現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
延命処置の実態 2
延命処置の実態の記事の反響が非常に大きかったので。
もうちょっと書いてみます。
まだ読んでいない人は、先にこちらを読んで下さい。


概略)

全国の病院に行った、「延命処置の実態」に関するアンケートの話です。
56%の病院が「延命処置中止・差し控えを行った」と回答した。
と書いてあるんですが。

延命処置中止」と
延命処置差し控え
は全く別のものだと思うんです。
それなのに一緒にして、あるかないかって質問は、不適切なんじゃないか。

延命処置差し控え」っていうのは、人によってとらえ方が違うから。
具体的にはどのように質問したのか。
そういった点を、詳細の書いてある8/4の朝刊を見て。
って思っていたんですが。


8/4の読売新聞に、書いてあった内容の要旨です。

差し控えた延命処置の内容は(%)

薬剤(昇圧剤、抗生剤等)の中止、減量            70.1%
人工呼吸器の不装着、取り外し                 70.9%
血液循環の中止(輸血、ペースメーカー等)          35.1%
人工透析の中止                           34.3%
栄養補給(中心静脈栄養や経管栄養)の中止、差し控え  51.5%
水分補給(末梢静脈からの点滴)の中止、差し控え     35.1%
全部中止                                3.0%
その他                                  6.7%


延命処置の中止、差し控えのきっかけは(%)

患者の希望       50.7%
家族の希望       88.8%
医学的判断       70.1%
その他           6.7%


これを見ると。
設問の内容は、やはりというか、
中止」と「差し控え」を一緒にしていますねー。
不適切と言わざるを得ませんねー、残念ながら。


別の事柄を一緒にした設問では、
正しい統計をとる事はできないと思います。


ちなみに、私がこれを見て「えっ」って思ったのは。

水分補給(末梢静脈からの点滴)の中止、差し控え     35.1%

水分も全くいかないっていうのは、
私は聞いた事がなかったんですが。
1/3もいるんですか。

老人の場合は、点滴のルートが取れない事があるので。
そういう時に、「水分くらいはいきたいけど、残念ながらいけない。」
という場合と、「点滴はできるけど、敢えていかない。」
というのでは、全く意味が違うと思うんですけどね。

水分くらいはいきたいけど、残念ながらいけなかった。」
というのも含めれば、1/3くらいはあるのかもしれませんが。
私は、それは中止とか差し控えではないと思うんですけどねー。
やはり、人によってとらえ方が違う質問が、多すぎると思います。


せっかく全国的なアンケートをやったんだから、
設問をもう少し多くして、細かく聞いて欲しかったですねー。


その他に書いてあった事としては、

延命処置の中止、差し控えの基準などを定めた、終末期医療
に関する全国統一のルールが必要だと思いますか。

思う         72.1%
思わない      22.5%
その他、無回答   5.4%


でした。

個人がどう思っても構わないんですけどね。
私は、そういうルールは必要だと思う人間です。

言い方は悪いですけど、一番の理由は自分(医者)を守る為です。


患者のため、家族のためにって思って治療したのに、
最悪の場合は、犯罪者になりかねない世の中になっていますから。


例えば、家族人工呼吸器をはずしてくれって言っている。
で、家族の意志を尊重して、はずしたら殺人だって訴えられるとか。

ルールで決まっていれば、それはできませんからって、断れますけど。
殺人訴えられる可能性があるから、できない。
って言っても、家族

「なんで、できないんだ、こんな医者、信用できない。
訴えてやる。」

って言う家族もいるでしょうからね、きっと。

そういう場合、困りますよね。
人工呼吸器をはずしたら、殺人罪訴えられるかも。
はずさなかったら、家族になんくせつけられて、訴えられるかも。


実際に、患者人工呼吸器をつけるなっていっているのに、
人工呼吸器をつけなかったら訴える
って家族に半分脅されて、やむを得ずつけたって
例もあるみたいですしね。

参考:読売新聞 2006.8.4,連載、届かぬ本人の意志


そういうルールがあった方が、家族も楽だと思いますよ。

だって、家族人工呼吸器をはずすとか、
つけないって選択をしたら、「私のせいで患者が亡くなった」
って、一生ずーっと思っていきていかなきゃならないんですよ。
これって、かなりつらいと思いますよ。



