現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
県立延岡病院、医師6人退職
県立延岡病院で、医師が6人も
退職するみたいっすね。

今の時代、医局の力なんて、
そんなに大きくないのに。
医師が撤退するのは医局のせいだ。
医局が悪いんだ。
という論調は、
はっきり言って間違いです。

病院から医師が出て行くのは、
病院側の問題も大きいんですよ。

特に、県立延岡病院の場合は、
ずっと前から、医師の労働環境が
悪いから改善してくれ。
って言っているにも関わらず、
病院側は、対応していませんから。


それで医者が辞めたら、
医師医局の責任ではないでしょ。
それって、病院側の責任でしょ。

たしかに、このブログでも何回も
書いていますけど。
日本の医師数は少ないですよ。
他の先進国と比べたら。

でも、医師の数自体は
増えているんですよ。
少しずつですけどね。
医局の力は衰えたけど、
まだ地方の病院に一定の医師
派遣する能力は持っています。

ただ、医局に属する
医師の数が減ったから、
医師に対する待遇の悪い病院から
医師を引き上げている。

というのが現実です。

医師の数が少ないんだから。
今までどおりの病院全てに、
医師を派遣する事は不可能ですよね。
物理的に。

だから、医師への待遇の悪い病院には
医師を送らないで。
待遇の良い病院から派遣していく。
というやり方は、普通ですよ。



医師の待遇というのは、
単に給料の事だけではありません。
医師のやりがいだとか、
働きやすさだとか。
医師から改善の声が上がった時に、
どれだけ意見を聞いてくれるのか。
とか。

そういった要素も
結構大きいと思います。
にも関わらず、都合が悪くなったら、
医師個人や医局の責任にする病院

そんな病院に、これから来たい、
っていう医師は少ないでしょうね。



延岡病院医師確保問題

■“患者不在”の
派遣協議労働環境整備難航

3月末までに医師6人が
退職の意向を示している
県立延岡病院(楠元志都生院長)の
後任医師確保が難航している。

背景には、同病院の過酷な
労働環境に対する派遣元の
医局の不満や、医局の複雑な
内部事情がある。

医師がいなくなれば
最も困るのは患者だが、
派遣協議は医師が働く
環境整備に議論が集中し、
患者不在”のまま進んでいる。

 
医師が退職すれば、4月以降、
病院では腎臓内科と
神経内科が休診に追い込まれる。
腎臓内科の患者は、心臓、
肝臓病などとの
合併症患者がほとんど。
年間の患者数約200人の
およそ7割が救急患者だが、
休診になればこの受け入れが
完全にストップする。

県北地区にはほかに
対応できる病院がないため、
急患は宮崎市や県外の病院
約2時間かけて
搬送されることになる。

延岡市腎臓病患者会の
岩田数馬会長(55)は
「(医師不在で)どんな状況になるか
非常に不安だ。
万が一という事態があり得る」
と懸念する。

 
神経内科では、年間約250人に
上る脳梗塞(こうそく)患者
対応できなくなる。
このため、両内科に入院している
患者約40人は、3月末までに
宮崎市などの病院への
転院を余儀なくされる。

両内科には、延岡病院
関連病院と位置づける
宮大医学部に4つある
内科の医局医師
派遣してきた。
医師確保について、
ある医局関係者は
「内科全体で前向きに
話し合っている。
早く結論を出したい」
と説明する。

 
しかし、派遣協議は難航。
延岡市内には深夜帯
(午後11時―午前7時)に
軽症患者を診る医療機関がなく、
本来は重症の救急患者
対象の同病院の当直医が
受け入れているため、
夜間当直を輪番で担う
医師の負担が重いことも一因だ。

近年は新医師臨床研修制度の
影響で同病院医師総数が
減っていることから、
医師1人当たりの当番回数が増え、
昨秋には、宮大が医局に戻す
予定の腎臓内科医が
過労で倒れた経緯もある。

 
内科医局関係者は
延岡病院は労働環境が悪く、
10年前から県や病院に
待遇改善を求めてきた。
が、聞き入れてもらえなかった。
それでも医師を派遣してきたが、
今は誰も行きたがらない」
と明かす。

ただ、当の内科医局
医師を相次いで引き揚げたことが
労働環境悪化に
つながっている事実もある。
同大は今回の6人中3人のほか、
昨年4月以降だけでも
消化器系内科医1人と
腎臓内科医1人を
大学に戻したため、
消化器系内科は休診となった。

 
後任医師が決まらない一方で、
内科医局は民間病院には
医師を派遣している。
ある関係者は
「大学内のほかの医局や、
ほかの大学の医局なら、
民間病院医師を減らしてでも
医師不足の公立病院
派遣させる」
と内科医局の対応に
納得がいかない様子だ。

 
既にアルバイト医師の派遣、
医療秘書採用などで
医師の負担軽減策を
図っている県病院局は
「九州内の大学に独自に
医師派遣を要請しているが、
厳しい状況。
あとは(宮崎)大学からの
返事を待つだけだ」
と同大の対応を見守っている。


『2009年2月8日:宮崎日日新聞』


本文にも書いてある通り、
10年以上前から医師の待遇改善を
要求している。
それにも関わらず、何の対応もしない、
過労で医師が倒れるような病院


こんな病院で働きたいと思う
医師がいると思うんでしょうか。
医局っていうのは、大事な医師達を
預かっているところですよ。

そんな病院に大事な医師
派遣したい医局なんて
なくて当然です。

医局医師を派遣してくれないから、
医師が減るのは医局のせいだ。
なんて言っている病院病院ですが、
その意見を鵜呑みにして
記事にする新聞も同罪ですね。


ちなみに、県立延岡病院は、
病院医局から院長が辞職勧告
受けたりしていますし。

98年の開設時から
救急救命センターの看護師数が
不足しているのに、
嘘の申請書を出し、麻酔科医が
辞職しても専任の医師が存在する
と誤摩化していた病院です。

前にも同じような事があった病院
言い方悪いけど、
前科」があるんですよ。

証拠として、県立延岡病院関係
過去の記事を出してみましょうか。



[余響]宮崎県立延岡病院
麻酔医一斉退職
地域医療のあり方考える契機に

西日本新聞社
2003.03.12 西部夕刊 7頁 


大分医科大から派遣されていた
麻酔医五人全員が一斉退職する
という異常事態に直面した
宮崎県立延岡病院(延岡市)。

応援医一人しかいなくなった
救命救急センターの
取材をしてから、救急車の
サイレンを聞くたび、
「大事にならなければいいが」
と胸が締めつけられる。

麻酔医たちによると、
救急体制の充実を病院幹部に
再三具申したが、
受け入れられなかった。
だから、地域医療の向上を願って、
退職という強硬手段に出たという。




県立延岡病院
麻酔医5人辞表提出 
院長、副院長の辞任要求

医局会 /宮崎 毎日新聞  
02年12月14日


延岡市の県立延岡病院
麻酔科の医師5人が今月末での
辞表を提出している問題で、
病院医師で組織する
医局会(金山壽一会長、64人)は、
本田正之院長と児玉英昭副院長の
辞任を求めた要望書を
県と院長に提出した。
【椎葉昭夫、奥田伸一】


◇対応への不信隠さず

13日に延岡市で会見した
医局会の落合隆志外科部長は
要望した理由を
「県も病院も今回の事態に
至った経緯を何も説明していない」
と話し「対応次第では別に
退職する医師が今後出
てくるかも知れない」
と県、病院側への不信感を
隠さなかった。

麻酔科医の5人は年明けからの
就職先が決定しているという。

落合部長ら医局会は
「麻酔科問題はこの5月からだが、
病院の改善問題は
以前から出されていたようだ。
県と病院幹部の対応では
麻酔科医の撤退はやむを得ない」
としている。

また、医局会は本田院長と県に
質問状も提出。
院長には麻酔科医の
退職に至った経緯と後任人事の
説明を求め、県には今回の事態に
対しての認識や今後の対応、
医局会との意見交換の場の
設置を要望した。




ヨーク考えて04年には
前知事まで頭を下げたのですが、
現状はこの通りです。

一度ならず、二度も同じような事を
繰り返す病院
に、
更に医師を派遣する医局
あるんでしょうかねー。


大学の医局に頼るのは
無理なんですよ。
ずーっと前から労働条件悪い
って言ってるのに変らない。
じゃー、しょうがないですよ。
医者が来なくなっても。

患者不在ってなんですか?
じゃー、医者にひどい労働条件で
働きつづけろって事ですかね。



1年くらい前の新聞記事ですが。

延岡の選挙区の県議会議員は、
東国原知事に、地方への
医師の強制配置を
法律化するように、陳情した。


と書いてあったそうです。


どうやら、悪いのは病院だけ、
って話ではないようですね。

県立延岡病院の詳しい話は、
Yosyan先生のブログも参考にしてね!

『宮崎県立延岡病院』
『何処も同じ論説委員』


誰のせいで、日本の医療は
崩壊しているんでしょうかねー。

→ 
誰が日本の医療を殺すのか―「医療崩壊」の知られざる真実


ブログランキングの応援もよろしくね!
 ↓ ↓ ↓







スポンサーサイト
この記事へのコメント
考え方が……
Dr.I様>
 どうにも、病院側が根本的に考え方がおかしいですね。
 世が不況で解雇者が増えている、とは言え、労働環境を全く改善しようとしない職場(延岡病院)に、不足している労働者(医師)が来ると考える方がおめでたいとしか言いようが無いですね。おまけに、医師がいなくなったら医局が悪い、とは……。精神力で勝てる、と考えた旧日本軍と変わらない思想ですね、呆れたものです。
Lich[URL] 2009/02/16(月) 06:59 [EDIT]
学習能力が無いのか、元々民意が低いの・・・両方でしょうね。


医師には

「基本的人権」

ってものが適応にならないと・・・orn
風はば[URL] 2009/02/16(月) 14:07 [EDIT]
雇い主である県の責任
でしょうね。県のお役人の考え方をどげんかせんといかん
のではありませんか
元外科医[URL] 2009/02/16(月) 16:18 [EDIT]
>Lichさん
誰がどう考えても医師や医局のせいではないと思うんですが。
人のせいにするような病院には、今後も医師が来る可能性は低いと思います。
Dr. I[URL] 2009/02/16(月) 21:03 [EDIT]
>風はば先生
両方でしょうねー。
どっちも駄目駄目ですね。
Dr. I[URL] 2009/02/16(月) 21:07 [EDIT]
>元外科医先生
たしかに、病院そのものよりも、県の姿勢がいただけませんね。
役人と、政治家、そして政治家を選んだ県民の責任もありますね。
Dr. I[URL] 2009/02/16(月) 21:09 [EDIT]
はじめまして
初めてコメントさせて頂きます★
いつも興味深く拝見させて頂いてます。医療現場の現状を違う視点から視てきた者です。医療にしても福祉にしても国、県、市、身内であっても面倒な所は全て現場に丸投げし、現場の声が患者さんの声も含まれていたとしても他人事のような応対で、現場の言い訳のように対応される事がしばしばありました。

身内であってもそんなです。人様の税金で成り立っているんだから当たり前と、現場の改善を求める意見書などほとんど通る事などありませんでした。
同じ身内でも日勤定時で上がれる方々には通じないでしょうね。

数年前の三大改定に伴い尻拭いをさせ、丸投げをし、本来の業務におまけをつけまくり、仕事量への想像力の無さと無知さ加減に辟易していました。

マスコミの書くこと、病院叩きのスペシャルTVなどつっこみ所満載ですね。
所詮外から覗いているだけですから★

長くなってすいませんでした。
元MSW[URL] 2009/02/17(火) 02:16 [EDIT]
言葉になりませんね・・・
県はなにやってるんでしょ(怒)
ABC[URL] 2009/02/17(火) 15:19 [EDIT]
>元MSWさん
はじめまして。
結局、自分が痛い目に合わないとみんな動かないですからねー。
Dr. I[URL] 2009/02/17(火) 22:49 [EDIT]
>ABCさん
ほんと、何やってんだか。
あきれて物も言えませんわ。
Dr. I[URL] 2009/02/17(火) 22:51 [EDIT]
http://www.asahi.com/kansai/kouiki/OSK200902190117.html
-----------------------------------------

広島大学病院小児科医局の医師10人が今年度末で辞職することが、広大への取材でわかった。ほかに、昨年9月からすでに2人が辞職し、今年4月以降も1人が辞める見込み。4月に後期研修医7人が入局するが、同医局がこれまで通りに地域の各病院に医師を派遣するのは困難で、小児医療が十分提供されなくなるおそれがある。
-------------------------------------------
広大の小林正夫教授(小児科学)は「大学病院以外の病院にも地域の病院への派遣機能を持ってもらわないと、地域医療は破綻(はたん)する」と話している。
-------------------------------------------

大学の講座(医局)(研究室)はお前らの尻拭いをする下請けじゃないよと教授が言っておられます。
ひろしょう[URL] 2009/02/20(金) 16:05 [EDIT]
>ひろしょうさん
前は医局が悪だ、って言ってたのに。
都合が悪くなったら、やっぱり頑張ってね。
って言われても、知らんわ、って事っすよ。
まあ、当然ですよね。
Dr. I[URL] 2009/02/22(日) 23:05 [EDIT]
ここのブログ国の文句言い過ぎ。
開業医がノホホンと偉そうに働いている事は何も思わないのですか?普通考えるでしょ。
あなたの親が開業医だから?
勤務医[URL] 2009/02/28(土) 01:45 [EDIT]
>勤務医さん
私の親は開業医でもなんでもありません。
開業医で問題のある人もいることは事実ですけど。
勤務医と開業医で仲間割れするのは、得策ではありませんので。
言うべき事は言っていますけど、過剰な事は言わないようにしています。
Dr. I[URL] 2009/02/28(土) 19:48 [EDIT]
医局が悪い→医局の影響力を低下させるため、国は臨床研修医制度を始めたわけで、今更、医局を持ち出す発想そのものが理解できないですね。




くろーばー[URL] 2009/03/01(日) 20:12 [EDIT]
>くろーばーさん
そうなんですよ。
医局つぶしの為に作った制度なのに、都合が悪くなったら医局に助けてくれ、って言ってるようなもんですよね。
ちょっと都合が良すぎですね。
Dr. I[URL] 2009/03/03(火) 20:27 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

??/?β
???????????塢?餻?ä??奢??ä??????餺?????????????Τ?¿? ?β??Τ?礦 ????Τ褦?Τ??? º???????ζ?Ρ???????Ф????η????¤???Υ??奢?????????Ф?????ΥΤ????????å??????褦???Τ??ä??ΤΤ??ä????  [つづきを読む]
?///å?????å?[????Υå?] | 2009/02/16(月) 14:59
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず