現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医者の経験
最近、医療事故医療ミスだって騒がれる時に、
必ず出てくるのが、医者技術が未熟だったから、
とか、医者経験不足って事だと思います。

青戸病院の腹腔鏡手術の件
参考:青戸病院医療事故報告書

大野病院の癒着胎盤の件
参考:ある産婦人科医のひとりごと
参考:医療事故にどう向き合うか3

水戸済生会総合病院のロス手術(心臓の手術)の件
参考:yahooニュース 7/31


なんかでもそうですよね。

個別の話は、別の機会に、という事にして。
ちょっと今回は、医者経験って事について書いていきます。

非常に良い例えを、サッカー日本代表の監督、
オシム監督が言っていたので、
まずはそれを引用します。

「経験について言えば、誰もが最初は初心者。
経験がないから代表に招集しないのでは、
いつまで経っても経験は得られない。」


よく言ったー、オシムーーーーー

これ、俺が前から思っていた事と、全く同じ内容。
しかも、俺より遙かにうまい表現を使っているので、
そのまま引用しました。

さすがオシム語録を出すだけはありますね。
例えがうまい。

ちなみにオシム語録はこちら。
ジェフ千葉オフィシャルサイト



で、本題。

基本的に今までは、その病院毎というか、医者の裁量で、
誰が手術をするか(執刀医)を決めていたんです。
ま、これからも基本的にはそうだと思うんですが。

いきなり研修医胃ガンの手術とか、心臓の手術とか、
大きな手術執刀医をさせるって事はないんですよ。

私は循環器内科医ですから。
手術っていうのは、外科が専門なので、
あんまり詳しくはないんですけどね。

まずは、教科書で勉強して、
糸結びとか、基本的な手技を身につけてもらって。
いろいろな手術を見学したり、第一、第二助手として、
手術に入って経験して。

そして比較的難易度の低い手術を、ベテランの医者と一緒に
執刀医として技術を習得する。

そして、何年かそういう手術をしているのを、
経験豊富外科医の先生が見て。
「あ、こいつは大丈夫だ」
と判断して、はじめて難易度の比較的高い手術
ベテラン外科医と一緒に、執刀医として手術する。

そういう課程を踏んで、やっと手術をさせて貰っている。
そういう感じですね、実際の医療現場は。

まあ、どこの科でも似たようなものでしょう。


極端な話、未熟未熟じゃないかって判断は、
現場の医師(ベテラン医師)がするって事ですね。

もちろん、その人達は専門家ですから。
はっきり言って、医学に関しては素人であるマスコミの人間や、
現場の事を知らない役人達の判断よりも
正しい事の方が、圧倒的に多いでしょう。

今までは、そういうやり方で、ほぼ全ての医者病院
がやってきて、それが容認されてきました。


でも最近マスコミなんかが、医療ミスだ、医療事故だ、
って騒いでいる中で、よく問題になっているのは。

「これは医者技術が未熟だったからだ。
医者経験不足が原因だ。」
って論調ですね。

医学に関して「素人」が未熟とか、経験が少ないとか、
そういう判断をしているって事です。

たしかに、個別の症例毎に見ていけば、それが原因の事もあるので、
全て間違っているとは言いませんが。

医者

のように、単なる合併症なのに、
ちょっとでも問題のある症例があれば、

原因医者経験不足

のような構図が出来上がっていませんかね、最近。


医学的には素人で、無責任な事を後から言ってくる人達の判断と、
人の命を扱っていて、経験豊富ベテラン医師の判断と、
どちらが正しい事が多いか、って事はとりあえず置いておいて。


最近の新聞やテレビなどのマスコミの書き方だと、
「未熟な医者には手術はやらせるな。」

こういう事でしょうかね。

そりゃあ自分の命がかかっているんだから、
手術をやってもらうなら経験豊富
医者の方が良いですよ、誰でも。
当たり前ですね。

じゃあ、経験の少ない医者は、絶対に手術
やってはいけないんですか?

今どんなにベテランで、何千例の手術をした。
とか、手術の死亡率が、普通の施設の1/10医者でも、
神の手、とかって言われて世界的に有名な医師でも。

最初から、ベテランで、手術がうまかった訳ではないんですよ。

オシム監督も言っていますが、
「どんな人でも、最初は初心者」
なんですよ。

仮にマスコミが言っているように、
「経験豊富な医者しか手術ができない。」
という事にしたらどうなりますか?

今は良いかもしれませんが。
ま、経験豊富医者の所に、今の何倍も患者が来る、
って事が良いかどうかはわかりませんが。

今は全員がベテラン医者手術をしてもらって。
経験の少ない医者は、一例も手術ができない。

そしたら、何十年後には、みんな年とって引退して。
でも、新しく手術ができる医者は1人も育たない。
って事になりますが。

そしたら誰も手術ができる医者がいなくなってしまいますが。
それでも良いっていう事ですかね。

ちょっと無責任すぎませんかね言っている事が。


私は、「医学に関して素人が口出しするな。」
って言っている訳ではないんですよ。

確かに医者同士は身内だから、同じ医者の事をかばうような
論調になる事もあると思いますよ。


私が言いたい事は、

医者
原因医者経験不足

のように、わかってもいないのに、
そういう構図に当てはめるのは、おかしいんじゃないか
って言っているんですよ。

そして、極論すればそれは、
「経験の少ない医者には手術をやらせるな」
って事になるのであれば、
それは間違いであるって事です。


糖尿病について知りたいなーって思ったあなた。
そんなあなたにお勧めの無料レポートはこちら

 ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓
日本一わかりやすい!「糖尿病」

FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま健康部門第2位です。
1位を目指しているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
この記事へのコメント
もう いっそのこと、医学部だけ もっと若い年齢のときから教育をはじめたらどないでしょう?
りん[URL] 2006/08/05(土) 23:16 [EDIT]
ideal and the real
手術の練習用人形みたいなのはないのかしら。
私は両親共最期は解剖を承諾したのですよね。もしかしたら若い先生が練習(heavyな話だし表現が露骨で心苦しいですゴメンね)出来るのかなという気持ちもあって。(年間300人位亡くなり解剖は30人位とのお話しでした)
あとエビは経験をこれからしていく若い先生は間違わない様に気をつけて慎重にしてくれそうで良いと思う方なのですよね…(^-^)その先生の師匠(?)とかも目を光らせてくれるだろうし。それこそ最初は小さいケガとかから徐々に難しいのに進むのでしょう?
エビ[URL] 2006/08/05(土) 23:34 [EDIT]
誰でも最初は初心者
当たり前のことなんだけど、あらためて言われると、感心してしまいますね。

医療って人の命が関わっているからこそ、少しずつ経験を積ませて、だんだんとベテランになっていくと思うんですけど、危ないから、と言ってさせなかったら、いつまでたってもできるようにならないですよね。

初めての手術をベテランの先生をつけずにやった、とか、経験がないのに、何例もやっています、というものを問題視するのは仕方ないと思うんだけど、今は何でもかんでも、医者の技量のせい、ミスのせいにしてしまえばいい、という風になっている気がします。

本当にベテランしか手術できなくなる日が来そうで怖いです。
で、経験の無い医師が経験の無い助手をつけて手術するようになるのかなぁ・・・
めぐ[URL] 2006/08/05(土) 23:48 [EDIT]
>りん先生
まあ、それが良いかどうかは、わかんないですけどね。
医学部の学生時代に、アメリカみたいにもっと臨床を経験させた方が良いような気はしますが。
Dr. I[URL] 2006/08/06(日) 01:37 [EDIT]
記者の資質
日本のマスコミの記者は、レベル低いです。
欧米では、法律関係なら弁護士資格、経済関係なら博士課程修了、医療関係なら医師資格保有など、記者が被取材体の専門家である事が少なくありません。
それに比べて日本の記者はどうでしょうか?4大卒だけなんだから、惨めなもんですよ。専門分野の素人だから、取材しても情報の真偽を判断出来ない。結局、売れれば良いんだから、大衆受けする情報しか流せない。マスコミの役割を自覚してない、アホな奴ばかりです(畜死手艶は無知なバカ)。

テレビで誤った世論が形成されてしまっては、テレビで修正する他無いでしょう。無理だけど…

素人は、専門家に直接聞くしか、正しい知識を得られないのが現状と思います。
イタリア長介[URL] 2006/08/06(日) 01:40 [EDIT]
>エビさん
多少はないことはないんですけどね。
やっぱり本物とは違いますから。

そうですね。
経験の少ない医師の方が、上の医者も見ていますし。
間違ったら必ずサポートしてくれるので。
半端に自信満々な中堅医師よりも、良い場合はありますね、実際。

最初は小さいケガとかを縫ったりからやりますね、やっぱり。
Dr. I[URL] 2006/08/06(日) 01:41 [EDIT]
>めぐさん
そうなんですよ。
どの世界も一緒だとは思うんですが。
命がかかっていますから、こっちは真剣にやっていますから。

なんか最近のマスコミは、個別の中身を見当せずに、そういう風潮があるような気がしますね。
Dr. I[URL] 2006/08/06(日) 01:45 [EDIT]
>イタリア長介さん
そうなんですよね。
はっきり言って、テレビのニュースを読んでいるアナウンサーとか。
思いっきり棒読みですからねー。
絶対に、意味わかってないですよね、あれ。

マスコミの影響力は大きいって事をちょっとは自覚して、報道して欲しいですね。

まあ、それを鵜呑みにする国民も、もっと勉強するべきなんだとは思いますがね。
Dr. I[URL] 2006/08/06(日) 01:48 [EDIT]
おはようございます
私に にもわかる説明で ありがとうございます。
この間 TVを見てたたら お医者さんが6名くらい出ておられて その方たちに 外科医は 器用でなければ いけないか 否か と言う 質問をされていました。その中で 初めから 手術の上手な人はいない 経験を積んで行くんだ 巧くない人は、 経験と努力をして 力を付けていくんだ と言われ いたDrがおられました。  また その番組内で ゴッドハンドを持つというDrが 練習用の動いている心臓に 別のところから持ってきた血管を 縫い付ける という模擬の手術を やっていました。 
たぬき[URL] 2006/08/06(日) 07:25 [EDIT]
>たぬきさん
あ、その番組、途中から私も見てましたよ。
良いこと言っている人もいるんですねー。
言っている場面は見ていないかもしれませんが。

ゴッドハンドは心臓血管外科医の南淵先生ですね。
漫画のブラックジャックによろしく、のモデルになった人です。

意外とっていうか、医者にとっては当たり前なんですが。
結構しっかり、ゆっくり丁寧に縫っていましたよね、あれ。
漫画のなんかだと、「見えないくらい早い」とかって言っていますが、あーいうのは嘘です。

本物は、あんなものです。
数秒のスピードを争うよりも、100%に限りなく近い確率で成功する方が、はるかに大事ですから。
Dr. I[URL] 2006/08/06(日) 10:35 [EDIT]
南淵先生の本
南淵先生も日本から出てシドニーやシンガポールで沢山実践を積まれたそうですね。医局にいては100年待たないと心臓の手術は執刀できないのではないかと思われたそうです。南淵先生の『医者の涙、患者の涙』という本を読みました。日本の制度の問題点も書かれていますよ。
エビ[URL] 2006/08/06(日) 18:56 [EDIT]
>エビさん
そうなんですかー。
たしか、どっかに留学していたとは思いましたが。
その本はまだ読んでいませんが、ちょっとおもしろそうですね。
Dr. I[URL] 2006/08/06(日) 19:30 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2006/08/06(日) 22:37 [EDIT]
ちょこぱんが思うに…。
そうですよね。
みんな最初は初心者なのです。
ちょこぱんもそう思います。
同じ若い医者が手術をしても、成功すれば「天才」とか、「腕の良い医者だ」とか祭り上げられて、
失敗したら、「医者失格」みたいに言われるのは気の毒な気がします。
ただちょこぱんが思うに、最終的には、「患者やその家族が納得できるだけの頑張りを、医者が見せたかどうか」ってことが一番影響していると思うですよね…。訴えるの何のって時には。
例えば亡くなってしまっても、
「先生は私のために、もしくは家族のために、力を尽くして下さった。この先生に診ていただいて幸せだった」
って、思えるくらい、親身になって話を聞き、一生懸命治療に当たって下さったお医者さんを、そんな訴えようとはめったやたらに思うものではないですから。
ちょこぱん[URL] 2006/08/07(月) 10:09 [EDIT]
>Aさま
そうですね。
若い医者にも、経験を積ませないと、それ以上の腕になるって事はありえないですからね。
Dr. I[URL] 2006/08/07(月) 21:05 [EDIT]
>ちょこぱんさん
そうなんですよね。
医療訴訟って、多くは医者の説明不足が原因って場合も多いですから。
実際に頑張っている姿も、手術の中まではわからないんですけどね。

最後に亡くなる時に頑張っている姿とかを見せられれば良い時もあるんですが。
基本的には、その都度説明する誠意とか、そういうのが大事だと思います。
Dr. I[URL] 2006/08/07(月) 21:09 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

水戸済生会 心臓手術格差の実態 スーパードクター? ペーパードクター?
 水戸済生会総合病院の心臓手術問題で茨城県警が業務上過失致死の容疑で捜査に入りま  [つづきを読む]
Sakeys Shangrila / サーキーズ シャングリラ  | 2006/08/07(月) 23:09
福岡県春日市 男性 69歳
血糖値が高く、薬と食事制限をしていましたが、中々下がりませんでした。ところが7ヶ月ほど前から朱雀を飲みはじめたところ、去年の健康診断より血糖値が下がりました。薬はまだ飲んでいますが食事制限もなく晩酌もできるようになりました。朱雀を飲用される前、平成13年の  [つづきを読む]
ブログ-US24's BLOG-朱雀専門ウェブショップ US24 | 2007/08/05(日) 18:46
糖尿病と合併症の怖さ
糖尿病の合併症は大変多くあります。しかし糖尿病の危険なところは自覚症状がなかなか現れないところなのですよね。この糖尿病から心筋梗塞にもつながるわけです。身内のことになりますが、心筋梗塞という合併症になる前の話です。買い物の途中で倒れた!という話しを聞いた  [つづきを読む]
糖尿病 自分は大丈夫ですか? | 2007/10/23(火) 21:20
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず