現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医療事故の慰謝料
医療事故とか、医療ミスとか、そういう記事がマスコミを騒がしていますが。
医療事故慰謝料は、交通事故慰謝料より高いって、判決がでましたね。


03年に帝王切開で出産後に死亡した女性の家族が
「死亡したのは医療ミスが原因だ」として、
「国保軽井沢病院」を運営する長野県軽井沢町と担当医を相手に
損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であった。

藤山雅行裁判長医療ミスを認め、
死亡慰謝料については
「医師が患者の信頼関係に反した程度は高い」として、
医療事故で通常適用される交通事故の場合の水準を
300万円ほど上回る計2700万円と算定。
逸失利益の4000万円を含め、
町と医師に総額7256万円の支払いを命じた。

藤山裁判長は「医療事故の場合、
損害自体に基づく精神的苦痛に加え、
医師に対する信頼を裏切られたことへの苦痛が生じる」
とする原告の主張を認め、事故の内容次第では
慰謝料交通事故の場合より高額となる場合もあり得ると述べた。

今回の場合、「医師は手術後、腹部の出血を疑うべき所見を軽視し、
経過観察にあたる他の医師を確保することなく帰宅。
女性は3時間余も放置され、最悪の結果を招いた」と指摘。
「通常より高額の慰謝料はやむを得ない」とした。


asahi.com 2006年07月26日


この裁判官、なんか名前を聞いたことが有ると思ったら、
「健診医がガン発見できず賠償命令」の記事でも登場した、問題の人ですねー。

どうやら、高裁でことごとく判決を覆されている人のようですね。

参考:日本裁判官ネットワーク

交通事故の場合は、当たり前ですが、
麻酔をしないで車とぶつかるから痛いですよね、すごく。

手術の場合は麻酔をしますから、痛みっていう点では、
絶対に交通事故よりは軽いですよね。

慰謝料っていうのは、心の痛みとか体の痛みに対するものです。
心の痛みっていうのは、人それぞれ解釈は難しいですから、
変わった裁判官がいれば、今までの例と全然違う判例をする
って事もあるとは思いますが。

体の痛みに関しては、麻酔をしていれば確実にやわらぐ、というか
痛みはないわけですが、そういうのは考慮されないんですかね。


ちなみに、この裁判官
医師に対する信頼を裏切られたことへの苦痛が生じる。
事故の内容次第では慰謝料交通事故の場合より
高額となる場合もあり得ると述べた。


って書いていますけど。
医療事故、特に手術の場合は医者を信頼して手術をするわけだから、
場合によっては、ではなくて、必ず医療事故(特に手術)では、
信頼を裏切った分、慰謝料は上乗せっていう理論じゃないと
おかしいと思うんですけどねー。

やっぱ、どう考えても行き当たりばっかりの判決を
しているようにしか見えないんですけどねー。


個人攻撃は好きではないんですが。

例えば、マスコミに注目される為に、独自の手術をして、
いっつも失敗して、患者再手術になるって医者がいたとします。

そういう医者は、医者として失格だと思うし、少なくともその医者
手術はしてはいけないとか、再教育をするまで手術停止とか、
そういう風にするべきだと思います、私は。
残念ながら、今の制度では、無理ですけどね。

それと同様に、珍しい判決を出したら、マスコミに注目されるから
という理由で、今までの判例とは全く違う、独自の解釈で
判決を出して、ことごとく高裁で判決が覆される裁判官は、
判例を出させる業務は停止すべきだと、私は思います。

まあ、この裁判官、前は行政訴訟専門部にいて、そこでは無理って
なったから医療訴訟集中部に異動になったって事なのかも
しれませんけどね。

今回の件も、きっと高裁では覆るとは思いますけどね。

裁判官じゃなくって、大学病院について知りたいって思ったあなた。
そんなあなたにお勧めの無料レポートはこちら

 ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓
「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密 

その他、Dr. I以外の医療系無料レポートも読んでみたいって人は、こちらから。
→ 無料レポート広場「メルぞう」医療、健康カテゴリ

FC2ブログランキングに参加しています。
皆さんのおかげで、ただいま健康部門第1位です。
このまま1位を維持したいんで、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓




スポンサーサイト
この記事へのコメント
Got to make a way to the other side
この方は地裁ですけど、裁判所に関してエビは最高裁判所裁判官の弾劾は毎回必ず全て罷免の方向、つまり全て×を付けています。平和主義のモラルだと思ってるの。
お医者さんは皆、治そうとして色々調べたり手技したりしてると思います。誰も傷めようとなんて思ってないし…。お医者さんを尊敬する気持ちと残念な結果が結び付きづらいのは解るけどだからといって裁判所が法解釈を医師に対する期待と交通事故を起こす人への理解とごちゃまぜにするのは先ずおかしいしI先生が何度も叫ぶ様に訴えている医師だけ特別扱い(義務…むしろduty、を強いられる)を被るという問題がまた繰り替えされていると思いました。
明日法律に明るい伯父に手紙を書いて聞いてみますね…(^-^)
エビ[URL] 2006/07/29(土) 22:49 [EDIT]
>エビさん
最高裁の裁判官の弾劾って言っても、誰も名前も知りませんからねー。
保守や無関心はそのままで、革新は全部ばつって誰かが言っていましたね、そういえば。
意味ないから、今度なくなるんじゃなかったでしたっけ。

日本はあいまいなところが多いから、きちっとして欲しいですね。
そうじゃないと、こういう裁判官が独自の判断でとかって言ってしまいますから。

私は法律には詳しくないので、是非聞いてみて下さいね!
Dr. I[URL] 2006/07/29(土) 23:40 [EDIT]
医療従事者は
I 先生、医療従事者って司法でもv-61お金もってる人が多いから、言葉が悪いですが「慰謝料ふんだくってやれ~v-31」と思っているんじゃないでしょうか?
細かいところを見て判断してくれないから、いつもぞんざいだなぁ。。。。と感じています。福島の例の件もこんなふうになってほしくないなぁv-12
来夢[URL] 2006/07/30(日) 08:41 [EDIT]
医療裁判
 医療事故と交通事故を比較することに無理を感じます。
ただ、これから医療裁判も増えるでしょうね。
 私のブログで医療事故についてまとめてみました。よろしければお立ち寄りください。
http://drsaki.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_374a.html
saki[URL] 2006/07/30(日) 09:48 [EDIT]
裁判
医療従事者ってのは、患者等の一般的な感覚では、専門家であり特別職だから、何やってるのか解らない。命を助ける為に何かやってる偉い人という理解でしょう。だから、社会的地位も高いし。
で、裁判所は社会の民意を、判決にある程度反映させないといけないんですよ。一般的感覚からズレてるって批判されるからです。陪審員制度がその良い例です。医療裁判なんかタダでさえ、注目集まりますからね。
結局、この手の裁判は結果ありきで、その理屈を後付けしてるに過ぎないんですよね。
例えば、役人が慣例に従って、悪意は無く賄賂を受けっても良いんでしょうか?業界の常識で通じるもんなんですかね?
専門家の泣き所です。一般には理解されませんよ。
ベーコンエッグダブルバカ[URL] 2006/07/30(日) 10:30 [EDIT]
>来夢さん
うーん、そうかもしれませんね。
この原告も実は、この判決が安いって納得いかなくて上告してるみたいですからね。

Dr. I[URL] 2006/07/30(日) 14:05 [EDIT]
>sakiさん
そうですねー。
残念ながら、医療裁判が増えるって事は間違いないでしょうねー。

ある一定の確率で、ミスは起こるし、ミスがなくても人間死ぬときは死にますからね。
それをわかって欲しいですね。
Dr. I[URL] 2006/07/30(日) 14:49 [EDIT]
>ベーコンエッグダブルバカさん
そうなんですよね。
明らかに結論ありきで、それに無理矢理、理由をつけてるって感じですもんね。
それなら、裁判やる必要ないと思うんですが。
Dr. I[URL] 2006/07/30(日) 14:51 [EDIT]
医療ミス
医療ミスって、どこまで患者に知らされるのですか? カルテの開示は、なされるのですか? こちらから 申し出なければ 明らかにならないのでしょうか?
たぬき[URL] 2006/07/30(日) 19:58 [EDIT]
>たぬきさん
ちょっと難しい問題ですね。
はっきり言って、医者個人とか、病院とかによって、まちまちでしょうねー。
どこまでをミスっていうかにもよるでしょうし。

カルテを開示して欲しいって言われたら、開示しますけどね。
Dr. I[URL] 2006/07/30(日) 20:49 [EDIT]
ありがとうございました。
私は、医療ミスというのでは、ないのかもしれないけれど、以前  発熱し、 通院しました。  薬を処方してもらい 服薬しましたが、 数日経っても良くなりません。(県立病院で、Drが、曜日ごとに変わられます。) 前回と違うDrに もう一度掛ったら  「あ~これでは、治らないわけだ。 胃薬だ。」と言われました。 どうも、前のDr・・・ あまりに達筆で カルテの字が 分かりずらく 薬局で間違って 処方されたようです。  体力を使い果たし 数日入院 するはねに なったとさ・・・・ 
たぬき[URL] 2006/07/30(日) 23:13 [EDIT]
こんにちは
こんにちは すぎです。
コメントありがとうございました。

ブログに書いた私の父は脳梗塞の3日後に突然心停止しました。原因は不明です。

私の周りには医療ミスでは?

と言う声も聞こえますが、私の見る限り病院のみなさんは最善をつくしてくれているように思います。

そこにミスがあったのかどうかはわかりませんが最善を尽くしてくれていると家族が実感していれば、私の場合は医療ミスとは思わないです。

そこに怠慢や手抜きが見えたときは逆に正しい治療をしていても医療ミスを疑ってしまいそうですが・・・

あっ


私の父は心停止後、電気ショックで復活しました。
今は意識も回復しています。
脳梗塞後は心電図をつけていたので、またまた対処が早かった

とりあえず、よかったなと・・・
まだまだ油断はできそうにありませんけどね
その症状!起きろ糖尿病予備軍 すぎ[URL] 2006/07/31(月) 00:30 [EDIT]
間違い
数日入院する はめになったとさ・・・      です。
たぬき[URL] 2006/07/31(月) 07:25 [EDIT]
>たぬきさん
それは大変でしたね。
普通は、看護師か薬局か、どこかで気づくんですけどねー。
Dr. I[URL] 2006/07/31(月) 20:08 [EDIT]
>すぎさん
お父さん、大変でしたね。
脳梗塞の場合は、医療ミスでなくても、心停止や心室細動になる場合もあるので、ちょっとなんとも言えませんけどね。
とりあえずは、復活して良かったですね。
Dr. I[URL] 2006/07/31(月) 20:11 [EDIT]
こんばんわ
私のブログにご訪問ありがとうございます.
こうした医療事故や医療ミスは難しい問題ですね.
現場の人間として一生懸命やっているつもりですが
いつもこうした裁判官に弾劾されている気分になります.
医療制度のゆがみを
現場の人間だけに押し付けられているような
来もしています.
yangt3[URL] 2006/07/31(月) 22:44 [EDIT]
>yangt3さん
こんばんは。
そうなんですよ、非常に難しい問題なんですよ。
現場の人間は、そういう裁判官とも戦っていかなければならないという事でしょうか。
Dr. I[URL] 2006/08/01(火) 01:45 [EDIT]
自分達からシェイプアップしてくれないの?
一番削りやすい技術系から予算を切り詰めるのは、日本は国も企業も王道のようですね。財政が逼迫しているのに、なぜボーナスはあがるのか?そこからすでに間違っていると思います。書類の上での理屈と現場の違いはどこの世界でもあることですが、太く長い人生を送りたいなら、ちょっと頭をひねれば何が拙いか、わかるもんだと思うのですけど。色付きの文字色付きの文字
Aさま[URL] 2006/08/01(火) 10:56 [EDIT]
>Aさまさん
まあ、弱い物いじめが得意な人達ですからね。
自分の懐は、本当の最後でしょう。

頭をひねるよりも、自分がかわいい人達のようですからね。
Dr. I[URL] 2006/08/01(火) 20:28 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

メルぞうはまぐぞうを抜くかもしれない ライブドアブログでアフィリエイト@メルマガ
ライブドアブログアフィリエイトのラッキーです。初心者のためにアフィリエイトに関する情報を提供します。ブログランキングに参加しています。前回はメルぞうを使うための注意点についてお話しました。今回はメルぞうはまぐぞうを抜くかもしれないについてお話します。アク  [つづきを読む]
ライブドアブログアフィリエイト | 2006/07/31(月) 00:07
デジタル補聴器はクリアな音質:微調整
デジタル補聴器の特徴としては、デジタルで信号処理をするため、雑音やひずみが少なく非常にクリアな音質です。また、会話音だけを際立たせる、子音を強調するなどのいろいろな微調整が可能です。さらに、補聴器の設定を細かく変更して補聴器自身にプログラムとして記憶させ  [つづきを読む]
補聴器最新情報 | 2007/03/02(金) 13:23
南優子式ダイエット ~絶対やせる成功法則~
気分を新たにダイエットをしようと思ってもよくある情報販売系のダイエットマニュアルってやっぱり高いし、本当に効果があるのかとかきちんと相談にのってく...  [つづきを読む]
南優子 「二度とダイエットを必要としない体」とは・・・ トップ | 2007/10/13(土) 20:46
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず