現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研修医のシステム2
「研修医のシステム」の記事に対して貴重な意見を頂きました。
他の方にも私の文章を読んで誤解を与えてしまったかもしれません。
コメントの返事としては、異常に長くなってしまったので、ブログの本文に書きかせて頂きます。

「コメント」

>例えば、トヨタに新入社員が入りました。
>新入社員を全員オールマイティーな社員にするために、3ヶ月は工場で車を作らせて、3ヶ月は営業、3ヶ月は経理という風に、いろんな部署を全員2年間回らせる事にしたって事です。

私の会社(製造業)ではやってました。営業1ヶ月、開発1ヶ月、工場2ヶ月といった感じです。
もちろん各部署で一人前になれるはずはないですが、異文化交流という点では意味がありましたよ。同じ会社でも、各部署であまりに文化が違うので驚きました。


そうですか、民間企業でもそういうのをやっている会社がありましたか。
それは知りませんでした。
私の勉強不足でした。

私が言いたいのは、「異文化交流」とか、「他の視点を持つ」って言う意味でも駄目だって事ではないんですよ。
実は私の時代でも、他科研修ってのがあって、自分の専門の科以外の科に2,3ヶ月研修に行っていました。

ずーっと最初から最後まで、自分の所の世界しか知らないより、他の世界を若いうちに知っておくって事は、大事だと思うので、そう言う意味では全てを否定する気はないんですよ。

でも、問題なのは厚生労働省は、数ヶ月他の科を廻ったら、「なんでもできる医者」ができるって思ってこのシステムを作ったって事なんですよ。

それと、会社の場合は就職活動をして初めて知った、とかテレビや雑誌で見た事があるってだけで、実際に入社してみないと、この会社が実際に何をやっているかわからないって事も多いですよね。
そういう意味では現場を見学するって事は一定の意味はあると思います。

医者の場合は、全員6年制の医学部を出て、実習もしているんですよ。
医学部生の時は、医師免許を持っていませんから、実際の医療自体はできないんですけどね。
でも見学や、カルテとか検査とかを見る、他の医者の意見を聞いたり、自分で考える。
って所まではできるんですよね。
患者と話をしたり、コミュニケーションを取ったりとかね。

だから、「他の科がどういう事をやっているか」を知る、とか「他の科はどんな検査、どんな治療をやっているのか」を知るとか「他の科の患者とコミュニケーションを取る」とかだったら、学生時代の実習をもっと強化するとか、方法があると思うんですよね。

どうせ数ヶ月しかいないんだから、その科でしかできない専門的な検査や治療の技術を習得する事は不可能ですから。

なんでも診られる医者(プライマリー医)を育てるというのは、前回も書きましたけど、あくまでも机上の空論なんですよ。

現場を知らない人間がシステムを作ると、こういう事が起こって、実際に現場では大きな弊害が出ているって事です。

私は現場の一医者ですので、他の事はあまり知りませんので、いろんな意見を言って頂けると、本当に勉強になります。
今後とも反対意見を含め、いろんな意見を待っていますので、よろしくお願い致します。

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
興味のある人はブログの左上のサイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第二位で、もうちょっとで一位です。
一位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓




スポンサーサイト
この記事へのコメント
テレビ出演(?)おめでとうございます。
あいにくその時間はまだ仕事中ですが、ご活躍楽しみにしています。
福島県の事件は、今の参加医療を確実に危機に曝しましたね。
お陰で、新入局者は激減したようです。
さらにお産ができる施設が減って、おそらく実質的な「犠牲者」が出るまで、国は危機を危機として実感する事はないと思います。
半熟卵[URL] 2006/06/19(月) 00:30 [EDIT]
>半熟卵さん
ありがとうございます。
本人が出るのは、断ったんですけどね、結局。

ますます厳しい世界になっていってますよね、残念ながら。
Dr. I[URL] 2006/06/19(月) 01:17 [EDIT]
はじめまして
はじめまして。
病院の総務課で事務をしている者です。
とっても、ためになるというか、面白すぎます。

世の中の人は、お医者様は神様と思っている人が多いですが、お医者さんも人間ということ。
あたりまえですが。。。。

うちの病院の先生は、サラリーマン先生ばかりで、5時にはきっかり帰ります。
私よりも早く帰るときがあります。
5時ごろ電話で緊急の問い合わせがあっても、患者さんを受け入れません。
そんなものなのでしょうかねぇ。。。。
ただの事務員[URL] 2006/06/19(月) 11:06 [EDIT]
TV出演、おめでとうございます!すごいっすねえ。。。
私もプライマリー医をローテート研修だけで作ろうなんざ、できるわっきゃねえと思います。
一人当直の病院で、応急的な、専門医がかけつけるまでの時間にやるべきことをやれるように、処方や広く浅く知識をもつこと、これが私がローテート研修を選んだ理由でした。何でも診れるだなんて思ってもいなかったですね。
りん[URL] 2006/06/19(月) 12:01 [EDIT]
研修医システムと専門医
 コメントの送信ミスをしてしまいました。お手数ですが、10:46のコメント削除願います。

 こんにちは。先生のおっしゃるとおり、数ヶ月の研修では、専門的なことまで習得するのは不可能だと思います。もし可能であれば、スーパードクター続出!ただ、実際に診療に携わった経験は、将来何らかの形で役に立つと思います。
 大病院であれば、どの科の先生もいらっしゃるので、専門医に診てもらえるでしょうが、小規模の病院やクリニックでは1人で幅広く診れないと厳しいのではないでしょうか?その先生が、自分の専門外であっても、この程度であれば自分でできる、これはすぐに専門医でみてもらったほうがいい、といった適切な判断をしていただけることを望みます。
 専門外でも、よくある病気で特殊な治療が不要なものは診ていただけるような先生が身近にいらっしゃると安心です。

 また、標榜できる科は専門医資格を持っているものだけにして欲しいです。看板だけでは何が専門かわからないことも多いからです。最近、医学博士よりも○○専門医を書かれる方が増えてきましたが・・・。また、専門医の認定を適確に行い、有資格者は優遇すべきと考えます。
saki[URL] 2006/06/19(月) 12:04 [EDIT]
全体図
何でもできる医師なんてシステムで作ろうとしても無駄だと思いますね。
もちろん医療行為の全体図(どの科がどのようなことをやって、何が大変なのか)を体験して把握し、自分の科に活かすという意味では色々な科を廻るのは大切だと思います。

しかし、病気も多様化する現代において全て網羅できる医師は育てようとして育てれるものではないですよね。

中医は基本的には全ての科を診察することができますが、
その中でもやはり専門分野で分かれています。

お上は医師は全員天才とでも思っているんですかね。

そうそうリンク張っておきますのでお願いします<(_ _)>
やな社長[URL] 2006/06/19(月) 15:31 [EDIT]
>ただの事務員さん
はじめまして。

医者は人間です。
自分で医学の道を目指して医者になったんだから、馬車馬のように働いて、訴えられても当然。
病気を治して当たり前、ミスは絶対にしない。
そう思っている人が多いようなので。
ちょっとそこらへんを強調しています。

>うちの病院の先生は、サラリーマン先生ばかりで、5時にはきっかり帰ります。

え、そんな病院初めて聞きましたよ。
私が今までいた病院でも、うちの関連病院、知り合いの病院でもそんな病院は一つもないですね。
かなり特殊だと思いますねー。

時間内にきちんと仕事が終わるのであれば、5時に帰るのは良いとは思いますが、少なくとも患者が来たら、軽くても一回は診るのが普通だと思いますよ。

ちょっと特殊な病院なのではないですかね。
Dr. I[URL] 2006/06/19(月) 21:42 [EDIT]
>りん先生
ま、本人は出演しないんですけどね。
出ればよかったかなー(笑)

メルマガ書いているだけだったら、出ても良いんですけど。
ブログで毒を吐きまくっているもので(汗)

そうなんですよ。
何がまずいかとか、そういうのがわかるとか、広く浅い知識、広い視野ってんならわかるんですけどね。

何でも診れる医師ってのは、見当違いですね。
Dr. I[URL] 2006/06/19(月) 21:46 [EDIT]
>sakiさん
>数ヶ月の研修では、専門的なことまで習得するのは不可能だと思います。もし可能であれば、スーパードクター続出!

全くその通りですね。
何でも診られる医師ってのは、まさにスーパードクターですから。
それが数ヶ月廻って2年でできるなんて。
役人以外誰も思いませんよね。

>自分の専門外であっても、この程度であれば自分でできる、これはすぐに専門医でみてもらったほうがいい

そうですね、これは他科全部を廻らなくても、きちんとトレーニングを積めば、ある程度は出来ると思うんですよね。
ま、できない人が多いから困ってるって部分もあるんですけどね。
それは、また次回に話しますね。

>専門医の認定を適確に行い、有資格者は優遇すべきと考えます。

全くおっしゃる通りです。
医者歴何十年とか、学会に何十年入っているってだけで、全く臨床のできないのに、試験も受けずに専門医になってる医者もいるんですよ、たくさん。

もちろん年配の医者でも、勉強してる人はたくさんいますけどね。
そうではなくて、きっちり専門医の試験をして、医者の中でも差別化するべきだと思います。



Dr. I[URL] 2006/06/19(月) 21:53 [EDIT]
>やな社長さん
>お上は医師は全員天才とでも思っているんですかね。

なにも考えてないだけじゃないですかね(笑)
システムとしてやるのは、ちょっと難しいですかね。
まあ、きちんとした指導体制を作るって事自体は必要だと思うんですけどね。

問題は研修医だけじゃないんですけどね、ホントは。

リンクありがとうございました。

Dr. I[URL] 2006/06/19(月) 21:56 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

臨床研修制度について思う。
下の文章を、結構前に書いてずっとパソコンに保存していたのですが、Dr.Iさんの記事に触発されて載せてみました。平成16年の4月から、医学部を卒業し、医師国家試験に合格した者に2年間の臨床研修が義務付けられた。そ  [つづきを読む]
カブシキ! | 2006/06/18(日) 12:10
成長する学び方
今日の言霊: 一瞬を軽んじたら 一生を軽んじることになるよ。 一秒・一日・一年の積み重ね。 それが人生ってもんなんじゃない?今日も愛のクリックありがとう(^^)あなたの応援が多くのハッピーの源になってます。ポチッと押して、私のグログのタイトルをクリックし..  [つづきを読む]
Dr.半熟卵のつぶやき~産婦人科医の日記~ | 2006/06/19(月) 00:26
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず