現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医龍、新バチスタ手術
このブログ、先月の検索ワードでダントツの一位が「医龍」「バチスタ手術」だったので、調子に乗ってパート2を作ってみました。

医者とか、健康、病気等の言葉を狙ってタイトルを付けたんですが。
正直言って、全く予想外でした。
記事も一つしかないんですけどねー。

なぜか木曜日の夜にアクセスが多いのは、そのせいでしょうか。

今回は6/29のドラマ「医龍、最終回」の話題です。

天才心臓外科医、朝田が子供の拡張型心筋症の、バチスタ手術をするって話なのですが。

バチスタ手術に関しての詳細は、こちらの記事をご覧下さい。

「医龍、バチスタ手術」

今までのバチスタ手術では、朝田が心臓の筋肉(心筋)を手で触って、異常な部位と正常な部位を見分けて、異常部位(変性部位)だけ切り取って正常な心筋をつなぎ合わせて、心臓を小さくする手術をしていました。

しかーし。

今回は、触ってもどこが変性部位なのかわからないんですー。
さー、困った。

そこで行ったのが、新バチスタ手術です。

別名オーバーラッピング法って言うんですが。

これは、心筋変性部位だけを切り取って、くっつける手術ではなくって、変性部位と思われる所に切れ目を入れて、心筋を重ねて小さくする手術です。

イメージ図の絵が載っているページをネットで探したんですが、残念ながらみつかりませんでしたので、言葉で解説しますか。

折り紙ありますよね。
あの正方形のやつの、真ん中の所くらいまで切れ込みを入れるんです。
そして、切ったところの端と端を重ねるんです。
そういうイメージです。

そうすると形は正方形じゃなくなって、一部が重なっているから小さくなりますよね、折り紙の面積は。

でも、切れ込みを入れた根元の部分はあんまり重なっていないですよね。

そういう事で、ドラマでは画期的な手術って事でハッピーエンドになったんですが。

これ、折り紙と同様、心臓の先っちょの部分(心尖部)には効果があるけど、根元の部分にはあんまり効果がなくって、結局動物実験レベルでは良かったんですが、人間ではあまり使われませんでした。

前のブログで書いたように、バチスタ手術が世界的には、ほとんど行われていないってのも合わせて、ドラマと現実はちょっと違うぞ、って話でした。

ちなみに俺が今回の最終回で一番感心したのは、加藤先生(バチスタ手術で第一助手を務めた、助教授)が15分で子供の心臓の弁形成術の手術をした事でした。

これって、相当すごいと思うんですが。
もし心臓血管外科医の先生がこのブログを見ていたら、教えて下さいね。

Dr. Iのメルマガ「やぶ医師のひとりごと
興味のある人はブログの左上のサイドバーから登録して下さいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第2位です。
一位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
バチスタの手術
 こんばんは。
 医龍、なかなか楽しめました。私は、手術を見た医局員が加藤先生を推し、ガチンコで霧島が選挙で落選し、魚にえさをやるのが仕事の野口がガッカリと予想していましたが、まさか霧島が事故で倒れるとは・・・。
 でも、加藤先生が教授になりメデタシ、メデタシでした。しかも朝田先生は霧島を助け、改心させるとはなかなかの男です。地位や名誉ばかり(最近はお金ですかね?)追い求める医者より、心の大きな医者が医療に携わっていればいいのにな。

 バチスタの手術はあまり行われていないとのことですが、テルモの人工心臓なんかはいかがなものなんでしょうか?
では、おやすみなさい zzz
 
saki[URL] 2006/07/02(日) 01:14 [EDIT]
不器用なヒトは・・・
すごくわかりやすい説明でした。
しかし・・・
不器用な方はなかなか外科手術の多い科にはいけませんねえ~。
すごく繊細な作業ではないですか。
やな社長[URL] 2006/07/02(日) 10:44 [EDIT]
>sakiさん
原作と違うんですよねー。
なんか無理矢理ハッピーエンドにしたような。

テルモの人工心臓はちょっとわかりませんねー。
どうだったっけなー。
Dr. I[URL] 2006/07/02(日) 18:00 [EDIT]
はじめまして
今日はじめてきました
又続き
楽しみにしてます
ブログランキングクリックしておきました
クマ五郎[URL] 2006/07/02(日) 18:28 [EDIT]
>やな社長さん
超一流の外科医になるには、すごく器用じゃないと駄目だと思いますが。
一般的な手術や平均以上くらいであれば、器用さは必要ないとは言いませんが、不器用よりは器用の方が良い、という位ではないでしょうか。
Dr. I[URL] 2006/07/02(日) 19:13 [EDIT]
>クマ五郎さん
はじめまして。
ありがとうございます。
医龍は最終回なので、この続き自体は難しいんですが(汗)
また来て下さいね。
Dr. I[URL] 2006/07/02(日) 19:15 [EDIT]
医龍にツッコミ
ドラマ医龍、医者としての視点じゃなくて、普通のドラマとして楽んで見てました(笑)。まぁ、現実にはこんな風にいくわきゃないぞ、とツッコまずにはいられない部分も多々ありましたが。最後は原作と話が変わってましたねー。

ボクが面白かったのは、心臓とか皮膚とか出血の表現です。模型の心臓でもあんなリアルに作れるんですね。ときどきはさまれるCGとか音楽も良かったです。日本のドラマと思えないほど技術がスゴイと思いました。ミーハーですんません。

(自分のブログでも以前書きましたけど)やっぱり循環器やERはかっこよくてドラマになりますね。
てんつゆ[URL] 2006/07/03(月) 00:13 [EDIT]
>てんつゆ先生
ま、細かい点をつっこんだら、きりがないんですけどね。

確かに模型はすごいですよね、あれ。

産婦人科医でも、だれかドラマ作りませんかねー。
てんつゆ先生が主役で。
Dr. I[URL] 2006/07/03(月) 00:37 [EDIT]
医龍 最終回
I 先生、こんばんはでございますv-218
勝手にまたTB貼らせて頂きましたv-14いつもずぅずぅしくてすみません。
オーバーラッピング法って効果はイマイチなんですかv-129素人ではサッパリわかりませんでした。v-14I 先生はやはり、同じ内科医の「藤吉先生」に注目してご覧になっていたのでしょうかねぇ。。。。
来夢[URL] 2006/07/04(火) 01:03 [EDIT]
はじめまして、こんばんは。
先日はコメント残して頂き、どうもありがとうございました。

医龍、ワタシも見てました。先生のバチスタ手術の説明はとてもわかりやすかったです。
これからも楽しみにしていますね。
nao[URL] 2006/07/04(火) 02:40 [EDIT]
>来夢さん
いえいえ。
TBいつでも大歓迎ですよ。
オーバーラッピング法っていうか、バチスタ手術自体が今はあんまり行われていませんからねー。
まあ、考えた人はすごいと思いますが。

特に藤吉先生に注目していたってわけではないですねー、そういえば。
Dr. I[URL] 2006/07/04(火) 21:54 [EDIT]
>naoさん
はじめまして。
わかりやすいって言って貰えるのが、一番うれしいです。
また来て下さいね。
Dr. I[URL] 2006/07/04(火) 22:07 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

医龍 最終回
昨夜、CXのドラマ、「医龍」http://wwwz.fujitv.co.jp/iryu/index2.htmlの最終回を{/tv/}ついつい気になって見てしまいました。{/hiyo_en2/}{/namida/}当初は原作と全然違うので{/hiyo_ang1/}不満だらけの私でしたが、阿部サダヲといい、夏木マリといい、脇役陣がやたらイ  [つづきを読む]
LIMISM~らいみずむ~ | 2006/07/04(火) 00:56
心臓手術、病院によっては死亡率2倍のデータ判明・・・
もしあなたが心筋梗塞になったらどうしますか?食生活の変化により高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満の人が増えてきています。そして、それらに伴い心疾患である心筋梗塞が増えてきています。この冠動脈バイパス術についての興味深い記事が・・・  [つづきを読む]
子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ | 2006/12/06(水) 01:25
医龍
医龍『医龍-Team Medical Dragon-』(いりゅう チームメディカルドラゴン)は、永井明原案、吉沼美恵医療監修、乃木坂太郎作画による日本の医療を題材とした青年漫画。およびそれを原作とする#テレビドラマ|テレビドラマ。一般に『医龍』の部分だけで呼称  [つづきを読む]
しづかの日記 | 2007/08/11(土) 05:56
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず