現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dr. Iのブログがasahi.comで紹介
な、なんとDr. Iのもう一つのブログ
「やぶ医師のつぶやき」~健康、病気なし、医者いらずを目指して


が、5/22にasahi.comで紹介されました。

それが、こちら。
asahi.com



gooでも紹介されています。
goo ニュース



おかげさまで、本日だけで約3万人の方に来て頂いております。
そこで、このブログのコンセプトというか、私の考えを改めて紹介させて頂きます。

このブログは、現役の医師 Dr. Iが新聞やネットなどに出た、医療に関するニュースや、医療界の裏話、研修医の話、映画やドラマでよくある医学的な場面の解説などを行っているわけですが。


あくまで、Dr. Iの独断と偏見によるものです。


一般の人達も多く見ておられますので、おもしろおかしく、わかりやすくする為に、

誇張や、わざとおもしろく書いている事もあります。

また、私は今までに一般病院数カ所と大学病院で勤務及び研究をした経験があるのですが、


あくまで私個人の経験というのを元に、このブログを書いております。

ですから、病院によってとか、地域によって、科によって等、医者の中でも、いろんな意見があるのは当然だと思います。


ですから、あくまでも末端の一医者の意見として読んで下さい。

私の意見が全てではありませんし、いろんな意見はあって当然だと思います。

 asahi.comで紹介された記事


で、耳鼻科医皮膚科医の先生を悪く言っているような表現がありましたが、その表現自体に関しては、確かに一生懸命働いている耳鼻科皮膚科医師に対して失礼な意見だったかもしれません。
もし気を悪くされた方がいらっしゃいましたら、その事に対しては謝ります。

耳鼻科医の先生のご指摘の通り、その部分だけを見たら耳鼻科医は楽している、というような印象を与えてしまったかもしれません。
私の知り合いの耳鼻科医でも毎日遅くまで外来や手術をしている先生もおられますので、全ての耳鼻科医がそうだと言うつもりは全くありません。

私が言いたかった事は、事実として

1, 産婦人科、小児科、脳外科等の科に比べて、耳鼻科、皮膚科、眼科等の科の医師は夜中等に緊急で呼ばれる事は少ない。

2,若手医師、大学病院敬遠


の記事や
asahi.com


の記事でも書いてあるように、今年新しく医者になった医師形成外科、皮膚科、麻酔科、耳鼻科に多く入り、脳外科、産婦人科、小児科等になった医師は少ない、と言う事です。

皮膚科や耳鼻科の先生達を悪く言うつもりは決してありません。
それぞれのお医者さんは、一生懸命に仕事をしていらっしゃる方が大半だとは思います。



あくまで私の知る限りの知識ですが。

医者(勤務医)の給料は普通のサラリーマンよりは、総額は少し多い位だと思います。
しかし、大企業の社員とはそんなに変わらないくらいだと思います。

チーム制をとっている病院もありますが、私のように主治医として入院患者を診ている場合。
医者は自分の患者がいる限り、土日、祝日でも基本的には毎日病院に行きます。

ですから、完全な休みというのは、一年のうち正月と夏休みと合わせて10日位という医者も多いです。

普通の会社でも残業等はあるとは思います。
もちろん医者も9時5時で終わる人はほとんどいません。
しかも医者の場合は、急患が来れば24時間365日、どんな夜中でも、何をしていても呼ばれます。

当直をしてもその次の日は朝から晩まで働らかされて、36時間連続勤務等は、どこの病院でも当たり前にやっています。

しかも、訴訟のリスクを常に抱えています。

最近では新聞やテレビ、ネット等でも医療訴訟の話等が多く、医者が悪者にされる傾向があります。

そういった環境で、勤務医の給料は、ちょっと良い会社の給料と総額で同じ位です。
時給にしたら、間違いなくそれをはるかに下回ります。

地方に行けば行くほど、医師の数が少なくなって、医師1人当たりの仕事が増える為、益々地方に行く医者が少なくなるという悪循環があります。

小児科や産婦人科等の医者は、更にそれ以上働いている現状があります。

そういった現状がありながら、医者の数は足りているはずだ、と言う人達。
全く現場の事をわからない役人達が作っているシステム。
例えば2年前から始まった研修医のシステム
研修医のシステム


こういう現状やシステム、それらを作った人達に物申す為。
実際の医療の現場はこんな風だ、というのを、一般の人達に少しでも知ってもらうために、私はブログを書いております。

現状のままだと、大変な事になる。
手遅れになる前に、なんとかした方が良い。

という事を現場の一医師の立場で訴えているんです。

その一例として、科によって給料を上げた方が良いのではないか、という意見を言ったのです。

本来であれば、能力給の方が良いとは思いますが、能力を評価するのが難しい現状では、科によって給料を変えるというのが、一つの手ではないか、という事です。

決して特定の科の医者が働かないとか、そういう事を言っているわけではありませんので、そこら辺はご了承下さい。

これからも過激と思われる発言があるかとは思います。
そういう時に、反対意見でも構わないので、意見をいただけるとありがたいです。
明らかな荒らしや、誹謗中傷のたぐい以外は、必ずコメントを返しますので。

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
興味のある人はブログの左サイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
なんとか健康部門第3位っす。
一位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓




スポンサーサイト
この記事へのコメント
こんばんは
先日はコメントをいただき、ありがとうございました。
入院して見ていると、院内に住んでいるの?と思うほどお休みのない先生ばかりで、お体が心配になります。
また、お休みを取られたとしても、気がかりな患者さんがいれば病棟へ連絡を入れていらっしゃって、ありがたいと思います。
責任もあって大変なお仕事と思いますが、頑張ってください。
リンクさせて頂きたいのですがよろしいでしょうか?
go-hospital[URL] 2006/05/23(火) 00:45 [EDIT]
こんばんは!
う~ん、毎回勉強させていただいております。

やはり科による労働格差はあるのでしょうか。

美容整形外科は減少など、あまり聞きません‥
★行列のできる医学部合格をつかむヒント★公開中[URL] 2006/05/23(火) 05:08 [EDIT]
>go-hospitalさん
はじめまして。
ありがとうございます。
医者にもよるとは思うのですが、多くの医者はそういうものだという事をわかって頂きたいです。

もちろんリンクは構いませんよ。
こちらも貼っておきましたよ。
Dr. I[URL] 2006/05/23(火) 07:31 [EDIT]
>★行列のできる医学部合格をつかむヒント★公開中さん
科による格差も大きいと思いますし、地域差、病院差、個人差もかなり大きいと思います。

病院によって給料は違うのですが、同じ病院同士の医者では、たいていは医者になって何年目というので、給料は決まってしまいますからね。

美容形成が悪いとかいうつもりは全くないのですが、命に関わる大変な科に行く医者が少なくなると、困りますよね。
Dr. I[URL] 2006/05/23(火) 07:34 [EDIT]
バンバンお願いします!
このようにブログが注目されると
言いたい意見もなかなか・・・
などとなるかも知れませんが、今までどおりバンバンお願いしますね(^-^)
医師だけでなく、薬剤師業界にも理不尽な事はたくさん。
今は臨床とは少しはなれたところにいますが、
同じ医療人としておかしな医療体制はガンガン切って欲しいと思います(* ^ー゚)
やな社長[URL] 2006/05/23(火) 17:10 [EDIT]
>やな社長さん
たくさんの人が来るので、いい加減な事は言えなくなるかもしれませんが。

でも、あくまで正論というか、患者のためにもなり、医者のためにもなるような、建設的な意見は、今の行政や医師会の意見と異なったとしても、発言していきますよー。
Dr. I[URL] 2006/05/23(火) 21:10 [EDIT]
さすがDr.Iさんですねー。有名人ですねー。

>患者のためにもなり、医者のためにもなるような、建設的な意見は、今の行政や医師会の意見と異なったとしても、発言していきますよー。

そういうスタンスに共感します。
一医師の意見が世間の皆さんの目に留まってもらえるのは大変うれしいことだと思います。
これからもお互いがんばりましょうね。

ss[URL] 2006/05/23(火) 22:40 [EDIT]
>ssさん
ありがとうございます。
そうですね、インターネットが発達した、今の時代ならではって事だと思いますが。

まずは現状を知ってもらうっていうのが、大事だと思うんですよね。
そのためには、地道にこういう所で、少しづつ情報を発信するのが大事だと思っています。

これからもお互い頑張りましょう。
Dr. I[URL] 2006/05/24(水) 02:28 [EDIT]
Dr. I さま
こんにちは。
ブログが紹介されたとの事、おめでとうございます!
早速、拝見させて頂きました♪
私は医者ではないですし、医療のことに詳しい身分の者でもありません。 でも健康には常に気をつけていたいし、色々と知りたいとも思っています。
ブログが有名になると色々な意見が飛び交うようになるかもしれませんが、変わらぬDr. I先生のお話を聞いて行きたいです。 
これからも頑張って下さいね!!
em[URL] 2006/05/24(水) 13:15 [EDIT]
emさん
ありがとうございます。
そうですね。
ネット上で、一時的にブームになったとしても、それで調子にならずに、今までと変わりなくやっていきたいと思っています。
健康には気をつけて下さいね。
Dr. I[URL] 2006/05/24(水) 23:03 [EDIT]
取材の件、リョウカイです!
しかし3万人の訪問とはスゴイですね~!
さすがマスコミの影響はデカい!

読者が増えると、いろいろと読者の方との意見の相違や表現方法でツッコまれたりすることも増えるかと思いますが、これからも楽しい本音トークを書いていってください。

同学年として(?)応援しております。
てんつゆ[URL] 2006/05/25(木) 02:19 [EDIT]
>てんつゆ先生
ありがとうございます。

3万人って言えば、このブログの100倍近いですよ(汗)。
地道にやってきて、やっとここまで来たのに、一瞬でそれを大幅に越えたので、喜んで良いやら悲しむべきなのか。

まあ、これを一時のブームだけで終わらせないようにしたいと思います。

読者が増えても、基本スタンスは変わりませんからね。
Dr. I[URL] 2006/05/25(木) 23:09 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず