現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
将来医者の数は足りるの? 2
「将来医者の数は足りるの? 1」の続きです。
前の記事を読んでいない方は、こっちを先に読んで下さいね!

「将来医者の数は足りるの? 1」では現在の医者労働時間に関する調査の信憑性と、労働基準法に違反した労働時間を基準にして、医者の不足分を計算をしているのがおかしい。
しかも医者の偏在、年齢、科による仕事量の偏りも全く考慮していない、という話でした。

今回は将来医者の数についての、見通しの甘さについてです。

>同省の04年調査によると、病院や診療所で働く医師の数は約26万8000人。
医師の全体数は毎年約4000人ずつ増えている。

>将来推計では、病院や診療所で働く医師数は、2015年に約28万5000人、25年に約31万人、35年に約32万1000人と順調に増加すると推定され、同省は「全体では必要な医師数は供給される」と結論づけた。


問題点1,医学部に入る学生の数

ご存じの方も多いと思いますが。
日本の人口は減っています。

子供の出生数がここ十数年位で、大幅に減少しているからですね。
合計特殊出生率が1.2台でしたっけ。

当然、大学生の数も減るって事ですね。

そいで、国公立大学が独立行政法人になるんでしたね。
と、言うことは、国や地方自治体からの補助金が減るって事ですね。

私が学生だった頃、医者1人育てるのに大学6年間で1億数千万円かかるって言われていました。
今は、数千万円って言われていますけどね。
おそらく、その金額は増える事はあっても、減る事はないでしょう。

ほとんどの大学の医学部の人数は各学年100人です。
って事は百数十億円のお金がかかるっていう事ですね。

総合大学ならともかく、○○医科大学とかそういう大学が、学生の数が減って独立行政法人になっても生き残っていけるんですかね。

学生の数がそのままで。

多分、医学部の学生の数を減らすか、下手したら経営が成り立たなくなって、つぶれてしまう大学も出てくるのではないですかね。

単科大学で、確実に赤字の学部ですからね。

そうなったときに、替わりに他の大学の医学部の定員だけ増やすって事があり得ますかね。

国公立大学の今でさえ、国が個別の大学に対して、医学部の定員を増やしなさいって命令する事は、非常に難しいと思うんですが。

独立行政法人になって、確実に赤字になる医学部の定員を、他の大学が増やすって事があり得ますかね。


問題点2、女医さんの数

日本の医者の中で、女性の占める割合は年々増えています。

参照:「もしも医者が100人の村だったら」

現在だと、医学部に入る学生のうち、1/3位は女性ですかね。

北欧の国の中には、女性が半分以上を占める国もありますけどね。

が、医者は割に合わないって他の職業に就くからです。
日本でも、その傾向があるのかもしれませんね。

女性の場合は、結婚、妊娠を機に、医者を辞めてしまう人もいます。
今の日本の医療のシステムでは、ある程度やむを得ないと思いますが。

という事は、女医さんが増えたら、医者を辞める人も多くなるって事ですね。

こういう事は、考慮されているんでしょうかね。


問題点3、医療訴訟の問題

新聞やテレビなんかで、よく騒がれているから、皆さんご存じでしょうが。
医療訴訟の数というのは、年々増えています。

開業医というのは、自営業みたいもんですから、定年っていうのはありません。
本人が辞めたい時に辞められるんですね。

で、今、日本に70歳とか80歳以上の医者はたくさんいます。

その人達のほとんどは、これ以上お金を儲けたくてやっているわけではなくって、患者さんが待っているから、この地域に自分がいなくなったら、患者さんが困るから、って理由で医者を続けているんです。

中にはその地域に1人とか2人しか医者がいない、って所で開業している先生もいるでしょうし。

でも、「善意」で患者を助けようと思って、結果助けられなくって、訴訟沙汰になって、賠償金1億円とか取られる。

そういう世の中になってくれば、「善意」だけではやっていられなくなりますよね。

人生あと数年か十年くらいで、余生を過ごせるお金はあるのに、患者の為と思って医者を続けていたら、訴えられて一文無しになった
なんて事になったら、やってられませんからね。

若いうちは、自分が食べる為に医師として働いても、余生を過ごす為に十分なお金が蓄え得られたら、医者を辞めよう。
と思う人が、このままいけば増えるでしょうね。


ざっと思いついただけで、この3点。
いずれも、今後医者数が減るだろうという要素があります。

おそらくこういう要素は考慮せずに、今は医者の数(医師免許を取得する人の数)が年間4000人増えているから、20年後、30年後も、そのまま増え続けるだろう。
という、甘ーい見通しですね。

20年前は、20年後には医師過剰の時代が来るって言っていた、厚生労働省(当時は厚生省)の試算ですよ。

省は違うけど、無駄な道路や空港を作る為に、どう考えてもあり得ない人数が使用する、とか言って自分たちの都合の良い試算をする役人の試算ですよ。

20年前の見通しを、今比較したら、殆どはずれているんじゃないですか。
にも関わらず、何の責任も取らず、同じ様な試算を続けている役人の見通しですよ。

これ、誰か本当に信じている人いるんですか?

役人や新聞が言っているんだから、正しい。
なーんて、思っているんですか。

例えば、男子100m走の世界記録

100年13秒から10秒3秒縮まった。
だから、300年後には100m走の世界記録1秒になる。

そういう試算ぐらい、見通しは大甘だと思いますよ、私は。

最初から、結論ありき。
今これだけ医師不足って騒がれているのに、医者が足りているって言っても誰も信用してくれない。

だから、とりあえず今はちょっと足りないけど、近い将来は足りますよ。
だから、国の政策は何も変えませんよ。

って結論を出したくて、労働時間週48時間とか、今後医者を辞める人間の数を一切考慮しないで、都合の良い数字だけを計算した、見通しだと思いますよ。

今回の調査でわかったことは、どんなに大甘で、自分たちに都合の良いように労働時間の解釈をして、都合の悪い医師の地域による偏在性とか、科や年齢による仕事量の偏りに関する部分を無視しても、現時点では医者の数は最低でも5万6千人以上は足りないっていう事実だけです。

厚生労働省だけでなく、大学病院にも興味がある。
大学病院の内部事情について知りたいって人は、こちらから。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密

FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第2位です。
1位めざしているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト
この記事へのコメント
なるほど…
”一週48H労働”とかも今は医師数足りないけど近い将来は足りるから、「国の政策は何も変えない」という結論を出したくての事だったんですね…。目からウロコが。
きな臭いことにはお金をいっぱいかけるのにね~プンプン。私の診て貰ってる先生も外来忙しいからお昼ご飯なんか食べれてないです~(T_T)お医者さん自身のQOLはどうなるの?
エビ[URL] 2006/07/17(月) 18:07 [EDIT]
医者の偏在
 先生、こんにちは。私のブログにご来訪ありがとうございました。
 私が思うに東京などは医者はずいぶん多いような気がします。とくに開業医さんは多いのでは?そんなにこんでないところもあるようですし、優雅な先生もいるようです。
 たぶん地方では研修医のエントリーも少なく、医療過疎がおきているのではないのでしょうか?自治医大の定員増や地方大学の地元枠の増加が少し前に報道されていました。入試の公平性という点では疑問もありますが、医師の偏在を解消するための手段としてやむを得ない気がします。自治医大は1割といわず、もっと大幅に増員を許可してあげればいいのに。たった1割で効果があるのでしょうかね?
saki[URL] 2006/07/17(月) 19:53 [EDIT]
見通し
自分に都合のよい結論が先にありき、ですからね、
しかも外れても責任を追及されることもない。

いや、役人てぇのは
ホントいい身分ですよね。

信じる人がきっとたくさんいるんだ、これがまた。
omoteura[URL] 2006/07/17(月) 21:16 [EDIT]
例えばお医者さんに診てもらって血圧は下がったけど、脳梗塞になっちゃったとか、コレステロールも薬で確かにさがったけどかわりにうつ病にとか、そのうつ病のお薬飲んだら自殺しちゃったとか、胃がもたれるからとアルミ入り胃腸薬飲んだら認知症になっちゃとか。もぐらたたきではないですが、このようなことを行っているかぎり、医師不足は続くかと思います。
 しかも、最近では血圧やコレステロールは少し高めがよいという知見もありますよね。
http://www2.incl.ne.jp/~horikosi/No236.htm
そろそろ対症療法から脱却すべきときではないでしょうか。
モモちゃんタロちゃん[URL] 2006/07/17(月) 22:06 [EDIT]
>エビさん
いや、まー私の勝手な解釈かもしれませんけどね。
でも、どうみても現実とはかけ離れているもので。
意図的にそうしたと考えた方が自然かと。

本当にこのデーターを正しいと信じているんであれば、その役人は表面的な数字しか見る事のできない、お気楽な人間なんでしょうね、きっと。
ま、役人なんてそんなもんなのかもしれませんけど。
Dr. I[URL] 2006/07/17(月) 23:27 [EDIT]
>sakiさん
やっぱり都会には偏在しているんですかねー。
私は都会っ子じゃないんで、あんまりよくわかんないんですよねー。
医者が余っているってイメージ。

役人や政治家も、ほとんど東京にいるから、それしか知らないんでしょうかねー。

自治医大だけでなく、地方の国公立大学は、地元枠って作れば良いと思うんですけど。
意外と少ないんですよ。
Dr. I[URL] 2006/07/17(月) 23:30 [EDIT]
>omoteuraさん
やっぱ、役人になれば良かったかなー、俺。
きっとはみ出し者だから、すぐ窓際になっちゃうような。

まー、それでもクビにはならないみたいだから、アフター5を麻雀三昧で楽しめれば良いんですけどね。

でも、やり甲斐のない仕事は嫌かな、俺。

やっぱ、こんなの信じる人いるんだー。
うーん、だからいつまで経っても自民党が与党で、官僚もえばっているんですね、きっと。
Dr. I[URL] 2006/07/17(月) 23:33 [EDIT]
>モモちゃんタロちゃんさん
まー、薬ってのには必ず副作用があるんですよ。
この話、いつかはブログに書こうとは思っているんですけどね。

あ、そのネットの話はあんまり信じちゃ駄目ですよ、ざっと見ましたけど。
血圧を下げたら予後を改善したって論文は腐るほどあるし、それに基づいてガイドラインっていうのが作られているんですから。

コレステロールは高い方が良いってのも、ガンとか栄養状態の悪い人が早く亡くなるってだけで、低いからガンになりやすいってわけじゃありませんし。

まあ、下げれば下げるほど良いってわけではないんですけどね。
Dr. I[URL] 2006/07/17(月) 23:38 [EDIT]
はじめまして
てんつゆ先生の所から 飛んできました。

以前から ちょこちょこ 拝見させて頂いてはいたのですが

何分 専門的なことや
こゆきの頭では 難しいことが多いので(苦)

なかなかコメントを 躊躇っていたのですが・・・。

その他大勢的な 意見として お目通し下さいませ。

私は 医療関係者ではありません。居住地も 地方の方です。

しかし 有り難いことに 近所に 内科 小児科 産婦人科 整形外科 歯科 接骨院などがあり 総合病院も 車で15分程度の所にあります。

こういった環境にいると テレビで 産婦人科医や 小児科医が不足しているのが報道されているのを見て 初めて知りました。

ましてや お医者さん全体の数が 減っているなんて 気付きもしませんでした。

だから・・・もしかしたら 世間の認識も この程度なのかもしれませんね。

自分の周りで困って 初めて気付く。

気付いていない人が 今の所多いから 国も適当なことを言って誤魔化す。

何も知らない人は それを鵜呑みにしてしまう。

怖いですね。。。

いざ何かあったら いくら救急車呼んでも お医者さんがいないことには仕方ないのに。

税金上げてでも 医師の育成をして欲しいものです。
こゆき[URL] 2006/07/18(火) 11:42 [EDIT]
>こゆきさん
はじめまして。

うーん、やっぱ話、難しかったですか。
できるだけ簡単に書いたつもりだったんですが。

そうですね。
周りで不自由していなければ、そうは思わないでしょうし。
健康な人なら、めったに病院に行く事もないですからね。

そういう人も多いでしょうから、地道にこういうところで発信していきますね、私は。
Dr. I[URL] 2006/07/18(火) 21:18 [EDIT]
何度もスミマセン
難しい というより こゆきの 脳みそが 猫並なので 一般常識がきちんとわかる方であれば そんな事もないかと思います(汗)

ただ問題は 先生のように 気付いて 尚且つ こうやって 行動されているのに それの警鐘が肝心なところに なかなか届かないことですよね。

でも いつかはきっと 実を結ぶと思いますので 頑張って下さい。
こゆき[URL] 2006/07/18(火) 21:51 [EDIT]
いろんな世界を見たくない人もいるのかも
大学病院の中にいかにとどまるか、偉くなるかがアタマを占めていて上ばかりを見上げている若い人も目に付くし・・・
そんな心配する前に、半ば強制的に無医村や被災で困っているところに派遣されて、望まれる医者とは何なのか、身をもって実感してほしいな、と思うときもあります。人間力をみがいた上で、白い巨棟・財前五郎ばりにがんばりたいか、どうしたいのか決めても遅くは無いでしょうに。いえね、キライな研究イヤイヤやって学位もらって「経歴がよくなるから」って言われても、医者ってそういう職業じゃないでしょうって言いたくなるときがあるんですよ。研究も医師の使命かもしれませんが、一患者の立場としてこういう一言は本当にアタマにきます。
Aさま[URL] 2006/07/18(火) 23:01 [EDIT]
>こゆきさん
いやいや、そんな事ないと思いますよ。

まあ、あんまりマスコミに流されない方が良いとは思いますよ。
Dr. I[URL] 2006/07/19(水) 00:45 [EDIT]
>Aさまさん
そうですね。
若いうちに、そういう経験した方が良いと思いますよ。
ま、私もないんですけどね。

研究しても、正直言って医学博士って名前がつくだけなんですが。
まあ、その研究が何かちょっとでも役に立てばそれでよいんでしょうけどねー。

患者を診る上では全く関係ありませんからね。
Dr. I[URL] 2006/07/19(水) 00:48 [EDIT]
このままいくと
そうですね。このままの状態が続くと
中国と同じように医師になる人が減っていくのではないかと思います。
昔は志の高い人間が医師になっていた。
今は生活のためが多い。
しかし生活のために割り切れるような職業ではないですしね。
そうなると養成機関を強化するのが一番でしょうね。
これからはどんどんと自己管理が必要な時代になってきますね・・・。

そう考えると置き薬屋さんの未来も明るいかも(^▽^)
やな社長[URL] 2006/07/19(水) 13:28 [EDIT]
医療過疎になやむ
はじめまして。
先生、私のブログ訪問ありがとうございました。

私どもの地域でも医師不足が指摘されています。
もともと、私の卒業した大学は卒業生が2-3割程度しか大学に残らないことが問題になっておりましたが、それにもまして、最近では研修医制度によって、都会に出て行く若い医師が多いようです。
都会で勉強したものを地元に反映してくれるのならまだしも、そのまま帰ってこないことがほとんどです。

特に、私の住んでいる地域では公立病院の医師不足が目立ち、外科系の科があるのにもかかわらず、麻酔科がないとか...
今度、眼科が閉鎖になるとか...(眼科がなぜって感じですが?)
町で唯一の公立病院にもかかわらず、大変なものです。
開業医はそれなりにいるようですが、深夜や土日の救急体制の充実がもとめられています。
かんだいち[URL] 2006/07/19(水) 18:03 [EDIT]
今夜の
TV欄見たら今夜のNHKニュース7に”医師不足に解決策は?”と書いてあります。
エビ[URL] 2006/07/19(水) 18:55 [EDIT]
ニュース内容は
ニュースの内容はDr.I先生も地方公立でも増えれば良いとおっしゃっていた地元枠の話でした。弘前大学で15人青森出身の人の枠にしてまたもっと増やすという事で。厚労省も地元枠増やすのは良いねとか診療所に赴任する医師には奨学金をあげると今日話し合ったという様な事でした。←もっとちゃんとした言葉で言ってたんですがすみませんエビの限界!
エビ[URL] 2006/07/19(水) 19:32 [EDIT]
>やな社長さん
中国でも、医師不足ですか。

はっきり言って効率よくお金を稼ぐなら、医者にはならない方が良いと思いますね。
ま、割り切って美容整形とかなら、稼げるのかもしれませんけどね。


Dr. I[URL] 2006/07/19(水) 20:00 [EDIT]
>かんだいち先生
はじめまして。

>卒業生が2-3割程度しか大学に残らない
結構きついですねー。
私の大学は結構残る人は多いんですが、近くの他の大学は一桁らしいっすよ。

私の今いる病院も、眼科、耳鼻科、麻酔科に引き上げられました。

大学に人がいなくなるからじゃないですかね、多分。
Dr. I[URL] 2006/07/19(水) 20:03 [EDIT]
>エビさん
う、見逃しました。
7時半くらいに、コメント見て気づいたんですが。

へー、そうなんですか。
地元出身で、地元の大学に入学すれば、その地域に残る可能性はたかいですからね。
はっきりいって、私が入学した15年位前からわかっていた事なんですけどねー。

何を今更って感じなんですが。
それでも、まだやってくれるだけ、ましですけどね。

十分わかりましたよ、その説明で。
Dr. I[URL] 2006/07/19(水) 20:07 [EDIT]
良かった(^O^)
エビ[URL] 2006/07/19(水) 20:33 [EDIT]
>エビさん
ありがとね!
Dr. I[URL] 2006/07/19(水) 23:18 [EDIT]
はじめまして!
何だかわかるなぁ~ というのが素直な感想(笑)
医療関係はどんどんやり辛くなってきた今日。
問題が多すぎますね…
yummmy[URL] 2006/07/21(金) 16:22 [EDIT]
>yummmyさん
はじめまして。

ほんとやりにくいですわ。
なんとかして欲しいんですが、厚生労働省や政府に言っても無理なんでしょうね。
Dr. I[URL] 2006/07/21(金) 20:45 [EDIT]
>医者1人育てるのに大学6年間で1億数千万円

そういうまことしやかな嘘を素人さんに垂れ流してはイケナイと思いますよ。国立大学は6年間の授業は黒字のはずですよ。理学部や工学部の実験系の学生のほうが税金かかってるはずです。

考えてみれば、我々の受けた授業なんて大半は座学・見学。実験といっても高校生物に毛が生えたようなレベルでした。
医学部生[URL] 2007/06/10(日) 00:00 [EDIT]
>医学部生さん
たしかに、十数年前に言われていた事ですから。
今は、そんなにはかからないんじゃないか、って説が主流になっているようですね。
でも、理学部や工学部の実験系の方が、ってのはどうなんでしょうか。
医学部で最も大事なのは、医者による教育なんですが。
それらは、ボランティアで実験器具は有料って事であれば、理学部や工学部の方がお金かかるんでしょうけど。
人件費全部ただ、ってのもおかしいとおもいますよ。

単純に、○○医大ってところで、授業料と補助金の比較をすると、授業料:補助金=1:3くらいですから。
授業料の3倍くらいは税金遣ってるって事ですんで。
数千万円くらいはかかってますけどね。
一億円は言い過ぎかもしれないので。
ちょっと誤解を与えてしまったようなので、訂正しますね。

ちなみに、医学部が黒字なのは、病院の収入と病院への補助金のおかげだと思います。
Dr. I[URL] 2007/06/12(火) 20:17 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

自治医大 定員1割増
 自治医科大学が定員の1割増を検討しているそうです。自治医大以外にもいくつかの地  [つづきを読む]
Sakeys Shangrila / サーキーズ シャングリラ  | 2006/07/17(月) 19:57
美容整形の良い医者の選び方:カラダに傷をつけることが少ない方法を真剣に考えてくれる医師:不要なモノを勧めない
美容整形大阪をサポートする美容整形@大阪は、美容整形の良い医者の選び方を具体的に解説しています。なかなか、事前に読めば役に立つ内容です。「まず、悪い医師とはどんな医師でしょうか?患者さんのコンプレックスを突付いたり、むやみに恐怖心をあおったり、またるよう  [つづきを読む]
美容整形最新情報 | 2007/04/18(水) 12:44
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず