現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新厚生労働大臣に長妻昭氏
新しい厚生労働大臣が決まりましたねー。
「ミスター年金」、長妻昭さんですか。

正直、仙谷由人さんがなるかな、
と思っていたんですが。
彼は、行政刷新会議担当相
っていう良くわからない大臣に
なっちゃったようですね。

仙谷由人さんは、医療系の会とかで
何回か話されているのは聞いた事があって。
非常に医療に関しては理解があるので、
適任かな、とか思っていたのですが。

大どんでん返しがあったんでしょうかね。



厚労相人事に「落胆」の製薬業界 
仙谷氏有力から一転

 
民主党政権での初の厚生労働相ポストは、
曲折を経たうえで「ミスター年金」こと
長妻昭衆院議員に最終的に決まった。

直前まで有力視されていた
仙谷由人元政調会長は、新設の
行政刷新会議担当相に収まった。

仙谷氏は、大手新薬メーカーとの
勉強会を定期的に行うなど、
医薬品産業の振興に理解が深い。

それだけにメーカー関係者からは
「仙谷氏だと思っていただけに、
追及型の長妻氏だとギャップが大きい」
との声も漏れる。

長妻氏は当初、新たに設ける
年金担当相の就任が取り沙汰された。

しかし、長妻氏周辺によると、
年金問題にとどまらず厚生労働省
「そのものの改革」に強い意欲を示したという。

医療に関しても「34兆円という
とてつもない額の医療費の使い道を
ろくに検証していない厚労省は理解できない」
と、組織の抜本的見直しの
必要性を唱えていたようだ。

鳩山由紀夫首相は厚生行政だけでなく、
公共事業や農政などにも明るい
オールラウンダーの仙谷氏を、
行政全体の無駄に切り込む
行政刷新会議担当相に回し、
熱意を買って長妻氏の厚労相起用を
決断したと見られる。

民主党関係者は、「仙谷氏は政策通で
官僚とのパイプも太いことが
逆に仇になって改革ができない、
との懸念も鳩山代表にはあったようだ」
と解説する。


長妻氏の大臣就任で推し進められる
改革について、ある薬業団体幹部は
年金の保険料と給付をはじめ、
医療や介護分野も社会保障カード・番号を
導入すれば一元管理できる。
そういう方向に加速するのではないか」
と分析した。

Risfax【2009年9月17日】




この記事にもある通り、
たしかに仙谷由人さんは、
オールラウンダーっていうか、
政策通っていうか。
まあ、いろいろ知っているようですから。

行政全体の無駄に切り込む
行政刷新会議担当相


っていうのも、悪くないのかな、
とは思います。

>「仙谷氏は政策通で
官僚とのパイプも太いことが
逆に仇になって改革ができない、
との懸念も鳩山代表にはあったようだ」


というのもあったんでしょうけど。
この選択が吉と出るか凶と出るか、
ちょっと見物ですね。


長妻氏周辺によると、
年金問題にとどまらず厚生労働省
「そのものの改革」に強い意欲を示したという。


本人がどうしても厚生労働大臣をやりたい
って言ったという事なんでしょうかね。

個人的には、長妻さんに関しては、
年金に関しては
いろいろ知っているんだろうけど。
医療に関しては素人。

という認識だったのですけど。

医療問題についても国会質疑で
政府に鋭く迫ってきた。


という事らしいので、
多少はわかっているんでしょうか。



☆中医協18日開催、
厚生労働大臣の対応に注目 
中医協改革をどうするのか、医療費は?

・高齢者の救急医療
消防庁に手書き資料要求


鳩山内閣が9月16日発足、
厚生労働大臣には「消えた年金」を
追及しミスター年金と呼ばれた
長妻昭衆議院議員(東京7区、
当選4回、49歳)が就任した。

国会での質疑では年金だけでなく、
救急医療問題や後期高齢者医療制度、
療養病床再編問題など医療政策に
ついても政府に厳しく迫ってきた。

自らの政治理念としては、
「社会保障を削る前に税金浪費システムを削れ」
などと掲げ、そのためにも官僚主導政治を変え
「官僚をコントロールするシステム」
を作る必要があるとしている。
厚生労働省をどうコントロールしていくか、
注目される。


長妻氏は消えた年金を追及した一方で、
医療問題についても国会質疑で
政府に鋭く迫ってきた。

昨年11月の臨時国会では救急医療現場で
特に高齢患者の受け入れ病院選定までに
救急隊員が20回から30回も照会を行い
その間2時間から3時間を要している
事例が多数あることを消防庁から聞き出した。

消防庁ではそうしたデータを揃えていな
かったため、担当者は
手書き資料を提出したという。

この問題に関連して、舛添厚生労働大臣(当時)
に対しては入院基本料について
90日を超える場合に点数が大幅に
減額されるような仕組みになっているなど、
病院に対して長期入院になりがちな
高齢者を受け入れにくくしている
面があると指摘。

さらに、療養病床再編による
介護療養病床廃止方針に対しても、
廃止後の入所者の受け入れ先を
用意しておくべきと追及した。

自身の政治理念の中では、
日本の医療費のGDP(国内総生産)比が
先進7ヵ国中最低である一方、
公共事業費はトップだとし、
そこに官僚主導政治のゆがみがあると指摘。

これを正すためには、官僚をコントロールする
仕組みが必要だとしている。

後期高齢者医療制度の廃止と
医療保険制度の一元化、
来年の診療報酬改定、中医協の構成と
運営の改革などで、厚生労働省を
どう導いてゆくのか、注目される。

Online Medニュース(2009.9.16)




厚生労働省っていうのは、
年金だけじゃなくて、医療、介護、福祉
そして労働なんかの問題もあるから。
相当幅広いんで。

ただ官僚とけんかするだけでは、
全く仕事になりませんから。

まずは、お手並み拝見ってとこでしょうか。





医療戦略の本質―価値を向上させる競争

ハーバード大学の
マイケル・ポーター博士が
医療について書かれた本です。

アメリカの医療について産業構造や
競争の仕組み、様々な分析を行っていて、
このような本はおそらく、日本では
まったくない本ではないかと思います。

今後、日本の医療については
医療費削減」というくびきが
完全になくなるとは思えません。

それでもしばらく医療のあり方について
国民的なレベル で議論されると思います。

その時「質の高い医療」を提供することが
できる病院、しかも経済的にも持続可能で
あることが求められるように思います。



<イベントのお知らせ>

10月11日に下記のような
イベントが開催されます。
上記の「医療戦略の本質」の翻訳された
山本雄士先生の特別講演もありますよ。

よろしければぜひご参加を。


---------------------------------

医療の未来を考える会 ~
医師・看護師・患者さんが集まる医療とは~』

開催日時:2009年10月11日 (日) 
   午後1時30分~午後5時30分

会場:国際医療福祉大学大学院 
   東京青山キャンパス 5F大ホール

東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線
 「青山一丁目」駅の3番出口より徒歩2分。
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅の
3番出口より徒歩8分。
キャンパスの入口はタワー正面玄関ではなく、
タワーに向かい右側

参加費:2000円(資料代込み)
------------------------------
お申込>>>下記のサイト右側の
フォームに記入をお願いします。
『地域医療の未来を考える懇話会』


【概要】

患者さんが求める質の高い医療
提供するためには、医療機関は医師や
看護師が継続して働ける環境を
提供する必要があり、またそうしなければ、
もはや存続していけません。

医療マネジメントにおける
ベストプラクティスのシェアを行い、
経営危機に直面している公立病院や
診療所の未来を考えるのが
今回の勉強会の目的です。

今回は特別講演として
マイケル・E.ポーター博士の
医療戦略の本質―価値を向上させる競争」
を翻訳された山本雄士先生
(東京大学医学部卒、ハーバード大MBA)
を予定しております。


<スピーカー>

1.「脳外科専門病院のマネージメント」
 社会医療法人 祥和会大田記念病院 
  大田泰正先生

2.「公立病院のマネジメントを考える
 ーチーム医療と地域医療連携からー」

 鶴岡市立荘内病院院長 松原要一先生

3.「患者さんに選ばれる診療マネジメント」(仮タイトル)
 ニューハンプシャー医局 柴田雄一氏

4. 資金調達の側面から医療経営を考える
 株式会社格付投資情報センター
  下山直人氏


<特別講演>

山本雄士先生 
(東大医学部卒・ハーバード大MBA)

☆講演会のあと演者の先生がたを
 交えて交流会を開催予定


【申込み】
お申し込みはこちらまで ↓

『地域医療の未来を考える懇話会』

こちらに氏名、所属を記入の上、
フォームにてご連絡を。

■事務局:地域医療の未来を考える会
連絡先:mjl.lm.net@gmail.com
スポンサーサイト
この記事へのコメント
あまり期待せずに……
Dr.I様>
 まあ、新大臣も、いままでは「好きなように追求する」立場だったのが「自分で結果を出さないといけない」立場になったのですから、いろいろ考えてくれるかと。あまり期待せずにいくほうが賢明でしょうけど^^;
Lich[URL] 2009/09/19(土) 09:27 [EDIT]
>Lichさん
正直、民主党自体にさほど期待しているわけでもないし。
年金ならともかく、医療に関しては期待できないんですが。
まあ、自民党よりは良くなる可能性はあるのかな、とは思いますよ。
でも、なんともいえないですね、正直。
Dr. I[URL] 2009/09/21(月) 23:11 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

?Υ?塢?б?ε??Х...
Υ?Х??.? ??δ??????ĺ?  [つづきを読む]
??Ť???[????å]Ĺ | 2009/09/18(金) 09:58
?СήĽ
?СήĽ??Ĥ?ξ?  [つづきを読む]
?СήĽ | 2009/10/14(水) 14:59
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず