい。
それが書いた本人というオチですか?
田舎の医者[URL] 2009/01/17(土) 13:12 [EDIT]
この信友浩一氏は、
本当にこの内容を現場の医師に向かって話せるのでしょうか? 厚労省など「おかみ」を意識して話しているとしか考えられません。
この教授を今年の救急学会や産科学会にお呼びして講演してもらうのはいかがでしょう。
テキサン[URL] 2009/01/17(土) 20:38 [EDIT]
>よりさん
ほんとに、数値で示して欲しいですよね。
なんか、先入観で、現実を知らずに書いてるっていうのが、みえみえで。
これで教授っていうのが、すごいです。

字が小さくてみにくい、っていう意見がいくつかあったので。
最近、字を大きくしてみたんですよ。
ブラウザによっては、重なって見にくくなってしまうのですかね。
すいません。
もうちょっと、工夫してみます。

Dr. I[URL] 2009/01/17(土) 20:56 [EDIT]
>かなさん
多分、九州大学でも、実際に臨床で頑張っている人は、えらい迷惑だと思いますよ。

Dr. I[URL] 2009/01/17(土) 20:58 [EDIT]
>DH98さん
すぐに削除されたみたいっすよ、この部分w
ホントは、自分で書く予定だったみたいですけど。
叩かれるとわかっていたから、人に任せたって事なんでしょうかね。

Dr. I[URL] 2009/01/17(土) 21:00 [EDIT]
>Lichさん
人には数値でって言ってるのに、自分は安全な場所で、精神論で語る。
こういう人が政策を作ったりするから、医療は崩壊するんですね。
Dr. I[URL] 2009/01/17(土) 21:02 [EDIT]
>医師求人さん
どうやら、そうみたいですね。
まあ、こんな事書いたら、しょうがないでしょ。
Dr. I[URL] 2009/01/17(土) 21:04 [EDIT]
>田舎の医者さん
どちらかというとお笑い種 っていうか、完全にお笑い種ですかねw

きっと、立派な医者なんでしょ。
肩書きが立派だから。
Dr. I[URL] 2009/01/17(土) 21:06 [EDIT]
>テキサンさん
完全に、「おかみ」を意識して話しているんでしょうね。
そうやってきたから、今の地位にいるんでしょうか。

現場に行って話してもらったら、おもしろいですねー。
是非行って貰って欲しいです。
Dr. I[URL] 2009/01/17(土) 21:09 [EDIT]
団塊って言うな
言っていることがダメダメなのは皆さんの仰るとおり。
今更付け加えるつもりはない。
でも、こんな馬鹿な内容で団塊なんて言うな。
団塊の一員として迷惑じゃ!(怒
bamboo[URL] 2009/01/18(日) 09:52 [EDIT]
>bamboo先生
ホント、そうですよね。
昔は、昔は、って言っている人に限って、出来ない人間だ。
っていうのは、どこに行っても同じようですね。
Dr. I[URL] 2009/01/18(日) 18:13 [EDIT]
>よりさん
字の大きさですが、マウスのスクロールホイルをCTRLを押しながら回すと字の大きさがかわりますよ(^O^)/<マウスおせいで違ったらごめんなさい
リュート[URL] 2009/01/19(月) 06:51 [EDIT]
鳥集本でまた貴方の07年10月2日の記事「医師が侮辱罪2」が取り上げられていたけど、いい加減これ消さないの?本を読んだマスコミ関係者によって去年の東京新聞みたいに、トンでも医師(ブログ)の代表としてまた先生が記事のネタにされるよ。
というか、新聞に自分のブログが批判的に取り上げられたら、普通は驚きビビると思うんだけどどうしてそんなに先生は危機意識がないの?
質問です[URL] 2009/01/19(月) 11:34 [EDIT]
>リュートさん
おー、それは私も知りませんでしたわ。
知らない人も多いと思うので、本当は前のと今のと中間くらいの大きさにしたいんですけどねー。
Dr. I[URL] 2009/01/19(月) 22:57 [EDIT]
>質問ですさん
うーん。
危機感がないというつもりはないんですが。

多分、医師ブログがなくなる、っていう事がああいう人たちにとっては、一番助かることなので。
記事を削除したり、ブログを書かなくなったりしたら、相手側の思う壺っていう感じがするんですよねー。

本当に誹謗中傷する記事を私が書いてしまって、誰かがそれを正しく指摘してくれた、とか。
正式に削除依頼があれば、また別なんですけどね。
Dr. I[URL] 2009/01/19(月) 23:00 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2009/01/20(火) 19:42 [EDIT]
質問です殿

I先生の記事と
鳥集本のどちらが正しいかは明らかです。

今の時代、ちょっと調べればわかるでしょう
このブログは素晴らしいと思います[URL] 2009/01/20(火) 22:13 [EDIT]
>このブログは素晴らしいと思いますさん
まあ、きちんとした人は、いろいろ調べたり、内容を見ていただければわかると思うので。
それで十分ですよ。
Dr. I[URL] 2009/01/21(水) 00:11 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2009/01/21(水) 11:14 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2009/01/22(木) 20:26 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

団塊と言うな
 「近頃の若い者は」と言う老人の繰り言は昔からあった。団塊の世代が老人となった今、そのように言う者もいるだろう。団塊の世代だけが特別に愚かなわけではない。でも、愚かな人に過大な発言権を与えてはいけないと思う。「医師は応召義務を果たしていない」、ネットで...  [つづきを読む]
医療報道を斬る | 2009/01/18(日) 11:05
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず