現役医師、循環器内科医(Dr. I)が医療について、詳しくわかりやすく解説するブログ。 引用、転載は自由ですが、その際は必ず引用元を明記して下さいね!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医師の過酷な勤務
新聞や、ネット、他のお医者さんのブログでもたくさん取り上げられたから、
知っている方も多いとは思いますが。
江別市立病院の内科医七人全員が総辞職することになりましたね。
マスコミの記事を見ると、理由は医者勤務の過酷さって言っているみたいですが。
ホントでしょうかねー。
まずは、北海道新聞の記事を見てみましょうか。


江別市立病院の内科系の常勤医師七人全員が、
勤務の過酷さなどを理由に九月末までに総辞職することが
八月二十五日、明らかになった。
市と医師派遣元の北大医学部との間に、
医師の待遇や院長人事をめぐる確執があったともされ、
患者を無視した市や病院側の対応に市民から批判が出ている。

同市立病院は同市の唯一の総合病院
六病棟二百七十八床で、診療は内科、呼吸器科など十六科。
年間の入院、外来患者は全科で四十万五千七百人余り(昨年度実績)。

同市立病院では循環器、呼吸器などの入院患者の受け入れが
困難になることから八月、六つある病棟の内科の一病棟(四十六床)を休止。
十月からもう一つの病棟(四十八床)をさらに休止する。

同病院の常勤の内科医は昨年八月は十二人在籍していた。
今春、前院長が退任。後任が発令されず院長空席のまま
内科医の流出が相次ぎ、残っていた七人も相次いで辞表を出していた。

病院関係者によると、院長後任は同じ北大医学部の内科から
後継者含みで派遣されていた医師が昇格するとの見方があったが、
市側が別の医師を院長に充てようとしたことから、
両者に行き違いが生じたという。
二十五日の市議会厚生委で小川市長は、院長人事について
「経緯を話しても、誤解と憶測を招くだけ」として説明を避けた。
派遣の窓口となっている北大医学部第一内科の西村正治教授は、
「過酷な勤務負担に、現場の医師が耐えられなかった」と説明。

病院には夜間急病診療所が併設され当直医が対応しているが、
西村教授は「別な大学から派遣されていた消化器内科医もやめ、
残る医師の負担は限界だった」と指摘する。
これに対して市は、医師の負担解消のため
同診療所を病院から分離移転することを決めている。


「2006.8.26 北海道新聞抜粋」 


別の新聞とかでも読んだけど。
理由には医師過酷な勤務と書いてありますが。

医師過酷な勤務が理由っていうのを言っているのは、
市長、事務長サイドや、教授で、
当事者ではないみたいに見えるのは気のせいでしょうか。

なんかいつものパターン、医者個人の責任にしようとしてませんかね。


客観的に病院の規模と医師の数を見てみると。

二百七十八床で、診療は内科、呼吸器科など十六科。
内科病棟の数は46+48=94床
内科医の数は7人

「江別市立病院のHP」 によれば、
常勤医は精神科4人、小児科4人外科4人、整形外科5人(常勤医3人)、
泌尿器科2人、産婦人科3人、眼科3人(常勤医2人)、耳鼻科2人、
麻酔科3人、病理医1人で、内科の7人を合わせると、
合計35人になるようです。
常勤、非常勤は、ちょっとHPだけでは判断しにくかったんですが、
外来をやっている先生は常勤医だと勝手に判断すると、この数になります。

病院の規模からすると、ベッド数の割には、医者は少ないという事はなく、
標準くらいか、むしろ多い方くらい。

普通の病院は、科に関係なく病院当直をしますから。
35人で割ると、月一回平均。
ま、実際は年齢等の問題で、当直をやらない医者もいるので。
若い医者月二回、他でも月一回くらいになります。

内科7人で、94床だと、1人当たり平均すると13人。
実際は、一番上の先生は入院患者ゼロか、それに近いでしょうから、
6人で割ったとしても、平均15人くらい。

でも、これはあくまで満床になった時の話ですから。
普段は、10~13人位でしょう。
この数は、はっきり言って、普通です。

ということは、普通の勤務をしているだけなら、
過酷な勤務にはならないだろうと思われます。

では、なぜ医者過酷な勤務っていうのが理由になるのか。

問題は、こっちみたいです。

同病院には夜間急病診療所が併設され当直医が対応している

よくわかんないんですが。
内科医当直は、月5,6回って他の記事に書いてありましたので。
おそらく、こっちの夜間診療所当直に、毎日内科医
必ず1人は出る事になっていたんじゃないかなー、と思います。
すると、一ヶ月を6人で割ると、月5,6回になりますから。
ま、あくまでも推測ですけどね。

夜間救急センター当直は、私もやった事ありますが、すごい大変。
1次救急だから、軽症の風邪や酔っぱらいからなにから、
一晩で数十人くらい患者が来る事が多いです。
当然、そうなるとほとんど睡眠は取れません。
しかも、市で唯一の総合病院だから、
2次3次救急もやっているのでしょうから。
軽症の患者から、重症の患者まで、
全部見なきゃいけないって事です。

それで、次の日は普通に勤務を続けるってのを、
毎週やっていたら、それは辞めたくなります。

でもね、これって普通は他の病院とか、大学のアルバイトの医者
当直をする事が多いんですよね。

江別市の夜間急病センターだから。
江別市の医師会に所属する、他の開業医の医師とか。
北大の第一内科の研究生とかね。
実際、他の市ではそういう所が多いと思います。

でも、江別市の場合は、江別市立病院医者が、
普通の勤務に加えてやっていたみたいです。

どうやら、民間病院よりも給料は安いらしいですから。
簡単に言うと、人の倍働かされて、給料は安いって事ですね。

ここからは、あくまでも推測ですけどね。
12人いても、月2,3回はやらなきゃいけないので、大変。
それで、急病センターは別にしてくれって、現場の医師
事務サイドや、市に陳情していた。
でも、結局取り合ってくれなくて、5人は辞めた。
残された医者は、7人でもっと大変になって、
やむを得ずに、辞めた。

で、慌てて、

市は、医師の負担解消のため
同診療所を病院から分離移転することを決めている。


って事にした。
でも、もう手遅れ。

医者過酷な労働を理由に辞めた。
って医者のせいにしているようですが。
原因を作っているのは、市や行政
結局、損をするのは、患者さん。

これって、今の日本の医療の現状と似ていませんかね。

私や他のブログを書いている医師もたくさんいて。
医者の数は足りていない、って現場は言っている。
他にも医療現場の声を伝えている
でも、行政は全く取り合ってくれない。
で、勤務医はどんどん辞めて。

その結果は、どうなるんでしょうか。

急にたくさんの勤務医が辞めない限り、行政は動かないようですが。

これを教訓に、今の内になんらかの対策を練るって事は、
しないんでしょうかねー。

お知らせ!

私、昨日から夏休みに入りました。
国内なので、ちょっと旅行にいくので、しばらくコメント
返せないかもしれませんが、その時は週末まで待っててね!



大学病院について知りたいって思ったあなた。
そんなあなたにお勧めの無料レポートはこちら

 ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓
「大学病院のうそ」 ~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密 

FC2ブログランキングに参加しています。
ぅわーん。健康部門第6位まで落ちちゃったー。
1位目指しているので、応援よろしくね!

 ↓ ↓ ↓



スポンサーサイト
この記事へのコメント
DI 先生夏休みがとれて良かったですね。
激務で 燃え尽きないように 休養が 大切です。
たぬき[URL] 2006/09/04(月) 06:01 [EDIT]
しっかり休んでくださいね
過剰労働にならないようしっかり
休んでくださいね(^-^)

ホント公的な機関はずさんな管理がおおいですね。
やな社長[URL] 2006/09/04(月) 12:49 [EDIT]
ゆっくり休んでくださいねー。
リフレッシュできるといいですねー
モモちゃんタロちゃん[URL] 2006/09/04(月) 21:22 [EDIT]
当直専門の非常勤Dr、研修医が当直をやれる体制を作っていかないと、厳しいですよね。
うちの病院は訳あって160床で、30名の常勤ドクターがいますが、人数が多いので当直シフトは比較的楽ですね。
Dr.Iさん、ゆっくり休んでくださいね、明日はよろしく(笑)
のりくろ[URL] 2006/09/06(水) 08:41 [EDIT]
ご旅行、エンジョイ出来ました?
I 先生、こんばんニャv-37
通常、救外の当直ってレジデントさんがいらっしゃるんですか?v-74彼らも勉強にもなるし、一石二鳥なシステムなはずなんですねーv-116
患者として病院に出入りしている人たちではこういった無謀なシフトの組み方とか、よくわからないでしょうね。
結局は「行政」とか病院の上層部がもっと「おりこう」になってくれないと、改善されないのでしょうかねぇ。。。。


先が長そうですね。。。。v-31
来夢[URL] 2006/09/06(水) 23:35 [EDIT]
>たぬきさん
ありがとうございます。
うちの科、いつもは厳しいんですが、夏休みに関しては一応きっちりとらしてくれるんですよ。

ホント、休養は大切ですね。
Dr. I[URL] 2006/09/08(金) 10:35 [EDIT]
>やな社長さん
しっかり休んできました。
はっきりいって、特に公的な病院はいまいちですね。
Dr. I[URL] 2006/09/08(金) 10:38 [EDIT]
>モモちゃんタロちゃんさん
リフレッシュできましたよー。
Dr. I[URL] 2006/09/08(金) 10:39 [EDIT]
>のりくろさん
うーん、昨日も言ったけど、医者多すぎ(笑)
医者にとっては非常に良い環境ですけど。
ちょっと経営が心配かな。
ま、余計なお世話ですけど。

Dr. I[URL] 2006/09/08(金) 10:41 [EDIT]
>来夢さん
レジデントっていうか、研究生とか、もうちょっと上ですね。
大学から派遣される医師が多いんですが。
普通の病院は、自分のところの医者がやるんですけどね。
それプラス、急病センターになると、まず無理なシフトだと思います。

お上は、一回痛い目に会わないと、駄目でしょうね。
Dr. I[URL] 2006/09/08(金) 10:43 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

診療所
診療所に関する情報サイト  [つづきを読む]
サイト 診療所 | 2006/09/25(月) 16:25
google 検索で夜間救急病院を探す方法
google 検索で、例えば静岡市内の夜間救急病院をを探す場合、Google 検索ボックスに、inurl:shizuoka 救急病院 夜間、と入力します。inurlの次に、: を入れ、次に市町村名を入れるのが、コツです。と次のように、必要な情報が出ます。http://www.city.shizuoka.jp/deps/hok  [つづきを読む]
教えて!Google@使用法 | 2006/11/13(月) 15:40
夜間高血圧(症)には要注意!!脳卒中や心臓病の危険性が4倍近くに …
通常、夜間の血圧は昼間より10~20%下がり、脈拍もかなり下がるので、心臓や血管への負担はぐっと軽くなります。ところが夜も血圧が下がらない夜間高血圧の場合は、心臓や血管は休息をとることができません。つまり毎日24時間、心臓や血管に負担をかけ続けることに・・・  [つづきを読む]
子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ | 2006/12/09(土) 11:44
Copyright © 2005 健康、病気なし、医者いらず. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Add to Google My Yahoo!に追加 健康、病気なし、医者いらず