ちなみにこういうアンケート(匿名可)をするんなら、
私が一番知りたい事は、

「家族の希望も本人の希望もないのに、
医学的判断だけで延命処置の中止をしたことがあるか」


って事ですかね。

さすがに、それはないか。

でも、「文書で同意をとらないで延命処置の中止を行った」
って例は、多少はあるでしょうから。

それがどの位の割合かって事は、知りたいですね。


医学の事に興味ありませんか?
これらを見れば全て「ただ」で、いろんな事がわかりますよ。

→ 無料レポート広場「メルぞう」医療、健康カテゴリ

FC2ブログランキングに参加しています。
健康部門第3位に落ちちゃいましたー。
1位を目指しているので、応援よろしくお願いします。

 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト
この記事へのコメント
いろいろ難しいですね。人間対人間だから、感情もつ生き物だからどう変わるか分からないし。でも、皆が少しずつ、患者さんの立場にたって、優しく考えることができたらいいのに。訴える、って、最近は権利ばかり主張している人が多いですよね。考えたり話し合ったりする義務は放棄するくせに・・。悲しいですね。
K[URL] 2006/08/08(火) 01:03 [EDIT]
訴えてやる
行列の出来る法律相談所 みたいですね。
末期患者の 延命措置を 実施するか否は、患者本人の意思だけど 実際現場は、色々な ことがあって そうは、いきませんよね。 本人は、してくれるな と言うのに 家族が、してくれと言う、 本人と付き添いの家族が しないと言うのに 別の家族が、しろと言う。 後、文書で残すと言うことが 難しいので ごたごたする と言う事も ありそうですね。 人間 死ぬ時位 自分の 意思で死にたいけど そうもいかないのね・・・・・。
たぬき[URL] 2006/08/08(火) 07:21 [EDIT]
難しいテーマですよね。
>延命処置の中止、差し控えの基準などを定めた、終末期医療
に関する全国統一のルールが必要だと思いますか。

医師の立場からして、僕も必要だと思います。
医師だからと言って、人の生き死にを決定する権利を与えられているわけではありません。
治療の中止、差し替えはあくまでも患者本人の意思によって決定されるべきであると考えます。

本人にも家族にも、『自分には決められないので、お任せします』って言われると(しばしば言われるのですが)、主治医としては困りますよね。無駄だと思いながら延命治療をつづけるしかないのです。

医師の立場から、法律や政府が決めた客観的な『基準』が整備されることを望みます。
ss[URL] 2006/08/08(火) 12:52 [EDIT]
>Kさん
あんまり見舞いに来ない家族に限って、いろいろ注文が多かったり。
たいした病気じゃない人に限って、注文が多いって事が多いんですよね、実は。

医者の話を聞くってのは義務だと思うんですが、あんまり果たしていませんよね、そういう人達は。
Dr. I[URL] 2006/08/08(火) 20:49 [EDIT]
>たぬきさん
ホント、テレビに出てきそうですね。
私は実際に訴えられた事はないんですが。
周りには絶対いますよ、どんな医者でもね。

文書で残すっていうのは、本当に死期が近づいたら、現実問題としては難しいですね。
元気な時に思っている事と、最後の時と、考えが同じとは限らないですし。
Dr. I[URL] 2006/08/08(火) 20:52 [EDIT]
>ssさん
多分多くの医者がそう思っていると思いますね、私も。
医者にお任せしますってのは、こっちとしたら、非常につらいですね、正直言って。
Dr. I[URL] 2006/08/08(火) 20:54 [EDIT]
そういえば
そういえば文書で同意までは担当医師は取らなかったですね。
確かに患者と家族、医師の良い関係を保つためには
ある程度の客観的なルールは必要ですよね。

いつからこんなに人間の心はすさんじゃったんですかね。
感謝の気持があればこんなことは起きないのに・・・

患者、家族は診てくださった医師に感謝
医師は自分を頼って治療をしてくれた患者、家族に感謝ですよね。
やな社長[URL] 2006/08/09(水) 14:49 [EDIT]
>やな社長さん
時代の流れっていうか。
昔はいちいち同意書とかも、そんなには取っていなかったんですが。
今は、簡単な検査でも、ちょっとでも危険のある検査なら同意書を取る時代ですからね。

同意書を取ったのはいつか、もしくはとらなかったのはいつか。
まで本当は知りたいんですけどね。
Dr. I[URL] 2006/08/09(水) 21:47 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

人間の死について思う その2
つづき。富山県射水(いみず)市の射水市民病院で、男性外科医(50)が患者7人の人工呼吸器を取り外し、患者がいずれも死亡したことが25日、分かった。7人のうち5人ががん患者で、平成12年から昨年の間に死亡。  [つづきを読む]
カブシキ! | 2006/08/08(火) 12:43
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず